処女はエッチの時に痛いの?その原因や対処方法、初体験の準備を知ろう!

スポンサーリンク

春が来ると野生の生き物は、パートナーを求めて交尾をしますが、人間は季節を問わず愛情確認であるセックスをすることが出来ます。

しかし、初めての性体験には不安がつきものです。男性の立場でも、女性の立場でも、精神的なことが思わぬ失敗をしたり、次の行為に進めないなど引きずってしまうので早急に解決をしていきましょう。

そんな今日のテーマは「処女・痛い」ですので早く解決をするためにも、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

好きな人が現れたら考えること

肩

誰でも一度は通る初恋ですが、恋は何回しても「ときめいてしまう」ものですね。そして、好きな人が出来た場合や気になる人に出会った場合には、どうしても恋愛で避けては通れない「セックス」への道のりがあります。

動物の交尾とは「子孫を繫栄して残すこと」を目的としていますが、人間の場合には気持ちが入るので、交尾とは呼ばないのです。人間には恋する気持ちの延長線上に、生物としての「遺伝子を残したい」という本能を持っています。その本能が、無意識に働くと結果としてセックスという愛情表現になるのですね。

不安は知らないことから生まれる

処女の人は、テレビや友達の話で何となく「理解しているつもり」になっていますが、実際に男性と二人きりになると「どうしたらいいのか分からない」状態になるものです。

それは、まだ経験していない行為について知らないから生まれる不安なのです。つまり、ちゃんと知っておけば不安は解消されるものですので安心してくださいね。

膣の役割

それでは、セックスするときに男子のペニスを挿入する場所である「膣の役割」を考えてみましょう。人間は哺乳類なので、赤ちゃんを体内で育てるための子宮を持っています。その子宮から体外に通じる管状の器官を膣と呼びます。

また、膣の入り口は外陰部に繋がっています。その膣の中は、常に酸性成分に満たされているので、男子が射精をしてもほとんどが死滅するほどです。(※妊娠しないということではないのです。詳細は後半に記述してありますので参考にしてくださいね)

膣が酸性の理由

膣の中が酸性成分で満たされているということを学びましたが、それがどういう意味かを少しお伝えいたします。

膣という穴の中にはヒダ状のものと酸性成分の体液は、細菌等の侵入から女性の体を守ってくれています。女性の体の構造上、どうしても不衛生になりやすく感染しやすいので、女性特有の疾患にかかる可能性が高くなるのですが酸性成分が毎日、守ってくれているのですね。

この他には、妊娠して予定日になると産道という「赤ちゃんの通り道」となる重要な役割を持っているのです。

スポンサーリンク

男性にとっての性の悩み

男性 考える

男性もデリケートなのは同じです。

特に「サイズを気にする」ことは、女性がバストを気にすることにも似ています。好きな人であれば本来サイズは関係ないんですけどね。

お悩み相談室

実は男性も悩んでいることがあります。確かに、エッチなことだけに人には相談しづらいし、デリケートな問題だけに個人差もあり比べようがないのですから難しいですね。

そのため顔を見られずに調べることが出来るネットでは、「恋愛ガイド」や「悩み相談室」などのサイトにアクセスする人が急増しているようです。そのなかでも、悩み相談室閲覧ランキングでは、人間関係のトラブルや言えない悩み等の記事を中心に恋愛相談が上位を占めているようです。

「悩み相談室男性」で検索すると、たくさんの男性の悩みをみることができますので、もしかしたら自分の彼氏も同じような悩みを抱えているかもしれませんね。

男性側の悩み

では男性の性交に関する悩みとは何でしょうか?それは大きく分けて3つあります。

  • 男性器のサイズ
  • テクニック
  • 早漏と遅漏

この問題は、永遠のテーマなのかもしれませんが、ここで女性も気が付いてほしいことがあります。それは、この問題の全部が「自分に対する自信のなさ」から来ているという事実ですね。

男子の体の事情

男子の場合には、とくに若い世代においては通常であれば、中学生から性行為に目覚めたりします。女性と違って、男子の身体の中では1日につき数千~億単位の精子が作られるので、それを排出したいと感じてしまうのですね。

そのために男子の体が発達していくと、相手がいない時などに「一人でオナニーをする」ようになります。男性みんながエッチとかではなく、「身体の構造上」女性を求めてしまう生物としての本能が働いてしまうのです。いろいろな理由があって男性も大変ですね。

男子の秘めごと

男性は気にしていることでも、「女性にとっては気にしていないこと」がありますね。それは、反対に女性が気にしていることは「男性にとっては気にならないこと」でもあるってことなのです。

男性には、その他に自分が「童貞」であることを隠す傾向があります。男としてのプライドもあると思いますが、それは処女であることを隠している女性と少し似ていますね。

経験者でも悩んでいる

すでに経験をしている男性でも、悩んだり気にしたりすることがあります。特に、女性の感想が知りたいようですが、自信がないからこそ聞く場合もあるのですね。

そんな時には優しく「嬉しかった」とか「良かったよ」と一言添えてあげると良いかもしれませんね。男子はテクニックや持続時間など、女性には分かりにくいことをすごく気にすることが多いようです。

彼氏や好きな人に自信を持たせてあげることも優しさだし、正直に話すのも優しさかもしれません。しかし、デリケートな悩みでペニスの元気まで失くしてしまうこともあります。

お互いが「笑顔」で接してあげる思いやりを持つことを心掛けましょう。

スポンサーリンク

心と身体の準備をする

生理2

恋愛経験の回数とか、エッチの回数とかは「セックス」に関係ないことを知りましょう。回数が多いことより、好きな人と触れ合うことが出来るほうが尊いのです。

ドラマで見るようなセックスに憧れるのは仕方ないと思います。しかし、上手くいかないことを「失敗」と呼ぶならば、成功者ばかりではないので安心してくださいね。

女性の体はデリケート

女性の体も、気持ちと同じくらいデリケートですので「不安と連動」してしまい、身体が緊張のあまり硬くなってしまうことも珍しくはないのです。体が硬くなってしまうと、処女の場合には特に痛みが増します。

そしてセックスの経験が少ない女の子では「声」について悩んでいる人も少なくありません。確かに緊張してしまうと「声を出す」どころではないですね。

ベッドで声の悩み

ベッドインするときには声を出すように「演技指導」をする情報もあると思いますが、声は男性側の寄り添いかたや女性側のときめき等で自然と出るものなので、演技をしすぎない方が良いですね。

素直に「緊張しちゃって、ごめんなさい」と言ってしまった方がお互いが楽になる場合もあります。ただし、人によっては「演技でも良い」という場合もあるので、話せるような信頼関係を築くことが「気持ちいい良いセックス」に繋がります。

上手いとは限らない

それから勘違いしてはいけないことがあります。それは「経験が多いから上手いとは限らない」ということです。口先で自慢をしている人を見かけることがありますが、上手いとか下手とか評価をすること自体が問題なのです。

本当に好きな人や彼氏が、自分の素肌に触れてくることで大事なのは、テクニックではなく、お互いに優しさや愛情がそこにあることなのです。

処女とロストバージン

痛みを伴うこともあるロストバージンですが、初体験の際には「出血する人」と「出血しない人」がいるのですが、出血をしなかったから経験者だという誤解は女性にとって辛いものとなります。

また、処女を卒業するために男性との出会いを求める女性も増えているようです。大人になって何年も処女でいることが「恥ずかしい」と考える人がいることは、同時に危険な出会いも潜んでいるということでもあります。

自分を安売りせずに、身体を大切にする意味でも、決して焦らずに将来のことを考えてパートナーは慎重に選びましょうね。

ボディケアについて

初めての性行為が不安な人も経験がある人も、好きな人や彼氏との関係をより良い方向にしていきたいと考えているからですね。しかし、相手にばかり気が向いてしまい、自分のボディケアを怠ってはせっかくのデートが台無しになってしまいます。

そこで、自分の身体のラインはもちろん肌の手入れなども、出来るだけ毎日行いましょう。忙しくて時間が取れない時にも週に一度は「女磨きの自己点検」をしておきましょう。

バスタイムが一番、肌も柔らかくなっていて毛穴も開いていることから、デリケートゾーンや肌のお手入れにはお勧めです。アロマの香りでリラックスすると一日の疲れも取れるので一石二鳥になります。

スポンサーリンク

処女だとうまくいかない?

寝るのが怖い

セックスには、上手くいく方法というものは存在していないのです。まずは、男子の多くが気にしているペニスについて考えていきましょう。

セックスというのは、相手がいて成立する愛情表現でもあり、子孫をのこすために遺伝子を植え付ける行為でもあります。また、そのことから「女性の性器にペニスが挿入される」ことを性交とかセックスと言います。

膣という穴にペニスを入れることが出来ない時や、相手がいない場合には、一人で性的興奮を確かめる行為をオナニーとかマスターベーションといいます。

痛みってある?

痛みを怖がる女の子は多いと思います。男子の大きくなったペニスが自分の身体に挿入されることを考えると更に不安になると思いますが大丈夫ですからね。セックスの時の痛みの原因には、下記のように大きく分けて2つあります。

痛みの原因は摩擦によるもの

一つ目は、ペニスを挿入するときの摩擦で痛みを感じることです。不安が大きいと、「女の子の体がペニスを受け入れる状態」にならないために起こる痛みです。

これは、性交痛ともいいます。緊張のあまり、俗にいう「濡れていない」という状態では、無理に膣への挿入をしようとすると摩擦が起こってしまい痛みを生じます。これは、自分の膣が潤うことで解決ができますので安心してくださいね。

処女膜の破損

ペニスを挿入できると初めての時には、女性器の下の方に薄い処女膜と呼ばれるものがあるのですが、その処女膜が破損をしてしまうからなのです。

この場合には、初めての時にだけ起こることが多いので、次からは痛みが軽減されるので、心配も減っていくことが多いので大丈夫ですね。

痛みを解決する

2つの痛みの原因には、共通する点があります。緊張のあまり力が入りすぎて挿入するのが困難になることから起こっている可能性が高いということなのです。

それらを解決するためには、リラックスした状態で自分の膣がしっかりと潤っている状態を作ることが大切になります。そうすると痛みは軽減されるので解決することが出来ますね。

前戯という言葉があります。「挿入のまえに戯れる(たわむれる)」という漢字の意味のように、男性がフィニッシュを迎えるまで仲良くしておくというイメージですね。

ローションで潤い

頭では分かっていても実際に目の前に好きな人がいると、緊張してしまうことが多いですね。でも、身体が固くなると痛みが出てしまうことがあるので不安になる人も多いでしょう。

しかし、膣内が潤わなくても大丈夫です。そんな時には、潤いを与えてくれるお助けグッズとして「ラブローション」等があるので試してみるのも良いですね。ネットで購入が可能なので、誰かに見られる心配もないので人気があるようです。

LC»LCってなに?

LC»LCとは、女性の性を手助けしてくれるグッズを中心に、美容品まで揃う安心なお店です。ネットで購入できるため誰かに購入をしたことを知られることがないことや、スタッフがみんな女性だという点では、女性の立場に立って商品開発をしているところが人気のようです。

お風呂でのアンダーヘアの手入れや女性器のニオイ対策などに使えるグッズもいろいろ揃っているので、カレに対するエチケットとして考えてみるのも良いですね。

無料で登録すると

セックスに関して不安がある人は、LC»LCを一度のぞいてみるのも良いかもしれないですね。無料でアカウント登録することが出来て、セックスやお手入れの情報も得ることが出来ます。

もちろん、いろんなローションやうるおいに関するグッズもあるので上手に利用してみましょう。

スポンサーリンク

幸せなセックスをするために

コンドーム

セックスを気持ちよくするためには、女性の体がうるおいを持つための時間を作ることも必要ですね。今度は、二人だけの時間を楽しむために、セックスの過程を考えていきましょう。

二人だけの時間

初体験の時がくると、男性は優しく指で素肌を撫でるように触れたり、口を使ってキスを全身や身体の一部にするのですが、これを愛撫といいます。

時間を経て次第に男性は、気持ちが高まるとペニスを膣へ挿入します。すると少しずつ腰を振るようなピストン運動を始めます。この挿入を始める直前にコンドームをつけることを覚えておきましょう。

男性が射精を済ませると眠ってしまうことがあります。射精は「全速力で50メートル」走っていくほどエネルギーを使う為です。セックスに関しては、男性は特にすごく体力を使うのですね。

ちなみに生理中のセックスは、女の子の体は抵抗力が下がっており、細菌感染もしやすいため無理をしないためにも避けるようにしましょう。もちろんパートナーにも理解をしてもらえるように話し合えると良いですね。

正常位とは

最初のセックスは、正常位で行うことが多いです。正常位とは、女性が仰向けの姿勢になり、男性が女性の体の上でうつ伏せになる状態です。(※向き合って密着する状態で性行為を行う形ですね)

初体験は戸惑ってしまう女性も多いのですが、身体を相手に任せながらも苦痛を感じたら正直に話してみましょう。自分勝手で「女の子の気持ちを考えないような男」だとしたら、女を大事にしない証拠なので見抜いてくださいね。

性病について

健康な男女がセックスをするということは、粘膜がお互いに密着するので当然ですが万が一性病になっている場合には「感染」の危険があり、発病する可能性も高くなります。

性病の中には一部ではありますが、男性側は自分が感染していることを知らないままいることがあり、そうするとデートの際に自分へ感染する可能性も高くなっていきます。お互いの大切な体を守るためにも、「コンドーム」を装着することをお勧めいたします。

妊娠のリスク

冒頭で話した膣の中の酸性成分ですが、精子をすべて死滅するわけではないのです。女性が嬉しい時や、ときめいた時にも「体が受け入れ態勢」になることがあり、排卵期でないのに「排卵」をしてしまうのです。

新婚旅行で妊娠をしてしまうことをハネムーンベイビーといいます。この場合にも、やはり嬉しい感情が高まったのでしょう。こうして見ていくと生殖器は男女ともに、精神面が大きく影響することが分かります。

女の子が体内で排卵をすると体液が分泌されて膣内にも潤いが行き渡ります。そこで射精をされた精子を包むように守りながらゆっくりと子宮に入っていくと子宮に着床します。この時点で妊娠が成立したことになります。

妊娠検査薬

今は妊娠検査薬の精度が上がり、ほぼ確実に判明します。もし、生理が遅れていると感じたら妊娠検査薬をドラッグストアで購入して検査をしてみてください。その時に陽性の反応が出たら病院へ行き、子宮の状態を確認しましょう。

望まない妊娠を避けることは、犠牲になる尊い命を減らすためにも大切ですが、自分の身体を労わることが1番大切なことになります。

スポンサーリンク

まとめ

カップル

では、今日を振り返ってみましょう。

  • セックスするときに処女の場合は、ペニスと膣の摩擦で痛いこともあるけど、ずっと痛みが続くものではない
  • 女性だけでなく男性側も性体験に関しては、悩みをたくさん抱えている
  • 性病と望まない妊娠をさけるためにはコンドームを使うことが重要
  • 生理が遅れたときには妊娠検査薬を使って検査する
  • 性行為は緊張してしまうと力が入ってしまうので上手くいかないことがある
  • 生理中のセックスは衛生面で考えても女の子の体に良くないので避けておく

経験を重ねると 優しい言葉も掛けながら安心して二人だけの時間を作れるようになるので焦らずにいてほしいと思います。少なくとも自分の身体を大切にするために性病感染や望まない妊娠だけは避けるようにしていきましょう。

関連記事として、

性交痛の原因を知ろう!病気の可能性もある?治療方法や予防方法も紹介!

性交の後に出血が起きる原因は?症状や対処方法を紹介!

セックスが痛いと感じる原因は?血が出る場合は炎症かも?

これらの記事を読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする