口の端が切れる原因は?間違った対処に要注意!

口の端が切れて、痛い。。大きく口を開けれないし、食べ物もしみる、治りかけでまた切れてしまう。

そんな症状にお悩みの方へ。自分で処置出来るのか?原因は何なのか?何科を受診すればいいのか?まとめてみました。

スポンサーリンク

 口の端が切れるのは病気?

口の端が切れる可能性のある病気を紹介します。

口角炎

口を開けるだけで激しい痛みを感じて、口を開けることが難しくなります。食事をするのも困難になる場合があります。亀裂部分から食事の度に血が発生して、かさぶたの状態になるまでに長い時間を要します。

さらに、粒上の白い斑点が発生することがあります。なるべく早く状態を良くするためにはかさぶたには触らないようにしてください。そうすることで、数日経てば症状は改善されますが、口角炎は再発しやすいので注意が必要です。また、口角炎は「ヘルペス」による口唇炎と似ているので勘違いしないようにしましょう。

口角炎は、真菌が増殖することで発症するので、「カンジダ性口唇炎」という場合もあります。この「カンジダ」は誰もが口や体内に持っている菌です。身体が元気な状態であれば、菌が増殖するを抑制していますが、疲労やストレスにより免疫力が低下している時に菌が増殖して口角炎が発生してしまいます。

口角炎については、すぐに治らない口角炎になる5つの原因とは?ストレスや乾燥に注意!の記事を参考にして下さい!

◆口角炎が起きる原因

口角炎の原因として、

・ビタミンB2・B6の不足

・多くのストレス

・疲労の蓄積

・免疫力の低下

といったことが挙げられます。またその他にも胃腸が荒れていたり、負担が多くかかっている場合に口角炎が起きやすくなるので注意してください。

口唇炎

名前も似ていて勘違いしやすいのが、口唇炎です。一番の違いは、口唇炎が発症した場合は、水泡が現れるということです。ヘルペスとは、唇に水ぶくれが出来ている状態です。

ピリピリした痛みが発生して、症状が進むとかゆみや腫れを感じだします。その他にも、症状が進行するとだるさや発熱といった症状が現れる場合があります。口角炎か口唇炎かを判断するのが難しい場合は、早めに病院へ行って適切な処置を受けるようにしましょう。

口唇炎については、口唇ヘルペスの原因とは?疲労やストレスとの関係についての記事を参考にしてください。

◆口唇炎が起きる原因

口唇炎は「ヘルペスウイルス」というウイルスに感染することで発症します。このウイルスは、他人にうつってしまうこともあります。そのため、腫れていたり痛みを感じているときはウイルスが増殖している状態なので、触れないように注意する必要があります。

また口角炎と同じく、健康な状態であればウイルスに感染しても口唇炎が発症しない場合があります。つまり両方の病気に言えるのが、免疫力が低下している時に発症しやすいということです。

スポンサーリンク

生活習慣を意識する必要性

image

口の端が切れるの病気が発生するのは生活習慣が原因である場合もあります。特に口という部分は、話や食事を行うために常に動く場所です。日頃から意識して改善する必要があります。

・ストレスと疲労

・不規則な食事

・昼夜逆転した生活リズム

・喫煙

・辛いもの、カフェインの過剰摂取

以上の様な生活習慣を送っていると、口角炎や口唇炎が発症しやすくなります。心当たりのある方は、改善をすることで予防することが出来ます。

食生活で予防

口角炎に一度なった人や、発症するのを防ぎたい人は食生活を改善する必要があります。

原因で紹介した様に、ビタミンB2とB6をしっかりと摂取することが予防につながります。これらが多く含まれている食材は、

・納豆

・卵

・うなぎ

・レバー

といった食材が挙げられます。これらの食材を普段の食事の中にバランス良く取り入れるようにしましょう。また喫煙している人は、タバコを吸うことで体内のビタミンCを多く消費してしまいます。禁煙するか、減煙をしてビタミンCを意識的に摂取する様にしてください。

唾液の分泌量も意識する

肉体的ストレスや精神的ストレスを多く感じてしまうと、唾液の分泌量が少なくなります。唾液には殺菌の作用があるので、唾液量が減ると菌が増えてしまうことになり、口角炎が起きやすくなってしまいます。

また、その他にもカフェインを必要以上に多く摂ってしまうと、唾液の分泌量が少なくなるので注意が必要です。

これらのことに、心当たりがある場合は改善するようにしましょう。唾液については、唾液が少ないドライマウスになる5つ原因とは!病気の可能性も!の記事を参考にして下さい。

胃の調子を整える

口角炎が何度も発症する場青は、胃の調子が良くないことも考えられます。

暴飲暴食をしたり、寝る前に食事を行っていると胃の負担が大きくなってしまい口角炎が起きやすくなります。眠りにつく3時間前には、食事を終えているようにしましょう。仕事が遅くなって、時間がなかなか取れない人は消化の良いうどんなどを食べるようにしてください。

さらに口角炎に関しては、腎臓の不調が影響する場合もあります。腎臓は体の不要なものや余った水分を体外に排出する役割がありますが、弱ってしまうと働きが低下してしまい、老廃物が体内に溜まってしまい口角炎の発症に繋がってしまいます。

水分を積極的に摂取して、体の水分が上手くまわるようにしましょう。

スポンサーリンク

口角炎の対処方法

image

口角炎の対処方法を紹介します。

 口角炎を防ぐ栄養素

口角炎を防ぐために積極的に摂取したい栄養素を紹介します。

ビタミンB2

ビタミンB2が不足すると、口角炎になりやすくなります。レバーや納豆、うなぎ、卵などに多く含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6には、肌荒れ防止や吹き出物を抑える効果が期待できます。ビタミンB6は、唐辛子やにんにくなどに多く含まれていますが、必要以上に食べると胃に負担をかける場合があるので食べ過ぎには注意してください。

ビタミンB12

ビタミンB12は「ほしのり」の多く含まれています。菜食主義であったり、胃液の分泌が少ない人に不足しがちですが、普通に生活していれば不足することは滅多にありません。

ビタミンA

ビタミンAを摂取することで、免疫力の低下を防ぐことが出来るので、口角炎の予防には必要不可欠な成分だといえます。あさりやしじみといった貝類に多く含まれていますが、必要以上に摂取してしまうと悪影響がある場合があるので、バランス良く摂取しましょう。

ナイアシン

ナイアシンが不足してしまうと皮膚の炎症が起きやすくなります。マイタケ・たらこなどがナイアシンを多く含んでいますが、こちらも過剰な摂取は悪影響が起きることがあるので気をつけましょう。

鉄分

鉄分が不足しても口角炎が起きやすくなります。ひじきや鮎に多く含まれています。また、貧血気味の人は鉄分が少ないので、食事から積極的に摂取するようにしましょう。

何科を受診すればいい?

口角炎・口唇炎、どちらも

・内科

・皮膚科

・口腔外科

で受診することが出来ます。なかなか完治しなかったり早く治したい場合は病院へ行くようにしましょう。

また、口角炎か口唇炎か分からない場合は自分で治療せずに、病院へ行くようにしてください。間違った治療をすると症状が悪化する場合があります。

スポンサーリンク

まとめ

生活習慣の乱れや、疲労、ストレスが口角炎を引き起こす大きな原因になります。これは、身体を大切にしなさいという身体からのサインです。大きな病気になる前に、生活を見直し、改善をしていくことで、予防につながります。

栄養をバランス良く摂取する、睡眠をきちんととる、ストレス解消、最近出来ていますか??意識して笑顔で毎日を過ごしていきましょう!

関連記事として、

口の中が痛いのは病気?原因を知って正しい対処を!

舌の痛みの原因を紹介!病気の場合の対処方法とは?

口の中に血豆が出来る原因とは?病気の可能性について

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする