清潔感がある人間になるには?男性・女性ごとに紹介!清潔感がない人の特徴は?

清潔感を得るためには自分で自分の外見に気を配る必要があります。こんなもんでいいだろうと思っていても、相手と清潔の基準が違うこともあります。

しかし、清潔感を出すというのはそれほど難しいことではありません。いくつかのことを心がけるだけでできます。反対にその簡単なことさえも怠ってしまうと、不潔とも思われてしまうかもしれません。

では、清潔感を出すメリット。そして、具体的にどういったことに気をつけていけばいいのか。これらのことについて詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

清潔感を出すメリット

%e6%b8%85%e6%bd%94%e6%84%9f

なんとなく爽やかで、接しやすい。そういった人に共通するのが清潔感かもしれませんよね。周囲から人気があり、いつも和の中心にいるかもしれません。そんな清潔感には具体的に以下のメリットがあります。

好感を得やすい

初めて人に会う時、第一印象がその後の人物像を確定します。そして、その人の中で印象はほとんど変わることはありません。これは今までの経験からもだいたい合っているのではないでしょうか。

清潔感がある人は印象を良く与えることができ、好感を得やすいというメリットがあります。話しかけられやすく、コミュニケーションが円滑に進むことでしょう。

信頼を得ることができる

第一印象が良いと、その後の関係を結びやすくなります。そして、関係が進むにつれて信頼を得ることができます。信頼を結ぶのは清潔感がある人ほど早くなります。

これは頼られる人になることができる、とも言い換えることができます。仕事でもプライベートでも、この人に相談すれば解決してくれる。清潔感一つで相手にそう思わせることができ、スムーズに信頼を得られるのです。

異性にモテる

例えば清潔感がない人。髪の毛にフケがあったり、服装もなんだか汚れている。こういった人はなかなか異性に振り向いてもらうことができません。やはり距離を置いてしまうのが、人の心理です。

反対にきちんとした身なりで清潔感を意識していれば、それだけで異性に声をかけられやすくなります。心の壁をすぐに取り外すことができ、距離を縮めること効果があるのです。

心の安定にもつながる

清潔感を得るためには身の回りがきちんとしている必要があります。整理整頓されている環境であったり、ストレスを抱えていないなどが具体的にあげられるでしょう。

こうした心の安定を得るためにも、清潔感を保つことは重要な役割を果たします。心の安定、部屋の状態。これらを綺麗にすることが、第一ステップとして大切なことなのです。

スポンサーリンク

清潔感を出す方法:男性編

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%b8%85%e6%bd%94%e6%84%9f

では、具体的にどうやって清潔感を出せばいいのでしょうか。男女別で細かい方法についてみていきましょう。まずは男性編です。

髪型をさっぱりする

まず第一に行って欲しいのが「髪型をきちんとする」です。人それぞれ、合う合わないの髪型はありますが、基本的にさっぱりとしていれば清潔感を与えることができます。

ワックスで固めるまではしなくとも、短く、整っていれば悪い印象を与えることはないでしょう。ヘアケアにも気を配りたいものです。

体臭・口臭に気を配る

自分の体臭や口臭はなかなか気づかないものです。しかし、不思議なことに、周囲の人にはそういった臭いがきちんと伝わるものです。ですから、普段から気をつける必要があります。

体臭予防は当たり前ですがきちんとお風呂に入ることでしょう。体臭が起こる1つの原因は皮膚の菌の過剰繁殖です。汗そのものには臭いがありませんが、この菌が汗という水分によって繁殖してしまうと体臭を発生させてしまいます。

口臭予防も当たり前ですが毎日の歯磨きが大切です。簡単に済ませるのではなく、歯間を含めすみずみまできちんと歯を磨く。これで口臭を予防することができます。

姿勢を良くする

清潔感は外見的要素や印象の総和です。いくら髪型をさっぱりにしたり、体臭に気をつけても、姿勢が悪ければどこか清潔感に欠けてしまいます。

なので、人と会っているときだけでも、背筋を伸ばしてみましょう。これだけでだいぶ印象が変わります。堂々とした印象を与えることができるでしょう。

小綺麗な服装を心がける

清潔感を与えるのに、あれこれを服装に悩む必要はありません。明るい色の服を選び、きちんと洗濯され、シワがなくピンとしていればそれで十分なのです。

そのためには、自分の体格に合った服を選ぶこと。そして、客観的な意見をもらうことも大切でしょう。1人で選んでしまうと、どうしても偏ってしまいますから、友人の意見を聞くというのも1つの手です。

スキンケアをする

最近では男性でも化粧水を使う人がいますよね。寝る前のスキンケアは欠かさず、洗顔し肌にとても気を使っている。そういう人はモテ男のことが多く、清潔感を感じます。肌男ともいうようですね。

スキンケアでは化粧水をすることも大切ですが、日々の食事に気を配ることも大切です。体に悪いもの食べれば、ニキビの原因になります。清潔感を得たいのであれば、食事にも気を配るようにしましょう。

ヒゲを整える

男性のシンボルとも言えるヒゲ。この扱い方1つで清潔感を与えることができます。ヒゲはまさに人それぞれ価値の置き方が違いますから、きちんと整えることが大切です。

全て剃ることで清潔感を出すのか。もしくは、きちんと長さを揃え、ヒゲが生えている部分以外は全て剃ってしまうのもいいかもしれませんね。間違っても、ヒゲを放置するというのはやめましょう。

そのほかの対策

男性であれば年齢を重ねるほど、加齢臭が出るようになります。この原因は不規則な食生活が原因です。具体的には血液中の悪玉コレステロールや腸内環境の悪化がきっかけです。

年齢を重ねても、清潔感を維持したい。そう思うのであれば、体の健康を害するような食事を控えるようにしましょう。偏食は加齢臭の第一歩なのです。

スポンサーリンク

清潔感を出す方法:女性編

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%b8%85%e6%bd%94%e6%84%9f

では、女性の場合、どうやって清潔感を得るのでしょうか。男性とも共通する部分がありますが、女性だけしかできないこともあります。詳しくみていくことにしましょう。

自分に合ったメイクをする

濃いメイクを好む人は多いでしょう。それこそ、何十分、何時間とメイクに時間をかけてしまう人もいるかもしれませんよね。しかし、そのメイクが自分と合っていなければ、清潔感を相手に与えることはできません。

マスカラがやたら長い。化粧がやたら厚い。否定するわけではありませんが、良い印象を受ける人は多くないのかもしれません。そうではなく、自分なりのメイクを追求してみると、自然と清潔感を出すことができるかもしれませんよ。

髪の毛・肌のケア

髪の毛や肌のケアは女性にとってとても重要です。これは男性にも共通して言えることですが、一番目につく部分はやはりケアをする必要があります。

髪の毛のケアのためにはシャンプーに気を使う、ドライヤーできちんと髪を乾かすなどがあげられます。反対に言えば、これらのことだけを意識するだけで、十分清潔感を与える髪が作れます。

肌のケアで悩んでいる女性は多いでしょう。肌をケアするポイントは、体の負担の少ない化粧品、食生活、きちんとした生活リスムがあげられます。

化粧品は肌に合う合わないがあります。また、直接肌に触れるものですから、十分に吟味する必要があります。これを間違えてしまうと、肌荒れの原因になるでしょう。

食生活は肌の質に直結します。ジャンクなものを食べていれば、肌質は当然悪くなりますよね。反対に、栄養価の高いものを食べれば、肌の質は良くなるのです。

生活リズムはホルモンバランスを左右します。睡眠時間が少なかったり、ストレスが溜まっているほど、肌の質は悪くなってしまうでしょう。

細かい部分のケアを忘れずに

爪にネイルをしている、という女性は多いのではないでしょうか。細かい部分のおしゃれを楽しめるのは女性ならではかもしれませんよね。こういった部分にも気を配ることが清潔感を出す方法です。

女性らしい清潔感とは

男性とは違う、女性らしい清潔感。それは内面の美しさでしょう。男性にはない気配り、振る舞い、話し方。そういったものが総合的に女性らしさを作ります。

パッと見たとき、清潔感を感じることもありますが、話していく中で品の良さを感じることもあります。品というのはどちらかというと女性の性質とも言えますよね。内側から湧き出る品の良さ。これがより清潔感を引き上げるポイントになるのです。

スポンサーリンク

反対に清潔感のない人は?

%e4%b8%8d%e6%bd%94

これまで清潔感を得るために大切なポイントについて、男女別でお伝えしてきました。では、反対に相手に不快感を与えてしまうようなのは、どういったことなのでしょうか。

髪の毛の手入れが行き届いていない

髪の毛は印象を決める重要なポイントです。最も目に付く部分ですから、そこの手入れを怠ってしまうと一気に清潔感を低下させてしまうことがあるでしょう。

特に髪の毛がボサボサしている、べたっとしている、毛先が広がっていたり、フケがある。これらのことは、異性からかなり嫌われる要素となり得るでしょう。きちんとお風呂に入り、ある程度のヘアーセットをしたいものです。

また、体臭を消すために香水をつけすぎるのもんNGです。香りがかえって不快感を与えてしまうことがあるからです。やはり普段から体を清潔にしておくことが大切です。

洋服の手入れが行き届いていない

洋服の手入れに力を入れていない。毛玉がついていたり、シミが目立っている。なんなら、あまり洗濯をしていないから変な臭いがする。このように洋服に目や臭いで気になる部分があるようであれば、相手に不快感を与えている可能性があるでしょう。

男性でも女性でも、仕事で着るスーツがよれていたり、シワがあるようであれば、これも清潔感をダウンさせる要素かもしれませんよね。人と会う服には気を配ることが大切です。

靴が汚い

細かいところの意識が欠けていると、清潔感を失ってしまうことがあります。特にそれは靴といった、普段あまりお手入れをしない部分に現れることがあります。

靴が雨の日のドロで汚れている。黄ばんでいる。革靴であれば傷だらけである。このような靴の扱いをしていると、印象も下がってしまうでしょう。

食べ方が汚い

外見以外でも清潔感がないと判断されることがあります。それは食事のマナー。食べ方一つとっても、相手に不快感を与えることがありますから、注意が必要でしょう。

箸の使い方が悪い。口の周りにソースがついている。話をしながら食べる。音を立てながら食べ物を食べる。このようなことは気づきにくいですが、やっているようであれば要注意です。

整理整頓ができない

目立たない部分でも気を使う必要があります。例えばカバンの中身がいつもごちゃごちゃとしていて、不要なものがたくさん入っている。明らかにゴミとも思えるようなものが入って入れば、見た人は「ちょっと…」と思うかもしれません。

カバンの中身は見えないがゆえ、意識が届きにくい部分です。しかし、人と会ったとき、ふとしたときに中身を見られることもあります。そんなとき、清潔感を与えるためには、やはり整理整頓をしておきたいものです。

ものの使い方が雑

最近のスマホは画面が大きくなり、使いやすくなりました。しかし、落としてしまうとすぐに割ってしまうなんてことがありますよね。ふとしたと瞬間の気の緩みかもしれませんが、ものの扱い方が雑であることがあります。

ものを雑に扱う仕草は、見ていてあまりよい気持ちがするものではありません。また、雑に扱う性格の裏側には気配りができなず、清潔感に欠ける生活をしていることを見透かされるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

誰のための清潔感か

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c

清潔感と聞くとどんなイメージがあるでしょうか。スーツを着こなし、きっちりと髪の毛をセットしたサラリーマン。白いシャツを着たカフェの店員。色々な人が浮かぶかもしれません。

では、どうしてそういった人たちは清潔感を大事にしているのか。無意識にしているかもしれませんが、共通することは「人と会う」という点でしょう。

人と会うというのは基本的なことですが、印象が大切です。印象とはつまり、どう思われるかということ。人間関係を結ぶ上でとても重要なことですよね。

例えば営業のサラリーマンがいたとします。スーツがよれよれで、シャツにはシミがついている。髪の毛が長く、フケもついている。このような人から何か説明を受ける気になるでしょうか。カフェの店員さんも同様でしょう。

清潔感というのは、これから会う人のために行うものです。相手が不快感を感じないためにする最低限のマナーともいえるかもしれませんよね。清潔にして人間関係がスタートするのです。

プライベートも同じ

仕事だけではなく、プライベートでも同じことが言えます。付き合っている恋人に会うとき、なんとなく清潔感に欠ける服用や外見では、相手も幻滅してしまうかもしれません。

仕事はきっちりしているけど、プライベートでは抜けてしまう。力を抜くことに問題はないのですが、抜きすぎてしまうと印象を悪くしてしまうことがあるので注意が必要でしょう。

ファッションの最低条件

清潔感のあるファッション。そのポイントは2つあります。1つはきちんとサイズがあっていること。適当な採寸で選んだ服は、着てみるとダボダボで全く似合っていないということがあります。

このような服はお手入れも怠りますから、重ねてよれているようにみえます。結果として、より清潔感を欠いてしまい、印象を悪くしてしまうでしょう。

2つ目は汚れを取るということです。パッと見て目立つこと。毛玉やシミ、黄ばみなどがあるでしょう。こういったものをきちんと除去してあげること。これだけでも印象が変わります。

あとはなるべく明るい色の服を着るといいかもしれませんね。人は色によってその人への感情や意識が変わるといいますから、意識して服を選んでみてください。

ちょっとした意識で変えることができる

清潔感を得ようと思っても、難しい。そう考える人は意外と多いのかもしれません。ですが、ちょっとの気配りで印象を変えることができます。

例えば男性の髪型。男性であれば長い髪にすることはなかなか高度なおしゃれです。方向を間違えてしまうと、相手に距離を取られてしまうことがあるかもしれません。

清潔感を与えるためには、シンプルに短髪にしてしまうことをオススメします。それこそ、床屋でも美容院でも、美容雑誌で気に入った髪型にしてもらえば、はずれはないでしょう。

あとは肌のお手入れ。といっても、化粧水を使う必要はありません。毎日適度な洗顔をすること。目やにや肌のカサカサがあるようであれば、洗い流すぐらいはきちんとしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

清潔感を感じる相手というのは、どこか信頼でき、さらには安心できる存在なのかもしれません。特に異性の相手であれば、自然と好感を持ってしまうなんてこともあるでしょう。恋愛に発展することもあるかもしれませんね。

一方で、些細なケアを怠ってしまうと、容易に悪くなってしまうのも清潔感です。髪型やヒゲ、メイク、服に気を配ることはそれほど難しいことではありません。

自分が相手にどう見られているか。気にしすぎることは良いことではありませんが、気にしなさすぎるも少々考えものかもしれませんね。印象を良くするためにも、清潔感を意識してみてください。

関連記事として、

潔癖症の原因とは?治療方法も合わせて紹介!

歯のヤニを除去する方法とは?自宅で行う注意点や、オフィスホワイトニングについて知ろう!

これらを読んでおきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする