ムダ毛の処理方法は何がある?自宅で行う方法やサロンの選び方などを紹介!

スポンサーリンク

皆様ムダ毛処理で悩みはありませんか?ムダ毛処理の感覚も、昔と可なり変化してきました。もうすぐムダ毛処理してないと、街を歩けなくなるかもしれませんね。

人によってムダ毛の悩みも色々ですが、部分的にケアをすることは、現代では多くの若い人たちは、当たり前になってきています。

女性ばかりでなく男性もムダ毛処理をされるようになりました。ムダ毛処理のやり方について調べてみました。

スポンサーリンク

ムダ毛処理でやらない方が良い事

%e8%b6%b3

ムダ毛処理でやってはいけない事は、シェーバーで乾いた肌に、直接カミソリを当てる事です。

毛の流れに逆らって剃ることは皮膚を傷めます。また埋没毛を無理に剃ると、炎症が起こる原因となります。

月経前後のムダ毛処理

生理前後は肌が敏感になっているので、ムダ毛処理をすると、肌トラブルの原因となります。

肌状態が不安なこの時期は、ムダ毛処理をしない方が無難です。

肌に合わないジェルやクリームの手入れ

ムダ毛処理後は肌はとても敏感になっています。肌トラブルの原因とならない、低刺激のローションやクリームで保護し、肌の合わないクリームやジェルは決して使ってはいけません。

古いカミソリでの処理

古いカミソリや切れの悪い刃でムダ毛処理すると、肌に負担を掛けるばかりか、衛生上も悪く、毛穴から雑菌が入る原因にもなります。

このようにムダ毛処理するときは、体調や、やり方を工夫して、肌に負担のかけない時期に、肌に負担を掛けないようにすることが大切です。毎日ムダ毛処理をすると、色素沈着をおこして黒ずみますので、頻度は2週間に1~2回ぐらいの割ですることが必要です。

スポンサーリンク

自分で行うムダ毛処理の方法

カミソリ

ムダ毛処理の方法には一体どのような方法があるでしょう。現在は女性だけでなく、男性の方もムダ毛処理をしている人が増えています。

自分でムダ毛処理する方法として、カミソリで剃るやり方、毛抜きで抜くやり方、毛を焼き切るやり方、薬剤を使用するやり方などがあります。

剃るやり方

カミソリ

カミソリで剃るやり方はとても簡単ですが、お肌を傷める度合いが大きいとされています。

電気シェーバー

深剃りが出来ませんが、肌への負担はカミソリよりは小さいです。

ムダ毛処理のトリマー

肌の表面をサッサッとなでるだけで、細い産毛などは処理できますが、深剃りはできませんし太ムダ毛処理はできません。太ムダ毛処理を電気シェーバーでやって、細い産毛をこのトリマーでやると、綺麗に処理できます。

毛を抜く方法

電動で毛を抜く

電動で毛を抜くのは、毛抜きで抜くより早く、生えてくるのも生えてきた毛はチクチクしなくて生える期間が遅いです。

しかしとても痛く、肌トラブルがとても多いです。電動毛抜きは、毛の生えている方向を無視して抜くので、とても痛く途中でやめる人が多いです。

毛抜きで毛を抜く

これも簡単な方法ですが、1本1本丁寧に抜くには時間が可なりかかります。しかし生えてくるのは、カミソリの時より遅いです。しかし毛穴からのトラブルも多く、肌にはダメージを受けやすいです。

脱毛テープやワックスで毛を抜く

毛穴だけでなく皮膚へのトラブルも多く、一度に広範囲のムダ毛処理はできますが、肌へのダメージは大きいです。

毛を焼く方法

ヒートカッター

ヒートカッターとヒットカッターは同じものの様です。自分で脱毛処理のできる器械で、毛を焼き切って長さを整えられる、形はペン型の物がやり易いです。

ヒートカッターの温度を上昇させて、先端を毛に押し付ける事で、毛を焼き切ります。毛を短くするだけで、つるつるにはなりませんが、毛を焼き切った先は丸くなって、チクチク感がなく、下着からチクチクはみ出すことはありません。

ヒートカッターはアンダーヘアの処理に、熱で毛を焼き切るタイプのムダ毛処理器で、VIO処理をするのに使います。小型でとても使いやすいです。IラインやVラインに特化した、ヒートカッターなどが出ています。

ヒートカッターは毛の長さだけそろえられますが、ツルスベ肌にはできません。

家庭脱毛器

家庭用の脱毛器の商品は年々進化を遂げて、とても機能も良くなってきています。エステサロンやシェービングサロンなど、予約が取れない時は、家庭脱毛を購入するのも良いのでは無いでしょうか?

家庭脱毛器で一番人気があるのがケノンとトリアです。その他にソイエやノーノーヘアがありますが4機種が全体の7割を占めていて、ケノンは痛みが少ないですが、トリア・ソイエ・ノーノーヘアは痛みを伴います。

家庭用脱毛器については口コミ情報が沢山あります。ケノンの価格は7万円ほどの様ですが、口コミは皆さん良いようです。人によって違いが出ますので、一概に口コミを信ずる事もできませんが、ムダ毛は綺麗に処理できるようです。

ナショナルの光エステ

余り人気がないようですが、重さが850gで、充電式ではなくて、電源コードが付いていて照射の前にムダ毛を剃っていて、トリマーを使ってムダ毛を除毛してフラッシュ照射します。

フラッシュ照射の面積は3.5cm×1.5cmで、取扱説明書によると、この照射範囲が重ならない様に、照射して同じ個所に何度照射しても、効果には変化がないとのことです。

こちらは1万5千円程度と価格は安いです。口コミは悪くありません。

熱戦式の除毛器

熱戦式の除毛器は脱毛器とも呼ばれます。肌の上を滑らせて、毛を焼いていく器械です。熱戦式除毛器は、毛の生え際から、毛を焼くことができます。しかし毛を抜くことはできません。これは家庭用脱毛器と同じものです。

薬剤のクリームを使う

脱色剤

毛の色を抜いて、薄くする薬剤ですが、デメリットが多く、肌の負担が大きいです。また毛が伸ると先が黒くなります。

脱毛クリーム

脱毛剤も除毛剤と同じ意図で用いられます。脱毛剤のクリームも毛を溶かすので、除毛剤と言った方が正しいですが、一応脱毛剤として作られています。

脱毛とは毛を根元から取り除くことを言います。

除毛クリーム

除毛クリームはタンパク質に反応する、アルカリ性成分の含まれたクリームを、肌に塗ることで、肌に生えている毛を溶かします。

ローションとジェルがありますが、形は違いますが、同じ用途に使えます。脱毛剤は毛を抜きますが、除毛剤は毛を溶かします。

除毛クリームはカミソリと同じで、処理した後はまた生えてきます。クリームを広げて5分~10分で洗い流すので、とても楽な方法です。

除毛クリームのメリット

広範囲な範囲を処理する時や、男性の剛毛などは、毛が絡まる事も無く、とてもスムーズにやれるので、おすすめです。

除毛クリームはカミソリと同じですが、カミソリよりは深く毛を溶かしますので、今度生えてくる毛はカミソリで剃るよりも遅い為、回数の頻度は少なくて済みます。

また毛先が毛を溶かすため、丸くなっているのでチクチクした感じがありません。

除毛クリームのデメリット

顔やデリケートゾーンには使えませんし、自己処理を楽で綺麗にしたい方に向いています。しかし永久に毛が生えてこなくなるのではないので、永久脱毛にはなりません。

抑毛クリーム

抑毛剤はムダ毛処理を行う物ではなく、ムダ毛処理をした後に、次の毛が生えるのを抑える働きがあり、ローションタイプが多いです。

スポンサーリンク

ムダ毛を脱毛する方法

レーザー脱毛

脱毛剤を使って、毛が生えてこない様にする方法ですが、これも自分でやるやり方と、サロンに行ってやるやり方とあります。

現在は光脱毛という、技術が開発されて、お値段がとても安くなりました。数百円から数万円からできるので、今脱毛する人が増えています。

エステサロンでの脱毛

IPLなどの光脱毛を採用しているエステサロンが増えてきています。これは毛根のメラニンに反応し、照射した光のエネルギーが脱毛を、促す仕組みになっていますが、これは永久脱毛を謳うことはできません。

それは毛周期に合わせて通うことで、だんだんと薄くなって生えにくくなっています。しかし一定の期間が過ぎると、また生えてきますので、永久脱毛ではありません。

コース終了まで大体1~2年ほど通わないといけません。麻酔クリームを使うことは無く、出力が弱い分痛みも弱くなります。

サロン選び

資格を持っているかチェック

専門サロンが国家試験の資格を持っているか?またエステティシャンの専門学校を終了し、ディプロマなどの、証明があるかなどたしかめましょう。

カウンセリングのチェック

カウンセリングの時の対応をチェックして

  • こちらの聞いたことに的確に受けごたえしていますか?
  • 親切に解りやすく説明をしてくれてますか?
  • 受けごたえがしっかりし、ごまかしたり、はぐらかしたりしていませんか?

上記のようなチェックをして、信頼おけるサロンかどうか、確かめてください。

またサロンはこの頃無料お試しコースがありますので、一度そこで体験することをおすすめします。そのうえで施術が安心できるかどうかを判断することが大切です。

衛生面や雰囲気のチェック

お店が衛生的に綺麗に生理整頓されて、雰囲気もリラックスできる環境か、自分の雰囲気に合っているかなど、チェックしてみてください。またプライバシーも守られているかなども、チェックが必要です。

特に身体に手を加えるところですので衛生的でないと、施術機器も手入れを怠っている可能性があります。

費用のチェック

費用がコースでいくらなのか?その他に余分な出費がいるのかも、確認しておくことが大事です。1回限りで終わる事はないので、全て含めて幾らで、それ以外の費用は幾らいるのかなどきちんと調べたり、電話で聞いて余分な出費が、取られない様にすることも大切です。

サロンによっては入会費や、年会費など取られることもありますので、費用については後でトラブルの無いように、きちんと調べておくことが大切です。

その他

サロン選びのコツはそのお店にプロの技術者がいるかどうか?また内容に見合った価格設定がされているかどうか?見た目になど惑わされないで、長く付き合える店かどうかを見極める事が大切です。

施設メニューで1回剃り、2回剃りと分けているお店は、余り信用されません。技術不足の技術者が多いと考えられます。プロの技術者なら1回で剃り残しの無いように、剃る事が出来ます。

シェービングサロンの中で、ミューゼプラチナムをご紹介します。

脱毛サロンミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムではキャンペーンをしていて、ヒザ下+ヒジ下+両脇の美容脱毛完了でなんと300円です。

また両脇+Vラインで2400円です。若い人に好まれて、3年連続No1と広告に謳っています。クーポンはありませんが、アプリダウンロードすると全身どの部位でも、半額になります。

店舗数は185店舗ありまして、インターネットからミュゼのホームページから近くのお店を検索できます。

カウンセリングで、お手入れの方法を無料で受けられますが、肌がツルスベ肌になるのは何回も通わないといけません。毛周期に合わせて、5~6回通うと良いです。

両脇のVラインは何度でも、通い放題で、価格は一緒です。キャンペーンは2月の28日までです。

美容外科でのムダ毛処理

多くの美容外科の病院では、ムダ毛処理を医療用のレーザーで行われています。病院であれば不可抗力で火傷をした場合でも、治療はすぐやってもらえます。

スポンサーリンク

ムダ毛処理の正しいやり方とは

shave-360312_960_720

お風呂でやるときは、ムダ毛も肌も柔らかくなって、ムダ毛処理するのには最適なのですが、雑菌の繁殖も湿気が多くなって、最適な状態になっていますので、特に注意してやる事が必要となってきます。

お風呂でのムダ毛処理のやり方

お風呂で温まった肌で、ムダ毛処理をすると、小さな傷でも毛穴が拡がり、雑菌の繁殖するのに良い環境になっているので、肌トラブルを起こす可能性があります。

入浴10分後にムダ毛処理を行うと良いです。この時期ですとムダ毛も肌も温まって柔らかくなっているので、剃り易いし雑菌が繁殖するのも少しは避けられます。

入浴前のムダ毛処理のやり方

入浴前にムダ毛処理をするやり方としては、ムダ毛の場所に温かいタオルで温めて、ムダ毛を柔らかくしておくことが必要です。毛穴が開いて、ムダ毛も柔らかくなっているので、ムダ毛処理がスムーズにいきます。

古い剃刀や鈍くなった剃刀を使用しない

古い剃刀や鈍くなった剃刀では、肌を傷めますので新しいカミソリ、を使用することをおすすめします。もしカミソリ負けをした場合は、肌をぬれタオルで冷やしてから、入念な保湿ケアーをすることが大切です。

カミソリ負け

カミソリ負けを何時もされる方は、お肌の弱い方や、毛が多く毛が濃くて剛毛の方や、色白の方で、少しの炎症でも目立つ方などが上げられます。

カミソリに問題
  • カミソリは質の良いものに変える。
  • 劣化したカミソリは不衛生ばかりでなく、肌を傷める原因になります。
  • 剃刀は月に1~2回は歯を変えるほうが良いですし、使い捨ては1~2回で変えるほうが良いです。
同じ場所を剃っている

剃った後の黒い毛のぽつぽつが気になって、何度も剃っていると、カミソリ負けをします。これは結構多くの人がやっていますので、カミソリを1回剃るだけでも、肌に負担を掛けますので、気になる人は、エステサロンに行かれて処置をされるほうが良いでしょう。

逆剃りをしている

毛の剛毛の人に多いのですが、綺麗にそれないからといって、逆剃りをする方がいます。逆剃りをすると、肌に可なり負担を掛ける事になり、赤みの原因となりますので、ムダ毛の処理の仕方は、毛の方向に沿って剃る事が必要です。

事前ケアが悪い

お風呂で入浴の際にムダ毛処理をする場合、専用のシェービングジェルやムースなどでやらないと肌を傷めてしまいます。

ボディーソープや石鹸は乾燥しやすいし、何度も繰り返していると、肌を傷める原因となり肌自体が弱くなるので、カミソリ負けの原因となります。

アフターケアを怠る

ムダ毛処理をした後に、何もしないでいる人も結構います。ムダ毛処理をした後は必ずシェービングクリームでアフターケアを確りとしないと、肌はだんだん悪くなりますので、肌に負担を掛けた後は必ず保湿ケアをすることが大切です。

その他

その他体調が思わしくない時や、生理前後または生理中のお肌の不安定な時は、ムダ毛処理はやらないほうが良いので、やめた方が賢明です。

シェービングサロンへ行ってやる

シェービングサロンに行かれる方は、お肌が生まれ変わるサイクルの28日前後の1ヶ月に1回~2回が良いでしょう。肌のターンオーバーの28日前後、肌が十分に育成された時期に行うことは、肌の負担を最小限に抑える事ができますので、ムダ毛処理にはとても適している時期と言えるでしょう。

サロンでは肌の状態をチェックしながら行いますので、施術はきめ細かく、自分でおこなうより高いですが、自宅でのケアも必要になります。自宅でのケアの方法は、サロンできちんとアドバイスされます。

スポンサーリンク

まとめ

如何でしたでしょうか?ムダ毛処理の方法も、時代と共に変わってきて、全身施術をやられる方も多くなってきましたね。

価格も安くなっていますので、脱毛サロンミュゼプラチナムなどでやられるほうが、簡単に思いが達せられるかもわかりません。上等のカミソリを買うより安いですね。

関連記事として、

腕毛の処理の方法とは?剃る時の注意点と減らす方法を紹介!

陰毛の正しい処理方法を紹介!カットするべき?剃るべき?

抜くの?剃るの?正しい脇毛の処理の方法とは!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする