正しい洗顔方法を紹介!ニキビのない肌を手にいれよう!

「正しい洗顔」と聞いて、皆さんはどう思われますか?それにどうして、洗顔が必要なのでしょう?

女性の「綺麗にしたい!」の気持ちは、誰しもが思うものです。しかしその「洗顔」のし過ぎで、お肌にダメージを与えていては、悲しい結果になってしまいます。

「私はちゃんと毎朝毎晩、洗顔しているわよ!」という方も、「正しい洗顔って、なに?」と思われる方も、買い替えのきかないお肌をいつまでもみずみずしく健康に保つためにも、これから書いてある記事をしっかり読んで、今日から正しい洗顔方法を身につけていきませんか?

スポンサーリンク

絶対NG!メイクしたまま寝るのは、お肌の大敵!

メイク女性

私達は朝起きた時から、一日を通して汗や皮脂を分泌しています。そして、そのお肌にメイクをします。

一日中、仕事や遊びを楽しんだお肌は、汗・皮脂にほこりやメイクの油分・諸成分が沢山くっついています。そして、時間と共に汚れそのものが酸化します。これを一般的に「汚れ」といいます。

汗や皮脂やメイク、またこれらの酸化した汚れを、そのまま放っておいたらどうなるのでしょう?

正解は「お肌のダメージにつながる」です。

汚れを充分に取り除かないままメイクをしたまま寝てしまって…という心当たりがある方。振り返って考えてください。

メイクをしたままで起きたお肌は、ゴワゴワで、くすんでいませんでしたか?時として、昨日なかったはずのにきびや吹き出物がでていたりすることは、ありませんでしたか?

汚れを取り除かないままで、そのままお肌に残すという事は、新しい汗や皮脂の生成がスムーズに出来ない事につながるのです。

その為毛穴に汚れが詰まったままになるので、にきびや吹き出物ができてしまったり、くすみが生じてしまうのです。毛穴に汚れが詰まって、本来ないはずのにきびや吹き出物ができてしまったり、くすみが生じてしまったら、、、でも大丈夫!

その時に必要になってくるのが「正しい洗顔」です。今日はメイクを落とした事を前提として、お話したいと思います。

スポンサーリンク

正しい洗顔で、ぷるうるお肌に!

洗顔 女性
出典:http://sosueme.ie

正しい洗顔には、「正しい洗顔料の泡立て方」「正しいお湯の温度」「正しいすすぎ」「正しい拭き方」と続いていきます。どうですか?難しい、と感じましたか?

でも、大丈夫!「正しい洗顔」といっても、一度身につけてしまえば、とっても簡単です。

パパッと「簡単に済ませていた方」も、今まで念入りに「きちんと」洗顔していた人方も、今日から即実行出来る事ばかりなので、実践してみましょう!

では正しい洗顔方法について紹介したいと思います。

・「正しい洗顔」と「正しいお湯の温度」

私たちのお肌には、自浄作用が働いています。ほこりと汗だけならば、ぬるま湯だけで充分に落とせます。

そして、洗顔をする前には必ず確認してくださいね。あなたの手のひらは、綺麗ですか?

手のひらが清潔ではないと、せっかく「正しい洗顔」をしても、手についてる汚れによってお肌のダメージをわざわざ招いてしまう恐れがあります。

そして、基本的に理想的なお湯の温度は33℃から36℃くらいです。もちろん季節にもよりますが、ぬるま湯を心がけましょう。

・「正しい洗顔料の泡立て方」

お肌に合った、洗顔料を用意しましょう。そして、しっかりとその洗顔クリームを泡立ててください。

利き手が泡だて器、反対の手をボウルのイメージにします。その手で作ったボウルの中に洗顔クリームを入れます。

空気と水分を少しづつ含ませて泡立てていきます。イメージは「生クリームを泡立てる」イメージです。

この泡の「きめ細かさ」が洗顔のコツになってきます。苦手な方は、泡立てネットを手のひらで泡立ててくださいね。

・Tゾーン・顎、そして頬の順に、泡をのせます

泡をお肌にのせていくときは、優しく丁寧に!ここで大切なのはごしごししない事!手とお肌の間で、泡がクッションの様にフワフワと挟まれているイメージを持ってくださいね。

ここで皆さん、ご存知でしたか?洗顔は、指や手のひらが直接触れないことが大切なのです。そして、手のひらで皮脂の多いTゾーンや顎周りを、優しく丁寧に包み込むように「くるくる」洗います。

そして頬→小鼻周り→目じりへと進み、指先で優しく「くるくる」洗います。どうです?ごしごし洗いを「くるくる洗い」にするだけで、とっても気持ちが良いでしょう?

・「正しいすすぎ」

見落としがちなすすぎですが、これをいい加減にしてしまうとどうなるかご存知ですか?

汚れ落ちも不充分なのに、洗顔料がその箇所に残っているとそこが炎症をおこしてしまいます。

こめかみ・髪の生え際・小鼻の横・耳の下等、場所を少しずつ移動しながら、すすぎを20回程行いましょうね。洗い過ぎる洗顔は、ダメージのもとになるので気をつけましょう!

・「正しい拭き方」

最後に、タオルによる正しい拭き方なのですが、ここでもごしごし拭いている方はいませんか?

せっかく「優しく、丁寧に」行った「洗顔・すすぎ・泡立て方」なのに、仕上げをごしごししてしまうのは、とってももったいない事です!

タオルは柔らかで清潔なものを用意します。

そして、洗顔後のお肌はお湯で濡れているので、とてもデリケートな状態にあります。その為、この段階でごしごししてしまうと、せっかくのバリア機能(程よい皮脂膜)が壊れてしまいます。

イメージは、お肌の水滴を吸い取らせるように優しく押し当てるイメージです。そして、なるべく早く、充分な保湿を心がけるようにしてくださいね!

洗顔後のお肌は、急激に水分が蒸発します。その時に皮膚の表皮部分にある水分が過乾燥になってしまうのです。保湿をする時も「優しく・丁寧に」を心がけてくださいね!

スポンサーリンク

やってはいけない洗顔

洗顔のしすぎ
出典:http://www.acneeinstein.com

間違った知識として多くの人が行っている「洗い過ぎによる、洗顔」は、逆効果になることがあるので避けましょう。

ここでいう「洗い過ぎによる、洗顔」は、「正しい洗顔」でお話しした事を、殆ど反対の事をしてしまう事をさします。

・すすぎを適当で終わらせしてしまう。

・洗顔料の泡立ち不十分なままの、洗顔。

・洗顔時も、タオルで拭くのも、もちろん「ごしごし」

そうなると、せっかく正常に働いている自浄作用である皮脂膜(バリア機能)が簡単に失われてしまいます。

では失われてしまった皮脂膜(ここでいうバリア機能)は、一体どのくらいで回復するのでしょうか?

正解は「一晩から数日」かかるのです。たった「一晩から数日」だけじゃない?と思ったあなた!

皮脂膜にダメージを受けている間のお肌は、とても無防備なのです。紫外線等のダメージに大変弱い状態になっているので、お肌が異常に乾燥したり(過乾燥)、いつもなら何ともない髪の毛の刺激などの影響を受けやすくなっているのです。

ですから、お肌のみずみずしさを保つのも「正しい洗顔」のステップが大切になってくるのです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?私たちが思っている上にお肌は優しくデリケートです。
そして、お肌は優しく丁寧に扱っているだけで、驚くほどに綺麗になっていくのです。

今まで自己流でケアしていた方!「正しい洗顔」のステップで、いつまでもみずみずしく健康なお肌を保っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする