不安を解消する方法は?原因を知って対処しよう!セロトニンを増やすのがよい?

不安はどの様な社会においてもつきものです。不安を余り感じない人と、不安心理の高い人といます。人はストレスを受けると、不安が起こりマイナス思考に考えてしまいます。しかし不安はある程度必要です。

全く不安なく突然何かが起こるより、ひょっとして起こるかもしれない不安を、感じながら生活するのとでは、やはり違いがあります。全く不安を感じないである日突然何かが起こると、とてもパニックになりませんか?

不安を上手に解消するためには、どうしたら良いか調べてみました。

不安とは

不安な子供

不安とは明るい未来の自分を想像し、強く思い描くため、将来の不安を感じる事になるのです。人間には欲求を満たす本能と、危険を回避して安全を願う本能の二つが同居しています。

これらが脅かされることにより、不安感が起こってくるのです。

不安心理

心の安定・経済的安定・健康の安定などの、安定が脅かされることで、不安につながいます。不安の強い人はプラス思考の意欲の高い人です。

生命力

なぜなら「幸せになりたい」何かを手に入れたいと、欲求が強すぎるために不安がおこるのです。不安を感じることは生命力の力の強さとなって表れます。

それは幸せに生活したい、家、家庭を守りたい、守りたいものが沢山ある、何かを手に入れたいという思考力からくるもので、それは生命力の強さなのです。

マイナス面の対処法

心配性の人は心に不安を抱え、未来のマイナスな面を思い浮かべ、マイナスの面の対処法を考えながら、現実と向き合うことが多くあります。

その為不安に駆られ、病気にならない可能性は無いとは言えませんが、悩みながら、最悪の状態に備えて、対処しようと考えます。

心配性の人はマイナスな面ばかり備えていません。心配性の人も心配する事に対して、備えるという意味では、とても大切なものだと思います。

成績が上がる子・上がらない子の親

成績が上がる子供と、成績が上がらない子供の親には、ある共通点があるそうです。親は子供の将来を案じて心配します。それは成績が上がる子供の親も、上がらない子供の親も同じです。

成績が上がらない子の親

  • 出来ない子の親は、子供に圧力をかけたり説得をします。
  • 親が不安を感じると、子供に連鎖します。親子の関係が不安心理を増幅します。
  • 長時間かけて子供を叱るのはやる気を削いでしまいます。
  • 不振や疑念を持つと、子供はとても感じやすく、やる気をなくします。
  • 世話人大輪型、批判否定型、落胆投げやり型などの親の子供は成績が上がりません。

成績が上がる子の親

  • 子供の勉強の試験の成績を上げるには、親はほめて、認めて、励ますことで自信が生まれます。そして自発的に勉強します。精神力も備わります。そして成績アップの効果はでます。

子供の成績が悪い子は親が批判、否定、無関心で自信を失い、不安となり成績が悪くなります。親の言葉一つで、子供の成績は上がったり下がったりします。

「勉強の目的は成功体験を積むためです」と工藤 豪先生は言っておられます。

不安が起こるのは

不安

何故不安は起こってくるのでしょうか?体の中に何がたらなくて起こるのか、また不安が起こる病気について見てみました。

セロトニン

不安が起こるのは脳内物質の、セロトニンが少なくなると、不安が増してきます。セロトニンは、心のバランスを整えるものです。不安を解消するためには、このセロトニンを増やすことです。

セロトニン不足

精神的な負担や睡眠不足が続く原因の場合、脳のセロトニンを出す機能が低下してしまいます。脳と体にスイッチを入れるセロトニンは、朝が近づくと分泌を増やす、自然に起きれるように身体の準備を整えます。すっきりと目覚められないのは、セロトニン不足による症状です。

メラトニン

夜はメラトニンという、セロトニンを元として作られている物質が、副交感神経を優位にして、気持ちを落ち着かせたり、深部体温を下げたり、呼吸や脈拍、血圧を低くする働きをしてメラトニンが夜深い眠りにつかせてくれます。メラトニンは別名睡眠ホルモンとも言われます。

パニック障害で不安

パニック障害は女性が男性の3倍にもなっています。パニックは3人に1人が体験すると言われています。パニック障害と言う病気になるのは100人に3~4人の割合です。特に多いのが30歳その次に多いのが20歳代の女性に多いです。

不安や恐怖心が強い人が起こしやすく、恐怖突入してパニック発作が起きても、発作だけで済む人と、パニック障害までなる人といます。発作はストレス度が強くなったときに、起こることが多いです。

自律神経失調症

自律神経が乱れてくると、不安が募ってきます。自律神経失調症になる人の性格として、完全主義の潔癖症の、几帳面で責任感の強い人が、自律神経を乱しやすい人です。自律神経を乱すことで、不安が膨らんできます。

自律神経が乱れるということはセロトニンの量が少なくなって、次のような症状が出てきます。

  • 気分的にイライラしてくる。
  • 憂鬱な気分に成ります。
  • 意識しなくても不安になって、頭の中で恐怖心も湧いてきます。
  • 緊張しやすくなります。
  • 人間関係のコミュニケーションがうまく取れなくなり、感情が前面に出てきます。

などの症状が出てきます。

仕事での不安

仕事での不安については、その理由は個人個人違いますが、多くの人たちは悩み苦しみ、仕事においての不安から恐怖に変わる事もあります。自分自身の人生おも狂わされ、生死を掛けなければいけなかった人たちも大勢います。

仕事の恐怖や不安に押しつぶされるのではなく、恐怖や不安を解消するのには、経験を積むことで、思考を変える事により解決策を、導き出せるものと思います。

不安解消の方法

不安

さてそれでは不安解消についていくつか書いてみたいと思います。

不安解消法

セロトニンを増やすことで、不安が解消されます。セロトニンは脳内物質の、心の安定を図る神経伝達物質です。セロトニンを増やすには、

  • 朝の太陽を浴びて、深呼吸をする。
  • 適度な運動をする
  • 規則正しい生活と、バランスのとれた食事をする

しかし即効性はありません。セロトニンを増やすには心に刺激を与えると良いそうです。大泣きすることは、即効性がありセロトニンが出やすくなるのですね。

セロトニンを出す方法

また泣きたくないのに、泣くのは難しいので、簡単にセロトニンを出す方法として、ストレッチ体操をすると良いそうです。ただのストレッチ体操ではだめで、少し「痛い」と思えるぐらいのストレッチ体操をすると、セロトニンが出やすいそうです。

自己受容

不安を克服するために、ありのままの自分をさらけ出すことのできる、いわゆる誰かと繋がっている感覚が孤独でないということです。繋がっている感覚が生命力です。

孤独感はありのままの自分を出せない時に起こります。ありのままの自分を受け入れる自己受容のある人は、生命力が高く孤独感のない人です。相手がいなくても、自己受容のある人は、孤独感がありません。

繋がっている

人間は自分という存在を捨てたり、交換したりすることはできません。その為にありのままの自分を受け入れ、何かと繋がっていることで、孤独や寂しさからの不安から、解消されるのです。他に不安や孤独から解消されるためには、人間は生命の中の最高の人間として、生かされていることに、気が付くことが大切です。

生かされている

つながる為には、自己受容して、何かを与える感謝することが大切です。また生きているという感覚でなく、生かされているという感覚になることで、今を生きる事への不安解消となり、生命力の強さとなって、確実性が生まれてきます。

生かされているのですから、自分で命を絶つことは、もっとも卑劣な行為だと自覚することです。死にたいと思っても、それを糧に生きる事がどれだけ大切なのか、最高の人間として生かされているのですから、どんなに苦しくてもそれを乗り越えて初めて、人間として生かされている意味が出てくるのだと思います。

どうしても苦しくてたまらなくて、不安で恐怖でやりきれないときは、その事から逃げても私は良いと思っています。「逃げるが勝」と言う諺もあります。誰かに相談しても解決がいかない場合、そのことから逃げるのも、死ぬよりは良い方法に私は思います。時間が解決してくれる場合もあります。

ストレス耐性

ストレス耐性を高めるためには、ストレス解消すなわち不安解消を行わないと、ストレス耐性が高まりません。ストレス耐性というのは、ストレスを上手に処理する力です。ストレスは無限には溜め込めません。

ストレス耐性は経験を積むことで、高くなってきます。ストレスは過度なものでなければ、必要性があり、貴方を成長させてくれるものです。ストレスをため込まないで、経験することでストレス耐性を強くして、不安解消ができるのです。

不安解消には規則正しい生活

不安解消には規則正しい生活と、バランスのとれた食生活が、とても大切になります。そして適度な運動は欠かせません。

バランスのとれた食事

栄養の良いバランスのとれた食事は、疲労を回復し、体の代謝を整えます。身体に栄養を補給することで、自律神経もホルモンのバランスも整います。身体のすべてのバランスが整えば、物事を否定的に捉えようとしなくなります。そうすると不安がなくなります。

食欲不振

不安になるとそのことに気持ちが向いて、気分が落ち込み、食欲がなくなって睡眠不足になります。そうすると益々心配が増幅し、考え込んでしまいます。そしてどんどん精神状態も、身体の方も体力を消耗して、免疫力が弱くなり、病気になってしまいます。

パニック障害

パニック障害の人たちは睡眠時間が少ない事で、パニックを起こす頻度が高くなります。生活が不規則になると、自律神経のバランスを崩します。自律神経を乱すことで、不安が膨らんできます。不安が膨らんできたら行動を起こし、自身の考え方をプラスに考える事が大切です。

誰かに話す不安解消

不安に思うことを他人に話すことで、不安解消につながります。どういう事かと言いますと話すことで、不安が二分の一になります。また人に話したことで、聞いてもらえたという安心感につながります。

周りに友達や相談相手がいない場合は、現在ではインターネットで悩みのサイトや、質問サイトなどを利用しても良いと思います。

不安を感じると強迫観念に捕らわれて人は、物事の冷静さを失っていると思います。その為第三者の他人に話すことで、第三者としては冷静に受け取る事が出来ます。冷静に物の捉え方をしてもらえることで、不安が解消されることがあります。

不安解消に音楽

不安解消に心に響く、薬奏音楽があります。これは自然の音をモチーフにした音楽です。972万回も再生されています。2週間ほど聞くと効果が表れるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=jAx6KZG5_DY

仕事での不安解消

仕事に不安はつきもの

仕事での不安を感じたとき、考え方を変えることで、不安は解消されます。仕事においては不安はつきものです。まずそのことを理解することが大切です。

プラス思考

そしてミスをして不安が起きた場合の解消方法として、まずマイナス思考が頭をよぎると思います。その時にも無理やりでも良いので、プラスに考える癖をつけます。プラスに考えることで、最悪の事態が避けられるようになると思います。

マイナス思考

また反対に最悪のマイナスのイメージを描き、それに備えようと考えても良いと思います。そして曲がりなりにも、どの様なミスがあろうとも、仕事上で命を絶つことは馬鹿げた事だと考える事です。そしてマイナス思考を考えるときは、できないのは当たり前、ダメもとと考えておくと良いでしょう。

その他の不安解消法

buddha-1048630_960_720

その他に不安解消法を出されている方のブログの方法を見てみました。

ブッタの教えで、不安解消

本当は自信なんて「いらない」

不安は”練習”次第で解消できる

心が強い人は「不安は妄想」だと知っている

不安は頭で考えているだけの妄想に過ぎないのです。ですから考え方をかえるだけで、不安は解消されます。

不安は典型的な妄想です。ですから妄想をしない練習をすれば、妄想(不安)は消えていきます。自信も妄想です。自分はできるはずだと思い込むすなわち妄想です。

ブッタの教えはこの自信と言う妄想もやめた方が良いと言っています。何故なら妄想が止まれば不安もなくなり、自信もいらなくなるからです。ブッタの自信は行動の積み重ねです。

ナタリー

ナタリーの不安解消法

スイッシュ法

スイッシュ法とは、右で不安を感じたら、左の方を目で見る。下を向いて不安を感じたら、上を見るのがスイッシュ法だそうです。

ありがとうを1000回言う

意味は2の次でただありがとうを1000回言うそうです。

長い目で見る

1年先10年先のことを思って、今の不安を見てみると不安が解消されるそうです。

思いっきり泣く

泣きたくなったら思いっきり泣いて、涙が出なくなるまでなきます。

生活を改める

不安解消するには毎日の生活習慣を改める事から始まります。早寝早起き、適度な運動、食事の見直しをします。

掃除をする

部屋の掃除や心の掃除をします。

自然と接する

不安になったら自然のある所に行って良い空気を吸います。

フロント防衛機制

不安になった時にフロント防衛に置き換えてみます。

糸井重里さんの不安解消法

寂しいとか、悲しいとか、不安だとか 暗めの気分から抜け出したいときに。胸の上のあたり、つまりUネック、Vネックのシャツで、肌が見えてるところを、温かい手とか、蒸しタオルとか、使い捨てカイロなんかで温めてやるといい。これ、経験的に、そうなの。根拠はいらない。

(『夜は、待っている。』P45)より

不安になった時は一度やってみては如何でしょうか?

まとめ

生命

★如何でしたでしょうか?色々な不安や不安解消法があると思います。この中でとても勉強になったことは、子供は親の言葉一つでやる気を起こさせたり、やる気がなくなったりすることです。これは大人の社会でもいえる事だと思います。

★会社の上司の言葉一つで、部下はやる気を起こしたり、やる気をなくしたりするということです。いかに言葉が大切かが今頃分かってきました。言葉の暴力とよく言われますが、相手の為に良かれと言って厳しい言葉をかけても、それはやはり成長にはつながらないのですね。

★昔はとても厳しい言葉が当たり前のように思われていましたが、現代は褒めて褒めて褒めまくることで、仕事がスムーズにまた成績もあげられるのだということが、この不安解消を作っていて、分かったことはとても意義ある事だと思います。

★言っている本人は全く良かれと思っている事でも、人によってはそれが不安になる事もあるのですね。それと私達人間は生かされているのであって、不安が恐怖に変わっても、それで生命を絶つことが、とても悪い事として受け取ることが大事だと思います。

★自分が勝手に生きているのではなく、生命の最高の人間として生かされていることに、感謝をしないといけないということも、このサイトを作るうえで教えてもらえたことは、とても感謝しています。

関連記事として、

メンタルを鍛える方法はある?メリットや特徴を知ろう!どんな運動が効果的?

やる気が起きない理由を紹介!失ったやる気を取り戻す方法とやる気が出ない病気について!

自己肯定感を高める方法とは?意味や低い原因も紹介!ポジティブに考えることが大事?

これらの記事を読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする