女心が分からない原因は?女心の特徴やサインを理解しておこう!

たとえば彼氏に対して、「女心が全然分かってない」と不満に感じることはないでしょうか?また、彼女に対して行った言葉で、悪気が全くないにもかかわらず「女心が分かっていない」と怒られてしまった男性も少なくないのではないでしょうか。

男性側、女性側それぞれに言い分がありますが、やはり女心が分からないと男性は責められがちです。女性は口げんかが強い傾向にありますから、女心を理解できないことは、そのまま不利な立場を意味します。

複雑な女心を理解するのは至難の業ですが、それではなぜ男性は女心を理解できないのでしょうか?その理由と女性心理、対処方などを見ていきましょう。

男性脳と女性脳

thought-2123970_960_720

男性と女性の違いは、脳にも原因があります。男性脳と女性脳という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

男女の違いには大きく分けて、物理的な理由と試行的な理由があります。

物理的な理由が原因?

まず、男性と女性の脳では、大きさや重さが違います。基本的には男性の脳の方が大きく、重いのが特徴です。

脳の重さは男性は1,400~1,500グラム、女性は1,200~1,250グラムほどと言われていますよ。こうした脳の大きさや重さが男女の違いとして表れるのでしょうか。

周期性の有無

また、女性の脳には周期性があると言われています。これは、女性の場合はホルモンが分泌されていることが原因で、月経と同じように、脳にも周期が訪れるのです。この周期性が男性には見られませんから、周期性の有無も男女の違いを作る一因かも知れません。

脳の構造が違う

さらに、男性と女性とでは脳の構造にも違いが見られます。脳には右脳と左脳がありますが、この右脳と左脳は脳梁というものでつながっています。この脳梁の形も男女で異なり、女性の脳梁の方が丸みを帯びていて、比率が大きいと言われています。

では、脳梁が男女に違いを生み出しているかと言うと、まだはっきりとした因果関係は分かっていないようです。

思考的な違いが原因?

男女を大きく隔てているのは、こちらの方が大きいかも知れません。

空間認識力

まず、男性と女性では、空間認識に違いがあります。分かりやすい例では、ある設計図を男性と女性に見せた場合、男性は特定の場所に意識を集中させますが、女性は特に意識が定まっていないと言います。

これが何を示しているかと言うと、空間認識が上手くできるかできないか、ということです。男性は空間認識力が高いですが、女性はあまり高くないという傾向にあるようですね。

言語能力の違い

男女では、言語能力にも違いがあります。言語能力の違いは、会話をする時に脳のどの部分を使っているか、ということに関係しています。女性は脳全体を使って話しているのに対し、男性は左脳、つまり言語中枢がある場所をメインに使って話しているので、能力に違いが出てくるわけです。

一般的に、男性は理論的に話をし、必要以上のことを言わない傾向があるのに対し、女性は必要以外のことでも関係なく話し、感情的になりやすい傾向にあると言われています。女性が男性よりも口喧嘩が強いのは、理論的に話をしようとする男性に対し、時に感情も交えながら、脳のあらゆる所を使って話しているからだとも考えられていますよ。

もちろん、女性でも冷静な人もいますし、口喧嘩が弱い人もいます。男性だって口喧嘩が強かったり、全く理論的でなく、感情的になりやすかったりする人はいますから、一概には言えません。あくまで一般的な傾向として理解しておくとよいでしょう。

このように、男性と女性の脳は、物理的にも思考的にも違いがあります。男性が女心を理解できないのも、そうした違いに原因があるのかも知れません。

女心の特徴

people-2563491_960_720

男性にとって「女心って難しい・・・」と感じる瞬間はいくつもあるでしょう。女性は男性と比べて、心模様が変わりやすいので、なかなか判断が難しく、不用意に怒らせてしまったという経験を持っている男性は少なくないでしょう。

では、女心の特徴について見ていきましょう。思い当たる節があるのではないでしょうか?

気分が変わりやすい

たとえば、ついさっきまでニコニコとご機嫌にしていたのに、急に黙り込んで不機嫌になってしまうことがあります。男性からしたら「なんで?」と思うでしょう。

さらに厄介なことに、なぜ不機嫌になったのか理由を教えてくれず、かと言って放っておくとさらに機嫌が悪くなります。男性はお手上げかも知れません。

昔の話をしつこく覚えている

性格にもよりますが、女性は男性と比べて、昔の話でも内容をよく覚えている傾向にあるようです。そして「あの時こうだったのに」というように、グチグチと昔と比較されて怒られることもあります。しかし、覚えていない当人にとっては対処しようがなく、戸惑ってしまうことも多いのではないでしょうか。

デートの約束を忘れて彼女に怒られた、という人は少なくないでしょうが、それ以外でも「この前こう言ったじゃない!」と怒られることもあります。女性が覚えていることを男性が覚えていないと、かなり不機嫌になるのも特徴です。

相談に乗っても怒られる

女性から相談を受けるというのは、男性にとってうれしいことですよね。特に好意を抱いている女性なら、「頼りにされている」「相手も自分に好意を持っているのでは?」と期待してしまいますし、よいところを見せたいと思うでしょう。

しかし、せっかく一生懸命に解決策を考えても、女性が一向に元気にならず、むしろ不機嫌になってしまうこともよくあります。「一生懸命考えているのになぜ?」と思うかも知れませんが、女性が求めているのは共感です。

「よく分かるよ」「辛かったね」「頑張ったね」など、気持ちに寄り添ってくれる言葉がほしいので、単純に解決方法だけを提案しても、かえって不機嫌にさせてしまうのです。女性は共感したい生き物だとはよく言いますが、男性からするとかなり理解に苦しむものですね。

女は察してほしいもの

男性がとても苦手なことですが、女性は「察してもらう」ことが好きです。「そんなこと言わなくても分かってよ」というのが、女性の素直な気持ちなのですね。男性に対しては「言ってくれなきゃわからない」と愛情表現を求めてくるのに、自分は言わないのですね。

しかし、男性が「言わなくてもわかるだろう」という気持ちで黙っているのと、女性が黙っているのとでは気持ちが違います。女性は、「黙っていてもわかるだろう」という相手任せの気持ちではなく、「黙っていても気持ちに気づいてほしい」と、サインを送っているのです。無言のサインに気づかないと、当然不機嫌になってしまいます。

気持ちはちゃんと言葉で伝えてほしい

女性は言葉にしなくとも、無言のサインを送っていますが、男性の「言わなくてもわかれよ」という気持ちは理解不能です。好きならば好きとはっきり言ってくれないと、本当に愛されているのか不安になってしまいます。だからしつこく「わたしのこと好き?」と聞いて、気持ちを確かめようとするのですね。

目的だけじゃない!課程も大切

男性と女性では、買い物の仕方も違いますよね。男性は目的を1番に考え、効率的に、必要な者だけ買い物をするのですぐに終わりますし、女性がブラブラと買い物をしている姿が理解できません。

しかし、女性にとって買い物とは、その課程をも楽しむものなのです。「あれかわいいな」「あんな服着てみたいなあ」などと、実際には買わなくてもみているだけで楽しいのは雰囲気を楽しんでいるからなのですね。だから女性の買い物は長く、付き合わされる男性は大変なのです。

女心のサイン

roses-2375469_960_720

このように、女心というのはコロコロ変わりますし、気持ちを察してほしがったり、言葉ではっきりと伝えてほしがったりと、男性からするとつかみ所のない性格をしています。理解するのはなかなか難しいですが、それでも、女心を察知するためのサインを発していることがあります。

特に恋愛関係を築く上では、女性のサインに早い段階で気付くことがポイントです。では、女性が発するサインには、どのようなものがあるのでしょうか?

好意ありのサイン

まず、女性に好意があるパターンから見ていきましょう。さりげない態度やしぐさなど、言動に女性の本音が隠されていることがあるので、見逃さないことが大切です。

目が合いやすい

分かりやすいですが、もしも特定の女性とよく目が合うのなら、好意を持っているサインです。相手のことを見る回数が多ければ、目が合うことも多くなりますよね。さらに、目が合っても恥ずかしがるようにそらした場合には、好意を持っていると期待できます。

質問が多い

仕事でもプライベートでも、女性の方からの質問がやけに多い場合には、好意を持っているサインです。質問というのは会話のきっかけになりますし、質問することでより深く知ろうとしている可能性が考えられます。

頻繁に連絡を取る

メールやラインなど、頻繁に連絡を取り合っているなら、相手は好意を持っている可能性が高いでしょう。もちろん、仕事上どうしても必要な相手だったり、友達として仲のよい相手だったりする場合には必ずしも恋愛感情があるとは限りませんから注意しましょう。

デートに誘う

これはサインというよりストレートな愛情表現ですが、デートに誘われたら好意ありと考えてよいでしょ。ただの遊び相手として誘われているだけの場合もありますが、頻繁にデートに誘われるなら、恋愛相手として見られていることを期待してもよいでしょう。

また、逆にデートを誘った場合にも断らず乗ってきてくれる場合は、やはり恋心を抱いてくれていると期待できます。

ボディタッチが多い

誰にでもボディタッチするような女性の場合は別ですが、普段あまりボディタッチをしない女性なら、ボディタッチの回数が多いというのは好意の表れです。体に触れるということはそれなりにハードルの高いものですし、好意がない相手に触ろうとはしないはずですから、期待してよいでしょう。

好意なしのサイン

次に、残念ながら好意を持たれていない場合のサインを見ていきましょう。

返答がシンプルで短い

反対に、話しかけても「そうなんだ」とか「ふーん」というように、シンプルで短い返答しかしない場合には、残念ながら興味を持たれていないと考えましょう。好意を抱いていれば、できるだけ会話を続けようと工夫するはずですから、それがないのは脈なしです。

誘っても回答が曖昧

男性側から勇気を出して女性を誘っても、「考えておく」「今は忙しいから」などとはぐらかされ、明確な回答がもらえずにやきもきすることってありますよね。そんな時は、残念ながら脈なしと考えた方がよいでしょう。具体性のない答えは興味のない表れです。

他の人を紹介してもらいたがる

「いい人いない?」「知り合いの女の子紹介しようか?」など、他の人の紹介をねだったり、知り合いを紹介されたりする場合にも、脈なしと考えられます。

「モテそう」と褒めるのは対象外

会話の中で「モテそうですね」と言われたら、ついうれしくなってしまいますよね。しかし、好意の意味でとってしまうと失敗する可能性がありますよ。「モテそう」というのはタイプではないことの現れでもありますから、意味を取り違えないようにしましょう。

顔の一部を触るのは嘘つきのサイン

話をしている時に髪をいじったり、鼻や頬など、顔をいじっている場合には、嘘をついている可能性があります。嘘をついている場合、バレないように考えながら会話をするので、その緊張から顔を触ってしまうのですね。

テーブルの上のものを触るのは退屈のサイン

スマホをいじったり、アクセサリー、またはコップやナプキンなど、身の回りのものを触っているなら、話に退屈しているサインです。そういう時には、話題を変えるなどして空気を変えましょう。

まとめ

woman-3046829_960_720

いかがだったでしょうか?女性には、様々な恋愛サインがあることが分かりました。

日頃のちょっとした行動などをしっかりと観察して、女心の分かる男になれば、女性の中で株も上がりますよ。

気分が変わりやすく扱いにくい部分もある女心ですが、裏返せば、そこには構ってほしい、寂しい、デートしたいなど、隠れたサインがたくさんあります。少しでも女性のサインに早く気付ける、スマートな男になりたいものですね。

関連記事として、

面倒くさい女の特徴や性格、男性が避ける理由を知ろう!

勘違い女とは?性格や特徴、恋愛の傾向を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする