人間関係に疲れた時の対処法は?疲れやすい人の特徴と疲れにくくする7つのコツ。

スポンサーリンク

人間関係に疲れたと悩みを感じる人は、大勢居いるのではないでしょうか?職場や学校や保護者づきあいなどあらゆる場面でわれわれは他人と共存しなくてはいけません。

ときには我慢が続くときもあるでしょう。どうしても離れられず嫌な人間関係を続けないといけないこともあると思います。人間関係に疲れたと感じやすい人の特徴や疲れた時に出来る対処法、人間関係のしがらみから解放されるコツなどを今日は紹介していきます。

ちょっとした考え方の変化や、環境を変えるだけで今まで抱えていた気持ちが楽になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

疲れやすい人の6つの特徴

疲れた女性1

人付き合いによって疲れるのは誰しも経験のあることだと思います。その中でも疲れやすい人の特徴というものをまとめてみました。自分に当てはまっている部分が少しでもあると感じた人は注意しましょう。

その自分特有の考え方や行動が理由となってブーメランのように自分の精神を疲れさせているのかもしれません。

他人の評価を気にしすぎる

常に他人の評価を気にして、がんじがらめになっていませんか?他人の評価を気にするあまり休憩中に休めなかったり、必要以上に頑張りすぎてしまったりといったことがあります。

常に人の目線を気にして生活することは、向上心があって良いことですが、その姿勢がいつの間にか自分の首を締めていることになっているかもしれません。

「人から認められたい」「みんなから認められることが嬉しい」というモチベーションで頑張っている人は、人から認められなくなった時非常に辛い思いをします。精神的にも追い詰められ、自分の行っていることを否定したりして気力を失ってしまいます。しかし「他人の評価は他人の評価、自分のやりたいようにやる」という考え方の人は周囲の評価によって自身がブレることがありません。

人間関係に疲れてしまう人の特徴として、人の評価を気にする人というのはかなり大きく関係しているといえます。

気を使いすぎる

周り相手の顔色を常に伺って、気を使いすぎてしまう人は人間関係に疲れがちです。恐らく幼少期などの、家庭環境で親が怖い家庭で育った人ほど、親の顔色を伺うのが癖になって、大人になってからも他人の顔色をついつい気にして、その表情からたくさんの情報を感じ取ってしまうのではないでしょうか?

少しでも不満そうな節があったら、「今の言葉は本心ではないな」や「もしかしたら今日は機嫌が悪いかもしれない話しかけるのはやめておこう」と必要以上に警戒心が強くなっており心が休まりません。

もしかしたら、たまたま不満そうな表情に見えていただけかもしれないのに、ただの草むらのうさぎを何か大きな肉食獣と勘違いして気を張っているようなものです。

必要以上に相手の気持ちを考慮して自分の行動を制限するのは、どうしても気疲れが生じてきます。無頓着なのも良くないですが、あまり気を使いすぎるのは体に毒です。

断れない人

社会に出ると会社人の飲み会や遊びの誘いがあると思います。中には付き合いづらい人や、自分とは合わない人と一緒になることもあるでしょう。そんな時、他に先約があるにもかかわらず断れなかったり、仕事を抱えているのに多くの頼まれ事を断れなかったりする人が居ます。

このタイプの人も、相手に気を使いすぎていたり、嫌われたくないという心理でなかなか断れない性格になってしまっています。

断れない性格の人は損をしがちで、断れないがために無駄な出費をしてお金がなくなってしまったり、時間を無駄にしてしまったりします。断れない性格なために自己嫌悪に陥りその時間全てを苦痛に過ごすことになってしまいます。

人のせいにしない人

完璧主義で、なんでも自分で抱え込んでしまう人です。一見ストイックでバリバリ仕事ができそうな人に見えますが、実は心のなかでは自分で自分を追い込みすぎて疲れてしまっている人も居ます。

人のせいにしないというのは、逆に精神を強くするために必要な思考だったりしますが、過剰になんでも自分に重きをおいてしまうと無理がきて疲れてしまいます。

自分一人ではどうにも出来ないこともありますので、あまり自分のせいにばかりしないようにしましょう。

悪口に付き合ってしまう

生きていれば人の悪口の一つや二つ吐いてしまうのは当たり前のことですが、口を開くたびに悪口を吐くような人が居ます。女子同士などでもよくありますが、このひとの悪口に付き合ってしまうと、終わりがなく、自分の悪口も言われているのではないかと疑ってしまいます。

言いたくもない、思っても居ないような相手の悪い部分を強要されると、必然的に心と頭とのズレが生じてきて、辛くなってきます。

このタイプの人は適当に流して会話を移すことが下手なので、相手が気持ちよくなるまで聞いてあげてしまいます。ときには反対の意見を述べたりして、相手にはっきり自分の意見を伝えられるようにしましょう。

人のことを理解しようとする

子供の頃などに他人のことをもっと理解して、相手の気持になって行動しましょうなどと教えられましたが、この親や学校による教育が仇となって、忠実にそれを守ろうとしている人です。

相手が何を考えているかなんて超能力者じゃないんですからわかるはずがありません。それなのに、頑張って相手の表情や行動から相手のことを理解しようとして結果、数回は相手の気分を当てられたとしても、なかには見当ハズレのことを予想していることもあるわけです。

この考え方が必要以上に相手の立場を尊重するあまり自分が蔑ろになり、人間関係が疲れてしまう原因になってしまいます。相手の気持ちになって見ることは重要ですが、それ以前に自分がどうしたいかということは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

疲れたときの対処方法

睡眠

日々の付き合いなどで恋愛や人間関係に疲れてしまったときの対処法ストレス対策を紹介します。

疲れてしまう原因は自分にあることが多いです、自分の考え方や行動、癖などを見直してみて疲れた精神をリフレッシュしましょう。

疲れているのに無理に関係を持とうとすると余計に疲れてしまったり、時間を楽しく過ごせなかったりしますので注意です。

自分と合わない人とは距離を置く

自分と合わない人とは思い切って距離を置きましょう。自分とソリの合わない人と関係を続けていても無理をし続けるだけで疲れてしまいます。人間関係の疲れの原因でもありますので、無理が来ないうちに距離を開けましょう。

一旦距離を置いて客観的に観察してみることで、より良い関係性の築き方が見えてくるかもしれません。その人とうまく付き合っている人の特徴や性格を真似てみるのもいいでしょう。

とにかく自分との距離が近すぎると見えない一面がありますので、勇気を持って離れることをおすすめします。

いい人を演じるのをやめる

八方美人に誰にでも好かれようと出先の人向けにいい人を演じて疲れている人は、一旦いい人を演じることをやめてみましょう。今まで人に嫌われるのが怖くてできなかったこともやってみると意外と平気だったりします。上辺でいい人を演じていても無理が来ますので、この概念は早いうちに捨ててしまいましょう。

また、自分がいい人を演じなくても済む親しい人を何人か持っておくだけで気持ちはだいぶ楽になります。

「いい人と思われたい」「優しい人だと思われたい」という感情は他人からしたら「いいやつ=使い勝手が良いやつ」「利用しやすいやつ」「都合のいいやつ」と思われてしまう可能性もあります。体よく利用されて気疲れしないように気をつけましょう。

人付き合いを制限する

一旦人づきあいを整理して、無駄な関係はきっぱり切ってしまいましょう。行きたくもない忘年会やたくさんの年賀状を書いたりすることはそれだけで疲れてしまいます。

断ち切りたいと思っている関係はきっぱり断ち切ってしまいましょう。一度断ち切りたい関係、良好な関係、距離を置きたい関係というのを書き出してみて整理してみると、頭も整理されて効果的かもしれません。一つの環境に固執することは自分の視野を狭めてしまいます、いつでも転職できるような心構えがあれば無駄な関係を続けなくて済むでよう。

顔が広いのは良いことですが、そのことで気づかれしてしまわないように、本当に大切な関係に絞って人間関係を築いていきましょう。

よく食べ、運動し、よく眠る

疲れているときは自分の食事や健康的な運動といったことがないがしろにされがちですが、精神的に疲れているときにこそ、食事や運動、睡眠と行ったことがこころの健康に大きく関係していきます。

精神科にかかるうつ病の病気や発達障害の治療などにも有効なくらいですから、健康な食事、適度な運動、質のいい睡眠は交感神経と副交感神経をしっかり休め、精神のもつポテンシャルを最大限に発揮してくれます。

仕事ばかりで忙しくしすぎずたまには休暇を取りましょう。

スポンサーリンク

人間関係疲れしにくくするコツ

コツ

生まれ持つ性質から、人間関係に疲れやすい人と、むしろ人間関係に疲れたことなどないひとがいます。では疲れやすい人と疲れにくい人にはどんな性格の差があるのでしょうか?

人間関係に疲れにくい人の特徴から参考にして、疲れにくくするコツ、解決法を紹介していきます。

自分の要素として取り入れて疲れにくい考えかたを身に着けましょう。

誰か一人パートナーを作る

自分の全てをさらけ出して本音で語れるパートナーを見つけましょう。なんでも話せる親友などでもいいですし、自分を理解してくれる彼女や、家族、友人、同僚、先輩、上司などでもいいでしょう。

自分の飾らない姿を知っていてくれる人がいるだけで、気持ちはだいぶ変わります。

嫌なことが会ったり、人間関係で落ち込むことがあると、自分はダメだとか、マイナスな方向に落ち込みがちですが、自分を知ってくれている人がそばにいると、自分の存在価値を肯定してくれます。こういう人間関係のために生きているのだと実感させてくれ、活力を取り戻してくれます。

パートナーが居ないときも、自分を疲れさせる人ではなく、自分をよく思ってくれる人をなるべくそばに置くことがポイントです。

パートナーを作るのが困難な人でも趣味を見つけるなどすると良いでしょう。

忘れる

嫌なことが会ってもすぐ忘れられる人は気疲れしづらい傾向にあります。

メンタルがやられてしまいやすい人の多くの特徴として「思い出しのストレス」というものがあります。何度も過去に経験したストレス体験を脳内で反芻し思い返しているうちに、また同じように心を痛めてしまう、必要以上にダメージを負ってしまう人がいます。必要のない咀嚼を繰り返して弱ってしまう前に忘れてしまいましょう。

ときには忘れたり、逃げたり、捨てたりといったスキルが必要になるときもありますので、戒めとしていつまでも、ストレスを心のなかに留めておくのはやめましょう。

嫌われる勇気を持つ

決して他人の期待を満たすために生きてはいけません。10人の人間が居て10人から好かれようと思って努力をしたところで、それは気疲れの原因になってしまいます。10人いれば一人くらいはアナタの事が嫌いな人は出てくるでしょう。そのことを理解して、諦めることも重要です。

他人に嫌われる勇気が持てないと、いつまでたっても自分の真に自由な生き方は出来ません。その思考の片隅には常に他人の目があり行動を制限されてしまうからです。

人生の後半になってこの事に気づいても後悔するしかありません。他人に迎合し鬱憤が溜まってしまう前に、嫌われる勇気を身に着け、人に合わせてばかりの状況から脱しましょう。

許す

他人のミスを許さず、欠陥をあげつらい、間違いを指摘し、自分の間違いを認めず、常に相手を監視するようになると、鏡の法則で反対に自分自身も相手に許されず、窮屈な環境で日々を過ごし事になります。

闘争心を持ち喧嘩をすることによって自分の成長に繋がる場合もありますが、しっかり衝突の後に相手を許し、受け入れるから、その受け皿が大きくなり成長するです。

許すという行為が周囲の人との人間関係を潤滑に行うための材料となり円滑に和をまとめてくれます。他人の失敗に寛容になり相手を許すようにしましょう。固くなっていた関係にも柔らかさが生まれ、人間関係によるストレスを解消することが出来ます。

自分から声をかける

挨拶や声掛けを自分から行うことによって、人間関係が改善されます。待つのではなく自分から仕掛けていく癖をつけましょう。受け身になってしまうと頼まれごとをした時などにどうしても断りづらい雰囲気になったり、相手のペースに飲まれて意見が言いづらくなったりします。最初はなかなか自分から切り出すことが億劫に感じられても、繰り返しているうちに自分から発信することのほうが楽に感じられるようになるはずです。

また自分から声をかけることによって相手から信頼感を持たれやすく、頼ってもらえるようにもなります。気持ちよく挨拶してくれる人のほうが声をかけやすいですし、自分発信で何かをやってみるのは効果的でしょう。コミュニケーションを楽しめるようになることが重要です。

陰口に付き合わない

人間関係に疲れづらい人は、わざわざ疲れるような会話をダラダラ続けたりトラブルに巻き込まれるような会話はしません。

さっとうまく切り抜けてストレスを溜めないようにします。女性に多いですが陰口やうわさ話を聞いて欲しい人は自分のストレスの発散のために相手を利用しているだけなので、聞いている側はどうしても疲れてしまいます。聞きたきもない話に時間を費やすくらいなら、仕事をしていたほうがいいとも思いますよね。

相手が愚痴を言ってきた内容の反対側に意見に立って逆の価値観を素直に述べて、はっきり違う見方があることを指摘してあげましょう。無闇に相槌を打っているといつまでも愚痴をこぼしてくるので注意です。

プライベートを公開する

人間関係をめんどくさいと思っている人の特徴として、プライベートを隠すという習性があります。しかし、プライベートを隠すと付き合いづらい人だと思われたり、余計に誘われたりしてしまいます。その都度言い訳を考えて断るのが億劫だったり、断ることで相手にマイナスな印象を持たれてしまいます。

自分のプライベートを謎めかして相手との付き合いを断るのはお互いの関係を悪い方向に向かわせてしまいます。いっその事、プライベートを開示して、相手に自分の事を理解させたほうが良いでしょう。中には、頭の固いひとが居るかと思いますが、意外と理解してくれてそのキャラクターを面白がってくれるかもしれません。

自分をさらけ出して、人間関係をうまく築いていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

人間関係で疲れてしまう人はやはり、他人と自分との距離感をうまく掴みきれていない人が多いようです。

人に嫌われる勇気を持ったり、時には縁を切ったり、諦めてい舞うことも人間関係では重要ということですね。自分を大切にして、楽しく過ごせる人間関係を構築できるように頑張りましょう。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

居場所がないと感じるのはなぜ?家・職場・友達ばど場面別で紹介!克服方法は?

余裕がない人の特徴って?その原因と、心に余裕をもつ方法を知って対処しよう!

自信がない人の特徴は?ありのままの自分を受け入れる方法を紹介!

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする