喉に口内炎が出来る原因とは?予防方法も知っておこう!

忙しかったり不規則な生活を続けていると口内炎が出来ることがあります。口内炎が出来ると食事や会話の時に引っかかってしまい、非常に生活しづらいものです。

口内炎というと口の中だけで起こる症状のように聞こえますが、実は喉の奥にできる口内炎があります。喉の口内炎は感染症を原因としている場合があります。周りの人に感染を広げないためにも、喉で起こる口内炎の理由と口内炎予防についてまとめました。

スポンサーリンク

口内炎とは

口

まずは口内炎について知っておきましょう。

口内炎の種類

口内炎は口の中やその周りの粘膜にできる炎症を総称したものです。

・口の端に出来る口角炎

・唇に出来る口唇炎

・舌に出来る舌炎

・歯肉に出来る歯肉炎

・のどに出来る口内炎

等様々な症状をまとめて口内炎と呼んでいます。

口の中は外部と頻繁に触れる機会があり、細菌やウイルスが侵入しやすい部分です。また、鼻や内蔵ともつながっているので異物から身を守るために粘膜で覆われていますが、この粘膜も外からの刺激で炎症を起こすことがあり、これが口内炎になります。

場所として一番多いのは頬の裏で、下唇の内側や舌にできる場合がそれに続きます。

口内炎の原因

口内炎の症状は、潰瘍というえぐれてできるような穴や、水泡があります。

どの口内炎も、たんぱく質を分解する酵素であるプラスミンが発生することが始まりです。様々な原因によりプラスミンが増えると、炎症の元であるヒスタミンや痛みの元であるプロスタグランジン、プラジキニンが出て血管を拡張します。やがて血管からこれらの物質が漏れだして痛みやむくみが起きます。

口内炎の種類

粘膜が触ると痛く食事の時には本当に困るものですが、原因によって以下のような分類が出来ます。

・アフタ性口内炎

最もよく見られる口内炎で、2~10mm程度の赤いフチのある白っぽく円形の潰瘍ができるものです。免疫力の低下やストレス、栄養失調、特にビタミンBの不足などが原因です。

まれにベーチェット病などの全身性疾病が原因となっている場合があります。口内炎ができる範囲が広い場合や何度も再発する場合は病院に行きましょう。

・ウイルス性口内炎

名前の通りウイルスによる口内炎です。ヘルペスウイルスやカビの一種であるカンジダ菌、その他梅毒や淋病、クラミジアなどの性行為感染症による口内炎もあります。

赤いただれやびらんが見られ、発熱を伴う場合もあります。小さな水泡がたくさんできたり、カンジダ性の場合は白い苔状の斑点が出ます。

・カタル性口内炎

物理的な刺激を原因として生じる口内炎です。うっかり口の中を噛んでしまった時や熱いものを飲んでしまった場合にできた口内炎はこのジャンルになります。噛んでしまったりやけどをした部分から細菌が入り感染を起こしている場合もあります。

口の粘膜が赤く腫れて、他とは異なり境界がはっきりしません。痛みが長引くのもこのタイプの特徴といえます。

・その他

以上の他、食品や金属によるアレルギーで炎症が起こるアレルギー性口内炎や、喫煙によるニコチン性口内炎があります。

スポンサーリンク

喉に出来る口内炎の特徴

喉

喉の口内炎も一般的な口内炎と同じ理由で起こるものです。怪我ややけどなど思い当たる怪我がある場合や、食べ物などを口にしてアレルギーが起きている場合などがあります。

ただし注意するべきなのは喉の口内炎が発熱を伴う場合です。発熱がある場合に考えられる病気については以下のものが考えられます。

ヘルペス

ヘルペスウイルスは、もともとほとんどの人が保有しているウイルスと言われています。水疱瘡もヘルペスの一種で、割と良くあるウイルスといえます。

身体が弱って来るとこのウイルスが悪さをします。口の周りにぴりぴりした痛みがあったり水ぶくれ、かさぶたができるのがよくみられる症状ですが、症状のひとつとして喉に口内炎が出来ることがあります。小さな水ぶくれがたくさん出来るのがその特徴です。

とはいえ喉の奥は自分では良く見えないので、自分で分かる症状としては強い痛みがあるかどうかが目安となります。唾液を飲み込む時に強い痛みが出る場合はヘルペスウイルスが原因の場合があります。感染力があるのでコップやタオルの共用には注意が必要です。

ヘルパンギーナ

聞き慣れない名前ですが、コクサッキーウイルスというウイルスに感染して起こるものがヘルパンギーナと呼ばれています。

ヘルパンギーナの特徴は非常に高い熱が出ることです。感染後2~4日の潜伏期間を経て突然39度前後の発熱があり、熱が収まっても喉の奥に水疱が出来ます。幼児の場合には筋肉痛を伴うこともあります。こちらも感染性があるので注意しましょう。

ヘルペスとの違いは、夏になりやすいといった季節性があることと嘔吐を伴う場合があることです。しかし、口内炎自体の痛みはヘルペスの方が痛いと言われています。

腫瘍

まれではありますが、喉の口内炎が数ヶ月経っても改善せず痛みや違和感がある場合、腫瘍が疑われます。

スポンサーリンク

口内炎の予防対策

iwasi

できれば発症させないようにするのが一番です。どのようにして予防できるかを紹介します。

生活習慣

口内炎の予防には、免疫力を高めることが非常に大切です。ストレスを溜めないようにしたり、規則的な生活を送ることがまずは第一です。免疫力を高める方法は、免疫力を高める方法は?食べ物などを紹介!の記事を参考にしてください。

また、ウイルスの感染を防ぐためには非常に基本的な「うがい手洗い」をすることが効果的です。口の中の清潔さを保つことは口内炎の予防につながるので、食後の歯磨きは有効です。ただし、あまり強い洗浄液で濯ぎすぎるのは粘膜を傷つける場合があります。使用方法に従って使いましょう。

また、口の中の乾燥は粘膜を傷つけやすいので唾液が少ない方は注意が必要です。唾液には抗菌作用もあるので、ガムを噛むなど咀嚼のトレーニングをすることも口内炎予防につながる習慣です。

食事からできる予防対策

粘膜を強く保つためにはビタミンB群を含む食事が効果的です。ビタミンB群、特に口内炎に効くB2を多く含むのは以下の通りです。

・魚…うなぎ、いわし、さば、さんま等の青魚、魚肉ソーセージ

・肉…レバー

・その他…納豆、しいたけ、わかめ

これらを普段からバランス良く摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎になってしまったら

歯ブラシ

もし口内炎になってしまったら口の中を清潔に保ち、イソジンなどでうがいをすることで回復の手助けをすることで大体1週間程度で回復することができます。

喉の口内炎の場合、水を飲むと喉が痛いのでなかなか水分を取れず脱水症状を起こすことがあります。また、食事も思うようにできず体力を消耗する恐れがあります。

早く治すためにも体調を整えることが大切なので、少しづつでも水分を摂るよう心がけましょう。

塗り薬等については、原因が分からない状態で使うのはあまり良くありません。たとえば痛みを和らげる薬であるケナログ軟膏は、カンジダ性口内炎の場合にはつかってはいけない薬です。医療機関に相談の上使用するようにしましょう。

あまりにも長引く場合(2週間程度が目安とされています)や、前述のように発熱を伴う場合は医療機関を受診しましょう。特にヘルペスについてはすぐに薬を処方してもらうことが有効です。口腔外科のある歯科医院や耳鼻咽喉科の先生に相談するとよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

口内炎も他の様々な病気と同様に、生活習慣の乱れによる免疫力低下を原因として起こるケースが多々あります。また、細菌に感染して起こる口内炎があることから見ても、免疫力を整えておくことが大切といえるでしょう。

体調不良や疲れ、ストレスなど新陳代謝を遅らせる習慣を避け、バランスのよい食事を心がけることで口内炎の出来にくい体質を作ることができます。

関連記事として、

口内炎は地味に痛い!舌にできものが出来る原因は!?

口の中が痛いのは病気?原因を知って正しい対処を!

口の中に血豆が出来る原因とは?病気の可能性について

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする