咳に効く食べ物を紹介!子供でも食べやすいものは何?

これからの季節、空気が乾燥してくると風邪をひいてなくても喉が痛くなるときがあります。そんな時辛いのがしつこい風邪です。長続きすると「あれ?ちょっと心配かも…」と不安になってしまう人も多いかと思われます。

日常生活の中で咳が止まらないことにストレスを感じてしまう場合もあります。そんなしつこい咳を止めるには何が効果的なのでしょうか?今回は咳に聞く食べ物をその効能とともに紹介します。

これからの季節、喉の違和感を感じときに参考にしてみてください。

スポンサーリンク

咳に効く食べ物

それでは具体的に咳に効く食べ物とその効果について詳しく説明してきます。自分の体調や好みに合わせて適切な食べ物を摂取しましょう。

かりんのはちみつ漬け

花梨

かりんは咳止めや風邪の予防薬として昔から用いられてきました。かりんにはビタミンCやクエン酸などが含まれており、これらの成分が咳や風邪に対して効果を発揮してくれます。

そのかりんに、はちみつが加わることでさらに咳止めに有効です。はちみつには殺菌作用があるグルコン酸が含まれており、薬として使っていたこともあります。

かりんをはちみつに漬ける手間は掛かりますが、それを上回る効果を発揮してくれます。

大根

大根

大根も咳に効く食べ物として知られています。大根には消化酵素であるジアスターゼが含まれており、腸内環境を整える効果があります。腸内環境を整えるだけでなく、からだの熱を取り除いてくれたりといった効果もあるので、風邪をひいたときは大根を食べるとだいぶ体が楽になります。

大根ならどんな料理にも合わせやすい上に、入手も簡単なので試してみる価値ありですね。

ネギ

ネギ

ネギは昔から薬効があるとされてきた食べ物です。ネギの青い部分には栄養が、白い部分には薬効があるとされているので、丸ごと一本食べることで咳にも、また体力の回復にも効果が期待できます。

スープなどの料理に刻んで乗せたり、味の濃いラーメンなどにも合うのでその時の気分や体調に合った食べ方ができるのも嬉しいところです。

ショウガ

ショウガ

咳に効くといえばショウガもオススメです。すり下ろしたショウガにお湯、はちみつ、レモンを入れて作るショウガ湯は、体も温まる上に咳にも効くので一石二鳥です。

ショウガには殺菌効果、解毒効果があり食欲不振などにも効くとされているので、これ一つでたくさんのいい効果を得ることができます。

梨

梨にはビタミンCがたっぷり含まれており、咳や風邪のひき始めに有効です。また水分を多く含んでいるので乾いた喉に潤いを与えたり、絡まってなかなか出ない痰をにも効果があります。

水々しい梨はきつい咳が出るときに嬉しいのではないでしょうか。

玉ねぎ

玉ねぎ

玉ねぎも咳に聞く食べ物として有名です。一番いいのはそのまま生で食べることです。

玉ねぎには殺菌・消毒作用のある「アリル酸」という物質が含まれているので喉の痛みなどによく効きます。

刻んでオニオンスープに入れて飲んでも美味しいのでオススメです。

黒豆

黒豆

黒豆には「アントシアン」という成分が含まれています。このアントシアンは抗酸化作用と痰を出しやすくする働きがあるため喉の痛みによく効きます。

レンコン

レンコン

喉の痛みにはレンコン湯が効きます。レンコンをすり下ろしてその絞り汁を混ぜたものを飲んだり、干したレンコンを煎じて飲むなどすると効果があります。

スーパーに行くと簡単に手に入る食材なのでお手軽さという面でも試してみる価値はあります。

牛乳(乳製品)

牛乳

牛乳やチーズなどの乳製品には、ビタミンAが多く含まれています。このビタミンAは粘膜強化に効果があり、咳を止めたり喉の痛みを和らげたりしてくれます。

ただし乳製品を摂取すると痰が絡みやすいということもあるので、痰が出ているときは様子を見ながら摂取するようにしましょう。

パイナップル

パイナップル

パイナップルも梨と同様、とても水々しく、喉の痛みを抑えてくれます。また風邪をひいたときには体温を下げてくれる効果もあります。

パイナップルにはブロメラインという強力なタンパク質分解酵素が含まれており、このブロメラインが喉の炎症を和らげ、咳を止めてくれます。このブロメラインは熱に弱く、加熱してしまうと効果がなくなってしまいます。そのためジュースなどでパイナップルを摂取するよりも生のまま食べたほうがいいです。

白湯

白湯

白湯は体を温めるのにも、また乾燥した喉を潤すのにも効果があります。水分を摂ることは喉の痛みを抑えるのに有効な手段です。

家から出なくても簡単に用意することができるので非常にオススメです。

ハーブティー

ハーブティー

ハーブティーだけでなくお茶全般には抗菌作用があります。声枯れや喉の腫れなどにも効果があり、体も温まります。

スポンサーリンク

喉が痛い時に控えたほうがいい食べ物は?

逆に喉が痛い時に食べてはいけない食べ物を見てみましょう。

チョコレート

チョコレート

チョコレートは喉に刺激を当たえてしまう食べ物です。喉が痛い時に刺激を与えてしまうことはかえって逆効果になります。

甘いので疲れが取れたり、油分が多いので喉にいいのではと思われていますが、喉が痛い時は控えましょう。

アイス・かき氷

アイス

アイスやかき氷などは、風邪をひいたときなどに体温を下げるためついつい口にしてしまいそうですが、これもかえって逆効果です。

冷えたものは喉によくありません。風邪で熱が出たりしたときなどはどうしても食べたいでしょうが、喉の痛みを抑えるためだと思ってグッと我慢しましょう。

ナッツ

ナッツ

アーモンドやピーナッツなどのナッツは喉をとおるときに喉を傷つけてしまいます。ただでさえ炎症を起こしている喉をさらに傷つけてしまうわけです。

こんなことして喉に良いわけがありません。どうしても食べたいのならまずはしっかり喉を治すことを優先させましょう。

刺激物

香辛料

唐辛子やパプリカなどの香辛料は基本的に控えましょう。理由は喉に刺激を与えてしまい、かえって喉を痛めてしまうからです。

また香辛料以外にも個人差はありますが、お酢や梅干しなども極力控えたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?しつこい咳に効く食べ物ということでしたが、これからの季節誰しも一度は喉に違和感を感じることだと思います。

そんなときはこの記事を参考に自分の体調と症状にあった食べ物をとってください。

咳を止めるポイントは

・温かいものを摂る。

・咳止めの薬などを適度に服用する。

・どうしても治らない場合はすぐに病院へ行く。

以上3つです。

また喉が痛いときは、

・冷たい食べ物や飲み物

・香辛料やお酢、梅などの刺激物

は極力摂らないよう心がけましょう。

体調が優れない際は仕事や学校を休むなどしてしっかり休養しましょう。病院で医師から適切な診察を受けることも喉の痛みを早く治す有効的な手段です。

また日頃から適度な運動やバランスの良い食事を摂ることで免疫力が上がり喉の炎症の治りも早くなります。

病気や体調不良に必ず効くものはありません。体調を崩してからいろいろと対策をするのではなく、普段から健康管理に気をつかうことが何よりの特効薬であることを忘れないようにしましょう。

関連記事として、

肌荒れに効果のある食べ物を紹介!摂取したい9つの成分とは?

筋肉に必要な食べ物とは?効率よい筋トレのための4つの成分!

生理中の食事は何がいい?貧血や頭痛が多い人におすすめ!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする