自己評価が低い人の特徴を知ろう!恋愛傾向や改善方法も紹介!

自分の能力がどう見ても他の人より優れているのに、なぜかいつも自分に自信を持てずに謙遜したり、自分を卑下している人が周りにいる方もいると思います。

確かに、自分の事を褒められて自慢話をしたり、経験を自慢するようになるのも問題ですが、自分に対して不足感があり、あまりに自己評価が低いのもまた、周りからしてみれば不思議ですよね。

この記事ではそんな自己評価が低い人とは一体どういった特徴で、何が原因なのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

自己評価が低い人の特徴って一体どのようなものなの?

睡眠改善

なんだか褒めても嬉しそうでなかったりといった特徴は、照れ屋なのかもしれないし中々自己評価が低い特徴というのは定義しづらいですよね。

そうは言っても、会社の同僚や後輩、恋人などが自己評価が低いタイプだとわかると、それに対応して工夫して褒めたりすることができるので、もし特徴がわかるのなら知りたい人も多いのではないでしょうか。

一般的に、セルフイメージが低く完璧主義で人間関係でも恋愛関係でも心理学的には劣等感をもちやすいイメージがある自己評価が低い人とは一体どういった特徴があるのかをチェックしていきたいと思います。

自分の内面や外見に対して厳しい目でみている

自己評価が低い人は基本的に、自分に対してあまり甘い事がありません。その為、仕事一つに対しても他の人から見れば十分な結果を出していても、その結果に甘んじることがありません。

人生において成功体験があってもあまり誇ることもないということもあります。

自分にとって完璧にやりきったという自信がないため、いつまでも完璧にやり遂げようと努力したり、責任感があり、失敗しても褒められても仕事に対しての態度を変えることはないようです。

もちろん社会人として仕事に対して真摯に向き合うことは大切でときにはメリットや長所にもなりますが、自分の仕事の成果や目標を冷静に判断できないのは問題です。なぜなら、自分のできる範囲の内容が判断ができなかったり、必要ない部分にまで凝っている時間のムダを出してしまう可能性があるためです。

また、自分自身に対する評価が低いため、達成感があまりありません。これの理由は、自分がやっている内容に自信を持てないため、結果が出ているものに対してもやりがいを持てない思考からです。

その為、仕事や、時には趣味なども自分の自己評価を持てないがために完全に楽しむことができずにいつも不安な気持ちを持っている危険性があります。また、ビジネス心理的にも短所ばかりに注目し人見知りになるなどということもあるようです。

口癖や考えなどが常に否定的な内容である

自己評価の低い人の場合は、自分が携わっていることは基本的に批判的な目で見ています。数字的には成長しているものであっても、全てが上手く言っていないとその上手く言っていない部分に注目して、根拠もなく自分を批判してしまいます。

そのため、職場においても話をしていても自分はどうせといった自分を卑下する言葉や、何かを頼んだとしても基本的に断ることが多いように思えます。

自分に自信が有りすぎることも問題ですが、自分ができる能力をしっかりと理解し、それを適切なことに対して活かすのは自分のためだけではなく、周囲の人のためにもなります。その為、自分が全ての物事に対してできないと考える自己評価の低い人は、その分周囲の人にもチームワークの面で迷惑をかけてしまいます。

自己評価が適切にできないと、周りの人にも逆に迷惑をかけてしまうことがあります。

褒められても必要以上に反応してしまう

自己評価の低い人は、自分自身の評価が他の人達から見たときより低いことが大半です。その為、褒められるに値した行動をしたとしても、それを人から褒められると居心地が悪くなってしまうようです。

人によってはあまりにも過剰に謙遜し、自分の事を逆に貶めて話す人も多いようです。もちろん人から褒められたことに対して喜びは感じます。

しかし、それを喜ぶ前に、そんなに褒められるほど自分の脳力は秀でていないと一歩下がって自己評価をしてしまうため、喜べないようです。

自分としての意見を主張することがない

自己評価の低い人は、人の意見や顔色、評価を総合して自分の価値を判断します。そのため、基本的に自分の意見が明確にない事が多いようです。

もちろん、簡単なことであれば自分の意見を主張することもできます。しかし、答えがなく意見が多様に出るような討論の場などになると、一貫して自分としての意見を出すことはありません。

自分の意見を聞かれた時はその時に一番指示されていたり、影響力のある人が言っている意見に便乗して意見を述べることが多いです。これは、自分に自信がないため、自分の意見なんかに賛同する人はいないと考えてしまうからです。

自分の意見に価値が無いと考えてしまうため、自分が意見を発信する前に、人の意見に合わせて同意してしまいます。

他の人をあまり褒めることがない

自己評価の低い人は、無意識の内に他人を批判することも多いようです。これは、自分の評価を他人を批判することによって、逆にあげようという考えからです。

意識的にやっているわけではなく、無意識の内にやっているため、自己評価の低い本人は気づいていない場合が多いです。

しかし、何かを行うときに、そのことに対して何かと批判したり、文句を言ったりすることが多いようです。それによって、自分の価値観や評価を自分の中で正当化し、それを他の人達にも伝えようとしています。

これは、小さいときから親や先生などの大人たちからダメ出しをされ続けていると、次第に自分の意見に自信が持てなくなってしまい、自分も同じようにダメ出しをしないと自信を持てなくなってしまったという事情があることもあるようです。

なにかにつけてあらゆることに自慢をする

自己評価が低い人は、話している最中にあらゆることに自慢をする傾向があります。

本来自分に自信があると、わざわざ自慢しなくても、自尊心が保たれています。しかし、自己評価が低い人は、他の人達も自分に対してあまり評価が高くないと思ってしまうので、わざわざ言わなくていいことまで自慢します。

その為、自分のステータスや交友関係、持っているものなど、目に見えてわかるようなことに対して自慢をしてきます。自己評価の低い人はブランド物が好きな人も多いようです。

目に見えてわかるものは、他の人から見ても評価が高いものなので、自分に自信がなくても安心して言うことができます。人にそうやって見せびらかすことで、他の人から見る自分の評価をあげようとしています。

スポンサーリンク

自己評価が低くなってしまう原因とは?

ホルモン 男

生まれたときから自己評価が低い人はあまりいないかと思います。しかし、成長するに連れて、次第に自信がある人とない人に別れているということは、性格以外に何かしらの原因があるといえると思います。

それでは一体、自己評価が低くなってしまうというのはどういった原因があるのでしょうぁ。

子供の頃の思い出を未だに引きずっているから

大人になるにつれて形成されていく性格は、乳幼児期における両親の接し方も大きく影響があると言われています。その為、その時期に両親から十分な愛情を受けたり、褒められることがないとその後の性格にも問題がでることがあります。

その為、小さな頃に両親から常に注意を受けていたり、虐待を受けてしまうと自分の価値に疑問を持ってしまい、自己評価が低くなってしまうことがあります。

固定観念が強いから

日本人は特に、他の人達と違ってはいけないという固定観念が強いと言われています。社会で生きているため、人は自分の価値観に則って自己規定を持っています。

もちろん人によってその大小は異なりますが、人として持っているべき配慮やマナーなどはその自己規定の一種だといえます。

しかし、その他にも、個性に関わるような自己規定を持ちすぎている場合があります。男であるからこうでなくてはいけないなど、多様性が見込まれるようなことに対してそう思ってしまうのはその一例です。

そうして自分なりの価値観に押し込もうとしてしまうため、自分の決めた自己規定から外れてしまいがちな自分は、その人にとって評価の低い出来の悪い人間だというように捉えられてしまいます。

その為、結果的に自己評価が低くなっていってしまいます。

スポンサーリンク

自己評価が低い人の恋愛傾向とは?

セックス

自己評価が低い人は、自分に自信がないので、恋愛初期においてもコミュニケーションに自分はダメ人間だからと悩みをもってしまい、他の人にアピールするのも難しいのではないでしょうか。

そんな人は、一体恋愛はどのようにしているのでしょうか。早速見ていきましょう。

恋人に依存しがちになってしまう

自己評価が低い人にとっては、自分を肯定してくれる恋人は大切な存在です。その為、恋人と別れないために段々恋愛依存症になっていってしまうことが多いようです。

特に、人の気持ちである恋愛であっても何かに頼らなければ自分の魅力だけでは勝負できないと思ってしまうため、占いや、恋愛相談に何時間もかけてしまったり、お金を際限なく費やしてしまうこともあるようです。

恋愛は、自分ひとりでどうにかできるものではないので、自己評価が低い人にとっては、我慢できずにいつも不安なまま、どうにもできない状態になってしまうため、依存したものの、自分自身が傷ついて終わる場合が多いようです。

恋人に異常に尽くす

自己評価が低い人は、自分が選ばれるという自信がないため、相手が自分といる利点がなくなってしまうと捨てられると考えてしまいます。

その為、その不安をどうにかして避けるために徹底的に相手に尽くします。これは、相手がうっとうしがっても変わりはありません。

もちろん恋人といっても全てを監視されて、尽くされるのは嫌がり、別れたがる人もいます。しかし、たとえ別れたとしても、自己評価の低い人は自分が必要とされなくなったという事実を上手く行け入れられることなく、次第にストーカーにつながることもあります。

付き合う前に肉体関係をもってしまう

自己評価が低い人は、恋愛においての駆け引きがとても苦手な人が多い傾向があります。これは、自分の正当な評価がわからないため、自分が手に入れられる取り分をきちんと理解できないからです。

その為、求められたら全てさしだしてしまうことが多くあります。恋愛においては手に入るかどうかがわからないというのも醍醐味の一つではありますが、自己評価の低い人はそこで差し出さないと相手が離れていってしまうと思っています。

その為、何かあったときや、付き合う前であっても求められたら簡単に肉体関係を持ってしまう場合もあるようです。

浮気などやってはいけないことでも恋人を怒ることができない

普通の人であれば、恋人が他の子と食事をしたり、連絡をとっていたら怒り、喧嘩になってしまうと思います。

しかし、自己評価が低い人にとってはそのようなことはありません。なぜなら、自分は他の人から一番に大切に扱われるほど立派な人間ではないと思っているからです。その為、恋人が自分から離れていってしまう行動をとっても仕方のないことだと諦めてしまいます。

これは全て自分に対する評価が低いから起こってしまうことです。

スポンサーリンク

自己評価の低い人が付き合いがちな男とは?

頭 でかい

自己評価が低い人であっても、恋愛を楽しんでいますよね。しかし、人によっては、恋愛を刷ることで悪いスパイラルを産んでしまっている場合があります。

それでは自己評価が低い人が陥りがちな恋愛例を見ていきたいと思います。

普通の人なら付き合わないのに、何故か付き合ってしまう

見た目が魅力的で、積極的であるものの、恋人同士になり、関係性がかわると急に意味不明な行動をとったり変なことをいう男性がいます。普通の人から見ると、おかしな人だと思ってしまいますが、自己評価の低い女の人の場合、こういった人と別れられずに関係を続けてしまいます。

これらの男の人は回避型の恋愛男とも呼ばれていますが、あらゆる人と一定以上の距離をとっていたいと考えているため、恋人など急に親しい関係性に変わってしまうと不安に思い、逆に離れようとします。

自己評価の低い女の人の場合、距離を広げようとされたときに自分に原因があると思ってしまうため、別れることのなく、自分に原因をもって関係を続けてしまいます。

一度回避型恋愛の男と付き合うとどうなってしまうの?

回避型恋愛の男の場合には、自分が理性的で自立していることを認識することで自己満足をもちます。そのため、人に対して依存する関係は好まずに、恋人関係になっても彼女が好きになって追いかければ追いかけるほど距離を持って自尊心を保ちます。

普通の女性だとそうなると愛想をつかす場合が多いですが、自己評価が低いと、依存が高くなってしまうと自分が悪い部分があるのだと自分にその原因を探そうとしてしまいます。

また、どうしても別れるところまでいっても、少し連絡があったりデートをしたりするとまだこんなにだめな自分であっても評価してくれるとあっさり別れるのをやめてしまいます。

その為、いつまでたってもずるずる別れることができずに関係性を続けてしまうことが多いようです。

スポンサーリンク

自己評価を高く上げるためにはどうすればいいの?

女性とメガネ

自分が自己評価が低いということを自覚していたとしても、そこからどのように解決していけばいいのかイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、自己評価を上げることは努力次第で可能です。それでは一体どのようにしたら自己評価を上げることができるのかを見ていきましょう。

自分が嫌いなことを一度やめてみる

自己評価の低い人は、自分が嫌なことであっても、自分の能力が低いことを逆に言い訳にしてやめることはありません。自分の好みで嫌なわけではなく、自分の脳力が低いから上手く行かなかったり、気が進まないのだとおもいこんでしまうからです。

その為、まずは自分が嫌だと思っていることをすこしずつ一度やめて見る挑戦をするのがおすすめです。日常の生活で、無理にしていたことをすこしずつやめてみると自分の気持ちにも余裕ができ、だんだん自信がわいてくるかもしれません。

他の人の考えや行動を意識しないようにする

自己評価の低い人は、自分の感情に目を向けることなく、他の人の欲求を満たそうと頑張ることがよくあります。相手にどうにかして自分の評価を高く持ってほしいため、好かれるように努力してしまうためです。

しかし、自己評価を上げるためには人の評価を気にするのではなく、まず、自分が何をしたいのかをよく見ることができるようになるのが重要です。いつまでも人を意識していたら、それまでの人間になってしまいます。

自分がやりたいことを積極的に挑戦している内に、次第に自分の自身もついてくることがあります。

新しい事に積極的に挑戦する

人は、環境によって自分自身もかなり変化し、成長していきます。また、自分と同じ価値観や考え方の人と一緒にいるのが一番居心地がいいかと思います。

そのため、自己評価が低い人はまず、自己肯定感が高い人と一緒にいるようにしてみるのはいかがでしょうか。自己肯定感が強い人は、新しいことに積極的に挑戦します。自分に自信があるため、新しい環境であってもなんとかなると思えるからです。

自己評価が低かったとしても、自己肯定感が高い人と一緒にいることで、段々自分にも自信がついてくると思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

なんだか自分に自信が持てない人であったり、周りにそういった人がいるという方は、どうして自己評価が低くなってしまうのか、まだ、どういった方法で改善をしていけばいいのかを読んでいくことでわかったこともあるのではないでしょうか?

ぜひ、少しずつ自分なりの良さを受け入れて楽しくいきていってくださいね。

関連記事として、

支配欲が強いってどういうこと?特徴や接し方、人間関係を円滑にする方法を知ろう!

要領が悪い人の特徴とは?改善方法を知ろう!病気の可能性もある?

自己陶酔とは?特徴や治し方を知ろう!男性と女性で差がある?

これらの記事も読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする