背中の毛の処理方法は?女性は気になるムダ毛について!

これから徐々に暑くなり肌の露出をする時期がやってきますね。そこで気になってくるのがムダ毛です。女性にとってムダ毛ほど厄介なものはありませんよね!

ムダ毛処理の方法は色々ありますがメリットやデメリットがあるのを知っていましたか?ここでは特に背中の毛について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

ムダ毛について

140726148868-thumb-autox1000-19003

ムダ毛と言われているのは髪の毛や眉毛以外の体毛の事を指し、明確な役割を持った毛とは違って必要とされていない毛の事で、主に腕・脇・脚・背中などの毛の事を言います。一般的にはムダ毛を嫌っている人が多く、それは美意識から来ているものです。日常的にムダ毛処理を行っている女性はとても多いのです。

髪の毛は紫外線や外部からの衝撃から頭を守るという重要な役割がありますし、眉毛やまつ毛は目に汗やゴミが入らないように守っているという働きがあります。鼻の穴の毛ですらゴミやウイルスなどの侵入を防ぐという役割を持っています。しかしその他の毛は何の役にも立っていないし、邪魔でしかないと思っている人が多いでしょう。しかし、そんなムダ毛でも体の為に働いているのを知っていましたか?

●皮膚を保護する機能

ムダ毛と言われている毛にも皮膚を保護する機能があるのです。これは髪の毛と同じですが、量が少ないので本当に保護されているのか微妙な感じに思ってしまってもしかたありません。

頭や性器といった部分は、体の中でも特に大事な部分なので毛の量が多くなっているのです。ムダ毛が細く少なくても、しっかり皮膚や血管を守り外部からの衝撃や紫外線を守っているのです。

●温度調節機能

体毛は体の温度を保つ為に欠かせない毛で、一番重要な役割を持っているのです。しかし、現在の生活には洋服、冷暖房、家があるのでその役割が薄れてきているので、体毛=ムダ毛と考えられるようになったのです。

昔はそういった温度調節をできる物などなかったわけですから、体毛はとても大切な存在だったのです。

●触覚機能

例えば髪の毛に触れられたら、直接頭皮を触られているわけでも無いのに「あ、触られてるな」と感じますよね。それと同じで体毛にも直接肌を触れられなくてもわかるのです。

毛を作っている毛包組織には神経の末端が接触しているので、体毛が何か物に触れるとその状況を感じて筋肉から脳へ信号が行きます。少しの変化でも感じ取る事の出来る触覚センサー機能がるのです。

●毒素排出機能

体の中にある毒素が体毛を伝って体外に排出されるという重要な役割があります。自身はそんなに感じていないかもしれませんが、知らず知らずの間に体内には毒素や有害物質が溜まっていきます。例えば肉を多く食べ過ぎていると過酸化脂質という毒素が作られます。この毒素は体外で排出しようとするのですが、その時皮膚や体毛を使って排出するのです。

髪の毛で考えると、1日に何本かは必ず抜け落ちる髪の毛ってありますよね。体から完全に離れる事になるので、そこに毒素を送り込み排出するのにうってつけな場所なのです。これは髪の毛だけでなく、体全体の体毛に言える事です。

これらの機能は腕、脇、脚、背中などすべての部分に生えている体毛に備わっている機能です。しかし現代の生活を考えると、すべて別の物で補えるので体毛は完全に不要になったのです。今はそれよりも見た目としての重要さが上回って、処理する女性が増えたのです。

スポンサーリンク

背中の毛って意外と見られているのです

massage-486700_960_720

「背中に手をまわしたら、明らかに髪の毛ではない毛に触れたことがある」(31歳/商社・卸/営業職)

「水着姿を見たとき、背中のムダ毛があったときは幻滅した」(28歳/医療・福祉/専門職)

「背中の開いている服を着ているキレイな女性がいるなぁと思って見てみたら、毛が濃かった」(32歳/電機/技術職)

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10197485/


腕や脚のムダ毛を気にする女性は多いかもしれませんが、お腹や背中のムダ毛まで気にしている人は少ないようです。しかし意外と男性に見られているものなのです。

また、背中のムダ毛を処理している女性からも見られているようです。特に水着やドレスなど、背中の開いた服を着る時に必ず見る部分として、「顔」「胸元」「背中」が必ず上がってくるのです。

背中の部分は自分ではどの程度毛が生えているのか確認する事が難しいですし、手で触ってみても産毛程度かな?と思っていたのに、他人から指摘されてこんなに生えていたんだ・・・とショックを受ける女性も少なくないようです。

スポンサーリンク

背中のムダ毛処理

cosmetics-360309_960_720

では、どのようにして処理をしたら良いのか見てみましょう。

抜く?剃る?

自分で行うムダ毛の処理方法として抜く方法と剃る方法に分けられます。

毛の根っこから引き抜くのでその方が後も残らず綺麗になると思うかもしれませんが、実は抜く方法ですと肌へのダメージが最も大きいのです。毛根までヌケルので、抜き続けると細胞が刺激され次に生えてくる毛が太くなってしまうというデメリットもあります。

――抜くデメリット――

全身の血管と神経は一緒に張り巡らされていますので、毛を抜くときに一緒に神経も切れる事がありますし、毛細血管とつながっている毛根を引き抜く事で痛みが伴い、最悪の場合出血もしてしまいます。埋没毛の原因にもなりますし。毛穴が炎症を起こし膿んでしまったり、出血してしまった際の炎症後がシミになってしまう肌トラブルを引き起こしやすくなります。

これらを考えると、抜く方法よりも剃る方法をオススメします。そもそも背中の毛は体毛の中でもとても細く細かい毛になっているので、抜くという事は出来ないと思います。剃ると毛が濃くなると言われていますが、それは間違った反り方をした為に毛が斜めに切れてしまし、濃くなっているように見えるだけなので、実際濃くなっているわけではありません。

毛の流れに沿って剃るように心がけると肌への負担が少なくなりますし、斜めに切れるという事はありません。

剃る時のポイント

  • カミソリは必ず切れ味の良い物を使用する
  • 毛が長い場合は短くカットしてから剃るようにする
  • 毛の流れに沿って剃るようにする
  • 剃る前は潤滑油など肌の滑りを良くしてから剃るようにする
  • 剃った後はクリームなどで保湿を必ず行う

ブラジリアンワックス

自分でカミソリを使って処理をする方法も良いですが、剃り残しや手が滑ってしまった際に肌を切ってしまう可能性もあるので怖いという人にオススメなのが、ブラジリアンワックスです。ブラジリアンワックスは元々陰部のVIOラインなどの脱毛を目的にした脱毛方法なのですが、処理が難しい背中にも有効です。背中は自分で脱毛するにはとても難しい部分ですが、ブラジリアンワックスは塗って剥がすだけのとても簡単な脱毛方法なのです。

剥がす時に毛根から毛を引っ張るため、強い痛みを感じる事が多いですが、少しでもその痛みを軽くするコツがあります。それは毎日化粧水を塗り、保湿をする事です。肌が乾燥している場合、痛みを感じやすい状態になっているので、保湿を心がけましょう。

ブラジリアンワックスには沢山の種類がありますが、特に人気があるのが「アンジェリカワックス」のようです。BEAUTY AWARDで金賞を受賞しており、モデルや女優が愛用していると噂で今最も人気があります。

他にも色々なブラジリアンワックスが販売されているので、自分に合った物を見つけましょう。

サロンで脱毛

やはり1人での脱毛処理が怖い人は、素直にサロンに行って脱毛してもらいましょう。サロンでは医療用のレーザー脱毛ができるので、肌への負担が少ないですし確実な脱毛が可能です。レーザー脱毛は永久的な脱毛方法で、施術時間もさほど掛からないので短時間で終わらせたいという人にオススメです。

レーザー脱毛とは

黒い毛に反応するレーザーを肌に照射して、毛の細胞に熱を集め処理していきます。黒い毛に反応すると言う事で細い毛よりも太い毛に反応しやすいのですが、出力が高いので背中の細かい毛でも対応可能です。一応永久脱毛と言われていますが、毛周期というものがあり何度か行わなければ完全に綺麗にはなりません。

※注意点もあります

レーザー照射をする際、毛だけでなく肌にも少しの熱が当たってしまうので火傷が起こる場合があります。他にも赤みが出やすくなる人もいるようなので、一度見えない部分に試しにレーザー照射してもらって、自分の肌に合っているかを確かめてから行うと良いです。

そして痛みが強いのも難点なところです。あまりの痛さに途中で辞めてしまう人が出るほどの痛みになっています。麻酔が使用出来る場合もあるので、使用出来る様でしたら無理せずお願いしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。まったく無意味だと思っていたムダ毛には、体を守っている重要な働きがある事にびっくりですね。

しかし現在ではその役割はほとんど補えていますし、やはり美意識を高める意味で脱毛した方が良いのかもしれません。今まで背中の毛を気にしていなかった人でも、意外と周りから見られるという事がわかったと思うので、これを機に脱毛に挑戦してみませんか?

関連記事として、

指毛の処理方法を紹介!脱毛するために良いのは?

陰毛の正しい処理方法を紹介!カットするべき?剃るべき?

抜くの?剃るの?正しい脇毛の処理の方法とは!

鼻毛の正しい処理方法について!抜くのは危険?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする