手足口病が大人に発症した時の症状とは?感染経路や治療法について!

小さい子供が発症することが多い、手足口病は、大人も感染することがあるって知っていましたか?

大人が感染すると重症化する危険性のある手足口病についてまとめてみました。

スポンサーリンク

手足口病ってどんな病気?

手足

手足口病とは、主に5歳以下の乳幼児に多く発症するウィルス性の感染症です。

その症状、口の中や手足などに水疱のような痛みを伴う発疹ができることから、手足口病と呼ばれるようになりました。原因となるウィルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)といわれています。多くが初夏から初秋にかけて発症します。ウィルス性の感染症のため、治療の薬はなく、多くが対処療法になります。また子供の場合は発熱もさほど高熱にはならず、およそ1週間から10日ほどで完治します。

この手足口病は、多くが子供の罹る疾患ですが、稀に大人にも感染することがあります。そのときは注意が必要です。なぜなら子供ではあまり重症でない症状も大人が感染すると、比較にならないくらい重篤化する危険性があるからです。

スポンサーリンク

大人が感染するとどうなるの?

老人頭痛

手足口病が大人に発症すると、どの様な症状が現れるのでしょうか。

手足口病の症状

手足口病の症状には下記のようなものがあります。また手足口病には原因となるウィルスが何種類か存在するので、そのウィルスの種類によっても症状は変わってきます。

・のどの痛みや発熱

発熱といっても、子供の場合はさほど熱は上がらないことが多いといわれています。しかし中には高熱を出す場合もあるので注意が必要です。

大人が感染した場合は、高熱になることが多く、40度近くの熱が出る人もいるそうです。

・脱水症状

口にできた水疱や口内炎が原因で、食べることが困難になる場合があります。水分も取れなくなると、脱水症状を引き起こしやすくなります。

・全身の倦怠感

全身がだるく、重く感じ、集中力が低下します。常にぼーっとしてしまうので、このようなときには無理をせず、車の運転なども避けましょう。

・食欲不振

全身の倦怠感や口にできた水疱により、食欲不振になる場合が多いです。口に出来るものを少量づつでも摂取するようにしましょう。

・痛みを伴う水疱ができる

口の中や足の裏など、痛みを伴う水疱ができると、食べたり、歩くことが困難になります。

大人の感染の場合は、足の指や手のひら、足の付け根や膝の裏などの部分にも水疱ができる場合があります。人によっては首筋やわき腹など、全身に発生する場合もあります。

・口内炎

人によっては口内炎が口の中に多数でき、食べることが困難になる場合があります。

・嘔吐

人によっては、嘔吐の症状が出るそうです。脱水症状にならないように気をつけましょう。

・頭痛

頭痛や悪寒などを感じる場合があります。頭痛の場合、あまりにもひどいときは髄膜炎の可能性も考えられるので、気になったらすぐに医療機関に受診するようにしてください。

・筋肉痛

風邪やインフルエンザなどで高熱が出たときのように、筋肉痛や関節痛が起こることがあります。

・爪がはがれる

水疱や痛み、かゆみの症状が治まった後に、手や足の爪が剥がれるという症状が起こることがあります。

このように大人が感染した場合も多くがこのような子供の症状と同じような症状になりますが、時に水疱が増えたり、痛みを多く伴ったり、また高熱が続いたりすることがあります。つまり大人が発症した場合は症状が重くなるのです。さらに、子供に比べ、水疱の出る部分が多くなるようです。

水疱のでるところ

・手のひら・足の裏・足の付け根・膝の裏・口の周り・口の中・お尻まわり・喉の奥・舌の付け根など。

さらに口内炎が多くできることもあり、その場合、痛さで食事やつばを飲み込むことさえも苦痛になることがあります。また足の裏に水疱が出来ると痛さで歩行困難になる人もいるそうです。

そして完治後には、子供は新陳代謝がよいので、発疹後の跡はキレイになるのですが、大人が感染した場合は、跡が残ることもあるようです。

潜伏期間

大人の手足口病の潜伏期間も子供のものと同様に、おおよそ3日から7日程度です。発症すると鼻水や糞便などからウィルスが排出されます。その期間はおおよそ2週間から5週間です。

そのため、発症後、症状が治まったからといって、周りにウィルスを巻き散らかさないように気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

なぜ大人だと重症化するのか?

一般的に手足口病に大人が感染すると症状が重くなることが知られていますが、どうしてなのでしょうか?

今その明確な原因は分かっていません。しかし、一説に免疫機能が関係しているのではないかといわれています。人間にはウィルスや細菌などが体内に侵入したときに働く免疫機能というものがあります。子供はこの免疫機能がまだきちんと確立される前で、症状は軽く済み、大人の場合は免疫機能がしっかりと確立されているので、より防御反応として症状が重くなるという説です。

また大人の場合は、日頃からのストレスや身体的疲労など、ウィルスが侵入したこと以外のさまざまな原因もあり、ゆっくりと身体を休めることが出来ずに症状を重くしてしまうということもあるそうです。そのため大人が感染した場合は、子供の症状よりも重くなるということを自覚し、早めの安静、休養をとることを心がけましょう。

スポンサーリンク

手足口病の感染経路

感染

手足口病の感染経路には、下記のものが考えられます。

飛まつ感染

くしゃみや咳などの飛まつが口から入り感染する

接触感染

患者との接触、水疱などの患部に触れたり、同じタオルなど、共有したものからの感染する

糞口感染

糞便などから排出された病原ウィルスが付いて感染する

また多くの大人の手足口病の感染経路で多いのは、感染した子供のオムツ交換などです。交換した後の手や指の洗浄が不十分で、そのまま日常生活を送ってしまい、食品など口にするものから感染してしまうのです。是非小さなお子さんを持つ保護者はオムツ交換の後の手洗いを徹底するように心がけましょう。

そして大人が感染するときには、疲れが溜まっていたり、過剰なストレスがあったりと心身共に弱っていることが多いです。さらに妊婦などもまれに感染することもあるそうなので、日頃から自分の心と身体のケアを心がけることも大切です。

スポンサーリンク

手足口病の診断と治療法

何種類かある原因ウィルスによって引き起こされる手足口病ですが、どのように診断されるのでしょうか?

もっとも確実な診断方法としては、喉の扁桃腺付近から唾液などを採取して、そこに特定のウィルスが含まれるかどうかを検査する方法です。また採血で血清の抗体反応を見たり、糞便などからウィルスを検出する方法があります。しかし、ほとんどが水疱性発疹の状態や、発症した環境など、周辺の状況などですぐに判断が付くことが多く、このような検査は稀だといいます。

治療法は、ウィルス性の感染症なので、対処療法です。確実な治療薬や予防薬などはありませんので、そのときの辛い症状を緩和させる薬を処方してもらい、自然に治るのを待つことになります。大人の場合は、発症が確認されてから、おおよそ1週間から10日ほどで症状が落ち着くといわれています。ただし、症状が治まっても、鼻水や糞便などからはウィルスが排出されています。その期間はおおよそ2週間から5週間といわれています。症状が治まったからといって周囲にウィルスをまき散らかさないように注意しましょう。

治癒までの経過

手足口病に感染したらどのような経過をたどるのでしょうか?

  1. 初期症状として水疱がちらほらとあわられます。
  2. 水泡の発現から1日から2日後に発熱することがあります。
  3. 発熱から3、4日程度たった後に一般的な手足口病の症状が現れ始めます。
  4. 10日ほどすると症状が治まり始めます。
  5. ウィルスが完全に排出され終わるのは、2週間から5週間後になります。

たいがい、10日程度で症状は治まり、完治したようになりますが、ウィルスの排出は続いていますので注意が必要です。

さらにお年寄りや免疫力の低下している人には、髄膜炎や脳炎など合併症を引き起こす可能性もあるので、あまり楽観視せず、症状が重いと感じたらすぐに医療機関に受診してください。早めの対処で楽になります。

感染した場合、外出は?

ウィルス感染である手足口病は、学校や園などで指定されないかぎりは、出席停止の疾患ではありません。大人も場合も会社や学校など出席停止の決まりは無いところが多いでしょう。

しかし、感染経路にもあるように、飛まつ感染や接触感染などがあるため、主に人と関わる仕事や食品衛生に関わる仕事の場合は、会社や学校などに一言報告や相談をしたほうが良いでしょう。自己判断で感染を広げるようなことはやめましょう。またそうでない場合も、感染を広げないようにマスクを着用するなどの配慮は大切です。

スポンサーリンク

感染しないための予防法

mizu

手足口病には、予防する薬や治療薬なども無いために、感染しないように自己防衛が大切です。手足口病に感染しないようにするための予防法はあるのでしょうか?

手洗いうがいの徹底

手足口病に関わらず、さまざまな疾患の予防法として手洗い・うがいはとても効果があります。手や喉についたウィルスや細菌をきちんと洗い流すことで、予防にもなりますし、感染後の症状の軽減にもつながります。

共有物は使用しない

あらゆる疾患には潜伏期間というものがあります。症状が出ていない状態でもウィルスは排出されている可能性があります。

そのため、日頃から共有のタオルやコップなどを使用するのは控えましょう。

感染した子供のオムツなどの処理

手足口病に感染する多くの大人が、感染した子供のおむつ交換などでの二次感染です。感染した子供のオムツや食事などの処理などは最新の注意を払ったほうが良いでしょう。また完治してもウィルスの排出は終わっていません。完全にウィルスが排出され終わるまでオムツや食事の処理後などには手洗いやうがいをきちんとしましょう。

また施設など集団生活をする場所では、施設にいる人すべてがこのような予防法について周知徹底することで、感染の拡大を防ぐことができます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?手足口病は子供の軽い疾患と思っていたら、大人が感染するととてもつらいものなのですね。

しかし、日頃からの予防や周りの患者に対する対応の仕方で予防できます。そして普段から生活習慣や食生活をきちんとして、免疫力を上げておくことも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする