にんにくの臭いを消す方法とは?翌日に残さない方法を知っておこう!

にんにく料理がお好きな方は多いと思います。私もその一人です。ですが、にんにくのにおいが気になって、仕事に行く前や恋人とデートをする前ににんにく料理を控えたり、注文した料理に、大量のにんにくが使われていることに気づかないで、結局にんにくの臭いを漂わせてしまったりしていないでしょうか。

本日は、そもそもにんにくのにおいの原因が何で、食べた際にどのような対策をとれば臭いを消すことができるのかを説明したいと思います。

スポンサーリンク

にんにくの臭いの原因

はてな, 考える, 疑問, 困る, 悩む, 不安, 日本人, 質問, クエスチョン, 企画

まずは、ニンニクの臭いがどのような原因で生じてしまうのかをお伝えします。

アリシン

にんにくには、アリインという物質が含まれています。アリインそのものは臭いを有していないのですが、ニンニクを切ったりつぶしたりすると、アリインと、ニンニクに含まれる酵素であるアリナーゼが反応して、アリシンがつくられます。

このアリシンは硫黄化合物です。そのため、アリシンは硫黄独特の臭いを発します。さらに、アリシンが体内で分解される際、体内にはアンモニアやピルビン酸という物質がつくられます。

アンモニアは理科の実験などでも使われた方もいると思いますが、強烈な刺激臭を放ちます。ピルビン酸は、酢酸に似た物質で、文字通り酸っぱい匂いを放ちます。

そのため、にんにくの臭いは、硫黄とアンモニアとピルビン酸の臭いが合わさった臭いとなりますので、あの独特で強烈な臭いを発します。

にんにくの臭いの継続時間

ちなみに、ニンニクの臭いは、口臭によるものと、体臭によるものがあり、それぞれ臭いの継続時間が異なります。

口臭については、口の中のにんにくが唾液等によって分解されれば臭いがなくなるので、おおよそ2時間から3時間で口臭はなくなります。しかし、体臭によるにんにくの臭いは、体内に含まれたにんにくが分解、排出されるまで臭いが皮膚を通して発せられるので、継続時間が長く、食べる量が多ければ多いほど臭いのが継続します。

また、にんにくは、消化吸収されて、血液によって体全体に運ばれます。そのため、にんにくの臭いはなかなか取れないのです。また、胃や腸ににんにくが残っている場合は、胃や腸から口を介して臭いを発するので、口臭が消えないと錯覚してしまうのです。

にんにくは、体で完全に分解、排出がなされるまで臭いが継続するので、個人の代謝能力によって継続時間が異なります。しかし、おおよそ平均すると、半日以上は臭いが残り、完全ににんにくが分解されるには2日ほどかかるといわれています。

スポンサーリンク

にんにくの臭いの対策

アイコン, シンボル, 梨の知識, 華麗です, 発明, 発見, ボタン, 構造, インターネット

では、どのような対策をすれば、頑固なニンニクのにおいを消すことができるのかを紹介します。

食後に歯磨きを徹底する

まず、にんにくの臭いは体臭に比べ、口臭の方が消える時間が早いので、それをさらに早めるため、食後の歯磨きをお勧めします。

口臭の大きな原因が、食べ物の残りかすが口に付着して、口の中にとどまり続けることが挙げられます。ですから、口の中の残りかすを除去すれば、口の中をきれいにすることができ、結果として口臭を改善できます。

歯の表面は、見やすいですから磨き残しは少ないと思いますが、歯の間は、なかなか歯ブラシが届かず、綺麗に磨けません。ですから、デンタルフロスを使用したり、マウスウォッシュを使用すると、口臭をより早く消すことができます。

食後にリンゴを食べる

みなさんも一度は耳にしたことがあると思いますが、にんにくを食べた際の臭いを消すために、リンゴを食べるのも効果的です。

リンゴにはポリフェノールが含まれていますが、このポリフェノールには、臭いを消す作用があります。また、リンゴには様々な酵素が含まれており、体内に摂取されたにんにくの分解・排出する時間を早めてくれます。さらに、リンゴがもつ爽やかな匂いそのものも、にんにくの臭いを相殺する力がありますので、リンゴを食べることで、にんにくの臭いを抑えることができます。

リンゴを食べるタイミングですが、にんにくの分解・排出を早めたいのであれば、ニンニク料理とともに食べるのが一番効果的です。その理由は、リンゴとにんにくが同時に摂取されることによって、リンゴの消臭作用と分解作用が強く働くためです。

しかし、リンゴとにんにくを合わせた料理もなかなかないと思いますので、食後、なるべく間隔をあけることなく、リンゴを食べることをお勧めします。

食事中に緑茶を積極的に飲む

リンゴをにんにくと一緒に食べることは難しくても、お茶を飲みながらニンニク料理を食べることは簡単ではないでしょうか。

緑茶には、カテキンやフラボノイドという物質が含まれています。カテキンには腸内に存在する菌を殺菌する効果があります。そのため、にんにくの下になる成分であるアンモニア等を分解して、にんにくのにおいを抑える効果があります。また、カテキンには便秘予防の効果もあり、腸内の悪玉菌を減らすことが期待できます。腸内の悪玉菌が少なくなると、腸の動きがカ発となります。そのため、体内に摂取したにんにくを便として排出しやすくなって、体臭予防に効果的です。

また、カテキンは脂肪の代謝を促進し、体の基礎代謝を高めてくれるので、にんにくの分解・排出を迅速にする手助けをしてくれます。

緑茶でしたら、飲食店でも簡単に飲むことができますし、お手軽ですので、ぜひ試してみてください。

乳製品を摂取する

意外かもしれませんが、にんにくを食べた後、ヨーグルトやチーズ、牛乳といった乳製品を摂取すると、にんにくの臭いを消すことが可能です。

にんにくの臭いの原因であるアリシンは、タンパク質と結びつきやすい性質があります。そのため、にんにくの排出を促すため、食後にタンパク質が豊富に含まれる乳製品を摂取することでにんにくを抑えることができます。

にんにくを加熱してから調理する

にんにくの臭いの原因は、にんにくが切られたり、つぶされたりすることで、にんにくに含まれるアリインと、酵素であるアリナーゼが反応して、アリシンがつくられることにあります。

そして、にんにくの酵素であるアリナーゼは熱に弱い性質を有しています。そのため、生のにんにくを調理する前に、電子レンジで加熱したり、ゆでたりしてから使用することで、アリナーゼの働きが弱まります。そして、アリインがアリシンに変化することを防ぐことができるので、にんにくの臭いを消すことができます。

ただ、にんにくは香りづけで用いられることが多い食材ですが、にんにく調理の前に加熱すると、にんにくの香りが弱まってしまうので、にんにくの香りを料理に生かせなくなってしまうのが難点ではあります。

体の代謝を良くする

にんにくの臭いが長時間継続してしまうのは、体内に分解・排出されていないにんにくの成分が残留しているからです。ですから、体の代謝をあげ、にんにくの成分を分解・排出のスピードを上げれば、結果としてにんにくの体臭を消すことができます。

代謝をあげる一番の方法は、運動をして汗を流すことです。汗を流せば、体内に存在するにんにくの成分を一緒に排出してくれるので、体臭を早く消したい方は食後にウォーキングといった運動をすることを心がけてください。

また、普段の生活から、代謝を促進できる体作りをすることも大切です。まずは、食事を良く噛んで食べることです。良く噛むことによって、食べ物が細かくなって吸収されますから、あまり噛まずに食べる場合と比べて、消化スピードが速くなります。ですので、積極的に噛む習慣を付けることは重要なのです。

また、筋肉量の多い方は少ない方に比べて基礎代謝が高い傾向にあります。ですから、筋力トレーニング等を行い、積極的にたんぱく質を摂取して、全身の筋肉量を増加させましょう。

食べた翌日に、シャワーやサウナに入る

にんにくの臭いの持続時間は、約半日以上、完全に消えるまで約2日間を要します。そのため、今晩にんにく料理を食べた場合、明日の午前中までは、にんにくの臭いが周りに漂ってしまう恐れがあります。

ですから、にんにく料理を食べた翌日は、可能であればサウナに入りましょう。サウナで汗を流せば、体の中に存在しているにんにくを排出してくれます。また、サウナに入れない場合は、シャワーを浴びることで、体表にあるにんにくの臭いのもとを洗い流すことができるので、効果的ににおいを消すことができます。

ブレスケアを試してみる

食後には、市販されているブレスケアを使用してにおい対策をしてみてはいかがでしょうか。

口臭の場合は、口の中を歯磨き等で清潔にすればにんにくの臭いを消すことができます。しかし、胃腸で分解しきれていないにんにくの臭いが、胃腸から口を介して発せられる恐れがあります。

ブレスケアの、カプセルタイプのものであれば、胃腸の中でカプセルがはじけますので、胃腸に残っているにんにくの臭いをミントの香りで消し去ってくれます。ただ、口臭用の噛むタイプのものだと、胃腸の中の臭いに対抗出来ないので、カプセルタイプを選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ

にんにくの臭いの原因は、にんにくに含まれるアリインという物質が、ニンニクを切ったりつぶしたりすることで、アリインと、ニンニクに含まれる酵素であるアリナーゼが反応して、アリシンによるものです。

にんにくの臭いの継続時間は、約半日で、にんにくの臭いの成分が体に排出されるまでは、約2日間を要します。

にんにく料理の臭いを消すための対策としては、食後の丁寧な歯磨き、食事の際に緑茶をとったり、リンゴや乳製品を食べることがあります。また、体内のにんにくの成分が排出されるよう、日ごろから代謝を促進する生活を心がけたり、にんにくを熱してから調理したり、ブレスケアを使用する等があります。

みなさんも、周りを気にせずにんにく料理が食べられるよう、日ごろから上記のことを心がけてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする