察してちゃんの特徴を紹介!付き合い方やならないための方法を知ろう!

察してちゃんという言葉を聞いたことがありますか?自分の気持ちを察してほしいといって、言葉に出して直接口に出して言えない人のことです。しかし、察してちゃんの一番の悪いところは、自分が思っていることを察しないと怒ることです。不満が積りストレスが爆発してしまうので扱いが面倒です。このような人は男女ともいます。

もし、察してちゃんを恋人や家族に迎えた場合、周りの人はとても疲れるでしょう。人の心を察することができれば、コミュニケーションはよくいきます。しかし、人の気持ちを察することはなかなか簡単ようで難しいものがあります。察してちゃんについて詳しく情報を調べ記事にしてみました。

察してちゃんとは

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V

察してちゃんは恋愛においても本音を言わないで表面でよい顔をします。そして、自分の意見をはっきり言いません。

男女関係において結婚相手が察してちゃんだったら、結婚してから大変な状況が目に見えてきます。今は大昔と違って、嫁も姑も我慢しないことが多いです。察してちゃんのようなダメ恋愛体質女と結婚しても家庭は修羅場になる可能性は見えてきます。

内心では不満やストレスをためているのですが、それを本人に向かって言わないので、積もり積もった不満が大きくなって爆発し怒りをぶつけます。

日本人の性格は昔から察してちゃん

昔から日本人は建前と本音は別という考え方が支流を占めていました。グローバル化時代になり世界ではそのことが通用しなくなってきたのです。

察してちゃんがダメだという風潮は、日本人すべての人たちに言える可能性があります。その理由は、日本人は昔から本音と建て前を分けて考えていたからです。相手に悪い印象を与えないために、本人の前では建て前を言って、本音は違うところにありました。

そして、相手に察してもらうことを要求していたのです。そこで、世界的に問題になったのが外交です。そのような外交を続けていると、それを利用する国も出てきますし、よい、外交が行えるはずがありません。

察してちゃんは決して良い性格ではありません。日本中の察してちゃんが、自分の言葉で本音が言えるようになる時代が来たことは、さまざまな関係性をよくしていきます。

察してちゃんのコミュニケーションについて

人間のコミュニケーションには2つあります。

  1. 言語的コミュニケーション(バーバルコミュニケーション)
  2. 非言語的コミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)

このことを簡単に説明すると、「言葉に出して直接言う表現」と「態度・表情・姿勢・声」を表す表現の仕方です。

人間には非言語的コミュニケーションで、ある程度相手の気持ちや状態を知ることができますが正確には伝わりません。例えば表情や態度から不満が表れていれば「怒っているようだ」というところまでは分かりますが、怒っている原因が何なのかまでは分かりません。

察してちゃんというのは非言語的コミュニケーションを過大視し、自分の態度や表情だけで、その原因が分かるはずと考えているようです。やんわりと拒否し、また、無言という態度で拒否したつもりなど、自分の意志・要望を言葉で表すことを回避します。

言語コミュニケーションにおいても直接的な表現を避け、相手に気持ちを察してもらおうと考えています。

理想の自分を高く掲げている

アメリカのサンフランシスコ州立大学の心理学者ジョハリは人間には4つの自己があると考えています。

  1. 開放の窓・・・自分も他人も見えている自己
  2. 盲点の窓・・・自分では気が付いてないが、他人から見ると気が付いている自己
  3. 秘密の窓・・・自分では気が付いているが、他人には見えない自己
  4. 未知の窓・・・誰からも知られていない、自分も知らない自己

これらを分析することで、主観・客観の両方で自己認識できると説いています。この中の開放の窓=公開された自己と定義しました。

これは簡単に言うと、自分はこのような性格だと他人に見せている部分です。他人に性格を見せている部分=開放の窓だから、察してほしいと考えています。

ほとんどの場合、自分の自己の理想を高く持っているため、察してちゃんになってしまうのです。例えば「心が広い」「優しい」「わがままを言わない」「相手を拒否しない」などのよい人の性格を理想としています。

しかし、主張や不満拒否は誰でも起こることです。そのような時、自分の主張をしないで、自分の主張を通したいと考えるのです。ですから、言葉ではっきりと主張を述べないまま、心では不満を抱えます。

特に日本の場合「女性は従順でおとなしく自分の意見を持たない方がよい」というような風潮が流れていたため、女性らしさとはそのようなものと考えられている人が多いのです。また、男性では「男はあまりごちゃごちゃ言わない方がよい」という固定観念にとらわれている人もいます。

察してちゃんが起こる素地

口では「分かった・いいよ」と言いながら表情は不満顔一杯で怒った態度をします。それは、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションが違います。

受け取った相手は不安を抱きます。不安を解消するため「どうしたの?」と相手の気持ちを推し量ります。このように言葉と態度が一致しないことをダブルバインドと言います。短期的には興味や関心を掴むテクニックですが、一時的に相手からの心配や思いやりを得ます。

このようなことが察してちゃんを生み出す素地となっています。

察してちゃんの特徴

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

察してちゃんタイプの特徴には、次のような特徴があります。その中の主なるものを取り上げてみます。

察してちゃんタイプの特徴

  1. 受け身タイプでNoを言うのが苦手なタイプ
  2. ロマンチックで至上主義
  3. 相手を支えサポートするのが好きで、先頭に立つ気がない
  4. 女性から迫ってはいけない、男性はごちゃごちゃ言わない、自分の中の恋愛ルールがある
  5. 相手にはエスコート・サプライズして欲しいの欲求がある
  6. 夢見がちで相手の意志を確かめず結婚すると思う
  7. うまく言えない意地っ張りな私をケアしてくれるのが愛情と思っている
  8. 結婚願望の年齢に達すると、我慢とヒステリーの合わせ技がでてくる
  9. 言わなくてもわかってほしいから、気持ちを口に出して言えない
  10. 恋愛で相手と喧嘩した場合、口論にならないで、黙ってしまったり泣いたりする
  11. 自分のこだわりやルールが強く、それが当然だと思っている

察してちゃんタイプのアラサー女子の特徴

察してちゃんタイプの特徴で、結婚が現実となる年齢になると一層特徴が顕著になってきます。誕生日、交際記念日、クリスマス、年末年始、バレンタインデーとイベントのたびにプロポーズがあるか夢見ていて、そのたびに裏切られる繰り返しを起こし、不安と不満が蓄積してきます。

彼氏に直接伝えないので、解決しなくなります。何とか希望の結婚ができたとしても、「察してよー」「気にかけてよー」と超能力的なエスパー化を期待するため、「わかってよ」と逆切れして、結婚生活が修羅場になることもあります。

男や女は「こういうもの」という思考に囚われる

女子は特に昔からの風習に囚われている人の中に、察してちゃんが多くいます。例えばデートは男性が誘うべきと考える女子が多いのです。男性を立てて「私○○好きなの」と伝えると、男性からの返ってくる言葉が「そう・僕も好き」という返答だけです。

女性の心理としては、「じゃあ一緒に行く」という言葉を待っているのです。でも、その言葉がないのでネガティブな思考に変わり、嫌われている思い込みを強くします。それで、連絡やデートを躊躇し始めるケースが非常に多いのです。この時に、「デートは男性から誘う」という思考に囚われなければ、「彼からの返答に「じゃあ、一緒に行きませんか?」という言葉を言えばデートの約束ができたはずなのです。

人は環境や価値観や生き方の違いなど、自分の常識を相手に無意識に押し付けたりしていないでしょうか?

言葉の表現や受け取り方・感じ方などそれぞれ違うということを忘れ、自分本位なコミュニケーションを取ってしまっていることが多いのです。

直接伝えないのは気分を傷つけたくないから

察してもらうということは、自分が直接伝えないことで、自分の傷を浅くしようとしているのに過ぎないのです。例えば女性同士でも、自分と似ている共通点があったので、仲良くなったというケースもあります。しかし、それはあくまでも似ているのであって、全く同じではありません。異なることがあるからこそ、友だちと一緒にいると楽しくて刺激的ということがあるのです。

そこで、察してちゃんとして行動を起こすと、相手に見えない部分が伝わってないことが多いので、なぜ伝わらないのだろうと、自分自ら悩み苦しむ状態になってしまいます。

自分が傷つきたくないという思いのため、察してちゃんの行動をとるとより大きな痛手を負います。

察してちゃんの対処法

自分と向き合う

察してちゃんの対処法は、なぜ、相手が離れていくかを知ることです。それを知って、直せば対処できます。

察してちゃんの問題点は3つほどあります。

  • 自分の気持ちや願望を直接言語化できない
  • 自分が言葉に出さないことを分かってもらうため相手に欲求を求めている
  • 自己反省なしに、同じことを何度も繰り返す

自己欲求による相手へのコントロール

自己欲求のために相手をコントロールしようとするので、相手は離れていくことになります。察してちゃんは自分たちの欲求を満たすために、相手をコントロールするコミュニケーションがとられています。

恋愛を遠ざけるコミュニケーションの一つではなく自分をモテ恋愛のコミュニケーションとして活用すべきです。

恋愛は存在価値や承認欲求というものを相手に求めやすく、そのため、自分の欲求を満たそうという一方的な気持ちが優先的に働くコミュニケーションを仕掛けることで、察してちゃんになりやすくなります。このことは無意識に行っていますので、日ごろの言動には注意をして、相手と自分は異なる部分があることを自覚することです。

相手と対等であるという気持ちでコミュニケーションをとると、察してちゃんに対処できますので、自分の願望や気持ちをストレートに話しやすいです。

仕事における人間関係

仕事をする上では人間関係は切っても切り離すことはできません。職場の上司・先輩・同僚・部下・後輩・社外のお客様などいろいろあります。一人で引きこもりネットビジネスを展開している人でも、お金が発生する先には人間関係が存在します。

そのように仕事において人間関係は必ず存在します。その中に人間の性格でコミュニケーション能力がないパターンには次のようなパターンがあります。

  1. 察してちゃんタイプ
  2. 自己中の子どもタイプ
  3. 頭でっかちで行動が伴わないタイプ
  4. わがままで他人の言うことを理解できないタイプ
  5. 妄想オタクのタイプ

この中の察してちゃんタイプについて見てみます。察してちゃんタイプは繊細で控えめな印象があり、感情をあまり出さないで、相手の聞き役になることが多いタイプです。

また、メールするのにも、「メールしてよいかな」といってメールをします。察してちゃんタイプが面倒なところは、直接言いたいことを口にしないで、「そのぐらい察してよね」と伝えるオーラを放ち、察してもらえないと、ストレスをため込みネガティブです。控えめでひっそりしているだけに、一見すると奥ゆかしく見えますが、不満を持つといつの間にか悲劇のヒロインや不満を爆発させたりします。

このタイプに上司がいると、どうしてほしいのだろうと部下の精神が消耗して疲れ果ててしまいます。職場での上下関係があるだけに難しさがあります。

また、この中で自己中の子どもタイプに、経営者の人に多く、自分はストレスに弱くショックを受けた時は大きくこけてしまします。この人たちは、自分の損得勘定で行動していて、自分を周りに合わせるのではなく、自分の都合に周りを合わさせます。

面倒なことや自分の得になることの他はなにもせず人を利用するタイプの人が多いです。

仕事関係における察してちゃんの対処法

察してちゃんタイプはわざと言わないのではありません。言いにくいことを言えないタイプです。ですから、言いたいことを言ってもらうように声かけすると対処できます。例えば「気が利かないので、何かあれば声をかけてくださいね」と先に言っておくと、察してちゃんタイプも言いやすくなります。

また、「察してくれ」とオーラを感じた時は、全部を察しないで、「クーラーの温度を下げましょうか」と言葉で確認し、自分のできる範囲で無理のない対応をすることで対処できます。

察してちゃんにならないために

うつsadness-2042536_960_720失恋

察してちゃんを予防するには2つのことが挙げられます。察してちゃんを卒業したいと考えているあなたは、次の予防対策をとるとよいでしょう。

失敗したときは原因分析して現実を受け止める

まず、口論になったとき、別れた時、失敗したときいろいろネガティブな状況が起こったときに反省をして、何がダメだったのか原因を分析し、現実を受け止める必要があります。

人間には行動の癖があります。無意識に繰り返してしまうことがあります。自分自身の問題点を横に置いておいて、「なぜ察してくれないのか」と他人に責任転嫁するため、同じ間違いを起こします。

自分の気持ちを100%分かってくれる自分以外の人など存在しません。自分で言語化できないものを相手にケアーしてもらうなどの行為は、すべて相手に責任を押し付けています。自分がしてほしいことを相手に伝えるストレスから逃げたいので、相手にそのストレスを抱え込ませようとしています。

これでは周りの人が逃げていくのは当たり前です。

日常生活においても言語化する癖をつける

もう一つの予防法は、自分の気持ちを日常生活においても言語化して相手に伝えることが必要です。

言語を使って直接に相手に何を考えているか声を出し確認することが必要です。自分の考えていることを言葉に出して、相手と話し合って自分ことを分かってもらうことが予防法になります。

察してちゃんの原因はほとんど自分に自信がないことです。そのため自分を傷つけたくないので、察してちゃんになっている人が多いです。自分で自分を大切にできなくて、一人でいるのが寂しい人です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本人が昔から指摘されてきた察してちゃんの、本音と建て前を使い分けるやり方は、恋愛においても支障をきたしてきます。

アラサー女子になると、結婚願望の年齢を過ぎつつあるので、このような察してちゃん女子が多くなってきます。

ある情報で、今日の彼女がいつもよりイライラしているので、彼氏が「何か悪いことした?」と聞いたら、「生理なの・察してよ」と言われたそうです。

これは、女性なら誰にでも起こりうることで、自然現象とは言え自然に態度に出ることがあるので特に気を付けることが大切です。

関連記事として、

独りよがりの意味とは?性格の特徴や独りよがりが役立つ場面を紹介!

消極的ってどういう意味?性格や恋愛の特徴と改善方法を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする