肝班(かんぱん)の原因と3つの治療方法

左右対称にぼんやりとできてしまったシミ。美白化粧品やサプリも飲んでみたのに効果がまったくない・・・。もしかして肝班(かんぱん)ではないですか?ここでは、肝班の原因や治療方法についてお話致します。

スポンサーリンク

肝班と普通のシミは何が違うのか

美肌シミ

出典:http://www.mannamotion.com

普通のシミは、日焼けにより『メラニン』が生成され、それが何らかの原因で色素沈着したものです。この場合のシミは、市販の美白化粧品を使用したり、クリニックでレーザー治療をされる方もい多いようです。

肝班とは、顔の頬や様々な場所にランダムにできる普通のシミとは違い、額や頬の部分に『左右対称にできるシミ』、『生理前に濃くなる』、『夏に濃くなり冬に薄くなる』、『境界線がはっきしない』シミのことです。

また、30代前後から50代迄の方にできやすいのも特徴のひとつです。色は、茶褐色で見た目にものすごく濃い色ではありませんが、肌がくすんで見える為、急にできると鏡をみる度に憂鬱な気分になってしまいます。

美白化粧品、エステ等にいっても薄くならないシミは、クリニックを一度受診される事をお勧めします。

スポンサーリンク

肝班の原因とは?

肝斑原因

出典:http://images.agoramedia.com/

ホルモンバランスの乱れが原因とも言われており、ピルなどのお薬を飲んで肝班ができる方も多いです。妊娠・出産によりおホルモンバランスに変化が起こった時に出来る方も多いようです。

また、更年期が近づいた年齢の方にも発生しやすい傾向にあります。最近では、ストレスも原因のひとつだと言われております。

ただ、紫外線と無関係というわけではなく、紫外線をうけやすい部分に肝班もできやすいという事から症状を悪化させない為にも、日焼け止めなど紫外線対策は念入にしましょう。

スポンサーリンク

肝班治療 その①

美肌食べ物

出典:http://www.fibrehealth.com

肝班治療でよく使用されるのが、『トラネキサム酸』という飲み薬です。トラネキサム酸は、色素沈着を抑制される働きがあります。ビタミンCと併用して飲む事により、予防もでき効果が上がります。

また、飲み薬は2ケ月で効き目があるかを1サイクルにしているところが多いようです。クリニックでは、一回の受診で2週間分処方して貰えました。

市販薬でも、ドラックストアにトラネキサム酸が配合された商品『トランシーノ』を購入できますが、皮膚科に行くと、お安いお値段でお薬を処方していただけます。

お時間のある方は、ぜひクリニックの受診してみてください!

スポンサーリンク

肝班治療 その②

スキンケア

出典:https://encrypted-tbn2.gstatic.com

肝班治療の2番目は塗り薬です。上記の飲み薬と併用するかたちになりますが、『ハイドロキノン』や『アルブチン』の処方が多いです。

ハイドロキノンというと、お肌の漂白剤と言われてる事もあり、使用するのに少し抵抗がある方も多いのではないかと思います。含有量にも規定があり、市販だと5%未満であれば化粧品として配合もできるようになってます。クリニックだと、お肌の状態に合わせて、この含有量の%を加減してくださいます。

また、アルブチンですが、こちらもお肌の漂白剤としてクリニックでも使用されています。ハイドロキノンの配合体で天然由来の成分からできてますが、安全な成分が多く含まれている為、一般の化粧品にも多く配合されています。(少しお値段が高めです。)

効果はこちらの方が低めとの事ですが、お肌が弱い方は、ハイドロキノンを使用される前にアルブチンを使用されてもいいかなと思います。

スポンサーリンク

肝班治療 その③

エステ

出典:https://encrypted-tbn1.gstatic.com

最後に、肝斑のレーザー治療についてです。

普通のシミなやホクロならレーザー治療で、とれてしまいますが、肝斑のレーザー治療は、広い範囲のシミだと、レーザートーニングをされる方が多いです。治療直後から、メイクもできるとの事で人気の高いレーザーです。

ただ、1回で変化がある!!というわけではない為、それなりのお金と時間が必要になってきます。一回で1~2万円くらいとなっているようで、クリニックによって1クールがいくらが変わってきます。10回だと20万・・・です。また、併用して飲み薬等もある為、費用は事前に相談しながら決めた方がよさそうです。

1クール終了後、少し薄くなってもまだ治療を続行するかで悩んでしまいますが、どうせするならお肌がキレイになるまで、治療を続けたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の『肝班治療』についてのまとめです。

・普通のシミと肝班は違います。

・肝班か判断に迷ったらまず皮膚科を受診。

(もしかして、肝班ではないかもしれません)

・ホルモンバランスやストレスが原因かもしれません。

・日焼け対策もしっかり行いましょう。

・まずは皮膚科で塗り薬をもらいましょう。

・レーザーはお肌全体をキレイにします。

・皮膚科の飲み薬・塗り薬は保険適用になる場合もあります。

今の現状あるシミを濃くしない為にも紫外線対策は、年間を通してしていきましょう。また、ストレスはやはり美容の対敵のようです。しっかい睡眠をとり、リラックスして楽しい毎日を送りたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする