耳の下が痛い原因は?病気やリンパとの関係について

耳の下に痛みや腫れ、さわるとグリグリとしたシコリのようなものに気がついたことはありませんか?特にシコリのようなものがあると、一体何なのかと不安になりますね。体に不調を感じて内科でお医者さんの診察を受けた時のことを思いだしてみて下さい。

聴診器で心音や呼吸音を聞かれたり、胸や背中をトントンと叩かれたり、目や喉のチェックを受けるのは診察の定番ですが、その定番の1つに首もとや耳の下あたりを触ることがあります。

お医者さんは何をチェックしているのでしょうか?今回は、耳の下には何があるのか、触ることにより何がわかるのか、また痛みの原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

耳の下について

喉 しこり

内科でお医者さんの診察を受けると、両側の耳の下から首筋にかけて何かを探すような診察を受けられたことがあると思います。これは、耳の下にあるリンパ節に腫れやシコりがないかどうかをチェックをしているのです。

しかし、耳の下にあるのはリンパ節だけではありません、耳下腺(じかせん)という大唾液線の1つもあるのです。これらは大変近くに位置しますが、役割は全く異なります。それでは、リンパ節・耳下腺について詳しく見ていきましょう。

リンパ節

まず、リンパとは「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」から形成されています。「リンパ管」は、体内に張り巡らされている血管に沿うようにして網の目のように張り巡らされています。「リンパ液」とはその「リンパ管」を流れています。

「リンパ管」は、血管からしみ出した血漿(けっしょう)と呼ばれる栄養源を回収するのですが、同時に老廃物や細菌なども入ってきます。そんな時にフィルターの役目をしているのが、こぶのような形をした「リンパ節」です。

体内に約800個あるといわれるリンパ節ですが、それを通る度、リンパ液の中の異物がろ過され、浄化されたリンパ液は、心臓に戻っていきます。リンパ節のもう1つの役割は、細菌やウィルスなどを撃退し、感染から体を守ることです。細菌やウィルスを撃退するのは、白血球の一種である「リンパ球」です。

この「リンパ球」(B細胞)は、骨髄で作られ成熟した後、骨髄を出て、リンパ節を通り熟成し増殖していきます。このリンパ球が細菌・ウィルスと戦っている時、リンパ節が腫れたり、シコリができたりするのです。ただし、悪性腫瘍の場合でもリンパ節が腫れることがるので、注意が必要です。

耳の周囲にあるリンパ節は、耳下腺リンパ節と呼ばれ、耳下腺部の表層に位置するリンパ節群です。耳の前あたりから首筋にかけて多く点在しています。

耳下腺

耳下腺とは、3つある大唾液腺の内、一番大きなもので、唾液を分泌する腺です。耳の前あたりから耳の下にかけて位置します。大唾液腺の中でもっとも炎症を起こしやすい腺です。

耳の下に位置する、リンパ節、耳下腺の働きについて理解していただけましたでしょうか。耳の下が痛いという症状は、これらの「リンパ節」・「耳下腺」が関係し、痛みの他にも腫れやシコリなどのサインを出しているということです。

スポンサーリンク

耳の下が痛い原因

外耳炎 治し方-150x150

では、耳の下に痛みを感じる場合は、どのような原因が考えられるのかを紹介します。

風邪(リンパ節)

風邪の菌に対する免疫活動が活発になったことにより、耳下付近のリンパ節の腫れ、痛みが生じる。しかし、これはリンパ節がしっかりと活動している証拠です。感染症が治まれば、腫れや痛みは自然に引いて行きます。

頸部リンパ節炎(リンパ節)

細菌やウィルスなどによる、咽頭・扁桃などへの炎症によるものです。痛みの他に発熱、腫れの症状も出ます。

悪性リンパ腫(リンバ節)

本来細菌やウィルスを撃退する働きをするリンパ球が無制限に増え、腫瘍になったものです。痛みを伴わずに、首や脇のリンパ節が腫れます医療機関での早めの診察をお勧めします

甲状腺がん(リンパ節)

甲状腺の腫瘍にも時々癌があります。頸部リンパ節の腫れ、首の前が腫れてきたら、出来るだけ早く耳鼻咽喉科で診察を受けて下さい

外耳炎(リンパ節):

外耳道に傷がつくことによる炎症です。耳の痛みやかゆみを感じ、耳鳴りなどにもなります。外耳炎については、外耳炎の治し方を紹介!症状によって変わる治療方法とは?の記事を読んでおきましょう。

急性中耳炎(リンパ節)

中耳炎の中で一番多く、小児が特にかかりやすいのが特徴です。急に鼻や喉から侵入した細菌による中耳の炎症で、耳の痛み、発熱、耳だれなどの症状を伴います。中耳炎については、中耳炎が大人に現れるとどんな症状?治療方法も紹介!の記事を参考にしてください。

滲出性中耳炎(リンパ節)

鼓膜の奥にある中耳腔に滲出液(炎症により、障害を受けた血管からもれ出た血漿成分からなる液)が溜まる病気です。特に3歳〜10歳ごろまでの子どもに多くみられ、子どもの難聴の一番の原因として挙げられます。

真珠腫性中耳炎(リンパ節)

慢性中耳炎の一部です。鼓膜の一部が中耳腔側にへこみ、そこに耳あかなどがたまり、名前のごとく真珠のような白い塊ができる病気です。進行してしまうと、髄膜炎や脳腫瘍などの合併症も現れますので、気をつけなければなりません。

慢性中耳炎(リンパ節)

中耳腔に生じた炎症や感染が、慢性化すると鼓膜に穴があき、細菌が乳突洞・乳突蜂巣というまわりの骨の空洞に住み着く状態をいいます。

内耳炎(リンパ節)

中耳にできた真珠腫や内耳の周りからの細菌感染、ウィルス感染が原因となり炎症が広がります。耳鳴り、難聴、吐き気など症状がでます。

虫歯(リンパ節)

口の中が痛い

虫歯を放っておくと、菌が歯茎などに悪影響を与え、ついには、リンパ節にまで及び、腫れや痛みを起こします。

口内炎(リンパ節)

口の内部、周辺の粘膜などに生じる炎症の総称です。できる場所によって名前が違います。歯茎にできれば「歯肉炎」、舌なら「舌炎」、唇は「口唇炎」と言います。原因は、疲労や免疫力の低下、ウィルス・細菌の増殖、物理的刺激(入れ歯や頬の内側を噛むなど)やアレルギーによるものなどがあります。口内炎については、喉に口内炎が出来る原因とは?予防方法も知っておこう!の記事を読んでおきましょう。

怪我(リンパ節)

切り傷、擦り傷などから雑菌が入り、炎症をおこしてリンパ節が腫れることもあります。傷が深い、動物に引っ掻かれたり、噛まれたりした時は、すぐに病院で治療を受けて下さい。

急性リンパ節炎(リンパ節)

リンパ節の炎症で、風邪のような症状が現れます。発熱を伴い、耳の下や首などのリンパ節が腫れ、痛みます。

風疹/三日ばしか(リンパ節)

発熱の後、発疹を生じます。耳の下、頸部のリンパ節が腫れることもあります。

急性耳下腺炎(耳下腺)

耳下腺の炎症が原因です。頬の内側にある唾液線の出口より細菌が入り込み、食事などの唾液分泌時に耳下腺への痛みを生じます。

急性化膿性耳下腺炎(耳下腺)

耳下腺への細菌性感染により腫れが出ます。

流行性耳下腺炎/おたふく(耳下腺)

2〜3週間の潜伏期間を経て発症します。ムンプスウィルスにより耳下腺が感染し、片側、あるいは両側の耳下腺の腫脹を特徴とします。この病気で最も多い合併症は、髄膜炎で、その他に睾丸炎、卵巣炎、難聴なども認められます。おたふく風邪については、おたふく風邪は大人でもなる!症状や似ている病気を紹介!の記事を参考にしてください。

反復性耳下腺炎(耳下腺)

耳下腺や顎下線の腫れが数ヶ月から1年間隔で反復して起こります。

耳下腺腫瘍(耳下腺)

腫瘍が耳下腺の中にでき、腫れを生じます。腫瘍は大部分が良性のものですが、まれに悪性化することもあるので、手術することをお勧めします。腫瘍は、大きくなっていくこともあるので、耳の下にしこりが長く続く時は、診察を受けて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

耳の下の痛み・腫れ・シコリ、耳の下で一体何が起こっているのか、わかっていただけましたでしょうか?いつも無いシコリをふっとした拍子に触り、ドキッとすることもこれからはないことと思います。「リンパ節」にしろ「耳下腺」にしろ、痛みを感じたり、腫れ、シコリがあるというのは、何らかの炎症が起こっているというサインです。

風邪のように放っておいても自然に治るものから病院での治療を必要とするものまで様々です。必要以上に怖がる必要はありませんが、症状が悪化したり、長引く時は、速やかに治療を受け、回復に努めて下さい。

関連記事として、

耳の違和感の原因は?セルフケアの方法と対処法について

耳の奥が痛い原因とは?頭痛や肩こりがある場合は要注意!

耳の後ろが痛い原因とは?頭痛や腫れは病気の可能性も!

耳が痛い原因となる7つの出来事!ストレスや頭痛が関係!?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする