ニキビに絆創膏は有効?使用する際の注意点とは?

大切なイベントやデートを控えているときに、鏡を見るとニキビを発見…これほどテンションが下がることはありません。皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

女性だけでなく、最近は男性も清潔感の象徴として、美肌を意識する人が増えてきました。潰すと跡が残りやすく、シミの原因にもなってしまうので、無理矢理潰すわけにもいきません。

ニキビが枯れてくるのを待つしかないのでしょうか?いえいえ、実は、絆創膏を使うと、ニキビが早く治ると言われています。もしそれが本当ならば、これを使わない手はありません。

この方法は、果たして本当に効果があるのでしょうか?ここでは、ニキビと絆創膏の関係についてご紹介します!

スポンサーリンク

絆創膏を貼ってはいけないニキビもある!

girl-781151_960_720

絆創膏と相性が良いニキビと、悪いニキビがあります。基本的に、絆創膏を貼ることによって早く治すことができるのは、赤ニキビのみと言われています。ニキビのタイプ別にその理由を見ていきましょう。

白ニキビ

これは、ニキビの中では、炎症も起こらず一番症状の軽い状態です。毛穴に汚れが詰まって、白く盛り上がったようなニキビのことを言います。汚れが詰まった状態で絆創膏を貼るのは、逆効果です。

何かを塗るより、洗顔やピーリングなどでしっかり汚れを「取り除くこと」を入念に行い、肌状態を整えると、治すことができます。

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂が空気に触れ、酸化してできる黒ニキビ。これは、白ニキビ同様、炎症を起こしているわけではないので、絆創膏による改善は望めません。

まずは毛穴をすっきりとキレイにすることが大切です。

赤ニキビ

アクネ菌が繁殖し、炎症を起こした状態の赤ニキビ。患部が赤く、ぷっくりと盛り上がっています。この赤ニキビを治すには、まず、炎症を鎮めなければなりません。この炎症を抑えるために、絆創膏をうまく使うと効果的に改善できます。使い方については、後ほどご紹介していきます。

黄ニキビ

これは赤ニキビが悪化した状態にあたります。毛穴の中に膿が溜まっているニキビです。こうなってしまうと絆創膏による治療は不可能です。また、この黄ニキビを無理矢理潰すと、跡になりやすくなりますので、赤ニキビになった段階でしっかりとケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

ニキビに絆創膏を使う注意点

bad-1253871_960_720

肌を整えず、そのまま絆創膏を貼っても、悪化させてしまうだけです!絆創膏を効果的に使うためにも、しっかりと準備を整えておきましょう

洗顔

何よりも、まず、肌の状態を清潔にしておきましょう。洗顔フォームや洗顔石鹸を、泡立てネットなどを使って、きめ細かく泡立てます。固めのホイップクリーム程度のやわからさがベストです。次に、泡を顔に乗せ、ゴシゴシこすらず、小さな円を描きながら泡で肌を撫でるようにします。

額は、中央から左右へ、頬は中心から外側へ、小鼻の脇は中指と薬指でくるくる撫でます。汚れが気になるところは入念に、ほかの部分よりも気持ち長めに洗いましょう。あくまで、赤ニキビがあるところを刺激しないよう、やさしく、やさしく…がポイントです。

また、スクラブの洗顔料はニキビに負担をかけてしまうので、避けた方が安心です。

洗い流すときは、熱めのお湯ではなく、ぬるま湯で流します。このとき、洗顔料の洗い残しがないよう、十分に洗い流してください。泡で顔を洗っている時間の3倍、すすぎの時間に当てても良いと言われています。

化粧水で肌を整える

ニキビ用の化粧水が手元にあれば、それを使うのが一番ですが、ない場合はできるだけ刺激の少ない、敏感肌用などの低刺激のものを使用します。

コットンにたっぷり染み込ませ、顔全体を満遍なくパッティングします。このとき、コットンが毛羽立っていたら、化粧水の量が足りていない証拠です。十分に化粧水を染み込ませていないコットンでパッティングしても、逆に肌の水分を奪ってしまいますので、たっぷりと染み込ませるようにしてください。

手の甲で頬に触れ、頬がひんやり冷たくなったらOKです!しっかり保湿できているサインです。

薬について

絆創膏を貼る前に、ニキビのあるところに、薬を塗ります。ニキビ用の薬も、最近はいろいろ出ています。皮膚科で出されるものから、ドラッグストアで変えるものまでさまざまです。

その中でもやはり、皮膚科で受診して、処方してもらう薬の方が、市販薬よりも幅広い症状に対応できます。種類としては、抗生物質やホルモン剤、抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤、ビタミン剤などがあげられます。

市販薬は簡単に手に入りますが、中には抗生物質配合ステロイド系のものもあります。ステロイドの長期使用は、身体にあまり良くありません。自分のニキビの状態を薬剤師に伝えて、相談するのが良いでしょう。

早くニキビを治すためには、自分のニキビの状態にあった薬を選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

早く治すための絆創膏の正しい使い方

band-24298_960_720

さて、いよいよ絆創膏の出番です!正しい使い方を覚えて、早めにニキビとサヨナラしてしまいましょう!

薬をたっぷり塗る

洗顔&化粧水で整えた清潔な肌に、薬を塗っていきます。赤ニキビがあるところに、ニキビを隠すように、ちょんちょんと薬を置いていきます。薬をケチらずに、赤ニキビの赤みが完全に見えないくらい、たっぷり塗るのがポイントです。

絆創膏を貼る

ここで注意しなければいけないポイントは、怪我をしたときのように、密閉させて貼らないことです!あくまで、塗った薬が取れない程度にふんわりかぶせる感じで十分です。

また、一日中同じ絆創膏を貼っていると、絆創膏と皮膚の間が蒸れて、アクネ菌が増殖し、ニキビが悪化する可能性があります。日中に使用する場合は、忘れずに何度か取り替えましょう。就寝前に貼って、朝起きたらすぐに剥がすのがおすすめです。

さらに、もう一点、注意しなければならないことがあります。絆創膏は、もともとは傷を治すためのものなので、ガーゼの部分に、傷の治りを良くする薬が薄く塗られているのです。それがニキビを刺激し、悪化を招く場合があるので、長時間貼っていないのにニキビが悪化した場合は、絆創膏の使用を止め、普通のガーゼを使用することをおすすめします。

ドラッグストアなどで売っているガーゼを適度な大きさに切り、若干厚みが出るまで折り畳みます。そしてそれを、絆創膏と同じように、ふんわりとニキビの上に載せて、専用のテープ(絆創膏をテープ代わりにしてもOK)で固定しましょう。

どちらにせよ、ニキビを潰さないように、ふんわりかぶせるというのが一番大切です。

スポンサーリンク

なぜ、絆創膏を使うと良いのか?

model-600222_960_720

それではなぜ、ニキビに絆創膏を貼ると治りが早いと言われているのでしょうか?それは、「生活の中で、ニキビの悪化につながる原因」を見ると、納得できます。

簡単に言うと、絆創膏がニキビを守ってくれているのです。早速、ニキビを悪化させる原因と共に、見ていきましょう。

ニキビを雑菌から守る

布団カバーや、枕をこまめに変えていますか?人間は、寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。その汗は、当然、布団や枕が吸収していきます。そのまま放置しておくと、雑菌だらけになってしまうため、ニキビの悪化に繋がります。

あるいは、頬杖をついたり、ニキビを触る癖がありませんか?無意識のうちにやっている人も多いかもしれません。手には雑菌がたくさんついています。その手で、頬杖をついたり、ニキビを触ったりすると、ニキビは悪化します。

さらに、携帯電話も要注意です。携帯電話やスマホで、長時間電話することが多い人は特に気をつけてください。

驚くかもしれませんが、きちんとお手入れされていない携帯電話やスマートフォンは、なんと、トイレの便器の約18倍の雑菌がついていると言われているのです!これほどの雑菌を肌に当てるわけですから、ニキビが悪化しない方が不思議なのかもしれません。

このように、絆創膏を貼ることによって、日々の生活の中にある癖や習慣に潜んでいる、大量の雑菌から、ニキビを守ることができます。

もちろん、生活習慣や癖を治すのが一番ですが、なかなかすぐには改善できないものです。そんなときに、絆創膏は、力を貸してくれるのです。

薬が取れるのを防ぐ

ニキビができると、就寝前にニキビを塗って眠る人が多いのではないでしょうか?人間は寝ている間に、寝返りを打ちます。寝返りは、身体のバランスを整える働きをしているとも言われており、とても大切なのですが、枕や布団に薬を塗った部分があたり、せっかく塗った薬が取れてしまう可能性があります。

絆創膏を貼ることで、塗り薬が取れるのを防ぎ、塗った薬がしっかりとニキビに届いてくれるサポートをしてくれるのです。

スポンサーリンク

ニキビを予防しよう!

girl-102829_960_720

絆創膏や、薬の力を借りる前に、ニキビができないように心がけるのが一番です。ニキビの原因を見ながら、事前にしっかり予防しましょう。

ストレス

ストレスは、あらゆる肌トラブルを引き起こします。毛穴の収縮やバリア機能の低下、皮脂の分泌が促されるなど、ニキビができやすい肌環境になってしまいます。一日の中で、少しでもリラックスする時間を持てるようにしましょう。

乾燥肌

ニキビ、と聞くと脂性肌を連想しがちですが、乾燥肌もニキビの原因となります。乾燥によって、バリア機能が低下し、極度な乾燥によって過剰に皮脂が分泌されます。保湿を入念に行うことで、乾燥肌を予防しましょう。

ホルモンバランス

ホルモンバランスとニキビの関係はとても大きいです。生理前などに肌荒れしやすいことなどを想像すると、納得できるのではないでしょうか?基礎体温を計るなどして、ホルモンバランスの乱れをチェックするのも予防の一つと言えるでしょう。

睡眠不足

肌は、睡眠中に回復します。睡眠不足では、肌のターンオーバーが正常に行われず、古い角質が溜まり、毛穴を塞ぐので、ニキビの原因になります。長時間、というより、質の良い睡眠をとって、ニキビを予防しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?絆創膏を貼ってキレイに治ったら、普段の生活を見直し、できるだけニキビの原因を減らしていきましょう。と言っても、難しいことは何もありません!

健康的な生活をして、身の回りを清潔にする――心地よく暮らすための基本を、整えていくだけで良いのです。

つるつるな肌は、笑顔をさらに輝かせてくれること、間違いなしです♪

関連記事として、

マスクをして寝ることの効果を紹介!肌やニキビには危険?

ベビーパウダーはニキビに効果があるの?悪化する恐れについて

ニキビを予防するスキンケア方法とは?原因を知ることが大切!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする