わだかまりを解消する14の方法を知ろう!早めに解決しないとマズい?

ちょっとしたことでわだかまりが生まれてしまった。そのような経験をしたことはありませんか?

わだかまりが一度生まれてしまうと今まで仲良く接していたのに、気まずい雰囲気になってしまった、仲直りしたいけど疎遠になってしまって連絡がとりづらいなどという状況になりがちです。

今回はわだかまりが生まれてしまう原因や解決方法について考えていきましょう。

わだかまりが生まれてしまう原因って?

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

相手とわだかまりが生まれる原因は様々です。わだかまりは基本的に喧嘩をしたり言い争いをしてしまったことが原因に挙げられますが、その喧嘩や言い争いの原因は様々です。

例えば

  • 意見が食い違ってお互いカッとなってしまった
  • 第3者のことが原因で喧嘩になってしまった
  • なぜかわからないけど気づいたら避けられるようになった

などわだかまりが生まれる原因は様々です。

一度わだかまりが生まれると今まで築き上げてきたものがぶち壊しになってしまいます。長年ずっと仲良かった関係が壊れてしまったり、仲が良く結婚も考えていたのに別れてしまったなど今までのことが無かったかのようにあっさりと関係が終わってしまいます。

会社など取引先と言う関係だと最悪取引打ち切りということになりかねません。

わだかまりが生まれてしまったら早めにわだかまりを解消しないと、チャンスを逃してしまい、二度と関係を修復できなくなってしまう可能性があります。

わだかまりは早めに解決するのが吉!

わだかまりを感じたときに後回しにしてしまうと、取り返しのつかない状況になりかねません。しかし、人間ですので感情が先行しがちです。この感情がわだかまりを解消するのを邪魔してしまい、このままでいいやと考えてしまう人がとても多いです。

わだかまりを解決するのはとても難しいことで、解決して元の関係に戻りたくても、お互い納得ができなければ解決することができません。

仲直りしたくてもどのようにしたらいいのかわからないという人もいます。

わだかまりが一度生まれると、その人にとってマイナスでしかありません。そのため、わだかまりは生まないのが一番ですが、色々な性格の人もいるため、わだかまりは出来てしょうがないことなのです。

そのため、わだかまりを早く解消する方法を知って今後に生かしていくようにしましょう。わだかまりを解決する方法を知っていれば、これから先わだかまりが生まれてしまったときに応用することが可能です。

ぜひこの機会に解決方法を理解してください。

わだかまりを解決する方法とは

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V

わだかまりを解決する方法はいくつかあります。理解するのは簡単ですが、実際に行動するのはとても難しいです。自分のプライドが邪魔していたらできない行動がほとんどです。しかし、行動をすることで、わだかまりを解消することができるでしょう。わだかまりは当事者間でしかわからない確執で心理的な喧嘩のようなものです。

お互いで嫌な気持ちになったり嫌な気持ちになっていることは間違いありません。急に相手が冷たくなった場合は誤解からわだかまりを生んでいる可能性もあります。そのため、相手に謝罪や行動を求めるのではなく、自分から心を開いて行動を起こすことが大切です。この時、相手が悪いという気持ちや変な感情があれば、行動を起こすことができません。

こちらから行動を起こさなければ、間違いなくわだかまりを解決することは不可能だと言えます。もし、わだかまりを解決しなくてもいいと思っているのならそれでいいのですが、少しでも関係を修復したいと思っているのであれば、自分が折れるという覚悟を行動が大切です。

自分の悪かったところを謝罪する

わだかまりを解決するには、まずは自分から悪かったところを謝るという行動が有効です。原因が相手であっても自分が悪かったところを謝りましょう。だんだん年齢を重ねていくうちに性格が頑固になり、自分から謝るということが難しくなっていくという人がいます。

例えば、部下と上司と言う関係でわだかまりが出来たとき、上司から謝るというのは威厳を失うと考えて出来ない人が多いです。しかし、そのような考えだと部下からの信用失墜になりかねません。

常に謙虚で、自分に非があったと感じるのなら、自分から謝るのが筋です。しっかりと誠意をもって謝ることで、気持ちを相手にしっかりと伝えることができます。謝ることで簡単にわだかまりが解決したという人は意外と多いです。

逆に「ごめんなさい」の一言が言えなくて、大切な人との関係が悪くなり別れてしまったという人は解決してしまった人以上に多いです。最悪の結果にならないためにも、自分の非を認めることができるという謙虚さは持っておきましょう。

改善方法を伝える

わだかまりをどのように改善するかということを相手に伝えましょう。どのように関係を改善するか提案をしてみましょう。

この提案は自分本位になってはいけません。相手がしっかりと納得できるような、相手の立場を考えて練った提案ということです。

少しでもこちらが得をしようとしている改善案だと相手に想われてしまうと、関係改善を図るどころか余計に関係が悪化しかねません。

そのため、相手が納得できるような、相手が得だと思えるような内容を考えるようにしましょう。この時具体的な案を提示することがとても大切です。ざっくりしすぎていると、「口先だけじゃないの?」と思われることもあるため、時期や計画などを一緒に考えて案を練るようにしましょう。

人というものは具体的な数字や行動が無いと納得することができません。そのため、「いつまでにこうする、いついつに何かをする」というような具体的な日にちや計画を提示するのも有効です。

本音を素直に話す

わだかまりが出来てしまう原因として、本音を言うことが出来ずに、自分の心の中にしまってしまい、どんどんと溜まって結果としてストレスになってしまっているということがあります。

それが態度に出てしまい、相手にも気づかれてわだかまりとなってしまうというケースは多々あります。「言いたいことがあるんだったら、ちゃんと言ってよ」と思われてしまいます。

しかし、相手も言うことができないため、お互いに溝が生まれてわだかまりが悪化してしまいます。

本音を素直に話せないのは相手を信用していないということの表れともいい、お互いにとってマイナスでしかありませんし、お互いのためにもなりません。

多少相手が傷ついてしまっても本音を話すということは信頼関係を築くうえでとても大切なことです。

このとき言い方がとても大切で、気を使うこともあります。しかしそれが本音でなければ全く意味がありません。相手を傷つけないために取り繕った言葉で話すと、相手はもっと傷ついてしまい、相手との距離がどんどんと離れて行ってしまいます。

誤解は説明をして解くこと

わだかまりを生む原因として挙げられるのが誤解です。

誤解はちょっとしたことですぐに起きてしまいます。お互いのすれ違いや勘違い、誰かが陥れようとしているなど、様々なことがきっかけで誤解は生まれてしまいます。

誤解に寄って生まれたわだかまりは誤解を解いて解消するしかありません。なぜそのように思われているのか、なぜ誤解されているのか理由を聞き、すべてを正確にきちんと説明するようにしましょう。

言い訳がましく話すとさらに誤解を生む原因となるので、ありのまますべて伝えることが大切です。

大きなわだかまりの原因が小さな誤解だったということはよくあります。大したことじゃないのにと思ってそのままにしていると、取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。

そのため、誤解からわだかまりが生じている場合は、相手が納得できるように説明をきちんとしましょう。

相手を避けない

一度わだかまりが生まれると、人というのは相手を避けたくなります。しかしわだかまりがあるからといって、相手を避けるということは、わだかまりを解消して元の関係に戻りたいという気が無いとしか言いようがありません。

本当にわだかまりを失くしたいのであれば、避けるのではなく、積極的に相手に話しかけることが大切です。相手から話しかけてくるのを待つのではなく、すべてこちらからアクションを起こして、コミュニケーションを取るようにしましょう。

喧嘩や言い争いなどわかりやすい原因がある場合は行動を起こしやすいですが、一方的に避けられているときはなぜわだかまりができたかわからない場合が多いです。

誤解や相手の勘違いから来ていることもあるため、避けていると誤解や勘違いが事実であるということを相手に思わせることになりかねません。逆に理由もわからないままただ謝るだけでも認めたことになりよくありません。

そのため、とにかく積極的に話してみて、相手と自分がなぜわだかまりが起きているのか把握することが大切です。

コミュニケーションを取ることで、わだかまりの原因が何だったのか見つけることができるでしょう。

笑顔で接する

わだかまりがある相手と接するときに冷たく接したり感じ悪く接すると、さらに関係が悪化してしまうのでやめましょう。

嫌だという気持ちがあるのはわかりますが、雰囲気として出してしまうとそれは相手にも伝わります。ただでさえわだかまりが生まれているのですがら、雰囲気を出してしまうと、さらに不信感を抱かせてしまうことになります。

わだかまりがあるからこそ、笑顔で接しで、相手が良い印象を持つように接することが大切です。わだかまりがある相手と接するからこそ立ち振る舞いを良くすることは重要なことだと言えます。

たとえ相手が苦手だなという雰囲気を出していても、笑顔で話しかけるように心がけましょう

常に冷静に話し合う

わだかまりを失くすには、会話するのが一番大切なのですが、ここで重要なのが感情的に話さないということです。

やはり人間ですので感情が出てしまうこともあると思いますが、感情的になって、思ってもみないことを言ってしまうことがあります。また、喧嘩腰になることもあります。

話し合いの場ではあくまでも冷静に、なぜわだかまりがうまれているのか、どうしたら解消できるのか話し合うようにしましょう。

感情的になってしまうと、せっかくわだかまりが解消できそうなのに、さらに悪化してしまったなんてことになりかねません。

話し合いの場などで感情的になるのは良いことがありません。冷静に話し合うことで、関係改善につながるでしょう。

冷静に話し合うことで、相手の言うことも聞き入れやすくなりますし、相手も素直に聞いてくれるようになります。

根に持たない

相手に不満があったり、嫌な気分を持っていると、その気持ちを抑えることは難しいです。どうしても相手に対して執着したり、根に持ったりしてしまいがちです。

しかし、そのような気持ちを持っていると、わだかまりを失くすことができません。このような気持ちは態度として表れやすいため、相手が人の気持ちに敏感な人なら、その嫌だという気持ちを感じ取ってさらに距離を生む原因となってしまいます。

そのため、もし関係を修復したいのであれば、根に持ったり、執着心は無くさなければいけません。

逆にこのような負の気持ちをな関係を良くしたいという気持ちで接することで、相手もあなたに対して歩み寄ってくれるでしょう。

時間が解決してくれるのを待つ

どんなにこちらからアクションを起こしてもすべて無駄に終わってしまうこともあります。結局こちらが心を開いて接しようとしても、相手が心を開いてくれないと、わだかまりを失くすことはできません。

原因が小さければ、大変ではありませんが、わだかまりの原因が大きかったり、解消するのが難しい事案であれば、何をしても相手に気持ちが届かないことがあります。

その時は時間が解決してくれるのを待つしかありませんので、何もせずに待ってみましょう。

相手のせいにばかりしないで自分の悪いところも考える

わだかまりができて、関係がぎくしゃくしてしまうと、どうしても原因を相手のせいにしてしまいます。

やはり、自分が一番かわいいと思うものなので、相手とわだかまりができたときに、相手の方が悪いと思ってしまいます。もし本当に相手が悪くても、あなたにも非が少しくらいあるはずです。そのため、1から100まですべて相手のせいにしないで、自分の悪いところを考えて見ると良いです。

「100%向こうが悪い」と考えているのであれば、相手と無理に付き合っていく必要はありません。もし少しでも自分に非があ場合は、その非を認めて、自分の悪いところを改善していく努力が必要です。

相手を許すという心のゆとりを持つ

自分の非を認められたら、次は相手を許すという心のゆとりを持つことが大切です。わだかまりができるのにはお互いに原因があります。

もし、相手が悪かった時に自分がその場で許すことができていれば、わだかまりができることはないでしょう。わだかまりが出来てしまうのはどちらに原因があったかとか、どちらのほうが悪かったかというのは原因ではありません。

お互いに相手を許すという気持ちが無かったためにわだかまりができてしまうのです。

もしわだかまりを失くしたいのであれば、自分の気持ちを整理して、相手を許すという気持ちを持ちましょう。相手が嫌なことやおかしな態度をとったがためにわだかまりができることもあります。そんなときも許す気持ちをもつことで、わだかまりを失くすことができます。

相手を許すという心の余裕を持つことが出来れば、わだかまりを失くすことができ、自分をより魅力のある人間にすることができるでしょう。

過去のことにこだわらない

いつまでも過去のことにこだわっていると、先に進むことができません。そのように考えると、わだかまりが出来てしまったのは過去の話ということになります。

考えすぎるとろくなことになりません。いつまでもわだかまりができた原因に悩んだり、後悔するのは時間の無駄です。

過去のことを考えるよりも、今後のことについて考えるようにしましょう。そのように考えることで、わだかまりができてしまったことを後悔するよりも、早く解消できるように行動にうつすでしょうし、もし、わだかまりができた相手にもう会うことができない場合は、自分の未来にはいない相手ということで、これ以上考えず、次に進んでいくことが大切です。

悪気がないということをしっかりと伝える

もし誤解が原因でわだかまりが出来てしまったときは自分には一切悪気が無いということをしっかりと伝える必要があります。

行動や言葉は、受け止める側のとらえ方で変わってきます。そのため、こちらが何気なく発した言葉が相手に嫌な気持ちを与えたり、何気ない行動が相手を傷つけてしまうことがよくあります。

そのことが原因でわだかまりができてしまったらまずは謝って、悪気が無かったということをしっかりと伝えましょう。

また良い関係でいたいという気持ちを伝え続ける

わだかまりを失くしたいという気持ちを持つのはなぜですか?相手とまた仲良くしたい、良い関係を築きたいという気持ちが強いからではないでしょうか。

そのため、諦めずにその気持ちを伝え続けましょう。相手に自分にとっていかに大切な人であるかを伝え続けることが大切です。

本当に大事な人は、いなくなってからその大切さに気付くものです。大事な人ともう一度言い関係になるために声をかけ続けましょう。そうすることでいつかまた良好な関係に戻れるものなのです。

まとめ

N112_yorisohuhutari_TP_V

わだかまりを失くすために、相手のために動いたり、相手と向き合うことで、より一層信頼関係が強くなり、前よりも良い関係になっていきます。

わだかまりの原因が大きければ大きいほど解決するのはとても難しいものですが、仲直りをすることが出来れば、お互いの関係をより深いものにすることができるでしょう。

もしわだかまりが出来てしまったら、相手のことを考え、解決に導いていけるようにしましょう。

関連記事として、

喧嘩した時の仲直り方法8選!恋人や夫婦、友達それぞれの喧嘩原因は何が多い?

甲斐性なしってどういう意味?特徴や甲斐性がない男を選ばない方法を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする