敏感肌になる6つ原因と4つの改善方法を紹介!

敏感肌とは外部から刺激を受けたときに、普通よりも強く反応してしまう肌質のことを指します。肌が荒れたりかゆみを感じたりすることが多く、しっかりとしたケアをしないと肌に負担が多くかかってしまいます。

もちろん肌質というのは個人差があるもですから、生まれつき肌が弱い人や肌が荒れやすい人など様々です。しかし様々な要因により途中から敏感肌になってしまう人もたくさんいます。今回は敏感肌で悩んでいる人に、どのような改善方法があるのか紹介します!

スポンサーリンク

敏感肌になる原因

どういったことが原因で敏感肌になってしまうのかを知ることは、敏感肌を解消するための第一歩であり、再発を防ぐことも可能です。

①乾燥

乾燥肌
出典:http://www.saidaonline.com

敏感肌になる一番多い原因です。冬場の湿度が低い時期や夏のエアコンの効いた部屋でいると、肌は徐々に乾燥していきます。また、お風呂をでた後や洗顔をした後にしっかりしたスキンケアをしていないと、肌は乾燥します。

このように肌が乾燥する機会は日常に多くありふれているのです。肌が乾燥すると、バリア機能が弱まり外部からの刺激を防ぐことができないため、敏感肌になってしまうというわけです。

②睡眠不足

寝不足
出典:http://www.oprah.com

肌は28日周期で「ターンオーバー」という機能で、古い角質を新しい角質に入れ替える作業をします。ターンオーバー機能は成長ホルモンによって正しい周期で行われます。

成長ホルモンは10時から深夜2時までの間に寝ると多く分泌されるといわれています。この時間に睡眠を取れていない人は、いつまでも古い角質が肌に残ってしまったり、セラミドを上手く保てなくなり敏感肌になりやすいといえます。

③髭剃り

髭剃り

男性の方は髭剃りをした後にスキンケアをしていない方が多いのではないでしょうか。髭を剃る行動は肌の角質を一緒に削りとってしまうため、バリア機能も低下してしまい敏感肌になります。

特に普段からスキンケアをしていない肌の髭をそるため、肌に多くの負担がかかってしまいます。髭剃り前後はしっかりスキンケアする必要が必要です。

④紫外線

紫外線
出典:http://www.gtsunglasses.com.au

紫外線を浴びすぎると敏感肌になる原因の一つになります。肌の角質層は紫外線を浴びると徐々に硬くなり、代謝を悪くし乾燥してしまいます。

そうなると肌のバリア機能が徐々に壊れていき敏感肌になっていくというメカニズムです。夏だけではなく冬の日も紫外線はでています。冬は乾燥して肌が弱っているので、少量の紫外線でも肌に影響を及ぼすことがあります。

外出する際は、日焼け止めを塗るようにしましょう。自分の肌に合ったものを選ぶことも忘れずに。

⑤加齢

高齢化
出典:http://www.portsmouthcarehomes.com

年を重ねると、徐々に肌に潤いがなくなったり張りがなくなってきます。それに対していくらスキンケアしても元の状態に戻りにくくなってしまいます。

このような肌を「年齢敏感肌」といったりするようです。年を重ねてくると、肌のバリア機能や潤いを維持する効果に必要な酵素が少なることが、敏感肌になる原因とされています。

もちろん改善することも可能なので、年だからと諦める必要はありません。

⑥間違ったスキンケア

スキンケア
出典:http://www.glamour.com

肌を守ろうとしっかりスキンケアしているつもりが逆効果で、敏感肌になってしまうといった場合もあります。

まず女性に多いのがクレンジングのし過ぎにより、セラミドやバリア機能を一緒に落としてしまうことで敏感肌になる場合です。あまり強い効果のあるクレンジングは何度もするのは避けましょう。逆効果になります。

男性の方で多いのが、洗顔する際に強くゴシゴシ擦りすぎることで、バリア機能を破壊するといった場合です。洗顔する際はやさしく包み込むようにしましょう。

このように間違った方法でのケアは、肌に負担をかけてしまうので気をつけましょう。

スポンサーリンク

敏感肌の改善方法

敏感肌になったからといって諦める必要はありません。改善方法を紹介しますので、敏感肌でお悩みの方は試してみてください!

①スキンケア

スキンケア
出典:http://www.lorensworld.com

敏感肌を改善するためのスキンケアを取り入れることで改善することができます。

敏感肌を改善するために注意するのは、「セラミド成分で保湿」「強すぎないクレジング」「ファンデーションでパウンダー」「症状がひどい時はあまり激しいスキンケアはしない」の4つのことです。

セラミドは保湿成分として最も優れていて、肌のためには必要な成分だといっても過言はありません。肌が保湿することでバリア機能も回復します。セラミド成分が入った美容液を使うようにしましょう。

クレンジングが強すぎると肌のバリア機能も一緒に排除してしまうこともあるので、肌に合ったちょうど良い強さのクレンジング剤を使うようにしてください。

クリームタイプのファンデーションは、界面活性剤や防腐剤が入っていることが多く肌に負担がかかることがあるので、刺激が少ないパウンダータイプのものが敏感肌の人にはオススメです。

また、肌荒れがひどい時は、あまり負担のかからないように保湿だけのスキンケアにするなどして、肌を大事にするようにしましょう。

②体の内側から改善する

たんぱく質
出典:http://www.healthy4lifenutrition.com

食事から肌に必要な成分を摂取することで、体の内側から改善することができます。

敏感肌を改善するために必要な成分は、新鮮な肌を作成するのに必要な「たんぱく質」ターンオーバーを正常にする「ビタミンA」コラーゲンを作成する「ビタミンC」血行不良を改善し栄養を細部まで行き渡らせる「ビタミンE」の4つの成分です。

たんぱく質    いわし・いくら・かつおぶし・するめetc

ビタミンA     あんこう肝・あなご・とうがらしetc

ビタミンC     赤ピーマン・ゆず・パセリ・モロヘイヤetc

ビタミンE      アーモンド・落花生・明太子etc

以上が4つの成分の多い食品です。もちろんインスタント食品や揚げ物が多い食事は控えて、バランスの良い食事をこころがけましょう。

③腸内をキレイにする

ヨーグルト
出典:http://farmlinkafrica.co.za

実は腸内をキレイにすると、肌もキレイになると言われてるくらい腸と肌は密接な関係にあります。腸の中には細菌が存在していますが、腸内が荒れると「悪玉菌」と呼ばれる細菌の割合が増えてしまいます。

悪玉菌が増えると活性酸素が増えてしまい、肌の保湿成分などの作成を邪魔することでバリア機能が弱くなってしまいます。これが積み重なって敏感肌になってしまうというわけです。食物繊維や乳酸菌をとることで腸内をキレイにすることができます。

また水分補給をする際は、ジュースやお茶ではなくお水を飲むようにすると良いでしょう。

④運動をして代謝を上げる

ランニング
出典:http://rhedeg.co.uk

運動をすることで肌を改善するための様々な効果を得ることができます。

まず新陳代謝を良くする効果があり、肌のターンオーバー機能が正しく作用してくれるようになります。また血行不良が改善されることで、肌の老廃物をうまく体外に排出しやすくなる効果が得られます。

また汗をかくことで、皮脂膜が強くなりバリア機能が正常に戻ってきます。さらに程よい疲労感があるため入眠時間が短くなり質の良い睡眠が得られやすくなるのも良いことです。

夕食後の10分〜20分にウォーキングするだけで十分な効果が得られるので、敏感肌の人は根気よくやってみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

敏感肌になる原因
・乾燥によるもの
・睡眠不足によるもの
・髭剃りにより皮膚に負担がかかっている
・紫外線の浴びすぎ
・加齢によるもの
・間違ったスキンケアによるもの
敏感肌の改善方法
・正しいスキンケアをする
・食事により敏感肌に必要な成分を摂取する
・腸内をキレイにする
・運動をする

以上が今回の記事のまとめになります。敏感肌は誰でもなる可能性があります。原因を知ることで予防することができるので心あたりのある方は注意しましょう。また一度敏感肌になったからといって諦めてはいけません。改善することも可能ですので、スキンケアや食事を意識して敏感肌とおさらばしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする