集中力を高める方法は何がある?考え方やメリットについて知ろう!

集中力を高める方法を体得すると、勉強でも仕事でも成功する確率が高くなります。例えば勉強ではより多くの知識を吸収できたり、試験で良い点数が取れるということが可能になります。

しかし、一方で集中力が低く悩んでいる人がいるのも事実です。では、そういった人はどういった方法で集中力を高くすればいいのでしょうか。方法やメリットについても見ていくことにしましょう。

集中力を高めるメリット

集中力

集中力を高める方法を見ていく前に、そのメリットについて見ていきましょう。

方法を理解する前に、まずは目的を考えることが大切です。具体的には以下のメリットがあります。

作業効率が向上する

例えば仕事で集中力が高まると、仕事の効率アップが期待できます。周囲のノイズに作業が阻害されることがないので、一気に作業をすることができるのですね。

誰しも経験があると思いますが、高い集中力状態に入ると気がついたら時間が経っていて、仕事が終わっていることがあります。それほど目の前のごとに没頭した状態と言えます。この状態を常に引き出すことができれば、仕事も勉強も効率がかなり上がります。

やる気が湧き上がる

目の前の作業を嫌だを思うことは誰しもあることです。やりたくない、面倒…そういうことを思っているとふと時間が過ぎていて、無駄な時間を過ごすことがあります。

ただ、集中力が高まるとそのネガティブな感情すら浮かばない状態を作り出すことができます。作業時間は継続し、気がついたら仕事が終わっている…そういうことが可能です。これをゾーンと言います。

やりたくない、面倒と考えている内は集中力が散漫な状態であり、作業に向きません。しかし、一度集中モードに入ってしまえば、気がついた時には作業が終わっているのです。

吸収量が多くなる

例えば勉強で色々な知識を吸収しなければならないとします。こういったとき、集中力は大きな力を発揮します。集中力が高いほど、知識の吸収量が多くなるのですね。これはとても大切なことです。

だらだらと勉強をするよりも、短期で集中して勉強をした方が知識の量が多くなります。それほど集中力というのは大きな効果をもたらします。時間はそれほど関係ないのです。

試験勉強を夜の時間帯にやってみる…しかし、夜の時間帯は体や脳が睡眠モードに入っているので、高い集中力は発揮されません。結果、吸収量はそれほど増えず、やった気になって終わるのです。

ストレス解放にも効果がある

集中力を発揮し何かの作業をしている間は、それ以外の物事を考える隙がありません。それはつまり、悩み事や不安を感じる暇もないということ。これは心身の健康を考える上でとても重要です。

精神的なストレスを蓄積してしまうのは、あれこれと考えてしまうことが一つの原因です。その時間を取らないようにするのは、ストレスを溜めない効果があるのです。

ただ、目の前のことに集中する…これだけで心身の状態を安定的に保つことができるのです。集中力が高まれば、普段抱えている悩みからも解放されるでしょう。

集中力を高める方法〜テクニック〜

集中力を高める

では、集中力を高め方について見ていくことにしましょう。

まずはすぐにできるテクニック法についてです。具体的には以下の方法が挙げられます。

音楽をかける

シンプルな方法ですが音楽をかけることで、周囲の雑音をシャットダウンし、集中力を高めることができます。雑音がないだけで、没頭感が大きく変化します。

音楽をかけて集中力を高める上では、いくつかの注意点があります。

聞き慣れた音楽は避ける

好きなアーティストの音楽をかける人がいますが、そうしてしまうと、気がついたら意識がそちらに向かっているなんてことがあります。勉強は中断され、音楽に乗ってしまうでしょう。

そうならないためには、洋楽やクラシックなどがおすすめ。あくまでBGMとして聞くようにしましょう。音楽に意識を取られてしまっては意味がないので注意です。

夜の時間帯は避ける

夜の時間帯は体を休めることを第一に考えるべきです。しかし、音楽を聴いてしまうと脳が活性化してしまうことがあります。そうすると、翌日の仕事や勉強のパフォーマンスが下がる可能性があります。

時間帯はあくまで日中。自然と集中できる環境を作りつつ、音楽を聴く。それも聞きなれない音楽で、目の前の集中できるものを選ぶようにしましょう。

タイマーで時間を区切る

人はリミットがあると集中力が向上します。例えば夏休みの宿題を8月31日にやるように、これまでの行動が嘘のように高い集中力を発揮します。

1時間で終わる仕事を50分でやってみる。タイマーをセットし、目の前に置くことで、追い詰められている感じを体感できます。すると、締めが決まるので目の前のことに集中できるようになります。日々トレーニングすることで、習慣を身につけることができるでしょう。

自分の中でルーティーンを決める

大リーグのイチロー選手がバッターボックスに入った時、独特のポーズをするように、自分の中で集中力を高めるルーティーンを決めておくといいかもしれません。

勉強や課題をするときは深呼吸をする、今日の予定を立てる。仕事であればコーヒーやお茶を飲み休憩を取る、ストレッチをする…こういった自分なりのルーティーンをしてみましょう。そのルーティーンを習慣づけるれば、集中力モードにすぐに入ることができるようになります。

集中力を高める方法〜習慣・マインド〜

マインド

前項ではすぐに集中力を高められる方法についてご紹介しました。習慣づけていけば、高い集中力とその持続力を手に入れることができるでしょう。

では、次に習慣やマインドについて見ていきましょう。

環境を整える癖をつける

例えば雑多な部屋での勉強は非常に集中力が削がれてしまいます。目に入る情報が多く、目の前のこと以外のことを脳が考えてしまい、集中力も持続力も続きません。環境はそれほど重要で、常日頃から気を使う必要があります。

勉強中であればスマホの電源を切る。普段から掃除をして置く。勉強する教科以外の教科書は引き出しにしまう…勉強効率を上げるためにも、こういった目の前のものに集中できる環境・場づくりを意識してみてください。

生活習慣を変える

生活習慣の良し悪しは体にダイレクトに影響を与えます。良い生活習慣が身についていれば、集中力が向上しますが、悪い生活習慣が身についていれば、集中力は低下します。

良い生活習慣は早寝早起き、バランスのとれた食事、運動・スポーツが挙げられます。早寝早起きは体や脳の疲労を取り除きます。朝に勉強すれば脳が最もクリアな状態なので吸収量が向上します。

食事は脳の栄養を取り入れるために必要です。ジャンクな食べ物ではなく、色のついた緑黄色野菜や魚、発酵食品などの食べ物を食べれば、体の機能は向上します。血糖値をコントロールし、食後の眠気を抑えることにも繋がります。

運動もまたストレス発散に必要な習慣です。集中モードに入ると、体が緊張することがありますが、その緊張をほぐすのが運動です。同時にリラックス効果があり、その後の集中力を維持する効果も期待できます。

1つのことに集中する

環境を整えるということに共通しますが、1つのことに集中する習慣を身につけることも集中力を高める方法です。これは受験の勉強や仕事だけでなく、日々の生活全般において注意しなければなりません。

例えば食事中にスマホをいじり動画を見る…これは食事とスマホをいじるという行為、2つを同時にやっています。集中力を低下させる習慣であり、あまりやらないほうがいいでしょう。

食事をしているときは食事に集中する。スマホをいじるときはスマホに集中する。テレビなんかも同様です。こういった日々の習慣が勉強法や仕事、ビジネス成功にも活かされるのです。日々の生活の中で1つのことに集中するということを意識してみましょう。

予備動作なしで作業に取りかかれる習慣を作る

勉強をする前、ついついスマホをいじり気がついたら時間が経ってしまっていた…そういう経験・体験はないでしょうか。作業に取りかかる前に予備動作が長いことが原因です。

ルーティーンとは異なり、こういった動作はあまりやらない方が賢明です。無意識にスマホをいじってしまうかもしれませんが、そう行動している自分に気づいたら、スマホを離すようにしましょう。習慣づけることで、すぐに集中モードに入れるようになってきます。

瞑想をする

習慣的な瞑想は脳をクリアにし、物事への集中力を高めることがわかっています。現代社会はとても情報量が多く、精神的に常に興奮している状態ともいえるかもしれません。

そういった状態から一度離れ、精神的な静寂を得る機会。それが瞑想です。瞑想をすることで、今自分がすべきこと、集中すべきことが明確になります。また、体も自然と集中モードになり、物事に没頭することができます。瞑想・リラックス法の方法は次の通りです。

  1. 準備として背筋を伸ばして椅子に座る。もしくは横になりリラックスする。
  2. 指の先からリラックスするイメージを持ちます。
  3. 呼吸をゆっくりと行なっていく。
  4. 徐々に呼吸に意識を向ける。
  5. 呼吸をしつつ、吐く息・吸う息それぞれで1,2,3…とカウントをする。

これを15分程度続けてみましょう。雑念が浮かんでもその度に呼吸に意識を向けるようにしてください。焦らなくてもいいので、徐々にゆっくり行なっていくことが大切です。

集中力を高めるための考え方

スマホ

集中力は習慣づけによって形成されます。高い集中力を発揮できる人は習慣的に集中力を高める方法を実践していて、それが身についている状態といえるでしょう。

反対に集中力を削ぐような行動を日々していると、いつまで経っても集中力を発揮することはできません。それは非常にもったいないことですよね。

集中力を高めるためには、まず自分がどういった生活習慣をしていて、どんな癖があるのかについて考える必要があるのです。その原因を解決することができれば生活に大きな変化がもたらされるでしょう。

スマホやメールの通知が集中力を削ぐ

集中力を削ぐ身近な例として、スマホの通知があります。通知は時間帯限らず鳴りますから、心が休まらない人もいるかもしれませんね。心的負担も大きなものです。

集中力を維持して勉強をしていても、通知1つで集中力が途切れてしまう…そういうこともあるでしょう。誰かからの連絡であれば、それに返信しなければならないですし、そこで考えていることが中断されてしまいます。

集中力を削ぐものは通知だけではありません。それは人それぞれですから、どんなものが該当するのか一度考えてみることをおすすめします。

自分の時間を確保する

ある経営者は自分の時間を確保するために、次のルールを決めました。

  1. メールチェックは朝・昼・晩の3回のみ
  2. 上記以外で連絡がある人は電話で受ける

この2つのルールを設けただけで、自分の時間を増やすことに成功したのです。メールなどの通知によって自分が左右されることなく、高い集中力を引き出すことができたのですね。

今の時代、誰しも自分の時間を取ることが難しくなっています。しかし、それは単に自分の時間管理が甘くなっているだけかもしれませんね。情報に対して受け身でいると、いつまで経っても自分の時間を確保することができなくなってしまうのです

削ぎ落とすことが大切

自分の生活の中には余分な時間やモノがあります。それは無駄に操作するスマホ。読んだこともない本や雑誌。一度も着ていない服…こういったものが実は思考を邪魔していることがあるのです。

断捨離が最近流行っていますが、その効果の1つとして、思考をクリアにすることが挙げられます。つまり、集中力を高め、目の前のことに没頭する効果があるのです。

時間にしてもモノにしても、無駄なものを削ぎ落とすだけでも心身に大きな影響を与えてくれます。周囲を見渡して、無駄なものがある場合はぜひ削ぎ落としてみてください。

集中力を高めることと人生への効果

人生

集中力を高め、日々の生活の質を向上させることは人生に大きな影響を与えます。目標を達成できるようになったり、人間関係を良好にすることも可能です。

自分の今している行動は潜在意識が司っています。言い換えれば無意識の部分ですね。これは長年の習慣によって形成された、いわば癖のようなものです。

集中力を高める習慣を身につけるためには、潜在意識を変えることが一つのポイントです。そして、潜在意識を変えるためには、これまでの習慣を変える必要があります。

セルフイメージを書き換える

人には誰しも「自分は◯◯である」というセルフイメージがあります。ある人は自分のことを人見知りと思っているかもしれませんよね。またある人は自分のことを成功者だと思っていることもあります。

セルフイメージはとても強力で思った通りに働きます。例えば初対面の人を前にしたとき、人見知りの人はうまく話すことができません。一方で成功者の人であれば、リラックスした状態で会話をすることができるでしょう。これは全てセルフジメージ、自分の自分に対する評価が決めているのです。

このセルフジメージを書き換えるためには自分へ語りかける言葉を変えること。そして、それを習慣として、少しずつ行動を変えていくことがカギになります。

普段、どんな言葉を自分にかけている?

先の例として人見知りの人は自分に対して「人とうまく話すことができない」「自分は会話する力がない」ということを常々語りかけてしまう。そして、実際そうなってしまうのです。

誰とでも話している自分を実現したいのであれば、まずはその語りかけをやめること。そして、「私は人とうまく話すことができる、会話する力がある」と語りかけるようにします。嘘のように思いますが、人のようはシンプルなもので、人と会話できるように考え始めるのです。

自分が理想の人間になりたいと決断し、そう行動すれば自分を変えることができるのです。意志を持って行動すれば必ず未来は変わるでしょう。

成功人生を歩むためには

自分の人生で成し遂げたいものがあるとき、目標達成や願望を叶えたい時、将来の自分像を描くでしょう。ビジネスで成功したい、周囲から尊敬されたい、人間関係を良くしたい…誰しも思うかもしれませんね。

そう考えた時、今の自分とのギャップがどのぐらいあるのかを冷静に考える必要があります。そして、目標設定し少しずつステップを登っていきながら、レベルを上げ成長し、自分を変えていかなければなりません。そのためにセミナーへ行き、エネルギーをもらうというのもいいかもしれませんね。

行動していく中で上手くいかないこともあります。過去の記憶がトラウマになることもあるかもしれません。しかし、一方で成功体験を得ることができます。その体験を大切にし、少しずつ自信をつけていくことができれば、理想の自分へと変身することができるでしょう。

どんな状況でも自分を律することができます。理想の自分の方向に近づこうと努力するのか。それともこれまでの生き方を続け、変わらない人生を送るのか。それを今一度考えてみてください。

まとめ

集中力を高めるのは、すぐにできるものです。しかし、それを毎日継続して行うためには、やはり日々の習慣づけが大切です。そのためには生活全般の改善が求められるでしょう。

今自分の生活の中で余分な時間はないだろうか。生活環境はどうだろうか。集中力を削ぐものはないだろうか。こういったことを考え続けると、生活はシンプルになっていくと思います。

そういった環境を作ってあげると、自然に集中モードに入る体が手に入るでしょう。高いパフォーマンスを維持したいと思うのであれば、自身の生活を改善してみてくださいね。

関連記事として

集中できないのは病気?その原因と集中できない時の対策方法を知ろう!

メンタルを鍛える方法はある?メリットや特徴を知ろう!どんな運動が効果的?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする