気遣いができる人になる方法は?ポイントや特徴を知ろう!

スポンサーリンク

あなたの周りに気遣いができる人はいますか?気遣いができる人たちは、人にいい印象を与え、コミュニケーション能力が高いと一目置かれていると思います。

「私は彼らのように立ち回ることができないわ」と諦めている方もいるかもしれませんが、気遣いはポイントを押えることで誰でもできるようになります。

ここでは、気遣いとは何か、また気をつけるポイントについて詳しく記事にしていきます。

スポンサーリンク

気遣いが出来る人について

macbook-577758_960_720

ショッピングセンターでよく見かける駐車場にカートを置き忘れる事。あなたは出来ていますか?

このように次の人の事を考えてちょっとした事ができるようになる積み重ねが「気遣いができる人」になります。ここでは気遣いとは何か、概要をご紹介します。

気遣いとは?

「気遣い」という用語には2つの意味があります。1つ目は相手の事を思って、あれこれと気を遣う事です。例えば、「ふたり暮らしをすると気遣いする必要があるので、大変だ」「どうぞお気遣いなく」などように日常で使用されています。こちらの意味の場合は類語では「心遣い」「ご配慮」などがあります。これらは主に会社の上司や取引先など目上の人に対して使うことが一般的になっています。

そして、2つ目は悪いことが起こるのではないかという不安を抱える事です。この場合は、「メールの内容や個人情報が第三者に知られる気遣いはありません」というように使用されます。

この気遣いというのは、商品を販売するようなサービス業全般で必要なスキルの1つと言われています。中でもクレーム電話に対応するオペレーターの方は、気遣いができないと更なるクレームを生み出す可能性があるので、気遣いができない人にはできない職種です。

お客さんの満足のいくようなサービスをするというのは「相手を不満にさせない」更には「相手の欲求の上、プラスαができるようになる」ということです。サービス業の方は、出来て当然とも言えるスキルの1つなので、見習うべきところがたくさんあります。

お気遣い、お心遣い、ご配慮の違い

上司や取引先に送るメールの参考文を検索してみたところ「お気遣い」「お心遣い」「ご配慮」などの言葉が出てくると思います。これら3つの意味はほとんど一緒ですが、含まれる意味が若干異なったり、用途によって使い分ける場合があります。

■3つの違い

  • お気遣い:相手が自分を配慮してくれたり、心配してくれた時に使う言葉です。
  • お心遣い:相手が自分に思いやりある行動をした時に使う言葉です。
  • ご配慮:相手が自分を配慮してくれたり、心配してくれた時に使う言葉です。報告書、挨拶文、記録文などの形式文や、上司や取引先にも使うことが出来るので、お気遣いよりも幅広いシーンで使用することが出来ます。

例えば、お客さんとして家に招待されてくれた時に和菓子をだしてもらったり場合「お気遣いなく」と相手に言い、この場合には「お心遣いなく」という言葉は使用しません。また、こちらから相手に配慮を求める際には「ご配慮お願いいたします」を使用し、この場合には「お気遣い」という言葉は使用しません。

お心遣いの例文

  • 御社のお心遣いには非常に感謝しております。
  • 皆様のお心遣いのおかげで、たくさんの星空の下で思い出深い夜を過ごすことができました。

お気遣いの例文

  • いつも私の体の具合と仕事のバランスを心配してくださる、○○様のお気遣いには大変感謝しております。
  • 「どうぞお気遣いないように」とお伝えください。

ご配慮の例文

  • 突然伺ったのにも関わらず、色々とご配慮していただきまして大変恐縮で御座います。
  • 平素は格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

気遣いができるようになるメリット

気遣いができないと周りからは無神経な人と思われてしまい、嫌われてしまいます。気遣いは信頼関係をつくり、人間関係を良好に築くことができます。その為、気遣いが出来る人は職場でも信頼が厚く、活躍します。

気遣いはサービス業だけに限らず、職場に必要なマナーの1つとも言われ、仕事の立ち回りや人への気遣いが出来る人がコミュニケーション能力が高い人だという印象を与えることが出来ます。

また、仕事だけでなくプライベートでも気遣い出来る人は好かれます。恋愛をする上で男性、女性どちらの場合でも、気遣いできる人に好印象を持つ傾向にあります。「あの人に好かれたい」や「カップルになりたい」と思うのであれば、相手を気遣う心を持つことは、とても大切です。

気遣いの注意点

誰に対しても気遣いをしていると、 感じの良い人と思われたり、人気者になれる一方でストレスが溜まってしまいます。その為、ストレスが溜まらない程度に自分の身近な人だけに気を遣うようにしましょう。

また、感謝の気持ちを求めてしまうと言われなかった時にストレスが溜まってしまいます。その為、相手から「ありがとう」と言われなくても気にしないことが重要です。気遣いをする時、下記の内容に注意しながら行動するとストレスを最小限にすることができます。

■注意点

  • 「ありがとう」という感謝の言葉を相手に要求しない
  • ストレスが溜まらないように、自分にも気配る
  • 気配る人を制限して、都合のいい人にはならない
スポンサーリンク

気遣いのポイントと特徴について

bar-1851114_960_720

気遣いとは、相手の気分を悪くしない事、また相手の期待どおりのことを行ったり、期待以上のプラスαのことをすることです。人はどんな事をして欲しいのか気遣うべきポイントを押えることで、誰でも気遣いができるようになります。

ここでは、気遣いをするべきポイント、特徴についてご紹介します。

伝えた方がいい連絡事項を伝える

仕事やプライベートに関わらず、「連絡するべき事」「連絡した方がいい事」「伝えなくてもいい事」3つに分けることが出来ます。気遣いができる人というのは、連絡した方がいい事を伝えられる人のことを言います。

報告しなくてもいい事まで報告すると、話す回数も多くなりうっとおしいなと思われてしまいます。このように思われてしまうのではないかと不安な人は、連絡した方がいい事を言う前に「念のために伝えておきますね」と前置きしておくことで伝えやすくなります。

感謝の言葉を付け加える

「ありがとう御座います」「助かりました」「宜しくお願いしますね」などの言葉を一言付け加えるだけで気遣いができる人だと思われます。人に何かを頼むとき、何かをしてもらったときは、必ず感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

また、気遣いができる人というのはポジティブな印象を与えられる人のことです。その為、「すみません」や「ごめんなさい」などのネガティブな言葉が口癖になっている人は、できるだけポジティブな言葉を使うようにトレーニングしましょう。

例えば、人に会った時に「お忙しい中、お時間をとらせてすみませんでした」と言ってしまっている人は、「お忙しい中、お時間をとっていただきありがとう御座いました」に変えるだけでポジティブな印象を相手に与えることができ、気遣いができる人と思われます。

相手の得意分野を質問する

人と会話をしている時にさりげなく気遣いをして、会話を盛り上げていく方法があります。それは相手の得意分野を質問することです。誰でも自分の得意分野に関しては話しやすく盛り上がるものですが、不得意な内容を質問すると言葉に詰まってしまい楽しく会話をすることができません。

出身地や趣味のことなど、何でもいいので相手が好きな分野の話を質問することで相手を楽しませることが出来ます。「あの人と喋っていると面白いな」「あの人は初対面の人でも会話を盛り上げることができるね」などという印象をもたれます。

気遣いができない人は、人に質問することもできずに会話を上手く操ることができません。人の話よりも自分の興味のある話題を話したいと思い、一部の人にしかわからない話題でも話してしまう傾向にあります。

どんな人が周りにいるか把握して、皆で話あえる話題は何かを考える事は、周りの事を気配る気持ちがないとできません。相手の得意分野を質問して盛り上げられる人は、皆が居心地のいい空間をつくることができます。このような空間を作ることで、この人と一緒にいたら面白い楽しいなどと思われます。

アドバイスをする時は主語を自分にする

ビジネス場面、プライベートに関わらず、悩み相談を受けたときに「あなたはこうするべきだわ」と言ってしまうと、強く聞こえてしまいプライドが傷ついたり、嫌な気分を受ける場合があります。かといって相手が傷ついてしまうのではないかとアドバイスするのを遠慮してしまうと、相手にもそれが伝わり良い人間関係を築くことができません。

アドバイスをする際には「私だったら、こうするな」と自分がそのシチュエーションに立った時のことを想像して話しましょう。言い方が和らいだ話し方をすることで、相手はアドバイスを参考にはしますが、絶対にその通りにする必要はないという印象を受けます。

他にも「余計なお世話かもしれないけど」「おせっかいかもしれないんだけど」などの前置きを使うことで和らいだ印象を与えることができます。

相手にアドバイスを求める

反対に自分が悩みごとを相談する場合は、「何かアドバイスない?」や「どうしたらいいと思う?」「あなただったらどうする?」というように自分から相手に意見を求めましょう。中には、アドバイスを遠慮してしまう人もいます。

そんな人に自分からアドバイスを求めることで意見を言う事のハードルを下げて、意見をいいやすくします。これも気遣いの1つで、これが出来るようになると、なんでも言い合えるような信頼関係を築く事ができます。

姿勢で気遣いを見せる

気遣いというのは、言葉だけで伝えるものではなく、態度・姿勢も大きく関わってきます。例えば、人が話しているのにも関わらず、顔だけ相手の方向に向けて体は横を向いていたりすると、きちんと話を聞いているという印象を与えることができません。

人の話を聞いている時には、体も顔も全てを相手の声の方に向けて話を聞くことで「聞いている」という姿勢をつくることができます。態度や姿勢を習慣付けることで、相手に嫌な思いをさせないというのは気遣いの前提条件です。言葉だけでなく行動で見せることができるのが本当の気遣いだといえます。

マイナスな事は言葉に出さない

相手を傷つけるような言葉を発する人は気遣いが出来ない人です。相手が「失敗した!」「嫌だ」とマイナスに捉えそうなことについては、何も言わないことを徹底しましょう。例えば「目が充血しているよ」「顔にニキビ出来ているよ」などの相手が気にしてしまうような事、つい見たら言ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、恥ずかしい思いや嫌な思いをするような事は見なかったことにして、何も言わないようにすることが相手への思いやりです。こうすることで、相手に嫌な思いをさせるリスクを減らすことが出来ます。

他にも友人が彼氏と上手くいっていないにもかかわらず、自分の彼氏の自慢を永延と話すのは相手への配慮に欠ける行為とも言えます。

精神的な余裕を持つ

相手を気遣うには自分に余裕がないと出来ないことです。急いでいる時やパニックになっている状態で人に物を尋ねた時、いつもは「ありがとう」と丁寧にお礼が言えるにも関わらず、このような状態ではついつい相手への配慮を忘れてしまう事も多いです。

いつも急いでいる、何かに追われているような状況では他人に配慮することは難しいです。また、家庭内や友人関係が上手くいってなかったりすると、八つ当たりしてしまう場合もあります。まずはストレスを解消することが大事です。運動を取り入れたり、自分の好きな事を行ってストレス解消をしましょう。

感謝される事を期待しない

人から感謝されたいからと思って行動を起すのは、本当の気遣いではありません。このように考えていると、相手にもそれが伝わってしまい、言動に恩着せがましさが出てきます。相手も感謝の気持ちを何度も伝えなければいけない気がして、心地よく過ごすことができません。

また、このような考えを前提として持っていると、感謝の言葉を言われなかったときにストレスが溜まってしまうので注意が必要です。

マナーを守る

マナーとは、その場の作法や文化で生きる行儀の事です。気遣いができる人は、最低限のマナーを守る習慣が身についています。

例えば・・・

  • 公共の場では携帯電話をマナーモードにする
  • 妊婦さんや体の不自由な人、お年寄りに席を譲る
  • 使ったものは元の場所に戻す
  • 人の物は勝手に使わないで事前に許可をとる
  • くしゃみをした時に手をあてる
  • 風邪をひいたらマスクをする
  • 約束の時間を守る

上記で挙げたような行為は、当たり前のマナーとなっています。マナーはルールとは異なるので、破ったところで罰せられることはありません。しかし、このような最低限のマナーがなってしないと、人を不快な気持ちにさせてしまいます。

また、マナーができない人は、他の人がどんな事をしてほしいのか想像することができずに「気遣いができない人だ」と思われてしまいます。

自分自身がされて嬉しい事をする

自分がされて嬉しい事は覚えておいて、人にも行う事を習慣付けましょう。まずは相手にされたことを自分が嬉しいと思う感情が重要です。このように思うことで、相手にもしてあげたいと考え、コツを掴み習慣づけることができます。

周囲の人に自分がされて嬉しいことを始めることで、取引先との商談時、会社の関係者などのビジネスシーンでも自然とできるようになります。ビジネスのシーンで活用できるようになると、コミュニケーション能力が高いと思われ、スキルの一つにもなります。

自分がされて嬉しい事がなかなか思いつかない人は、もっと人と接する機会を設けて人間関係を学び、たくさんの人生経験を経ることが重要です。自分の身近な人で気遣い上手な人がいたら、その人の行動をマネしたり、自分がされて嬉しかったことを他の人もやるように心がけましょう。

これをすることで相手の立場になって物事を考える癖がつき、特別な努力をしなくても自然と気遣いができるようになってきます。人の立場にたって気遣いができることで、色んな人から信頼されるようになります。

スポンサーリンク

おわりに

人それぞれ違った価値観を持っているので、何が一番いいのかを相手の気持ちを配慮して、気を配るのは容易なことではありません。日ごろから想像力を豊かにしたり、相手の行動をよく観察していないと自然には出来ません。

しかし、今回紹介した内容や自分がされて嬉しいことを周りにする習慣をつけるだけでも気遣いができると思われるようになります。多くの人に気遣いをしすぎて気疲れしないように注意点を守ってストレスを感じない程度に行いましょう。

関連記事として

大人っぽい人の特徴を知ろう!ファッションや言動、仕草や動作を紹介!

魅力的な人の条件とは?特徴や性格、魅力的になる方法を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする