ひとりになりたいと思う原因は?対処方法や接し方について知ろう!

家族や友達と一緒にいる時間はもちろん楽しいけれど、ふとした瞬間にどうしてもひとりになりたいと思った経験がある人も多いのではないでしょうか。

ひとりになりたいと感じるのは決して悪いことではありません。一人になりたいと感じるのは一体どうしてなのか、どのように対処していけばいいのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

突然ひとりになりたくなる原因とは?

thinking-767040_960_720

ひとりになりたくなるのには、心理学的理由がきちんとあると発表されています。臨床心理学などでも、ひとりになりたくなる原因を解明するよう、日々研究されています。

それでは、ひとりになりたくなる原因は一体なんなのでしょうか?

周囲の人間関係に精神的に疲れてしまったから

心理学では、周りの人間関係がうまくいかない場合、その場からひとまず逃げたいという気持ちの現われからひとりになりたいという心理状態になることがあると言われています。

自分が原因ではなかったとしても、周りの人間関係能力があまりよくないとその場にはいたくありませんよね。しかし、職場などだと露骨に避けることも難しいため、日々のストレスが溜まってしまう方も多くいます。

そうやって精神的に疲れた時に、人と関わることがない場所で孤独感を感じるほどにひとりになりたいと思います。

ただ、人間と関わりたくない訳ではなく、ストレスの掛かった自分の心を一時的に休めてまた頑張ることができるようにという前向きな気持の表れの場合が多くあります。

一時的に一人になっても問題は解決する訳ではありませんが、心が回復することで、うつ病などになることなく、またその問題に対しても立ち向かっていく力を蓄える為に、ひとりになりたくなるようです。

自分のペースで物事を行いたいから

他の人と一緒に作業をすると、他者のペースに合わせて行うのが求められます。チームワークが求められる作業の場合にはもちろんペースを合わせるのは重要ですが、食事やショッピングなど、プライベートな時間は自分のペースで行いたいという方も多くいます。

人に気を使いがちな優しい人ほど、人と一緒に出かけるのが負担になりやすく、ひとりになりたいと感じやすいようです。

自分はこうしたいけれど、一緒にいる人に合わせてしまって自分は我慢する機会が増えれば増えるほど、ひとりになりたいと感じてしまいます。

この場合のひとりになりたいと言う人は、自分があまり自己主張をすることがないのが原因で、ひとりになりたいと感じることが多いようです。

他のことができないほど体が疲れているから

体が疲れていると、普段はなんなくできる他の人に気を使ったりするのが難しくなる時がありますよね。

特に、なんでもない雑談や愛想笑いは疲れている時はなかなかうまくできないものです。

子どもであっても、その為、自分をこれ以上疲れさせないためにも体が疲れているのを脳が感じて、ゆっくりとひとりで休むためにひとりになりたいと感じることが多いようです。この時は、対人関係に疲れているわけではないため、体力が回復すると、ひとりになりたいという気持ちはなくなる場合が多いようです。

最近なんだか忙しくてゆっくり休むことができなかったり、重労働をしないといけなくて疲れている人は、もしかしたら体が疲れていることが原因で一人になりたいと思っている可能性があります。

考え事をしているので邪魔されたくないから

今は真剣に考え事をしているので、誰にも邪魔されたくないと思っていても、他の人が周りにいると、どうしても話しかけられたりすることがありますよね。また、近くにいる人のしぐさが気になってしまうこともあるかと思います。

かといって邪険に扱うこともできないので、結局考え事をするのが難しいという経験がある方もいるのではないでしょうか。

精神的に疲れているときや、深い悩みごとがある時は人に相談する前に、自分の中でよく考えることが多いかと思います。これは、自分の中で気持ちの整理をすることで、解決方法を見つけ出すためです。

他人に相談する前に考える傾向がある人は、自分の中でその問題がより重要で深刻なものだと感じている場合が多いといえます。その為、そんな時に他の人に邪魔されたくないと考えています。

その為、人に邪魔されないためにひとりになりたいと考えるようです。

他の人に気を使いたくないから

一見わがままのように感じるかもしれませんが、性格がサバサバしている方などは、他の人に依存するのもされるのも嫌います。

気を使うことなくはっきりと感情を表に出すのが一番いいと考えている為、必要なときは一緒にいますが、四六時中人と一緒にいるのを嫌います。

これは、他の人といるとどうしても気を使わないといけないシーンが出て来る為、そこで性格上気を使うのが苦痛だからです。

しかし、全て正直に感情表現をするのも信頼関係に問題が出てくる場合がある為、できるだけはっきりと言う機会が減るように他の人とずっと一緒にいるのを避ける傾向があります。

皆と足並み揃えて同じことを行ったりするのに精神的な苦痛を感じる場合は、本来楽しくなる飲み会などでも、ストレスを感じる場合があります。

その為、それを避けるためにひとりになるのを好みます。

人が密集している場所が苦手だから

体質やそれまでの経験、育ってきた環境によって変わってきますが、人混みが苦手だという方がいます。

対人関係が苦手だというわけではないのですが、人がたくさんいる環境が苦手で、人酔いを起こしてしまう場合があります。その為、人によっては人がたくさんいるような環境を離れて誰もいない山奥や田舎に住みたいと願っている人もいます。

原因は明確に指摘するのは難しい為、理由を言及することは難しいと言われています。しかし、現在都会の人混みの多いところに住んでいる場合や、満員電車に乗る機会が多い方の中には、人混みに耐えきれず、ひとりになりたいと感じる場合が多いようです。

心のバランスを調節するため

他の人が見ている限り、その人の本質的な精神状態はあまりわかりません。どんなに楽しそうにしていても心のなかでは何を考えているかわかりません。

人に関わる機会が多い人こそ、様々な人と接する機会が多いので、その分他の人の汚さなども見る機会があります。その為、自分を見つめ直し、自分自身が確立した価値観や人生観をぶれることがないように、定期的に一人になる時間を意識的に取るようです。

これは、社長や代表などといった人の上に立つ人もよく行っているようです。人と関わる以上に、他の人によって揺らぐことがないように無意識にずれていってしまう自分の考えなどを、自分ひとりでゆっくりと見つめ直すことで、しっかりと自分と言うものを確立していきます。

その為、人との関わりが多く、自分をしっかりと持っている方の場合は、ひとりになりたいと考えることが多いようです。

スポンサーリンク

女性より男性の方がひとりになりたくなる?

女性 まっすぐ

女性が三人集まるとずっと喋っているというように、女は悩みなどがあった場合には話すことで解決するのが多いようです。

しかし、男性の場合は悩みがあってもあまり人に相談することはありません。他の人に弱みを見せることで、自分が下に見られたくないという本能的な自己防衛が働くようです。また、彼女や奥さんには弱っている姿を見られたくないという男心から、どんなに親密でもなかなか悩みを打ち明けられず、ひとりになることで自分で解決しようとする傾向があるようです。

また、人によっては理由があってひとりになりたがる人もいます。独身男性が結婚して仕事熱心になった場合には、家庭を持ったことで自分が養うという心理的原因から仕事熱心になったのかもしれません。

人によっても違いがありますが、男性は一つのことに熱中すると、他のことを並行して行うのが苦手なので、同時進行で誰かと会話することがないように、邪魔されないで作業に集中できるよう、ひとりになりたがることもあります。

スポンサーリンク

ひとりになりたいときにはどうすればいいの?

girl-571808_960_720

一人になりたくなる原因はわかりましたが、ひとりになりたいと思っても、家族と一緒に住んでいる場合は職場でも、家庭でもなかなか一人になるのは環境的に難しいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、ひとりになりたいときにはどういう行動をとればいいかをご紹介していきます、

人と付き合う時間を決めて接するようにする

社会人になると飲み会や、食事に誘われた時はなかなか断ることができず、気がつくと二次会や三次会にまで参加してしまっている、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのままではいつまでたってもひとりになることはできません。逆に、一人になりたいという気持ちが溜まってどんどんストレスになっていってしまいます。

まずは、人に誘われた時は自分が抜ける時間をあらかじめ決めて参加するのが大切です。もちろん、一緒にいる時はその人たちとの時間を楽しむのが大前提ではありますが、時間を決めることで、気持ちが辛くなりそうなときも後もう少し我慢することができるようになります。

どうしても一人になりたくて、他の人と接したくない時にも、30分や、1時間だけといった短い時間を決めてしまえば、参加できることもあると思います。

決して誘いを断るわけではないため、対人関係も悪化することなく、罪悪感を感じる必要もありません。

自分に頑張ったご褒美を与える

一人になりたい時は、自分自身が疲れ切ったり、精神的に一杯一杯な状態であることが多いといえます。そんな時に、無理に他の人達の中にいるともっと疲れてしまったり、元気がなくなってしまいますよね。

他の人と接することで疲れることを考えると、楽しいはずの飲み会やおしゃべりも憂鬱になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、何か自分にご褒美をあげると決めてその場を頑張ることです。

もちろん、高価なものではなくても構いません。少し高いチョコレートを食べたり、いい匂いのするボディクリームで丁寧にマッサージをするなど、些細な事であっても、家に帰ってゆっくり一人でご褒美を堪能することを考えると、その場を乗り切る元気が出る心理的効果があります。

ひとりになりたい気持ちを押さえ込むのではなく、その試練があるからこそ、後でご褒美がもらえると考えると、人と接するのにも元気が出るのではないでしょうか。

自分以外の人に会わないようにする

家族と一緒に住んでいる方の場合は少し難しいかもしれませんが、本当に人と接したくないほど疲れ切ってしまった場合には、一度人との接触を完全に避けてしまうのもおすすめです。

もちろん、ひきこもりを進めているわけではありません。しかし、一度人との関わりが疲れてしまった時には、半日や一日、完全に一人でゆっくりと心を休ませる時間をとるのも大切なことです。その時、ゆっくり睡眠をとるなど脳の休憩を取るのもいいかもしれません。

大切な人や、家族との時間ももちろん大切ですが、彼らもやはり人なので、自分が気を使う部分や、合わない部分がどうしても出てきてしまいます。いつもならばなんでもなくスルーできることも、疲れ切っている時にはなんだかカンに触りますよね。

どちらも悪くないのに喧嘩になってしまったり、気まずくなってしまうことがないように、必要以上に人とかかわらないように、距離をおいてみるのがおすすめです。

思いの外、自分がいつも人と一緒にいたのに気づき、一人でも気楽に過ごせることに驚くかもしれませんよ。

やったことがないようなことをやってみる

決まった時間に会社や学校に行って、決まった時間にご飯を食べる、そんな生活を続けていくと、日々の日常がだんだんつまらなくなっていってしまいますよね。

もちろん仕事が忙しいけれども、最近は趣味に勤しむこともなく、気がついたら疲れ切って部屋でゴロゴロしているという方も多いのではないでしょうか。

実は、ひとりになりたいと思う時は、いつも同じものを選択する単調な社会に飽きを感じて、もっと刺激的なものを求めている時にもおこります。毎日同じことを繰り返すのは楽ではありますが、新しい発見や楽しみはありませんよね。

そんな時にその状態を脱出するためにおすすめなのは、やったことがないことに新しく挑戦することです。昔挑戦したかったけれど、できなかったことや、前はやっていたけれど中断してしまったことなどをもう一度挑戦してみるのもいいかもしれません。スポーツや旅行は特に気分転換として、おすすめですよ。

ゆっくり自分の中で原因を考えてみる

他のことをしてみても、やっぱりひとりになりたいと思ってしまい、もやもやしてしまう、そんな方は一度ゆっくり自分を見つめ直す機会なのかもしれません。

ひとりになりたいという原因は必ず何かしかあります。もしかしたら、いつもそう思っているのではなく、特定の場所や、特定のメンバーにのみ感じている感情かもしれません。

他の人から見てみればすぐに気がつくことであっても、自分の感情はなかなか客観的に分析するのは難しいと思います。一日の中で、どの時間に自分がひとりになりたいと感じるのかを、夜寝る前などに思い出して、メモしておくのもいいかもしれません。

自分を見つめ直す事で、原因がわかれば、ひとりになりたいと思う感情を解決する手がかりになります。場所を変えたり、その人になるべく接することがないようにする、又、どうしても避けられない場合には自分が気分を高揚させることができるようなハンドクリームや香水を使うなどして自分の気持ちを盛り上げるのもおすすめです。

スポンサーリンク

ひとりになりたいといわれたらどうすればいいの?

男

自分がひとりになりたいと思う以外にも、他の人からひとりにしてくれと言われることもありますよね。その人が心配だけれども、ひとりにしていいのか、それとも何かしてあげるべきなのか悩んだ経験がある方もいるのではないでしょうか。

ひとりになりたいと言われた時におすすめの対処法をご紹介します。

気遣いながら、しばらくはひとりにする

ひとりになりたい時は、決してずっとひとりになりたい訳ではありません。ただ、そう言う時は、相手に気を使うことができないほど疲れていたり、一度放おっておいて欲しいときです。

関係性が深ければ深いほど、ワガママが言いやすいように、実はひとりにしてほしいという言葉は信頼関係がないと言うことは難しい言葉です。それほど信頼しているけれども、今は少しひとりになりたいという気持ちを汲んで、まずはひとりにしてあげるのが大切です。

また、付き合いだしてラブラブだったのに、しばらくするとデートの回数が減り、ひとりにしてほしいと彼氏が言い出す場合があります。これは、彼女が大切ではなくなったわけではありません。

女性の場合、恋人を優先にする人が多いですが、男性の場合は彼女だけに休日を使いたいわけではない人が多くいます。仕事のスキルアップや趣味、友人との遊びなど、同時に優先したい物事はたくさんあります。その為、彼女と最近よく出かけていると気づいた彼氏は、他のものとバランスを取るために、一人になる時間を欲しがる場合があります。

恋愛は心理戦なので、女性心理はどうしても不安になると思いますが、その時はあまりしつこく連絡を取りたがるのではなく、適度な距離を保つのがおすすめです。

恋愛心理学の場合には、男性心理をきちんと読み取るのが重要です。心理法則として、男性は他のものに時間を割いた後は、また彼女との時間も大切にしてくれることが多くあります。

スポンサーリンク

まとめ

女の子

ひとりになりたいと感じる気持ちには、きちんと理由があることがわかった方も多いのではないでしょうか。

もちろん全てを解決するのは難しいとは思いますが、自分ができる限りの工夫をして、無理することなくぜひ自分の心のバランスを調節してくださいね。

関連記事として、

人間関係に疲れた時の対処法は?疲れやすい人の特徴と疲れにくくする7つのコツ。

人肌恋しいってどういう意味?その原因や対処法、解決方法を知ろう!

自分を変えたいと思う人の特徴は?自分を変える方法や名言を知ろう!

これらを読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする