風邪の時にサウナに入る効果は?注意点などを紹介!

風邪になった時にサウナに入る人がいるといいます。巷でウワサの「この方法」って、本当はどうなのでしょうか?

今回は、風邪の際にサウナに入るメリットやデメリットについて紹介します。いつも風邪の時にサウナに入っているという方や、知り合いにそういう人がいるけど・・という方は是非読んでおきましょう!

スポンサーリンク

そもそも「風邪」って

風邪

風邪をひくと、体内でウィルスと戦うために発熱します。

昔から「風邪の時は温かくして」と言われていますが、それは体温が奪われると抵抗力が落ちるので、しっかり温まりましょう!ということです。

また、症状も様々ですので、時期や症状によっては専門医への受診も大切です。インフルエンザなどであれば、対処方法が変わってきます。

鼻水や痰は、デトックスの一つで鼻や喉から入ってきたウィルスなどを体外へ排出します。

悪寒は、体温の上昇に伴い、外気との温度差が生じますので、体感的に熱を奪われた寒さがその原因になります。

「頭寒足熱」という言葉があります。これは、漢字の通りで「頭を冷やし、足を温める」ことです。頭が高温になると脳に影響が出る場合があります。ですから、氷枕を使用して頭を冷やすのです。また、靴下を履いたりして足を温めるのは、放熱を抑えたり、抹消神経や毛細血管をケアする為です。

【豆知識①】

人間の体の大半はタンパク質です。タンパク質は約40度で固まり始める(蛋白変性)といわれています。なので、体温が38.5度を超えていると医師は解熱剤を処方することが多いのです。なぜなら、体の深部は、体温計で計った温度よりも高いからです。

でも、安心してください。42度のお風呂に入っても、80度のサウナに入っても、人間の体には体温調節の機能があるので、日頃は心配しなくても大丈夫です。

風邪などの体調が優れない時には、その体温調節が上手くできない体になっていますので、しっかりとしたケアが必要です。

【豆知識②】

外部からの体温調節に有効な場所は・・・「太い血管」です。

血液を冷やしたり温めたりすることで、体がクールダウンしたり、温まったりします。そのポイントは「首筋(頸動脈)、わきの下(腋窩動脈)、足の付け根(大腿動脈)」です。

※冷やすには有効ですが、温めすぎには注意です。

ここには太い血管があり、効率よく血液を冷やしたりすることができます。この方法は、熱中症対策としてかなり有効ですので、風邪とは少し違うかもしれませんが、覚えておくといいです。真夏の夜に、500mlのペットボトルに水を凍らせて、タオルに巻いたものを太ももに挟んで寝ると快適だったりします。

スポンサーリンク

サウナについて

サウナ

今から2000年以上前の北欧フィンランドのガレリア地方が、その発祥です。

食料を貯蔵しておいたり、肉・魚やチーズをスモークする小屋がいつの間にか沐浴するところへと変わっていったそうです。

そのフィンランドの伝統的なサウナの方法が「ロウリュ」です。「ロウリュ」とは、焼けた石に水をかけて蒸発する水分によって、湿度と温度を上げる方法です。皆さんも一度はテレビなどで見たことがあるかもしれません。

【サウナの種類】

大きく2つのサウナがあります。

◎ドライサウナ

これは、湿度がかなり低く、温度が80~100度程度です。「カラッとした暑さ」の究極の状態と言ってもいいと思います。

地球上では、気候として気温80度というのは、まずあり得ないのですが、サウナは人工的に空間を作りますので、この環境が可能です。

また、ドライサウナでは、肌がピリピリするという人もいます。「唇が乾いた」なんて経験をしたことがある人もいるでしょう。このドライサウナに入る時に大事なことは「水分補給」です。せっかく汗をかくのに水を飲むの?という思う方もいるかもしれませんが、これを忘れると大変なことになります。「干物」になってはいけませんので。。。

デトックスの意味を考えると、汗として老廃物は出して、新しい水分を摂取することは、健康に正しくサウナと利用するためにとても大事なことです。

◎ミストサウナ

これは、霧が充満していて、かなり湿度が高いです。

梅雨時期のジメッとした日の更に高温多湿の状態です。「温度40度前後、湿度70~100%」くらいです。

ドライサウナとは違って、肌がピリピリするような刺激もなく、むしろ湿度によって体に潤いを与えてくれます。のどの渇きもなく、息苦しさもほぼありませんので、ゆっくりとサウナを楽しめます。ただし、ミストサウナも水分補給はお忘れなく!

通常のミストサウナのミストは、スプラッシュミストという大きさが約100マイクロメートルの霧です。ちょうど「霧と霧雨」の間くらいの大きさです。ミスト化粧水はだいたい「5~40マイクロメートル」の超微細ミストです。一般的には、50マイクロメートルより大きくなると、肌にまとわりつく感じで不快に思うと言われています。

サウナに化粧水のような効果効能をそこまで求めないでしょうし、しっかりとした潤いを肌で感じるスプラッシュミストのサウナはちょうどいいと思います。

※1マイクロメートル=1/1000ミリ

◎両方のサウナの共通点

・両方とも体が通常の体温以上にあるので、必ずセットであるのが「水風呂」です。これは、クールダウンとともに開いた毛穴を引き締める効果があります。水風呂に浸かるのが苦手な人は、冷たすぎない水のシャワーを浴びるのもいいです。

また、表面的に冷やすことで、体の芯からポカポカしてきます。これを繰り返すことで、新陳代謝がUPしたり、冷え性の予防になると考えられています。さらには、血管の収縮が適度に起こることで、血管年齢を若く保つ要因にもなると言われています。

・長時間ではなく、小まめに出入りをして、それと同時に水分補給をすることが大事です。

・持病のある方は、「入ってもいいのか?」「入り方の注意点」などを、医師に相談してからにしましょう。特に心疾患のある方や血管疾患のある方は、必ず医師に相談してください。

・実は、発汗効果は「ほぼ同じ」なんです。ですから、お好みや体調に合わせて、どちらのサウナに入ってもOKです。

スポンサーリンク

「風邪とサウナ」の関係について

風邪 サウナ

体を温めることで風邪のウィルスが死滅して、発汗することでデトックスされて症状が治まるというのが単純な理由なのですが、その理論が転じて「サウナに入ると風邪が治る」という話があるのです。

確かに、サウナに入ると体温は上がります。しかし、サウナは表面的に温度を上げる作用が強いので、体内のウィルスにどこまで有効なのか?は疑問があります。人によっては、サウナで汗をかくことで風邪の症状が治まる場合もあると思います。

ここで考えてみてください。

Q.サウナは、どこにありますか?

自宅にサウナがあるという方は少ないと思います。スーパー銭湯などでサウナに入っても帰宅するころには湯冷めしてしまいます。これでは、風邪が悪化しますよね。

また、公共の場所には様々な菌が自宅以上にいますので、抵抗力の弱っている状態で行くのはちょっと危険です。さらには、風邪を他人に移してしまう恐れもあります。

◎サウナに入るメリット

・新陳代謝がUPする。

・強制的な発汗で、デトックスできる。

・毛穴が開き、発汗することでお肌にもよい。

・体温調節機能か高まる。

◎サウナに入るデメリット

・心臓疾患などの方は、発作を起こす危険がある。

・火傷する場合がある。

・脱水症状を起こす危険がある。

・長時間のサウナはNG

スポンサーリンク

☆風邪をひいた時の対処法

ここに風邪をひいた時にどうするのがいいのか?をまとめてみます。

・温かくして布団にしっかり入って寝る。

・汗をかいたら、すぐに着替えて水分を摂取する。

・しっかり食べて、しっかり出す。消化のよいものがいいです。

※ちなみに、排泄はとてもいいデトックスです。

・外出を控える。銭湯やサウナには行かない。

・入浴はダメではないが、症状により判断が必要なことと、湯冷めしないように温かいうちに布団に入って寝ることです。

◎サウナについてですが、日頃から健康な時にサウナに入って、発汗を良くしたり、新陳代謝を上げておくことは、風邪の予防に繋がると思います。ですから、「風邪をひいたらサウナ」ではなくて、『風邪をひかないようにサウナ』です。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、『サウナに入ると風邪は治る!』というのは、ウソとは言いませんがあまり期待できない、できれば避けた方がいいということでしょう。

風邪をひいた時は、サウナに行くのではなく、食事と睡眠で治す方が得策といえます。

関連記事として、

風邪にコーヒーが効果的な理由は?予防にも良いの?

風邪の治りかけの症状とは?咳や鼻水、痰の状態について

風邪にカレーが効果的な理由は?必要なスパイスを紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする