鼻の中や鼻の下にできるニキビについて原因や治し方を知ろう!

スポンサーリンク

ふとした時に、現れるニキビ。特に顔に出来てしまうと、周りの目も気になってしまいますよね。

しかも触ると痛みが走る。。。できれば早く治したいものです。特に鼻付近に出来るニキビは非常に目立ちますし、不健康な印象や不衛生な印象を与えてしまいます。

女性であれば特に早く治せる方法を知りたいと思うことでしょう。

今回は、顔の中心部でもある鼻ニキビについて紹介していきたいと思います。

何が原因で鼻ニキビが出来てしまうのか、どのような対処方法がベストなのかを知っておき、対応できるようになりましょう!

また、ニキビを発生させないようにするための予防法などについても紹介しますので、そちらについてもあわせて参考にして、繰り返し鼻にニキビを発生させないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

鼻ニキビが出来る原因

鼻

まずは、鼻ニキビができる原因を知っておきましょう!何度も鼻にニキビが出来る、鼻にニキビが出来やすいと言う人はこの原因に当てはまっているかもしれません。

ニキビが出来る原因と、鼻にできてしまう原因について紹介しますのでこれらの問題が発生しないようにしましょう。

①食生活の乱れ

普段の食生活が乱れてはいませんか?元来、ニキビはビタミンが不足すると出来てしまうものです。特に鼻のニキビは、ビタミンBが不足していると出来やすいといわれております。偏った食事では、ビタミンをしっかり摂取できていない可能性があるので、ニキビが出来る原因の一つといえます。

また、動物性脂肪の多い肉類や、インスタント食品は皮脂が増える原因となるのでなるべく控えるようにしましょう。

偏った食事では重要なビタミンBやビタミンCとミネラルなどの栄養素を消費してしまう問題もあります。甘いものに多く含まれている糖質と脂身の多いお肉に多く含まれる脂質などを過剰に摂取してしまうと、重要なビタミンとミネラルが消費されてしまうので注意するようにしましょう。

②メイク

女性のメイクが原因で、鼻ニキビができている可能性があります。鼻は顔の中でも、特に毛穴が多い場所です。ファンデーションなどで、その毛穴を防いでしまっている可能性があります。

毛穴をメイクで防いでしまうと、本来外に逃げ場があった皮脂の出口を防いでいることになります。逃げ場を失った皮脂が溜まってしまうことで、ニキビが出来てしまうのです。ですので、鼻周りに多くのファンデーションなどを使っている方は、鼻ニキビができやすい環境だといえます。

出来るだけ厚く化粧をしないように工夫しながら、ニキビが発生しやすい人は薄い化粧方法を習得するといいでしょう。

③ストレス

人間はストレスを感じると、ノルアドレナリンという成分を多く分泌します。このノルアドレナリンは、皮脂を普段より大量に生み出してしまう成分なのです。

ですので、ストレスを感じることで、皮脂が多く作り出されニキビを作ってしまうという仕組みです。

また鼻にニキビが出来ると、今度はそのニキビでイライラするなんてことありますよね。それによりストレスが生じてしまい、またしてもニキビが出来るという負の連鎖を作り出してしまうのです。

ストレスが溜まってしまうことでも体の中には活性酸素が増殖してしまい、それを代謝するためにはビタミンA・C・Eの三つのビタミンが抗酸化作用を持っているので活性酸素をやっつけてくれます。

結果的に活性酸素に栄養を取られてニキビが発生すい環境が生まれてしまうわけです。

④活性酸素がニキビを誘発する

活性酸素は細胞の老化を促進させてしまう物質になります。元々活性酸素は、ウイルスや菌などが体内に侵入してきた時にそれらを排除してくれる強力な物質で、人間の活動には欠かせない存在になります。

しかし、生活習慣や日々の生活の中でこの活性酸素が以上に体内で発生して蓄積してしまう事があります。

こうなってしまった場合に肌にダメージを与えてしまって老化が進み、ニキビも発生しやすくなります。

また活性酸素が増えすぎて老化してしまった肌はニキビ跡なども残ってしまいやすいという問題もあります。

この活性酸素が増殖してしまう原因になるものは、紫外線、タバコ、過度な飲酒、激しい運動、食事内容の乱れやストレスと言ったことが原因になります。

⑤睡眠不足

人は睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れることで皮脂が増加し、ニキビが発生する原因が生じます。

また、寝ている間に肌の細胞が古いモノから新しいモノへと変わるターンオーバーという働きをします。肌のダメージを補修する為に重要な成長ホルモンが分泌されているのも寝ている時間帯になります。

ですので睡眠不足になるとこのターンオーバーが上手く作用しなくなり、古い細胞が溜まっていき、ニキビができやすくなってしまいます。

古くなった角質が毛穴に詰まってそれを栄養にアクネ菌は増殖してしまうのでスキンケアも重要ですが睡眠をしっかり行ってホルモンバランスを整えて肌のダメージを補修していきましょう。

⑥鼻をいじる癖がある

鼻に汗をかきやすい、鼻をいじってしまう癖がある、頻繁に鼻をかんでいるなどのことが関係して鼻にニキビが発生しやすくなっている事もあります。

肌は外部からの刺激を受け続けるとバリア機能が徐々に剥がれてしまってその影響でニキビができやすくなります。

不衛生なことも問題ですが、皮脂の落とし過ぎで清潔にしすぎてもバリア機能が剥がれてしまいニキビや肌荒れになりやすくないります。

洗顔をしすぎる癖は皮脂を必要以上に除去してしまうので紫外線の影響を受けやすくなり、刺激も強く受けてしまうので鼻ニキビができやすくなります。

スポンサーリンク

鼻ニキビの治し方

鼻が痛い

出来てしまったものはしょうがないですよね。では、その出来てしまった鼻ニキビ!どのように対策をすれば、早く治すことが出来るのでしょうか?

鼻ニキビの対策をご説明します!しっかり対策して鼻ニキビを治していきましょう。

また、治療法を誤ってしまうとニキビ跡が残ってしまうこともありますので、あまり自己流の方法で治療しないことをおすすめします。

①洗顔方法

鼻ニキビができた時はしっかり洗顔することが基本ですよね!

でももしかすると、間違った方法で洗顔をしているかもしれません!正しい洗顔方法を知っておきましょう。そもそも、洗顔というのは、先ほど説明した皮脂を取り除く行為なのです。勢いよく洗顔料をつけて、顔をゴシゴシ・・・なんて方法で洗顔をしていると危険です。

泡状のもので顔を包みこみ、鼻の皮脂や汚れをやさしく洗い落とすようにしましょう。こすってしまうと、汚れが落とせずに、奥に入り込んでしまう可能性があります。

また、あらい流す際は、熱湯ではなくぬるま湯が良いです。熱湯ですと、鼻にある保湿成分や必要最低限の皮脂までも一緒に流れていってしまうためです。

洗顔を行った後、タオルで優しく顔の水分を吸い取ってあげます。ここでもあまりこすってしまうのはいけません。肌はデリケートなものです。その後、化粧水や保湿剤を使って、顔を保湿しましょう。

以上が正しい洗顔です。

男性の方などは、化粧水なんてつけるの面倒くさい、洗顔料さえつけておけば大丈夫だろうなんてお考えの方もいると思います。その場合は、洗顔料をペーストのものから泡状のタイプのものに変えてみるだけでも、効果があると思いますので、一度お試しください!

②睡眠時間を多くとる

ニキビが出来てしまったら、睡眠時間を長くとるように心がけてください。人は新陳代謝によって、古い細胞と新しい細胞を入れ替えています。できてしまった「古い」鼻ニキビができた「細胞」を新しいものに、変えることが必要となります。夜の十時から深夜二時の4時間は、肌にとっては是非とも睡眠をとっておきたい時間帯です。

この時間帯は、成長ホルモンが分泌されやすい時間となっています。成長ホルモンは、肌のダメージや傷を修復する効果があります。夜更かししていると、肌が荒れるというのはこの成長ホルモンを上手く分泌できていないために起こることなのです。

ですのでニキビができたときは、成長ホルモンを上手く分泌させ、鼻ニキビができた部分を修復させる必要があるというわけです。

③触らない

鼻にニキビが出来てしまうと、ついつい触ってしまいがちですよね。

実はこの「触る」という行為は絶対にしてはいけません。触るということは、手についているバイ菌をニキビにつけているのと同じです。そのバイ菌が、またニキビの元で増えてしまいます。治りにくくするどころか、症状を悪化させる恐れがあります。

また、鼻ニキビを潰すという方がいますが、ニキビは潰していいときと悪いときがあります。いわゆる「白ニキビ」が出来ているときは、潰してもかまわないとされています。潰すことによって、毛穴の汚れや皮脂をだすことができ、早く治すことができます。

しかし、爪や指で潰すとバイ菌が入ってしまう恐れがあります。どうしても早く治したいときは、医者に診てもらって、専用の道具で潰してもらいましょう。

④鼻ニキビは潰しては行けない?

正しい手順で、まだ炎症が始まっていない状態のニキビに関してはニキビは潰しても跡を残すこと無くキレイに処理することができます。

ニキビはまず白ニキビから始まって、次に黒ニキビに移行し、その後炎症が起きている赤ニキビ、黄ニキビへと段階を追って進行していきます。

さらにひどくなると紫ニキビといって非常に目立つ痕が残ったり顔に凹凸が発生してしまうような症状に繋がってしまう恐れがあります。

自分で潰してもいいのは最も初期の症状の白ニキビの状態の時になります。

白ニキビはあまり目立ちませんが、皮膚の表面が若干ふくらんでいることが確認できてその天辺が少し白く色づいている状態のニキビのことです。目で見てもなかなか識別できませんが、触ることで認識できます。

この状態の時に潰してしまうことで寧ろ症状を悪化させずに跡も残さずキレイに治療することが出来ます。

白ニキビの潰し方

白ニキビの正しい潰し方について紹介します。

まず用意するものについてですが、清潔な針、生活に拭き取れるティッシュやガーゼなど、更に最後に患部を保護するための軟膏の3つが必要になります。

まず清潔に消毒と殺菌を施した針を使用してニキビのアクネ菌が溜まっている所に穴を開けていきます。表面に穴を開けたら周囲の皮膚を優しくつまんで中の菌をすべて排出していきましょう。

それを拭き取ってから、最後に軟膏を塗っておしまいです。雑菌が入らないようにしっかり手は洗浄してから行ってください。

注意点としては穴を開ける時に肌を傷付けないようにすることと中の菌を絞り出す時に毛穴の奥の細胞まで傷つけてしまわないことです。

あくまでアクネ菌を出すのは最低限にとどめて後は自然治癒力で治していきましょう。

その他にもコメドプッシャーという専用の道具を使用して潰す方法もあります。より確実に行うにはこれらの専用の道具を使用して治療するといいでしょう。

スポンサーリンク

鼻ニキビの予防方法

女性の鼻

一度、鼻ニキビが出来てしまうと、癖になってしまいます。

なので、なるべく鼻ニキビができないように予防することが大切です。鼻ニキビの予防方法を紹介します。

①ビタミンをとる

普段の食事を正すことで、予防することができます。
揚げ物やインスタント食品を多く食べている人は、控えるようにしましょう。
特に、肉類は動物性脂肪を多く含みます。これらのものは、皮脂を多く分泌してしまいます。また上記のように、ビタミンを多く含むものを中心にバランスの良い食生活をおくりましょう。

例として

  • ビタミンAを多く含む食物        牛乳・ニンジン・ほうれん草
  • ビタミンB2を多く含む食物      レバー・納豆・いわし
  • ビタミンB6を多く含む食物      大豆・卵・カツオ
  • ビタミンCを多く含む食物        レモン・キウイ・ピーマン

などが挙げられます。

日々の食事からビタミンを取っておくことで、ニキビの出来にくい体を作ることができますし、ニキビができたとしても、治りやすい体になります。

②適度な運動する

運動をすることで、新陳代謝を良くすることができます。

新陳代謝が良くなれば、ニキビが出来る前に古い角質から新しい角質へ生まれ変わることになります。また、適度な運動は、血の流れを良くしてくれます。

血の流れが良くなれば、肌にとって必要な栄養素を順調に届けることができるんです!ですが、激しい運動はニキビにとっては、マイナスの要因になることもあります。激しい運動をすると、活性酸素というものが生み出されます。この活性酸素は、肌にダメージを与えたり、ニキビをできやすくしてしまったりする作用があります。

また活性酸素が生み出されると、ビタミンを多く消費してしまいます。なので、運動をする場合は、ウォーキングや、ジョキングなどの適度な運動にしましょう!

③規則正しい生活

毎日、規則正しい生活をするように心がけましょう。寝る時間が日によって違ったり、起きる時間が遅かったりすると、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。そうなることで、ニキビの出来やすい体質になってしまいます。

また不規則な生活はストレスの要因となります。
上記のように、ストレスはニキビにとっては天敵ですので、ご注意ください。上手くリラックスをして、ストレスをためないよう心がけてください。

スポンサーリンク

まとめ

鼻ニキビが出来る原因

  • 食生活の乱れ
  • メイク
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 活性酸素
  • 鼻への刺激

鼻ニキビの治し方

  • 正しい洗顔をする
  • 睡眠時間を多く取る
  • 触らないようにする

鼻ニキビの予防方法

  • ビタミンをとる
  • 運動する
  • 規則正しい生活

以上が今回の記事のまとめです。

ニキビはできないようにするのが一番です。規則正しい生活を送り予防するようにしましょう。

もしニキビが黄ニキビのステージまで進行してしまった場合には適度な洗顔などを心がけて、潰さないように気をつけながら内部からしっかりニキビを治せるよう睡眠時間、食生活共にしっかり対策をして治癒能力を他アクしていきましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

鼻の中や鼻の下にできるニキビについて原因や治し方を知ろう!

顔のしこりの原因はニキビだけじゃない?痛くない炎症って?

ニキビに絆創膏は有効?使用する際の注意点とは?

ベビーパウダーはニキビに効果があるの?悪化する恐れについて

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする