自分の性格が嫌いな人必見!性格を変える5つのメソッド

Yahoo!知恵袋や心理カウンセラーなどをしている専門家などによく来る悩みとして、「自分の性格が嫌いでなんとかしたいけど変えられない」という相談が結構多いようです。

年齢は10代の学生や20代の前半の年代でこのような悩みを抱えている人が多いようです。

人は少なからず自分の性格や性癖などについて悩みを持っているものです。

今日は多くの人が直したいと思っている性格はどんなものなのか?また、それらの性格や性癖を直すためにできる方法について紹介していきます。

自己嫌悪になりやすい6つの性格

beautiful-girl-2003647_960_720

一般的によく相談が持ちかけられる性格について紹介します。

皆さんも一度はこのような自分の性格を嫌になったことがあるのではないでしょうか?自分が嫌悪感を抱いている自分と共通する部分があるかどうか見て見ましょう。

他人を信用できない性格

他人に対する警戒心が異常に強くなかなか人と仲良くなれなかったり、自分から話しかけることができないという性格です。

人のことを信用できない原因が自分の深読みのしすぎが問題であったり、過去にあったトラウマが原因で無意識的に他人を信用することができずに苦しんでいる人がいます。

このタイプの人は皆甘えることが下手で、相談が他人にできずに抱え込んでしまって最終的にカウンセラーなどに縋るしかないというパターンが多くなっています。

人を無意識に見下してしまう性格

他人の容姿や経済的状況などから見下してしまうという性格に罪悪感を感じている人がいます。

表立って見下すようなクズ人間ではないが、無意識的に自分が相手のことを見下しているということを頭の中で認識していることに罪悪感を感じているタイプです。

劣等感が強く遠慮してしまう性格

他人に対しての劣等感が強く、自分への自尊心が低いことでなんでも他人を優先してしまって、本当の自分の感情や意見を押し込めてしまってストレスや鬱憤が蓄積します。

後になって、こう言っておけば良かった、本当はあれがやりたかったなどという感情が強くなり、自己嫌悪に陥ります。

異性の前で取り繕ってしまう性格

異性の前で自分の本来の姿を出すことが出来ずに、背伸びや自分の柄にもないことばかりをやってしまって疲れてしまう性格をなんとかしたいという人が多くいます。

だいたい子供の頃に同性とばかり遊んでいた人や、兄弟に同性しかいない人に多く見られ、異性に対して苦手意識を強く持った人が多い傾向があります。

異性に対する色眼鏡によって、本質を見抜くことが出来ずに女性や男性に騙されやすい傾向にあるため、恋愛面で特に失敗しやすいでしょう。

すぐに嫉妬してしまう性格

他者への束縛や自己認証欲求が強く、彼女や彼氏などに対してすぐに嫉妬してしまうことや他人の幸せを素直に喜ぶことが出来ない性格です。

特に多いのが、友達の結婚式で嫉妬してしまう、仕事で成功している友達に嫉妬してしまう、子供が生まれた人に対して嫉妬してしまうというものです。

自分に余裕がないことで心のゆとりをなくし、人の幸福を祝っている場合ではないと感じてしまっているケースが多いでしょう。

気分屋で精神が安定しない

これは特に若い世代からの相談に多い傾向があります。

日によって気分のムラが激しく、人に当たってしまったり、すぐに怒ってしまいます。感情のコントロールがうまくいかずに、人間関係がスムーズにいかないという性格に嫌悪するパターンです。

思春期には多く発生している問題で、成長の過程では誰もが通る道でもあります。集中(熱中)できる何かを見つけている人は安定しやすいですが、何も考えることがないふわふわした時間が多くある人は不安定になりやすい傾向があります。

原因は漠然とした将来に対する不安や、現在の状況に対する不満などが多いですが具体的に何が原因になっているかを自分で見つけることが出来ないので関係ないものにまで当たってしまう状態になってることが多いです。

潜在意識を変える5つのメソッド

医者患者

では上記のような性格を直すためにはどのような対策方法を取ればいいのでしょうか?

自分を内面から変えるために重要な5つのメソッドについて紹介します。

潜在意識を変える方法は非常に簡単で

  1. 状態を正しく把握する
  2. 自分の目標を明確にする
  3. 選別する
  4. 環境を変える
  5. 行動する

この5つの項目を順番いクリアしていけば自然と合理的なマインドを身に付けることが出来て、上記の性格の問題を解消することが出来ます。

一つずつ詳しく解説していきましす。

状態を正しく把握する

問題が漠然としている状態では、解決するために動き出すことは出来ません。何を解決すればいいのかがわからない状態で動き出すのは危険です。

藪から棒に行動するとさらなる嫌悪や失敗を招く原因になってしまいます。

自分が今何に悩んでいて、何を解消したいと思っているのか。その問題は何によってもたらされているのか、どうすれば解消されるのかという項目をしっかり明確化して自分の中で整理しましょう。

自分の目標を明確にする

次に自分はどうなりたいのかということを明確にします。

達成したい目標の最終地点を決めて、その最終目標を達成するためにはまず何から始めればいいのかを考えます。

自分が現時点で達成可能な目標からコツコツと解決していくことで迷いなく行動と言動を決定することができるようになります。

選別する

自分にとって必要なものと、不必要なものの選別を行います。はじめのうちに今具体的に何を優先して行なっていくのかを選択します。

結婚が目標であれば恋愛優先ですし、独立や開業が目標なら学業や仕事が優先となります。

しかし場合によっては友達やコネクションが大きな財産になることだってあります。ここでの選別は非常に人生を大きく左右しかねないのでトライアンドエラーを繰り返しながら最良な自分流の方式を構築していくことが重要です。

どの分野にも重要なこととして言えることはコミュニケーション能力や発信力や信用です。この場合のコミュニケーション能力は人に合わせることでなく自分の意見を相手に正確に伝える能力です。

環境を変える

自分の目標を叶えるために最も有効な場所に身を置くようにしましょう。

自分が現状うまくいっていない原因は環境にある可能性もあるからです。自分の内面だけを変えてもなかなか前に進まないことだってあります。その場合は環境を変えて見ると案外簡単に人間関係が噛み合うこともあります。

自分のことを知らない人と触れ合うことで今までの環境では気づかなかった自分の感情に築くこともあります。

行動する

やりたいことや目指すべき目標が決定したらあとはひたすらやるだけです。

性格や性癖は行動によって決定されている部分もあります。何もやらずに頭でばかり考えている時はマイナス思考になりやすいですし、行動しながら考えている時はプラス思考になりやすい傾向があります。

目標達成のために常に行動していると人は状況をよりよくしようという思考が働くので自己嫌悪が起きにくいのです。

相談に対する秀逸な回答

bible-2615221_640

心理カウンセラーや知恵袋などで回答されている秀逸な回答や先人たちの名言をまとめてみました。動き出す動機付けにしてみてください。

他人に依存しない

一人でいる時間を有意義に過ごせない人は他人に依存します。他者に依存する生活を送っている人は、必要以上に他人に嫌われないようにしたり、気を使って機嫌を取ろうとします。

この関係性は絶対にうまくいきません。お互いに自立し、目標達成のためにそれぞれが行動している。

この状態が最も最良の関係性だと私は思います。

口癖から変える

言葉の口頭に「まぁ」「でも」「もし」などの口癖が無意識についてしまっている場合はワンテンポ置いて、必要以上にこの言葉を使わないようにしています。

無意識的にこれらの言葉が頭についている時は意見や言いたいことが明確でない場合が多いからです。できるだけつけないように話すのが好ましい。

言葉か行動どちらを先に変えるのかはそれぞれとの相性ですが、自分は先に言葉から変えることで自然と行動もついてくるようになった。

空気が読めない

必ず空気を読む必要はない。空気を読むリスクと空気を読まないリスクどちらを取るか。それが重要。

自分の信念を貫く瞬間があってもいい。どちらもあくまで「自己責任」によって行われることなんだから空気を読む読まないは他人によって強制されるものではない。

自分が取るべきリスクをしっかり自分で選択して、何を得たいのか何を伝えたいのかをはっきり持って置くことが大事。

他人と一緒に楽しむためには

人と一緒に笑ったり、他者の成功の結果に対して一緒になって喜ぶためには結果だけをみてはいけません。結果だけをみてしまうとどうしても人は嫉妬心を抱えてしまうものです。

しっかり過程を知らなければ、他者の幸せを祝福することはできないでしょう。

基本的に人は努力や苦悩を隠そうとするので、幸福な結果の裏でその人が努力しているという様を知る人は多くないでしょう。

しかしそれを想像することはできます。人の苦労や葛藤を想像できる人は他者の幸福を心から祝うことができる人になるはずです。

性格とは何か

ある一定の年齢を越えると人の性格は変えることはできないと言われますが本当にそうでしょうか?そもそも性格とはなんなのでしょうか?

性格は辞書には「先天的な気質と後天的な影響とによる、その人の感情・意志などの傾向。」と記されています。

性格を変えたいと思った時にまずやらなくてはいけないのは自分の感情や意志を明確に理解することです。自分の考え方や感情に意味を探すのです。無意識に表面化している性格を意識的に把握することで自分をより知ることができます。

自分の性格に悩んでいる人は自分がどうしたいのか、自分はなぜそうしているのかを明確にしていない人が多いです。思考をデザインすることを意識してものの見方や知識を広げていくことが性格改善の近道ですよ。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

豆腐メンタルの意味とは?特徴や克服方法を知ろう!

心が折れるってどういう意味?折れやすい人の特徴や対処方法を紹介!

逃げ癖の原因とは?心理状態や克服方法、仕事との向き合い方を考えよう!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする