気疲れしやすい人の特徴とは?気疲れしないようにする方法を紹介!

仕事や堅苦しい場所へ行ったりするなどして気疲れをしたことがある人もいるでしょう。気疲れはその文字の通り、精神的な疲れを意味しています。身体はそこまで疲れていないのに、気を使ったり、緊張したことで精神的に疲れを感じているのです。

ただ、人によって気疲れしやすい人と気疲れしにくい人がいるようです。では、気疲れはどんな時にしてしまうのでしょうか。気疲れしやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は気疲れをしやすい状況や、気疲れしやすい人の特徴、気疲れを解消する方法をご紹介します。

あなたはどんな時に気疲れしますか?

PAK85_lalamaskatamaitai20140321_TP_V

あなたはどんな時に気疲れをしますか?普通に生活しているときは気疲れをすることはあまり無いと思いますが、気疲れしたときはどういう状況が多いのでしょうか。

大人数で集まった時

会社の飲み会や結婚式、正月の親族の集まりなど、大人数で集まるような場は気疲れしやすいです。気疲れしやすい人はそういうところに行くと気疲れすることが最初からわかっているので、行くことが憂鬱になっているでしょう。

飲み会であれば、上司のグラスが空いていないか、お皿が空いている人はいないか、独りぼっちの人はいないか、泥酔している人はいないかなど、気配りをするところはたくさんあります。場を盛り上げるためにムードメーカーになることもあるかもしれませんが、自分自身は気疲れして楽しむことができないのです。

また、自分がちゃんと気遣い出来ているのか不安になり、神経を使ってしまうでしょう。このような場合は飲み会を楽しむことができず、苦しい場所になってしまいます。そして家に帰ると「やっと終わった」という安堵の気持ちになってしまうのです。

一対一で会話をする

大人数で集まったわけでなくても、一対一の会話でも気疲れすることがあります。例えば、そんなに仲が良くない知人と話すときや、上司や目上の人と一対一で話すときはより気を使うでしょう。

「会話を盛り上げて相手を喜ばせないと」という気持ちが強いため、プレッシャーを感じてしまい、かえって話が盛り上がらなくなってしまうことがあります。

反対に会話が楽しく弾んでいたとしても、相手の反応が気になり、無理して笑っているのではないかと不安に思ってしまいます。

人に会ったあと、反省してしまう人はコミュニケーションを取ること自体に気疲れしやすいと言えるのです。

環境が変わった時

転校や進学、社会人であれば、就職したり異動したときなど、環境が変わったとき、その環境の変化で気疲れしてしまいやすいです。新しい環境になると、今まで慣れてて来たのが一新し、また人間関係などを構築しなければいけなくなります。

気疲れしやすいタイプの人は特に、身構えてしまうため、不安を感じやすくなります。新しい環境になれるまで疲れやすくなってしまうでしょう。

特に仕事が大変かどうかというより、人間関係を構築するのに時間がかかるものなので、仕事ら帰ってきたときにはヘトヘトになっているでしょう。

気疲れしやすい人の6つの特徴

YOTAKAPAKU6698_TP_V

気疲れというのは誰にでも起こることですが、気疲れしやすい人というのはどのような特徴があるのでしょうか。

責任感が強い

責任感が強く、自分がなんとかしないとと強く思っている人は気疲れしやすいです。自分の手の届く範囲で起こることはすべて把握しておかないとといつも気が張っています。

仕事などだけでなく人に対しても責任感が強いため、人が多い場所に行ったときに、すべて自分で何とかしようとしてしまうため、終わって開放されたころにはひどく疲れた状態になっていることが多いのです。

また、気遣いもでき、頭の回転が速いため、色んなことに気が付きやすいところがあります。気が付いたことは全部自分で解決しようと思う傾向があるため、気持ちを休める暇なく動いてまいます。

優しい

優しい人は相手の気持ちを考えるがあまり、気遣いしやすいです。何気ない会話でも相手のことを気遣って「本音を話しているのかな」などと深く考えこんでしまいます。

周囲の人の表情や仕草を敏感に感じ取ることができるため、いつもと違う様子だったら、「なんか元気ない。具合が悪いのかな」「なんかあったのかな」などと心配してしまうところがあります。

さらに気になったら力になろうと手を差し伸べてしまうため、世話焼きをしてしまい、その結果、気疲れしてしまうのです。

視野が広い

気疲れしやすい人は視野が広く、たくさんのものが目に入ってきます。自分のことをしながら周りはどうなっているのか見ることができるため、何かあればすぐに対応することができます。そのため、いくつものことをこなすことができる器用なタイプが多いと言えます。

ただし、視野が広い分、その視野の範囲内で起こることはすべて気になってしまうので、集中力が欠けてしまうことが多いです。周りのことを気にすることなく、目の前のことに集中することが難しいため、気疲れしてしまうのです。

また、普通の人は目の前のことに囚われてしまいがちですが、気疲れしやすい人は物事を広く考えることができると言えます。

いつも笑顔

いつも笑顔で明るくて、周りを明るくしてくれるようないわゆる人気者タイプは気疲れしやすいタイプだと言えます。いつも笑顔で明るくしているため、「悩み事がなさそうでいいね」と言われることも多いのですが、むしろ気疲れしやすく、悩み事が多いのです。

いつも笑顔の人ほど、「人に嫌われたくない」「相手に不快な想いをさせたくない」と強く思っており、良好な人間関係を築くためにいつも笑顔でいるように心がけているのです。

嫌なことがあっても笑顔は絶やさないため、いつも元気だという印象を持たれやすく、精神的に疲れていることに気付いてもらいにくいです。さらに周囲の人が感じている自分の印象を壊さないようにしているため、1人で疲れをため込んでしまうのです。

心配性

心配性な人も気疲れやすいと言えます。何に対しても不安を感じたり、心配してしまい、気疲れしてしまいます。

「何とかなる。大丈夫。」というような楽観的な考えになれないため、いつも不安を感じている状態なのです。また、人に任せて失敗したらどうしようと不安になるため、すべてのことを自分でやってしまう傾向があり、上司にはあまり向かないタイプだと言えます。

真面目

真面目な人ほど気疲れしやすい傾向があります。物事が計画通りに進まないと満足できない、完璧主義で几帳面なタイプなので、人の動き方も気になり、気疲れしてしまうのです。

また、他人の目がとても気になり人にも気を使うため、気を抜くことができません。完璧主義な一面があるため、仕事でもプライベートでも徹底的にやらないと気が済まない傾向があります。

そのため、家はいつも綺麗に整理整頓されていて生活感が無いと思われやすいでしょう。

気疲れしやすい性格の6つの直し方

PAK15_saikindeaiganaina-_TP_V

気疲れしやすい人はその気疲れしやすい性格を直したいと思うでしょう。ではどうしたら気疲れを直すにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは気疲れしやすい性格の直し方をご紹介あす。

集中力をつける

気疲れしやすい人は色々なことが気になってしまう傾向があります。このような人は集中力が欠けている可能性が高いです。自分が気にしてもすべてを解決できるわけではありません。他のことに気を向ける前に目の前のことに集中したほうが良いです。

自分にとってなにが最優先なのかをしっかりと認識して、没頭できるくらいの集中力は身に付けましょう。自分の仕事が早く終われば、他に気になることも早く対処することができます。

集中力の高め方として有効なのは時間を決めることです。作業に没頭する時間を決めて、その時間はその作業だけを行うのです。いきなり長くしても続きませんから、最初は15分くらいから初めて、感覚が分かってきたら、時間を少しずつ長くしていきましょう。

ポジティブになる

気疲れする人の多くが、ネガティブになってしまいがちです。本当かどうかわからないのに、悪いことばかり想像してしまって、落ち込んで気疲れしてしまうのです。

「もしかしたら…かも」とマイナスなことを考え始めるとキリがありません。考えたところで本当はなんなのかわかりませんし、不安になりすぎて空回りしてしまう方が良くありません。

もし「もしかしたら」と想像しそうになったらポジティブなことを考えるようにしてみましょう。なかなか考えることができなければ、些細なことでもうまく行ったら「ちゃんとできた!自分偉い」と自分を褒めるのがおすすめです。気疲れしてしまっていたのが軽減されるでしょう。

人に任せる

自分がすべてを把握して解決しようとすると疲労がたまってストレスが溜まってしまいます。気疲れしやすい人は人に任せるのが苦手です。人を信用して任せることはリーダーになるためにも大切なスキルです。

どんなにたくさんのことを把握したとしても、自分ですべてできるわけではありません。無理しないで人に任せましょう。そして、人に仕事を任せたら、必要以上に心配したり、手出しをしないようにしましょう。

人に任せたのに結局自分がやるのでは全く意味がありません。人に任せて何事もなく終わったと経験できれば、次から安心して人を頼れるようになるでしょう。

楽しむ

飲み会など人とコミュニケーションをとって気疲れしてしまうのは、自分が楽しんでいないからです。周りの人に気を使ってしまい、楽しむどころでは無いのです。ただ、自分が楽しんでいないというのはあなたにも相手にもメリットはあるのでしょうか。

「みんな楽しめていないのでは」と不安になって気を使ってばかりいると、楽しんでいないということが相手に伝わってしまいます。

そして、あなたが楽しんでいないとわかって不安そうな顔をして、その顔をみてあなたがまた気を使うという気疲れのループになってしまいます。一緒にコミュニケーションを楽しめれば、ストレス解消にもなりますし、人間関係を良くすることもできるでしょう。

弱音を吐く

いつも笑顔でいるのは素敵なことですが、辛い想いをしているときに誰からも気づいてもらえません。疲れたからといって不機嫌になるのは良くありませんが、きついときに弱音を吐けるになると、気づいてもらえるようになるでしょう。

気疲れは精神的な疲れですが、時には体調不良に繋がったり、精神疾患になってしまいます。しかし、それも隠していると、誰も気づかずフォロー出来ません。

具合が悪ければ、無理をしないで言って、弱音を吐けるような相談相手を見つけましょう。無理をすることは良いことなんてないのです。

まとめ

IMARIC20160805310323_TP_V

いかがでしたか?気疲れすることは誰にでもありますが、気疲れしやすいと精神的に参ってしまいますので、できるだけ気疲れしないようにしていきたいですね。気疲れをしてしまったらお風呂にゆっくり入ったり睡眠をしっかりとるなど自分のリラックス方法を見つけるようにしていきましょう。

気疲れしてもいいことなんてありません。ストレスの元にもなりますので、気疲れを解消できるようにしていきましょう。

関連記事として、

お人好しってどういう意味?性格や特徴、改善方法を紹介!

気遣いができる人になる方法は?ポイントや特徴を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする