成功者が行っている習慣とは?今日から実践してみよう!

世の中には成功者と失敗者がいます。成功者は天才だったり幸運だったりしているように見えますが、継続的な努力の結果なのです。成功者には成功するための習慣があります。「いくら努力しても成功者になれない」と嘆く人は、努力の方法が間違っているか、努力を続けていないか、どちらかです。

成功者の習慣を学び真似することで、自分の人生を変えることができます。

成功者の習慣と成功者が決してしない習慣、成功者の習慣を定着させる方法についてお伝えしますね。

成功者が実践する習慣とは?

beard-2286446_960_720実業家

「思考が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人生が変わる」と言われます。スポーツ・学問・ビジネスなど分野は違っても、成功者には共通点・共通する特徴があります。どの分野でも成功者は、独特の習慣を実践しているのです。

①成功者は得意分野で勝負する

成功者は自分の得意分野・情熱を傾けられることを一生の仕事にします。永世七冠の羽生善治もイチロー選手も、子どもの時から将棋や野球が好きでたまらず得意でした。好きなことを仕事にすると、どんなに忙しくてもストレスや疲労を感じません。いつでもやる気が出ます。

成功者は仕事で成功する強い意志を持つ

成功者は常にポジティブな思考をします。自分が好きなことや得意な分野で成功する強い意志を持ち、周りの人たちの意見や考えに流されません。人間は、ポジィティブな思考をするとポジィティブなことを招き寄せる傾向があります。「自分は必ずこの仕事で成功する」と信じて疑わず、目標に向かってひたすら頑張り続けます。イチローは子供の頃から「野球選手となって成功する」という強い意志を持っていました。

成功者は悪い時にも頑張れる

人生にはいい時も悪い時もあります。特に努力しなくても仕事が順調に進む時もあれば、努力したり工夫したりしても失敗の連続という時もあります。これは成功者も失敗者も同じです。

成功者は「自分は必ず成功する」という強い意志を持ち、常にポジティブ思考ですから、悪い時にも頑張り続けます。織田信長は尾張の小大名であった頃から「天下統一」への強い意志を持っていました。周り全部が敵対して絶体絶命の危機となっても、信長は冷静に計画を推し進めていきました。ビジネスの成功者は悪い時ほどパワーを発揮して頑張ります。

成功者はゴールが明確

成功者は人生に夢を持ち、実現しようとします。人生の目標がハッキリしています。明確なゴールに向かって努力を続けます。研究でもビジネスでも自分自身の仕事のゴールが明確です。ゴールがはっきりしているから、到達しようと頑張ることができます。

成功者には燃えるような情熱がある

成功者は、自分が情熱を傾けることのできる分野で成功しようとします。自身の仕事に燃えるような情熱を持っています。情熱をこめて大きなビジョンを語るので、多くの人がその情熱に感動します。「この人と一緒に働きたい」「この人の下で仕事をしたい」と思うようになります。燃えるような情熱と夢は人の心を動かします。

成功者は人心操作術を知っている

ビジネスの成功者・成功した起業家は、人心操作術を心得ています。社員たちや部下たちの心を操縦する術を知っています。明確なゴール・仕事に対する情熱・大きなハッキリしたビジョンで人の心を動かします。優れたリーダーは、多くの人たちの心理を操縦します。

②成功者は感謝の念を忘れない

成功者は、人でも物事でも何に対しても常に感謝します。人生の中で自分自身に関わる人や物事に対して感謝すると、自分を取り巻く全てがポジティブに変わります。自分に関わる人や物事がポジティブになると、思考がポジティブになり素晴らしいアイディアが湧いてきます。感謝の気持ちが成功に導きます。

成功者は人間関係を大事にする

仕事で成功する人や起業して成功する人は、人間関係を大事にします。人生で出会う全ての人に感謝し、出会った相手を大事にします。相手の気持ちを常に思いやり、長く付き合います。ビジネスパーソン・起業家は人脈の価値をよく知っています。

成功のチャンスは人がもたらす

仕事は人を介してもたらされます。成功のチャンスは人についてきます。人脈が豊富な人は成功のチャンスも多くなります。成功者はどんな人との縁も軽く見ないで、付き合いを深める努力をします。

成功者は運が強い?

成功者は「運が良い」「運が強い」と言われます。成功者は、成功する強い意志を持ち、成功のチャンスを決して逃しません。人間関係を大事にするので、成功のチャンスも多くなります。成功者は自分で運を招き寄せます。

③成功者は自分自身への投資を惜しまない

成功者は好奇心旺盛で、何にでも興味を持ちます。新しい知識を学び、いろいろな情報を集めることに貪欲です。自分の知識・スキルを高めたり情報を増やしたり、自分磨きのためのお金を惜しみません。自己投資をして、新しい知識・スキルを身につけ情報量を増やします。

アイディアは知識の積み重ねから生まれる

優れたアイディアは何もないところから生まれません。知識の積み重ねから生まれます。蓄積された知識が結びつくと、今まで理解できなかったことが理解できるようになり、新しい優れた考えが生じます。成功者は勤勉で、常に勉強して知識を増やしています。

成功者は情報持ち

成功者は「お金持ち」と言われますが、本当は「情報持ち」です。人並み以上に情報を持っているので、チャンスを掴んで成功できます。成功すると、収入が増えてお金持ちになります。

成功者は情報を集めるために自分に投資します。情報量が豊かな人は人の心を掴んで動かすことができます。情報を多く集めることは、人心操縦のスキルの一つでもあります。

健康管理も仕事のうち

会社に勤める人は、上司から「健康管理も仕事のうち」とよく言われます。成功者は自分の身体を鍛えたり健康を維持したりすることにお金をつかいます。どんな仕事でも、健康で体力がなければ目標を達成することはできません。成功者は、運動や食事や生活習慣に気をつけています。定期的に人間ドックに入り、健康診断を受けています。

④成功者は失敗を恐れず行動する

成功者は失敗を恐れません。行動力があります。成功者は何か新しいアイディアや企画を思いついたら、すぐ実行に移します。失敗やリスクを恐れて、ためらいません。自分で動いて形にして結果を出して、初めて「成功した」と言えるのです。どんなに素晴らしい考えや企画でも、実行されなければ何の意味も価値もありません。

成功者は人生の時間に限りがあることを知っています。「思いついたら、即行動する」習慣が、身についています。

成功者は自己効力感が高い

成功者は自己効力感が高く、「自分はきっとできる!」という自己の信頼感や有能感を持っています。モチベーションを高くして、すぐ行動に移れます。やる気があるので、良い結果を出すことができます。成功した経験が自己効力感をさらに高め、さらにやる気が起こります。

成功者は賢くリスクを取る

成功者は、きちんとした計画や準備もなく行動に移ることはしません。アイディアを思いついたら、目標を定めて計画を立てきちんと段取りを組みます。どのようなリスクがあるか、よく考えて賢くリスクを取るようにします。

⑤成功者は「継続は力なり」と知っている

成功者は、ルーティンワークを継続します。毎日、時間を決めて同じことをします。毎朝6時に起きて30分散歩するとか、毎晩8時から2時間読書するとか決めておきます。イチロー選手は毎日練習時間を決めて、欠かさず練習を続けたそうです。

「継続は力」です。毎日時間を決めて同じことをするには、強い意志力が必要です。ルーティンワークを継続することで、意志力が強化されます。

毎日同じことをくり返しているようでも、必ず何かが少しずつ違ってきます。繰り返しの中から違うことを見つけると、新しい情報が脳に蓄積されて刺激になります。

⑥成功者はお金を大切にする

成功者はお金を大切にします。「人生、何があるかわからない」と考えて、お金持ちになっても堅実な生活を送ります。常に収入と支出のバランスを考え、お金を使う時は優先順位をつけます。富豪と呼ばれる人の財布の中は、いつもきちんと整理されています。

成功者は物欲に左右されない

成功者は物欲に左右されません。見栄を張って贅沢な生活をすることはありません。必要のない高級車やブランド品を買うことをしません。物欲に左右されないので、いつも心が満ち足りています。プライベートではシンプルな生活をします。

成功者は収入源や投資先を複数確保する

成功者は収入源を会社の給料だけに頼ることをしません。不動産を購入して賃貸収入を得たり投資したりしてたち、複数の収入源を確保します。投資をするにしても、株や金融など複数の投資先にお金を分散させます

⑦成功者は自分の頭で考える

成功者は自分の頭で考えます。「成功者になる方法」とか「これで金持ちになれる」などの自己啓発本を鵜呑みにして真似をするだけでは、成功者にはなれません。本に書いてある内容を自分で考えることが大事です。時には内容を批判することも必要です。主導権は自分にあるのですから、自分の頭で考えます。

常に自分の頭で考える習慣が身についていると、「今、自分は何をすべきか?」がわかるようになります。するべきことに優先順位をつけることができます。成功に必要な心が構築されます。

⑧成功者は自分で責任をとる

成功者は、どんな失敗をしても自分自身で責任をとります。他の人のせいにしません。企業で働いて成功する人は、失敗を上司にも部下にも転嫁しません。上司の失敗も部下の失敗も、自分のマネジメント能力の不足と考え、自身を反省します。

責任感の強いリーダーには、安心して人がついてきます。企業の上層部も重要な仕事を任せます。自分で責任をとれる人はリーダーシップを発揮して、社会に対して素晴らしい仕事をします。

⑨成功者は自分をコントロールできる

成功者は自分自身をコントロールできます。自分の心理や行動を自分でコントロールします。激務をしながらも、頭の中を空っぽにしてリラックスする気分転換の方法を知っています。気分転換することで、精神を強くします。すぐに心が折れることはありません。

運動して身体を動かしたり喜劇映画を見て思いきり笑ったり、仕事以外の逃げ場をいくつか持っています。パワースポットと呼ばれる自然豊かな場所を訪れる人もいます。女性なら、美容院やエステに行くのも気分転換になります。

成功者は全力で休む

成功者は「365日24時間、仕事しか頭にない」というような仕事バカ・仕事中毒ではありません。きちんと休みをとり、頭と心と身体をしっかり休めます。休みの時は、仕事から全く離れて英気を養います。

成功者が決してしない習慣とは?

filmmaker-2838945_960_720取柄がない

成功者になれない人の多くが、「自分はとても努力しているのに、成功できない」と考えています。「成功者は天才か強運の持ち主だ」と考えています。でも、エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力」と言っています。成功者は、だれもが努力の人です。

成功者になれないのは、努力の方向が間違っているのです。成功者と全く違う習慣を身につけています。

①成功しない人は失敗を恐れる

成功者になれない人は失敗を恐れています。成功者も多くの失敗をします。失敗しない人間など、この世界には一人もいません。しかし、成功者は失敗から学びます。失敗した理由や原因をはっきりさせ、同じ失敗をくり返しません。「失敗は成功のもと」にします。

失敗すると落ち込んでしまう

成功者になれない人は、失敗すると気分が落ち込んでしまいます。心が折れてしまって、何をする気もなくなります。成功者は、失敗した原因を究明して新しくチャレンジします。新しい 企画を立てて実行することを考えます。落ち込んでいる暇などありません。

失敗する前に逃げる

成功者になれない人・起業に失敗する人は失敗やリスクを恐れて、失敗する前に逃げ道を考えます。リスクをとることを避けます。行動することを恐れ、行動しない理由を山のように考えつきます。行動しなければ、失敗することもリスクを取ることもありません。自分では「慎重な性格」と考え、行動力がないことに気づきません。

行動することで幸福になれる

心理学には「幸福を感じるのは、DNA50%・行動40%・環境10%」という法則があります。DNAを変えるのは不可能ですし、環境を変えるには莫大な費用がかかります。行動することが、人間を幸福にします。失敗を恐れて行動しなければ、幸福になれません。

言い訳ばかりする

成功者になれない人は、失敗すると言い訳ばかり考えます。失敗した原因を究明しないで、「失敗したのは、自分のせいではない」ことを主張することに全力を注ぎます。他の人のせいか環境のせいにします。会社ならば、上司や部下のせいにします。保身に一生懸命になっているうちに、周りの人たちの心が離れていきます。

②成功者になれない人はネガティブ思考

成功者になれない人はネガティブ思考です。物事の悪い面ばかり見て、悲観的な予想をします。ネガティブな思考は悪い結果しか生みません。すると、さらに落ち込んでしまい、負のスパイラルが生じます。「どうせ失敗するに決まっている」「自分なんか何をしても成功するはずがない」と思っている人が、成功するわけがありません。

ネガティブな言葉は不運を呼ぶ

ネガティブな思考は不運・悲運を招きます。言葉には力があります。「自分なんか何の取柄もない」「自分は成功者になれない」と言い続けていれば、本当にダメな人間になります。成功者は「自分ならできる!」「自分はこの仕事で成功する」と言い続けています。ポジティブな考えと言葉が、幸運・強運を招きます。

自責人間

成功者になれない人の中には、何か事が起きると「何もかも自分のせいだ」と考えて自分を責める人がいます。自責の念に駆られて、自身を責めずにはいられない自責人間です。自責は「自分が悪い事を認めて十分反省しているから、これ以上傷つけないでほしい」というメッセージです。自責人間は自分を責めることで、自分を守ります。

自責人間は自分を責めるばかりで、失敗の原因を突き止めたり改善の方法を考えたりしません。自責してネガティブ思考に陥っている人間は、成功者にはなれません。

③成功者になれない人は曖昧

成功者になれない人は、物事を曖昧にする傾向があります。日本の文化は曖昧にすることを美徳としますが、ビジネスの世界・仕事の世界ではYES・NOをはっきりさせる必要があります。

曖昧な指示を与えたり暗黙の了解を得たりして仕事が成功する時代もありましたが、現代では明確に相手にタスクを振ることが求められます。曖昧な指示をする上司やリーダーは、部下や社員に嫌われます。部下がついてこないリーダーや社員がついてこない起業家が、成功することはありません。

④成功者になれない人は承認欲求が強い

成功者になれない人は、「他人に自分を認めてもらいたい」という強い承認欲求があります。自慢話をしたり傲慢な態度を取ります。TwitterやFacebookなどSNSに投稿して「いいね」を得ようとします。自分自身に自信がなく自己効力感が低いので、承認欲求が強くなります。

成功者は自分に自信があります。人に対する時も自然に腰が低くなります。自慢話などしなくても、周りの人たちから信頼され尊敬されます。

⑤成功者になれない人は過去にとらわれる

成功者になれない人は、過去の失敗にとらわれて新しいことに挑戦するのを恐れます。過去の失敗を恐れて、行動に踏み出せません。また、過去に成功した経験にとらわれて、自慢話を繰り返します。過去の成功にしがみつき、新たな挑戦ができません。

成功者は、過去の失敗も成功も過去として受け入れます。過去の経験をありのままに受け入れて、それを基に未来を変えていこうとします。過去にとらわれない未来志向です。

⑥成功者になれない人は学ぶことを放棄する

成功者になれない人は学ぶことを放棄しています。学ぶとは知識を得ることです。知識がなければ、行動の方向性を決定したり行動を最大化したりできません。知識を得る最良の方法は、読書です。成功者は毎日読書をする習慣があります。

「社会に出ると、勉強は役に立たない」とよく言われますがが、間違いです。前述したように優れた考え・アイディアは知識の蓄積の中から生まれます。読書は脳を活性化して、考える力を高めます。世界の成功者はだれもが、読書から多くのことを学んでいます。

成功者の習慣を身につけるには?

business-437020_960_720ビジネスマン

成功者には独特の習慣を実践しているという共通点があります。成功者に共通する特徴を知ることは容易ですが、それを自分の習慣として定着させるのはとても難しいことです。

[成功者になる方法が間違っていることもある?]

成功者になる方法として、「成功者は進んでトイレ掃除をした」とか「成功者は墓参りを欠かさない」とか教える人が少なくありません。「トイレ掃除をした」のは「人が嫌がる仕事でも自分から引き受けた」という意味ですし、「墓参りをする」のは「先祖も含めて家族や友人・仕事仲間など自分を支えてくれる人たちに感謝する」という意味です。

陰の意味をわからないでトイレ掃除や墓参りをしても、成功者にはなれません。教え方が間違っているのです。

[成功者になる法則]

成功者になる法則とは「失敗することを恐れない」ことです。失敗から学んで立ち上がる方法を知ることです。失敗から立ち上がる度に賢く強くなっていき、ついに目標を達成して成功者になります。

失敗を恐れてリスクのあることに手を出さない人は、安全な人生を送れるかもしれません。でも「何かをやり遂げた」という満足感を得ないまま一生を終える可能性があります。

[新しい習慣を定着させるルール]

成功者の習慣については、サイトの記事を読めばわかります。でも、それを自分の習慣として定着させるのは容易ではありません。新しい習慣を定着させるのは、難しいのです。

新しい習慣を定着させるためには、3つのルールがあります。

①目標を1つに絞って計画を立てる

一貫性のある目標1つか2つに絞り、計画を立てます。例えば「早起きして運動する」という習慣をつけたい時は、「朝5時半に起きて、家の近くの公園で30分間ジョギングする」という計画を立てます。「いつ・どこで・何をする」かを具体的に決めて、実行します。

②1つの目標に集中する

複数の目標を同時に達成しようとすると、1つも達成できない可能性が大です。目標を1つにして集中すると、生活の一部になる自動性が働いて自然に習慣として定着します。

③少しずつ変化させていく

新しい習慣を定着させる時は、無理をしないで少しずつ変化させていきます。1つの新しい習慣が生活の一部となって定着するには60~70日はかかるようです。

[今日から実行できる成功者の習慣]

成功者の習慣を身につけるのは簡単ではありませんが、だれでも今日からできることがあります。まず、そこから始めて思考・行動・習慣を変え、人生を変えることをオススメします。

①寝る前に熟睡できる準備をする

良質な睡眠を十分に取ると、脳が疲労回復して活性化されます。ベッドに入る1時間半前にはスマホやパソコンの操作をやめます。お風呂にゆっくり入ってリラックスし、軽いストレッチをします。部屋は薄暗くして静かにします。テレビも見ない方がいいでしょう。

②眠る前に明日の1日を頭の中でイメージする

ベッドに横になり、明日の1日を頭の中でイメージします。朝6時に起きて体操をして・・・と、細かくイメージします。目が覚めたら、ベッドから出る前にもう一度今日1日をイメージします。頭の中で2回、現実に1回、合計3回1日を生きることになります。毎日を大事にして、精度の高い1日を過ごせるようになります。

③早起きして朝の時間を有効に遣う

成功者は朝型人間です。早起きして、朝の時間を有効に遣います。日の出とともに目覚め、暗くなったら活動を止めて眠る生活が、人間の体内時計とも一致して人間本来の力が発揮しやすくなります。朝は、脳の疲労回復により思考力集中力が最も高くなります。朝は、読書や勉強などで最も効率良く脳をフルに活動させることができます。

朝6時に起きて、遅くとも24時前に就寝することをオススメします。

まとめ 成功者は失敗を恐れない

成功者には共通点があります。成功する分野はスポーツ・学問・ビジネスと違っていても、成功する人たちは共通の習慣を実践しています。

成功者は自分が「得意分野で成功する」という明確な目標を持っています。目標達成に向かってひたすら努力します。情熱をこめてビジョンを語るので、人の心を掴んで動かします。成功者は物事にも人にも深く感謝します。ポジティブ思考になり、多くの人と良好な人間関係を築きます。成功者は学び続け、知識を蓄えます。自身の健康管理も怠りません。お金を大切にして、見栄を張るなど無駄な出費はしません。

成功者に共通する最大の習慣は、失敗を恐れないことです。蓄積した知識から新しい考えや企画が生じたら、すぐ行動に移します。実行する前に念入りに段取りし、リスクについても十分調べます。でも、失敗やリスクを恐れて行動しないことはありません。失敗したら、潔く責任を取ります。失敗の原因を究明して反省し、再び立ち上がる方法を身につけています。失敗から学んで強く賢くなり、目標を達成して成功者になります。

成功者になれない人は、失敗を恐れて行動しません。何事もネガティブに考えて、行動しない理由を山のように用意します。失敗すると、落ち込んだり言い訳したりして、失敗から学ぼうとしません。

関連記事として

なんでもできる人に見られる共通の特徴を知ろう!近づく方法も紹介!

凛々しい人の性格や特徴を知ろう!どうやったらなれる?

貧乏人の特徴とは?お金持ちとは考え方が違う?脱出する方法も紹介!

これらの記事も読んでみてください!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする