陰毛の正しい処理方法を紹介!カットするべき?剃るべき?

なかなか処理する機会がない陰毛(アンダーヘア)。特に、男性は放置したまんまの人も多くいると思います。日本人は特に下の毛を処理する習慣はあまりないですよね。

いざ処理をしようとしても、どのようにするのが正しい処理方法がわからない!なんていう方も多いのではないでしょうか?

間違った処理をしてしまうと、肌荒れや、埋没毛などが起きてしまって汚い陰部になってしまう可能性もあります。

今回は、陰毛の処理方法についての記事を書いています。陰毛の処理にお困りの方や、これからカットしようとしている人は是非読んでみてください。

陰毛を処理すると良いこと

陰部

あまり日本人の人は、陰毛を処理する人はいませんよね。しかし海外では、アンダーヘアの処理は誰でもやっているといわれています。陰毛を処理することで得られるメリットを紹介します。

•清潔である

まず、何より陰毛がない方が清潔なのです。陰部は陰毛があるせいで、蒸れやすく菌が繁殖しやすい環境なのです。陰毛を処理することで、菌が繁殖するのを防ぐことができ清潔な状態を保ちやすくなります。そうなることで、夏などの蒸れやすい時期でも匂いがきつくなることがなくなります。

毛じらみや蒸れによる痒みの症状などを回避することが出来ます。特に女性では生理中やホルモンバランスが乱れてしまった時に痒みの症状が非常に多くなっています。

アンダーヘアを処理することでデリケートゾーンの問題の回避につながります。

•部屋も綺麗に

陰毛を綺麗に処理することで、部屋に落ちるのを防ぐことができます。風呂場やベッド付近などに、陰毛が抜け落ちてしまっている部屋を見たことありますよね。陰毛は細く薄い人が多い上に、下着と擦れることが多いので、抜け落ちることが多いのです。こういった心配が減るのもメリットといえます。

また排水管にも毛が溜まってしまったり、その毛の問題のせいで排水管が詰まってしまうこともあります。特に入浴中は毛の抜ける量が最も多くなるときなので、毛を毎回掃除する必要が出てきます。処理していれば、この手間は必要なくなりますし、短い毛であれば排水管を詰まらせることはありません。

•性行為がスムーズに

陰毛がない方が、性行為をスムーズに行えるメリットがあります。男性の方などは、避妊具を着用する際に毛を巻き込む心配もなくなります。また、陰毛がない方が清潔な感じがして、女性の方も喜ぶのではないでしょうか。

海外などでは男女ともにアンダーヘアを処理するのは性交時の印象や行為をやりやすくするためであるといいます。日本に来た外国人が日本人の下の毛にがっかりすることが多いことでも知られています。

外国人との性交を行う場合は下の毛があることでマイナスの印象を与えてしまうことがあるかもしれません。

また日本の男性でも女性でも毛が無い方が良いとの意見もあります。

・快適でやみつきになる

アンダーヘアを処理することでツルツルになり清潔感が増し、通気性も良くなり毛の絡まりの問題なども無くなることで快適感が増して、もう毛がある状態が耐えられなくなると言う意見もあります。

毎回剃るのが面倒なので永久脱毛を行う人も居ます。毛を剃ることで得られる気持ちよさや、快適さには想像以上の効果が期待できるようです。

陰毛の処理方法について

カミソリ

陰毛の処理には様々な方法が用いられます。それぞれにどのようなメリットとデメリットがあるかを紹介します。自分で処理をする人は、長所と短所を知って自分に合った処理を行うようにしましょ。

ハサミを使う

一番手っ取り早く処理を行なうのには、持ってこいなのが「ハサミ」です。

どこの家にもあり、髪と違って形を気にする必要もないのでがっつり切る分には、コストもかからないので良いかと思われます。

しかし毛をカットした際に、水平にカットするのは難しいのでどうしても先端が鋭利になってしまいます。そのため、下着から毛が突き抜けてきたり、肌を刺激してしまいかぶれやかゆみの原因になるといったデメリットがあります。

また、いくら人に見られないといっても、綺麗に揃えてカットしたいものですよね。慣れないうちは、毛の長さを揃えるのが難しく、ブサイクな見た目になる可能性もあります。

カミソリを使う

陰毛もヒゲも同じく、全てカミソリで処理しようと考える人も少なくないはずです。

カミソリもハサミと同様に簡単に手に入りますがハサミと比べると、根元部分まで一気に剃ることができます。さらに、一度の広い部分を剃ることができるので時間をかけず、簡単に処理できるのがメリットといえます。

デメリットとしては、毛を抜くわけではないのでチクチクしてしまうことが挙げられます。ヒゲと同じで、剃っても剃ってもまた生えてくるので、毎回剃る手間がかかってしまいます。

さらに、カミソリの刃は鋭利なので何度も行うと、陰部の皮膚を傷つけてしまう恐れもあります。カミソリを使う際は、シェービングを使うなどして、肌に負担をかけないようにする必要があります。処理をした後のアフターケアも行って、陰部の負担を減らしましょう。

電気シェーバーを使用する

男性の髭剃り用に使うシェーバーでも基本的には剃ることができますが、サイズが大きいのでデリケートゾーンを処理するのには向いていません。

また顔に使うものですので陰部の毛の処理と併用するには少し抵抗があると思います。電気シェーバーを使用する場合、アンダーヘア用のシェーバーが販売されているのでそれを使用するといいでしょう。

エチケットカッターやラインシェーバーなどの名前で販売されています。価格も顔に使用するシェーバーに比べて安価で1万円以内で5000円程度でも購入することが出来ます。

サイズがひと回り小さく、細かいライン取りも出来るのでVラインやIラインやたまご型などの形状に整えたい女性はこの道具はおすすめです。

シェーバーの使用は肌へのダメージも少なくすることが出来るので頻繁に使用しても肌が荒れてしまう心配がありません。

毛抜きの使用

毛抜きを使って、陰毛を1本1本抜くという行為はあまりおすすめできません。

毛抜きを使用する人は、カミソリなどで広い範囲を剃った後に、残った毛を抜こうと考えている人が多いのではないでしょうか。眉毛などをそういう風に行なう人も多いですよね。

確かに毛抜きで丁寧に抜くと、毛根から引っこ抜くことになるので、毛が生えてくるのに時間がかかるので、もう一度行なうという手間を省くことができます。さらに、カミソリを使用した時のようなチクチク感を感じることがないので、綺麗に処理することができる場合があります。

しかし、陰毛での毛抜きの使用は危険だといえます。まず、激しい痛みを伴います。想像してもらうとわかりますが、陰毛を引き抜くときの痛みは、眉毛の時よりも遥かに強い痛みを感じます。

さらに、埋没毛という皮膚の中に毛が残ってしまう現象が起きる可能性があります。埋没毛は炎症を引き起こす原因になったり、黒ずみなどを発生させやすくなります。埋没毛に一度なってしまうと、治すのに手間がかかるので、なるべくつくらないようにした方が良いでしょう。

また、毛抜きでの作業は多くの時間を要します。絶対とはいいませんが、なるべく使用は控えましょう。

除毛クリーム(脱毛クリーム)の使用

除毛クリーム(脱毛クリーム)という、毛を除去する作用のあるクリームを塗って、洗い流すという処理方法になります。

メリットとしては、カミソリのように広い範囲を一気に処理することができる上に、誤って傷をつけたりすることがないというところです。

デメリットとしては、除去クリームは成分能力が強いので、肌に負担になる場合があるということです。人によっては、肌質と合わずにかぶれなどが発生するケースもあります。

また基本的には、薄く細い毛などには有効なのですが、人によっては陰毛は太くて硬い毛の人もいます。つまり除毛クリームが効果的かどうかは個人差があります。用法・用量を守って正しい使い方をしましょう。

除毛クリームは、自分にあったものを選択しましょう。


【メンズ専用 NULLブラジリアンワックス】除毛/脱毛ワックス

原材料として蜂蜜を使用しているので、肌に負担をかけることなく使用することができます。市販のものは温めて使用しなければならないものが多いですが、こちらの商品は届いたものをそのまま使用することが出来ます。


ムダ毛処理に厳しいトルコで開発されたクリーム

トルコで開発された抑毛クリームです。全身に使用することができ、顔・ワキ・陰部・脚、どこでも使用可能なのが利点です。脱毛ではなく、除毛なので皮膚への負担が少ないので、陰部や顔などの使用にはオススメです。

自分の処理したい範囲や状態によって、クリームを使うかどうかを判断しましょう。

ヒートカッターを使う

ヒートカッターという熱を利用した道具であり、筆者は一番のおすすめです。

ヒートカッターは、肌に負担をかけずに、簡単に陰毛を処理することができます。さらに、毛の断面部分も鋭利になることがないので、チクチクする心配もありません。

デメリットとしては、広範囲をするには少し時間がかかるといった所です。ただし、きれいに整えるといった分に関しては十分な役目を果たしてくれるでしょう。

また値段は高いですが家庭用脱毛器などの商品もあります。複数人使用する場合や多くの箇所を脱毛したりする場合は脱毛クリニックや脱毛サロンに通うよりも安上がりに抑えられるでしょう。

アンダーヘアの整え方

ビキニ

アンダーヘアの毛を全て処理してしまうのは少し気が引けると言う人の為に少し毛を残して清潔感をアップさせるアンダーヘアの整え方もあります。

日本では性行為以外でも温泉や銭湯などのシーンで他人にも陰部を晒してしまうシーンがあります。それらの時に下の毛を処理してしまっていると、恥ずかしさから男性も女性も隠すことが多いようです。毛を処理していない人が日本では多数派で当たり前なので、他人の目が気になってしまう事がアンダーヘアを処理することでのデメリットでもあります。

また部分的にも毛の処理の仕方が違いますのでそれらを紹介していきます。

Vライン

Vラインは男性、女性ともに性器上部の逆三角形になっている下腹部に伸びている毛のラインのことです。下の毛を全て剃ってしまうのではなく、部分的にこのVラインの毛を整えて生やしている人も居ます。

この部分の毛はしっかりタオルなどで皮膚を蒸らして、カミソリなどで剃ってしまっても問題ないでしょう。ライン取りもし易いでしょうし、比較的皮膚も丈夫ですので荒れてしまう事も少ないでしょう。

この部分をキレイに処理しておくことで女性の場合は水着や下着から汚く毛がはみ出てしまうことはありません。夏場は特に整えておきたい部分でしょう。ビキニラインに合わせて毛の形状を処理していきましょう。

Iライン

Iラインは女性器で言う外陰部周辺に生えている毛のことです。陰部のデリケートな皮膚のきわどい生え際に生えている毛なので、非常に処理がしにくい部分でもあります。

この部分だけ脱毛サロンなどでアンダーヘア脱毛をしてしまうのも一つの手でしょう。しかし、後から全体を脱毛したいなどの場合にセット価格にならないので割高になってしまうこともあります。

もし脱毛サロンなどを利用するのであれば、セットでアンダーヘアを全て処理したほうが安くはなるでしょう。

Iラインの自己処理は誤って皮膚を切ってしまうなどの事故が非常に多くなっています。自己処理する場合は鏡などを使用して処理するので左右の判断がしにくく、事故につながります。出来るだけ目視で行うようにしましょう。

使用する道具はアンダーヘア専用のシェーバーもしくはヒートカッターが良いでしょう。ヒートカッターで全体を短く整えてその後シェーバーでキレイにしていきます。少なくとも3日に1回は処理をしないとチクチクしてきますので、Iラインに関してはサロンなどで脱毛してしまったほうが良いかもしれません。

Oライン(たまご型)

肛門付近周辺に生えている毛のことです。最も目視しにくく処理しにくい部分でもあります。

早いのはブラジリアンワックスなどの脱毛クリームを使用して、一気に脱毛してしまう事です。数回に分けて脱毛クリームを塗って毛を抜いていきます。

カミソリなどを使用しても目視しにくく、きわどい部分は非常に剃りづらいのであまりおすすめではありません。脱毛してしまえば1ヶ月ほどは毛が生えてこないのでしばらくは放置しておいても良くなります。

Oラインは処理残ししていると、女性の場合はTバックなどのお尻の布の面積が少ない下着や水着をつけるとはみ出てしまうので、必須で処理しなければいけない部分になります。

自己処理する場合はIライン同様、ハサミやヒートカッターで長さを調節し減毛して剃りやすくしてからシェーバーでしっかり剃っていきましょう。

男性器の場合

男性器の竿の部分や袋の部分の処理について困ることも多いかと思います。これらの部分の毛を処理する時にカミソリを使用して剃ってしまい、出血してしまった、なかなかカサブタが取れない、などの事故が頻発しています。

カミソリで切ってしまうと剃った部分の毛先が鋭くなり、皮膚に埋没してしまいやすくなります。特に陰毛は毛質が硬いですし、さらに縮れているので埋没毛になりやすくなります。そうなると炎症になってしまったり、痒みや痛みの原因になります。

自己処理する場合は、ダメージの少ないシェーバーや脱毛クリームを使用するようしましょう。

陰毛を処理した後のアフターケアについて

保湿クリーム

陰毛をセルフケアをした後に欠かせないのがアフターケアです。ここではアフターケアの方法について紹介するので、セルフケアを行う人は読んでみてください。

冷やす

まずは、処理した部分を冷やしてあげましょう。カミソリの刃などで肌が炎症を受けている可能性や、肌が負担を受けています。

陰毛のトリートメントを使う

自分で処理を施した場合は、毛先が尖っていたりする恐れがあります。トリートメントで、毛の質をふわふわにしてあげると、処理後の生活も快適になります。

陰部の保湿をする

毛のケアを行ったあとは、処理をした部分の肌のケアを行いましょう。肌は負担を受けているので、保湿して、肌荒れやかぶれが発生するのを防ぐようにしてください。

以上になります。アフターケアに関しては、ヒゲや脇毛の処理をした時と似ていると思うので忘れないようにしてください!

脱毛クリニックや脱毛サロンへ行くのも選択肢の一つ!

サロン

自分で処理を行なうと、綺麗にできない人もいます。そんな人は思い切って、クリニックや脱毛サロンでアンダーヘア脱毛をして処理するのも良いでしょう。どのような方法があるの紹介します。

医療レーザー脱毛

主に、美容のクリニックなどが施す方法です。

レーザーを使って脱毛を行なうために、半永久的に陰毛を除去できます。皮膚への負担も少なく、綺麗な仕上がりで陰毛処理を行なうことができます。

コストが高くかかるのと、人によっては痛みを感じるといったところがデメリットです。しかし仕上がりに関しては、満足な結果を得られるでしょう。

ニードル脱毛

毛穴に直接細い針を刺してから電気を流して、1本1本丁寧に除去するという方法です。

どの方法よりも効果が長続きするとされており、コストパフォーマンスは非常に高いといえます。丁寧に行なうために、仕上がりも美しいといえます。

デメリットとしては、非常に痛みを感じてしまうところです。痛みに耐えてでも、美しく仕上げたいという人にはおすすめです!

光脱毛

光脱毛は特殊な機械をつかって行なう脱毛方法です。

肌に負担をかけないうえ、痛みを感じにくいのがメリットです。また、回数を重ねる手間はありますが、他の二つと比べるとコストも安いと言えます。

しかし、こちらの光脱毛は永久脱毛ではないので、二ヶ月に1回のペースでサロンに通う必要があります。通っていると、徐々に脱毛の効果が強くなるので、二年くらい通うと半永久的な効果が得られるそうです。

脱毛クリニックや脱毛エステでは場所によってVIO脱毛や全身脱毛などの方法もあり自分に最適なスタイルに合わせて脱毛方法を選択することも出来ます。

まとめ

陰毛を脱毛するメリット

  • 清潔である
  • 部屋も綺麗に保ちやすい
  • 性行為がスムーズに行える

陰毛の処理方法

  • ハサミを使う
  • カミソリを使う
  • 毛抜きを使う
  • 除毛クリームを使う
  • ヒートカッターを使う

アフターケアについて

  • 処理した箇所を冷やす
  • 陰毛のトリートメントをする
  • 処理した肌を保湿する

クリニックやサロンで行われる除去方法

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • 光脱毛

以上が今回の記事のまとめになります。

陰毛の脱毛には、それぞれのメリット・デメリットがあります。また、陰毛を完全に脱毛するのか、毛を整えるかでも処理方法は変わってきます。自分に一番合った処理方法を選びましょう。

また、どの処理を行ってもアフターケアを欠かすと、肌のトラブルの元になるので、適切な処置を施しましょう!

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

陰毛が痒い原因は?病気の可能性や治療法を紹介!

陰毛に白髪が生える原因は?対処方法や改善点を紹介!

陰毛を抜くメリットって何?抜き取る際の注意点を知ろう!

ムダ毛の処理方法は何がある?自宅で行う方法やサロンの選び方などを紹介!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする