人当たりがいい人の性格や特徴って?得をするのは本当?

「人当たり」とは「人と会う時に相手に与える印象」です。「人当たりが良い」人は、第一印象が柔らかく、相手が話しかけやすい雰囲気を持っています。

人当たりが良いと、就活にも有利です。「会社での出世も早い」と言います。でも、人当たりが良いと「八方美人」になる可能性もあります。なめられて、余計な仕事や責任を押しつけられることもあります。

人当たりが良い人の特徴とメリット・デメリット、人当たりの良い人になる方法についてお伝えしますね。

人当たりとはどういう意味?

smile-2928326_960_720笑顔の女性

「人当たり」とは、人に接する時などに相手に与える感じや印象のことです。「相手に親しみを与えるかどうか?」ということです。コミュニケーション力の1つでもあります。

「人当たりがいい」「人当たりが柔らかい」「人当たりが悪い」などと遣います。

[人当たりの類語]

「人当たり」の類語・同義語は「人付き」「取っ付き」です。英語では「affability」です。

[人当たりがいいとは?]

「人当たりが良い」「人当たりがいい」「人当たりが柔らかい」と遣います。人に接する時の印象や雰囲気や感じが、「親しみやすい」「人好きがする」「話しかけやすい」ことです。社交的で、コミュニケーション能力が高いという意味です。

[人当たりが悪いとは?]

「人当たりが悪い」とは、「人に接する時の印象や感じが良くない」「親しみにくい」「取っ付きにくい」という意味です。なんとなく近寄りにくく、声をかけられない雰囲気です。「社交的ではない人」に使われる言葉です。

「人当たりがいい」とはどんな人?

woman-3083379_960_720フレンドリーな女性

「人当たりがいい」「人当たりが柔らかい」と言われる人は親しみやすく、周囲の人たちに好かれます。会社など職場の同僚・後輩だけでなく先輩・上司にも親しまれます。

取引先にも好印象を与えます。「人当たりがいい」人たちには共通した特徴があります。

①笑顔が優しく雰囲気が柔らかい

「人当たりのいい人」の外見の第一の特徴は笑顔です。いつも明るくニコニコしています。作り笑いではない自然な笑顔です。精神的に落ち着いてリラックスした状態なので、常に余裕を持って行動できます。そのため、常時笑顔モードになれます。

年齢より若く見える

「人当たりのいい人」は精神が常にリラックスした状態なので、ストレスが溜まりません。実年齢より若く見えます。

苦労人に見えるのは、無理をしている

「人当たりのいい」人の中には、実年齢よりも老成して見える人もいます。人当たりを良くするために、常に自分の感情を抑えて穏やかに振る舞っている人です。中にストレスを溜め込んでしまうので「顔シワ多い苦労人」に見えてしまう可能性があります。実年齢より老けて見える「人当たりのいい」人には注意が必要です。

フランクで威圧感がない

「人当たりのいい」人はフランクな雰囲気で威圧感がありません。「近寄るな!」オーラが出ていません。会社など職場では新人や後輩でも気軽に話しかけることができます。威圧感がないので、動物にも好かれます。野良猫や野生のハトが寄って来ます。

眼光鋭い人は威圧感がある

ライオンやトラなど眼光の鋭い野生動物は威圧感があり、人間を容易に寄せ付けません。目つきの鋭い険しい顔つきの人は周囲の人たちに威圧感を与え、近寄りにくい雰囲気があります。職場の新人や後輩は質問したいことがあっても、気後れして質問できません。

②他者に受容的で共感できる

「人当たりのいい」人は、他者を受け入れることができます。「器の大きい」人です。自分とは違う意見や考え方の人・価値観や倫理観が自分と異なる人でも、「そういう考え方もあるよね」と何事も肯定的に受け止めます。どんな人でも受け入れてくれるので、多くの人が安心して近寄ってきます。

相手の感情や思いを否定しない

「人当たりのいい」人は、会話をする時に相手の思いや感情を否定しません。素直に相手の話を聞き、うなずきます。自分が反対意見や異なる考え方を持っていても、それをストレートにぶつけません。相手に共感する言葉で応じます。

「そうなのですか。よくわかりますよ」「あなたの気持ち、よくわかります」などと言います。相手を受け止め共感した上で、自分の意見や考えを上手に伝えます。

③常に周りの人たちを思いやる

「人当たりのいい」人は精神的に安定した状態なので、心にゆとりがあります。常に自分の周囲の人たち(家族・親戚・仕事の仲間・友人たち・近隣)に対して、細かく気を配ることができます。相手の気持ちを思いやることができます。

常に相手に気遣いして気持ちを思いやる人は、話し方も動作も優しくなります。相手の人を傷つけないように気を配るので、親しみやすい態度や雰囲気になります。

④ネガティブな意見や人の悪口を言わない

「人当たりのいい」人はネガティブな意見や他人の悪口を言いません。

ネガティブなことばかり言う人と一緒にいると自分の気持ちまで暗く落ち込んでしまうので、近寄るのが嫌になります。他人の悪口を言う人は、別の場所ではこちらの悪口を言う可能性があります。親しくするのを避けた方が無難です。

「人当たりのいい」人は精神的に安定し、ストレス解消の方法を心得ています。ネガティブ思考に陥ることも、他人の悪口を言ってストレス発散することもありません。

前向きに物事を考える

「人当たりのいい」人は精神的に安定しているので、常に前向きに物事を考えます。プラス思考の人と話していると、自分まで明るく前向きな姿勢になれます。「人当たりのいい」人の明るい前向きな思考に惹かれて、人が近寄ってきます。

⑤仕事の場で存在感がある

「人当たりのいい」人は仕事の場で存在感があります。相談しやすいだけでなく、何かと面倒見が良いので頼りになります。

質問しても嫌な顔をしないで親切に対応する

「人当たりのいい人」は、自分がどんなに多忙でも質問してくる新人や後輩に嫌な顔をしません。「同じ質問をするな!」「今、忙しい!」と上司や先輩に怒鳴られて困っている新人や後輩たちにとっては、本当に頼りになる存在です。

自分よりも他者を優先する

「人当たりのいい」人は自己中心的ではありません。自分よりも他者を優先して考え行動します。会社などの職場では、とにかく面倒見がいい人です。

困っている新人・後輩・同僚を放っておけないのです。仕事の手伝いでもプライベートな相談でも、いつでも親身になります。周りの人たちから常に頼りにされます。

視野が広く、客観的な判断ができる

「人当たりのいい」人は、きちんと自分の意見を持ち必要に応じて自己主張できます。自分の意見を持たずに他人の意見に左右され流される「八方美人」とは違います。

視野が広いので、物事を冷静に客観的に判断することができます。頑固に自分の意見や気持ちに固執することなく、他の人たちの意見や主張に耳を傾ける余裕があります。

相手の話を受け入れて理性的に会話をするコミュニケーション能力が高いので、会社の同僚や上司だけでなく取引先からも好感を持たれ頼りにされます。

コミュニケーション能力が高い

「人当たりのいい」人はコミュニケーション能力が高いと言えます。会社の上司や先輩に反感を持たれることなく、自分の意見や提案を主張できます。部下や後輩のミスや失敗を指摘する時も、頭ごなしに怒鳴りつけることはしません。

相手の気持ちを気遣いながら上手に注意するので、部下も後輩も不満を覚えません。同僚との人間関係も良好です。

「人当たりのいい」人は得をする?

beard-2286446_960_720実業家

「人当たりのいい」人には多くのメリットがあります。「人に好かれる」「人に親しまれる」ということ自体、メリットです。

しかし、自分でストレスを発散する方法を心得て精神的に安定していないと、自分を抑えてストレスが溜まるばかりです。

[人当たりのいい人のメリット]

人当たりのいい人はコミュニケーション力が高いので、相手に上手に自分の意思や気持ちを伝えることができます。だれとでも良好な人間関係を築くことができます。

①窮地に陥った時、周りの人たちが助けてくれる

人間はだれでも窮地に陥る可能性があります。「仕事が期限までに間に合わない」「想定外のトラブルが起きた」など、人当たりのいい人にも危機が訪れることがあります。

人当たりのいい人は、普段から周囲の人たちと良好な人間関係を築いています。普段から周りの人たちの仕事を手伝ったり相談に乗ったりしています。人当たりのいい人が困った状況になると、周りの人たちにすぐわかります。人当たりのいい人は普段から後輩・同僚・先輩・上司を広くサポートしているので、職場全体にサポート体制ができています。このサポート体制が人当たりのいい人を支えてくれます。

情けは人のためならず

たいがいの人間は親切にしてもらったことを感謝して覚えています。親切に助けてくれた人が窮地に立っているのを知れば、喜んで助けの手を差し伸べます。まさに「情けは人のためならず」なのです。

②上下の人たちと関係良好なので出世しやすい

人当たりのいい人は、部下や後輩だけでなく上司や先輩そして同僚たちと良好な人間関係を築いています。だれにでも親しみやすいので、部署を超えて広い人脈ができています。仕事の場では頼りになる存在です。仕事の結果さえ出せれば、順調に出世していきす。

人当たりのいい人に野心家はあまりいません。マイペースでコツコツ仕事をすることを好む傾向があります。自分の野心を遂げるために自己中心になることもなく、周囲の人たちから敵視されません。上の人たちも下の人たちも「出世して当然」と思うようになります。

③本当の仲間に囲まれて生きられる

人間には鏡のような心理があります。いつも気を遣って思いやり深い人には、こちらも親切に優しく接したくなります。人当たりのいい人の周囲には自然と人が集まり、お互いに和気あいあいとした雰囲気をつくり上げるようになります。人当たりのいい人は互いに助け合える仲間に囲まれて生きることができます。

[人当たりのいい人のデメリット]

人当たりのいい人は、自分の意見や価値観・世界観・人生観をしっかり持っていないと、ただの「お人好し」で周囲の人たちからなめられる可能性があります。

①「八方美人」になって自分自身が出せなくなる

「人当たりを良くしたい」と思う人は「人に好かれたい」という気持ちが強いので、だれにでも「いい顔」をします。人に反対意見を言ったり逆らったりすることを極力避けます。いわゆる「八方美人」になってしまいます。

「だれにでも好かれたい」と思うあまり、自分自身を出せなくなります。周りの人たちとの摩擦を恐れ、自分の意見を言い出せなくなります。

自分の意見をハッキリさせない人は、逆に嫌われる

自分の意見をハッキリ言わず相手の意見や考えに流される人は、「何を考えているかわからなくて、イライラする」「いつもヘラヘラしているけれど、腹の底が読めない」と思われます。職場の仲間からむしろ嫌われたり軽蔑されたりする可能性が大です。

②嫌な仕事や責任を押しつけられる

人当たりのいい人は、頼み事を快く引き受けて嫌な顔をしません。図々しくて自己中心的な人に利用される可能性が大です。余計な仕事・面倒な仕事・みんなが嫌がる仕事を押しつけられやすくなります。他の人の責任を押しつけられることもあります。

③ストレスが溜まる

人当たりのいい人の中には、言いたいことも言えず面倒な仕事や責任を押しつけられる人が少なくありません。人と争うことが嫌いなので、常に自分の感情を抑えつけてニコニコしています。ストレスが溜まる一方です。でも、周囲の人はストレスが溜まることに気づきません。

仕事や責任を押しつけられて、肉体的にも精神的にも疲労します。心身ともにストレス過多になり、思いがけなく感情を爆発させる可能性があります。

④妬まれる・やっかまれる

人当たりのいい人の周りには自然と人が集まります。人当たりのいい人はグループの中心的存在となり、目立ちます。上司や先輩に引き立てられて、順調に出世します。

世の中には、自分よりも他人が目立ったり出世したりすることを妬む人がいます。自分は何の努力もしないで、ただ羨んだりやっかんだりします。「ゴマすり上手」「おべっか遣い」などと悪口を言い触らします。

[要注意の人当たりのいい人]

人当たりのいい人が全て善人とは限りません。「人当たりがいい」という仮面をかぶって人に近づき、だます人もいます。次のような「人当たりのいい人」には要注意です。

①笑顔や態度が不自然

とってつけたような不自然な笑顔や少しオーバーなリアクションなどは、注意することをオススメします。人前では笑顔なのに、独りになったとたんブスッとして無表情。わざとらしく大げさに世話を焼いて見せる。こういう人は何か下心がある可能性があります。

②聞き上手に見せて実は詮索好き

いかにも悩みの相談に乗るような顔をして、相手の私生活を根掘り葉掘り聞く人がいます。言いたくないことまで、上手に聞き出します。いかにも聞き上手のように見えますが、実は詮索好きで噂話に目の無い可能性があります。

他人の悪い情報を教えてくれる人は要注意

本当に人当たりのいい人は、他人の悪口を言いません。噂話や陰口を嫌います。他人の悪い噂など様々な情報を教えてくれる人は、他の場所ではこちらの情報をばら撒いている可能性が大です。話をする時は注意する方が無難です。

③優しそうに見えても心が冷たい

いかにも優しそうで親しみ深く見えるのに、付き合っているうちに心の冷たさに驚くことがあります。ぶっきらぼうで取っ付きが悪く見えても心の温かい人がいるのと、同じです。愛想よく親切な態度をしていても、言葉の端々や目つきに心の冷たさは現れます。

人当たりのいい人になるには?

apples-635240_960_720美しい身体

本当に「人当たりのいい」人は多くの人たちから親しまれ、良好な人間関係を築くことができます。交際範囲が広がり、幅広い人脈ができます。いろいろな体験や知識を得ることができ、人生が豊かになります。

人当たりのいい人になる方法のポイントは、明るい笑顔と他人に対する思いやりです。

①いつも明るく笑顔で接する

人と接する時に相手に「親しみやすい」「優しそうだ」などの好印象を与えるのは、明るい笑顔です。怖い目つきで眉間に縦シワを寄せている人は威圧的で近寄りにくい印象を与えます。

笑顔でいると楽しい幸せな気分になる

自然な明るい笑顔は、無理につくることはできません。でも、自然な笑顔でいるように努めているうちに、なんとなく楽しくて幸せな気分になってきます。心理学では「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しい」といいます。

笑顔でいると気持ちが明るくなり、前向き思考になれます。

明るい声でハキハキと挨拶する

会社など仕事場では、自分から先に「おはようございます」「ありがとうございます」「お先に失礼します」などと挨拶します。明るい声でハキハキと挨拶されると、だれでも心地よい気分になります。もちろん、明るい優しい笑顔で挨拶します。

清潔で爽やかに見える服装をする

外見は相手に与えるイメージに大きく影響します。人当たりを良くするためには、清潔で爽やかに見える服装をします。派手な服装や高級ブランドづくめの外見から、親しみやすさや優しさを感じる人はいません。

②コミュニケーション力を高める

相手が話しやすいように会話を運んだり、相手が不快にならないように気遣いながら自分の意見や考えを述べられるようにコミュニケーション力を高めます。会話をする時の表情や動作もコミュニケーションの一つですから、細かに気を配ります。

相手の人が質問したり相談したりできるように話す

相手の人の考えや意見を受け入れることを、言葉で示します。相手の言うことを否定しないで「そうですね」「わかります」と受けるようにします。「でもね」「しかしですね」という拒否的な受け応えを避けます。

相手の人がリラックスして質問したり相談したりできるように、会話を進めます。

上手にNOと言える

「人当たりのいい人」は「お人好し」「八方美人」と見られて、周りの人たちからなめられる可能性があります。自分の都合や仕事の内容などによっては、頼まれても「NO」と言う必要があります。相手の気持ちを傷つけたりその場の雰囲気を悪くしないように気を付けながら、上手に「NO」と言えるテクニックを身につけます。

③自分中心の考えを捨て、相手の痛みを考える

相手の痛みを考えることは、相手に思いやりを持つことです。「自分さえ良ければいい」「自分を何よりも優先させる」という自分中心の考え方を捨てて、相手の思いや気持ちを優先させます。相手が傷つかないように、常に気遣いします。

相手を思いやることは相手を理解すること

相手の痛みを思いやることは、相手を理解することです。相手を理解すれば、自然に気持ちが通じ合うようになり、良好な人間関係を築くことができます。

思いやりのある人には自然と人が寄って来る

他人の気持ちや痛みを思いやる人の周りには、自然と人が集まってきます。「人当たりのいい人」というイメージが定着します。

④困っている人を放っておかない

多くの人が仕事や私生活の悩みを抱え困っています。だれかが困っているのを見たら、積極的に「どうかした?」「私にできることはない?」と声をかけます。「この人は頼りになる」という印象を与えます。

仕事などで困っている人は積極的に助ける。私的な悩みは慎重になる

「仕事のやり方がよくわからない」「独りでは納期までに間に合わない」など、後輩や同僚が仕事で困っている時は、積極的に手を貸すようにします。上司や先輩に上手に意見や気持ちを伝えられない後輩や同僚には、コミュニケーション力を発揮して橋渡しの役を務めます。積極的に「頼れる存在」になるようにします。

でも、私的なことで悩んでいる人には慎重に対応します。「噂好き」「詮索好き」と思われないように、「私でよければ、いつでも話を聞きますよ」という態度を示す程度にします。相手の方から悩みを打ち明けたら、真摯な態度で聞くようにします。批判的なことや否定的な言葉は控えます。

自分が忙しくても、相手の話を聞く

「自分の仕事で手いっぱい」「納期直前で時間に余裕がない」という時でも後輩や同僚が質問して来たら、手を止めて相手の話を聞くようにします。きつい言葉を吐いたり嫌な顔をしたりしないで対応できるならば、本物の「人当たりのいい人」です。

⑤心身を強くして、心のゆとりを持つ

ストレスや疲労が溜まって肉体的にも精神的にも弱くなっている人は、他者を思いやる余裕などありません。自分のことだけで手いっぱいです。ストレスを発散する方法を身につけ、身体も脳も十分休めて疲労回復するようにします。

精神的に安定していなければ、心にゆとりがなくなります。心身ともに強くして、心にゆとりを持てるようにします。

まとめ 人当たりのいい人は思いやりのある人

「人当たり」とは「人と接する時に相手に与える印象や感じ」のことです。「人当たりがいい」「人当たりが柔らかい」と遣います。「人当たり」の同義語は「取っ付き」「人付き」です。「取っ付きが悪い」「人付きが悪い」などと言います。

人当たりのいい人はだれにでも親しみやすい印象を与えます。いつも明るい優しい笑顔で人に接し、威圧感を与えません。話しかけやすい雰囲気で、仕事の場では面倒見が良く頼りになる存在です。人当たりのいい人は、他者に対する思いやりがあります。他者の気持ちや痛みを考えて、自分よりも他者を優先します。

人当たりのいい人は精神的に安定しているので、心にゆとりがあります。ストレスを発散する方法を心得ていて、自分の感情を抑制できます。心にゆとりがあるから、他者を思いやることができ、常に笑顔でいられます。

人当たりのいい人はコミュニケーション力が高く、人の気持ちや考えを理解するとともに自分の意思や気持ちを上手に伝えます。コミュニケーション力が低いのに「人に好かれたい」という気持ちが強いと、ただの「お人好し」になってしまい自分の意見が言えなくなります。

人当たりのいい人の周りには自然と人が集まります。人当たりのいい人は「頼れる存在」「中心人物」になります。上からも下からも好かれるので、出世しやすくなります。

関連記事として、

ムードメーカーになる方法は?心理や特徴を知ろう!リーダーの素質もある?

馴れ馴れしい人の特徴や心理を知ろう!親しみやすいとの違いってなに?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする