転勤族の妻が仕事を探す方法を知ろう!どんな仕事がおすすめ?

転勤族の妻は大変です。引っ越しが多いので出費も多い。子供がいれば、保育園・幼稚園や学校の心配もしなければなりません。何よりも転勤の度に仕事が中断されるのが辛いですね。思うようにキャリアを積むことができません。

でも、転勤族の妻でも仕事をする方法があります。転勤に左右されない資格もあります。ただし、通信教育で資格を取る時は要注意です。

転勤族の妻が仕事をする方法や就職で役に立つ資格、転勤族の妻として注意することについてお伝えしますね。

転勤族の妻も仕事をしたい!

people-2557396_960_720会話

「転勤族」とは「大企業や官公庁に勤務していて日本全国の支社や役所を転々と勤務する人間やその家族」を意味する俗語です。グローバル化が進む社会では、転勤先も日本国内だけでなく海外まで広がります。

最近、転勤族は増える傾向にあります。転勤の多い男性と結婚すると、女性は友人や親戚との付き合い・仕事・育児・教育などいろいろな悩みが生じます。

[転勤族の妻は仕事の悩みを抱えている]

転勤族の男性と結婚すると、女性は今まで積んだキャリアを中断して転勤先について行くことになります。昔は専業主婦になってしまう女性が多かったようですが、最近は仕事をする妻が増えています。それだけに、仕事の悩みを抱える女性たちも多くなります。

転勤族の妻が仕事をする理由

転勤族の妻が仕事をする第一の理由は「自分自身も自由に好きな仕事をしたい」という気持ちです。自分の仕事に対する熱意や生き甲斐を持ち続けたいという心理です。

経済的な事情も大きな理由です。転勤族は引っ越しが多く、個人出費が大きな負担となります。妻が働いて収入を得ないと、家計が苦しくなります。

夫の仕事の都合が優先する

転勤族の妻の最大の悩みは「何よりも夫の仕事の都合が優先する」ことです。「妻のキャリアのためには夫婦別居・夫の単身赴任でもかまわない」と割り切ってしまえば、悩むことはありません。夫が銀行・商社勤務で妻が検事・判事など妻も夫も転勤族の場合は、どうしても夫婦別居・単身赴任になる可能性があります。

しかし、多くの場合、妻は自分のキャリアを中断して夫の転勤先について行きます。また、転勤先で興味ある仕事を見つけても、夫の仕事の情勢によっては就職を諦めることになります。

転勤先で仕事を見つけるのは難しい

転勤期間は平均3年間ですから、妻は限られた期間しか働けません。しかも、転勤の辞令は普通1ヶ月前に出されます。銀行や商社など企業によっては2週間前という場合もあります。妻は短期間で自分の仕事の始末をつける必要があります。

雇う側にすれば「いつ急に辞めるか、わからない」ので、雇用をためらう可能性が大です。転勤先での妻の就職は難しくなります。

夫の転勤で妻の収入が激減する可能性

夫の転勤先で満足できる仕事が見つからず、妻の収入が激減する可能性があります。

海外の転勤先では妻が働けない可能性もある

転勤先が海外ならば、ビザの問題や夫が勤務する企業の規則によって妻が働けない可能性もあります。海外の転勤先で就職するのは国内よりも難しいと言えます。

子供がいる・いないで働き方が違う

転勤族の妻の仕事探しは容易ではありませんが、さらに子供がいるといないでは状況が大きく異なります。

子供がいない場合は、妻は今までのキャリアや資格が活かせる短期間OKの職場を探します。子どもがいる場合、子どもの年齢によっては保育園を見つけないと働くことができません。近所に親も親戚もいませんから子供の世話を頼むことができないのです。

幼児から小学生までは、子供が病気になると独りで寝かせておくわけにもいかないので、仕事を休むことになります。転勤族の妻は、子どもが小学校高学年になってから仕事を始めることが多いようです。

[転勤族の妻の仕事の探し方]

いろいろな理由で転勤族の妻も仕事をしたくなります。転勤先で仕事を探す方法は、就職関連サイトや就職情報を活用することです。ハローワークや地域の情報誌なども役に立ちます。

①夫の勤務する企業や役所の転勤情報を詳しく知る

転勤先で仕事を探すためには、まず夫の勤務先の企業や役所の転勤情報を把握します。

  • 夫の勤務先の転勤の頻度
  • 転勤先はどこがあるか?国内の場所・海外の場所
  • 赴任期間の平均年数
  • 直近の転勤の可能性はいつか?
  • 妻の就職についての規定はあるか?

②自分の生活パターンを整理する

転勤先の生活が落ち着くと、妻は自分なりの生活リズムができます。夫が出勤して帰宅するまでの間が、妻のフリータイムです。趣味や仕事のできる時間です。自分の生活パターンを整理すると、「どのくらい・どこで働けるか」がわかってきます。

③自分の興味・特技・資格を整理する

仕事を探す前に、自分の興味・特技・取得した資格を整理します。特技や資格を活かす方法を考えます。自分の興味のある分野がはっきりすると、仕事を探す範囲が決まります。また、新しく資格取得する場合も、どのような資格を取得すべきかがわかります。

④就職関連サイトや就職情報を活用する

就職関連サイトは沢山あります。インターネットで就職情報を収集して、自分の条件に合う就職先を探します。ハローワークや地域のタウン誌・地元のコミュニティ誌などでも、就職の情報を得られます。

転勤先で友達をつくり、地元の求人情報を得るという方法もおススメです。

転勤族の妻にオススメの仕事はある?

asia-1822460_960_720看護師

転勤族の妻にオススメの仕事は、まず看護師や保育士など資格を活かす仕事です。在宅ワークは転勤先がどこでも続けられます。短期間の仕事や全国展開のチェーン店の仕事もおススメできます。

[資格は転勤族の妻の強い味方]

資格取得は、転勤族の妻だけではなく再就職の強い味方になります。資格保持者は、資格を活かした仕事を続けてキャリアを積むこともできます。

看護師・歯科衛生士・保育士など専門性の高い知識やスキルと経験があると、どこの転勤先でもニーズがあります。もちろん、資格取得していても実務経験がないと、就職は難しい場合もあります。最初は高い報酬よりも実務の経験を積むことを優先するようにします。

オススメの資格

資格取得をするならば、ニーズが多く流行に左右されない手堅い資格をオススメします。年齢に関係なく長く働き続けることができ、専門性の高い知識やスキルを向上させ経験を積むことができます。どこに転勤しても就職先に困ることがありません。

①簿記

日商簿記検定で簿記3級もしくは簿記2級を取得します。簿記3級は経理の基礎知識・簿記2級は実務的な経理会計の知識を習得したものと認定されます。国家資格と民間資格の中間的な資格です。資格取得の難易度は、簿記2級の方が少し高くなります。

経理事務は大企業から個人商店までどの会社でも必要です。人材派遣会社に登録する場合も有利です。ただし実務の経験が重視されますので、経験者が優遇されます。最初は報酬にこだわらず実務経験を積むことを主眼にします。

②医療事務

医療機関で医師のカルテを基にして保険の点数を計算し、各自治体や各健康保険組合に診療報酬を請求する仕事です。民間資格で、資格取得の難易度もそれほど高くありません。

フルタイムでもパートでも比較的柔軟に働けます。全国の病院など医療機関で就職先は多く、事務仕事なので年齢に関係なく長く働けます。仕事先は病院の他に支払基金や役所の国民健康保険課の可能性もあります。就職にはOA機器にはの操作ができると有利です。

③看護師

看護師は全国的に慢性的な人手不足です。全国の医療機関や社会福祉施設など就職先はいくらでもあります。比較的高収入を得られますし、経験者は優遇されます。海外でも医療協力に参加できます。

看護師は国家資格です。看護専門学校・看護短大・看護大学など看護学校に通い、国家試験を受けます。資格取得の難易度は比較的高くなります。

③歯科衛生士

歯科衛生士も全国的に多くの需要がありますから、転勤先の歯科医院や総合病院の歯科に就職することができます。

歯科衛生士は国家資格です。歯科衛生士養成機関(専門学校・短大・大学など)に通い、国家試験を受けます。資格取得の難易度は比較的高い方です。

④介護福祉士

高齢者や障害者の介護・援助、福祉施設や介護保険事務所など福祉施設で福祉関係の仕事をします。介護福祉業界は慢性的な人手不足ですから、転勤先でも就職口を見つけることは難しくありません。

介護福祉士は国家資格です。介護福祉士養成施設に通学し国家試験を受けます。資格取得の難易度は比較的高いと言えます。

⑤保育士

保育士は育児の専門家です。保育園など児童福祉施設やホテルや劇場のベビールームで働く他、ベビーシッターや家庭福祉員としても働けます。保育士は全国的に慢性の人手不足ですから、転勤先で容易に就職先を見つけることができます。

保育士は国家資格です。厚生労働省指定の養成所で指定科目を履修し、国家試験を受けます。資格取得の難易度は比較的高いと言えます。

⑥管理栄養士

管理栄養士は学校・福祉施設・病院・フード会社・飲食店・エステティックサロン・フィットネスクラブなどで食事指導をしたり、フードコーディネーターやサプリメントアドバイザーとしても働けます。働き方が多様なので、転勤先での就職も容易になります。

管理栄養士は国家資格です。厚生労働大臣指定の養成機関(大学・短大・専門学校)に通い、国家試験を受けます。資格取得の難易度はかなり高くなります。

⑦行政書士

行政書士は、営業許可申請や建築許可申請など各種申請書類・契約書や内容証明など権利義務や事実証明に関する書類の作成の代行・手続き・相談対応をします。行政書士事務所サイトでの求人が多く、補助的な仕事が多いので転勤族の妻に向いています。独立開業することもできます。

難関の国家資格の1つです。独学でも資格試験スクールへの通学でも通信教育でも、国家試験を受けることができます。法学部出身の人は有利です。

資格でなくても専門的な知識やスキルは役に立つ

国家資格でも民間資格でもありませんが、翻訳・通訳などの専門性の高いスキルや人事・広報などの専門的な知識を求める中小企業やベンチャー企業は全国にあります。英語が得意ならTOEICに合格しておくと、就職する時に有利です。

転勤先でも今までの専門知識やスキルを活かせる仕事を見つけるようにすれば、さらに専門的な知識を深めてスキルをアップさせ実務経験を積むことができます。

[在宅ワーク]

在宅のままできる仕事はには、育児に忙しいママや転勤先の地域で仕事をするのが難しい主婦には、ピッタリです。自分の生活パターンに合わせて、マイペースで仕事ができます。

転勤先が海外でもどこでもインターネットで仕事ができます。在宅なので職場の人間関係に悩むこともありません。主婦の仕事と自分の仕事を無理なく両立させられます。

パソコンを使用する在宅ワーク

パソコンスキルがそれほど高くなくても、在宅で仕事ができます。クライアントとの交渉は全部メールですから、海外でもどこでも仕事を継続できます。様々なクラウドソーシングサービスがありますから、自分の気に入ったサービスを選ぶことができます。

モニターやデータ入力や文章作成(ライティング)はチャレンジしやすい仕事です。

翻訳

翻訳の内容はネットの日常会話的レベルから専門書まで様々です。中小企業では翻訳を外部に委託する会社も珍しくありません。これもクラウドソーシングサービスでクライアントを見つけることができます。

添削

小中学生から高校生まで教材の答案を添削したり、成人相手の通信教育の課題を添削をしたりします。仕事をしながら自分の知識を増やすことができます。

[契約社員・派遣社員・登録制バイトなど短期間働ける仕事]

在宅ワークはマイペースで働けますが、「旦那が帰って来るまで、1日中だれとも口を利かない」という可能性があります。それでは気が滅入ってしまう主婦も少なくありません。

忙しくても、家の外で仲間といっしょに働きたい女性には、短期間働くことが可能な契約社員・派遣社員・登録制バイトがオススメです。

契約社員・派遣社員は事務系の仕事が多くなりますが、販売・接客スタッフなどの軽いアクティブワークもあります。

契約社員

契約社員は会社と直接雇用契約を結びます。給与金額・契約期間・有休などについては、会社と直接交渉することができます。夫の転勤の頻度・残りの赴任期間などを考慮して、契約期間を決められます。

契約社員が多く人の補充がしやすい職場であれば、転勤により辞職しても同僚に迷惑をかけないですみます。

派遣社員

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結びます。転勤で辞めても、派遣会社から代わりの人を派遣するので周囲の人たちに迷惑をかけることはありません。派遣契約は2~3ヶ月という短期間でも結べます。契約期間が終われば、次の派遣先を紹介してくれます。全国展開している派遣会社と契約すれば、転勤先で仕事を紹介してくれます。

医療事務・調剤薬局事務・看護師・介護士など医療や介護関係の仕事の派遣先もあります。契約時に自分の取得した資格や実務経験をしっかり伝えておきます。

登録制バイト

登録制バイトはマイペースで働けますから、子どものいるママでも大丈夫です。週〇日〇時間というような勤務が可能です。家事や育児に支障なく働くことができます。

仕事内容は、事務系・チラシやサンプル配布・イベントスタッフ・倉庫の軽作業などいろいろですが、未経験者でもできることばかりです。スキルや知識を積んでキャリアアップをするのは難しいけれど、様々な経験ができます。

[全国展開のチェーン店で働く]

大手のファミリーレストラン・コンビニ・ファーストフード店・ドラッグストアは全国展開しているので、どこに転勤しても同じ店を見つけて働くことができます。全国共通のマニュアルや研修制度があるので、場所が変わっても経験を活かしてすぐに働けます。

接客の好きな転勤族の妻には向いていますが、事務職を希望する女性には不向きです。

[趣味を活かす]

転勤族の妻は孤立無援で奮闘する可能性が大です。実家や夫の両親や親戚と離れていると、手助けを求めることができません。育児や家事に追われたり、夫の勤務する企業の規定に縛られたりして、就職することができない妻が少なくありません。

これも在宅ワークの1種かもしれませんが、趣味や習い事を活かして働く方法があります。

自宅で教える

お菓子やパンの作り方・生け花やフラワーアレンジメント・アロマテラピーなど趣味で習い覚えたことを、転勤先で教えることができます。自宅のキッチンやリビングが教室になります。地元の奥さんたちと友達にもなれるので、地域の情報も集まります。

ある転勤族の妻は日本舞踊の師範でした。海外勤務が多くアメリカ各地を転々としましたが、どこでも日本舞踊を披露したり教えたりしました。「地元の新聞やローカルTVにも取り上げらた」という体験談もあります。

手作り品を販売する

編み物や手芸が得意な女性は、インターネットで自分の作品を販売することができます。個人販売できるWEBサービスを利用すれば、簡単です。注文を受けて製作することもできます。

転勤生活で注意することは?

miltenberg-2681682_960_720見知らぬ街

転勤族の妻は夫と一緒に日本中あるいは世界中を旅します。観光や遊びの旅行は楽しいけれど、仕事となると大変なことばかりです。自分の仕事に対するモチベーションや生き甲斐も維持していきたいので、転勤族の妻の苦労は絶えません。

そんな転勤族の妻が注意したいことがいくつかあります。

[通信教育に要注意]

転勤族の妻が働くためには、資格が強い味方になります。転勤族の妻は資格取得に努めます。資格取得する方法は、養成機関に通う・通信教育・独学などです。難易度の高い国家資格は国家試験を受ける必要があります。

民間資格でも簿記2級3級は簿記学校に通って取得する人が多いようですが、医療事務や調剤薬局事務などは通信教育で取得する人が少なくありません。通信教育は空いた時間にマイペースで勉強できるメリットがありますが、デメリットもあります。

資格を取得しても就職先がない

ある転勤族の妻の経験談ですが、調剤薬局事務の通信教育課程修了認定証を得ても勤務先が全く見つからないというのです。全課程を修了して試験にも合格すると、調剤薬局事務を募集している派遣会社のリストがもらえます。ところが、転勤先にはリストに載っている派遣会社がありませんでした。

そこで、ハローワークや求人誌で就職先を探したのですが、調剤薬局事務や医療事務の仕事は短大や専門学校の学生が優先するのです。かなり高額の費用を払って通信教育を受けても、実際に就職先が見つからない可能性があります。特に東京や大阪などの都市部と地方は差があるようです。

資格取得=就職ではない可能性

通信教育では医療や介護関係の事務の他に校正などの講座があります。在宅受験で取得できる資格は民間資格で、国家資格・国家資格と民間資格の中間とはかなり違います。

通信教育で全課程を修了し認定証を取得しても、就職にはさらに上級の課程を受講する必要がある場合があります。上級講座を受講しても、就職できる保証はありません。

通信教育で資格取得する場合は、就職関連サイトやハローワークなどで就職状況などの情報を集めてから決めることをオススメします。

[失業保険の給付]

転勤族の妻は夫の転勤によって会社を退職することになります。学校を卒業してすぐ就職し、結婚後も勤務し続けていた女性は、退職金とともに失業手当を相当期間受け取ることができます。しかし、離職票の書き方によって失業保険の給付開始が変わります。

転勤は個人出費も多く、仕事を辞めた妻は無収入になりますから、妻の失業手当は貴重です。

転勤族の妻は「特定理由離職者」

転勤族の妻は夫(配偶者)の転勤先に同行するため辞めに会社を辞めまにすから、「自己都合退職」になると思う人が多いようです。離職票(雇用保険被保険者離職票)の離職理由に「自己都合」と書いてしまいます。

ところが、配偶者(夫)が勤務する事業所の命令で転勤するので、妻は別居を回避するためにやむを得ず離職するのですから、「特定理由離職者」になります。普通の「自己都合退職」とは違います。

特定理由離職者は失業給付制限期間がない

自己都合退職の場合は、失業手当受給に3ヶ月間の給付制限期間があります。でも、特定理由離職者は会社都合による離職者と同様に、失業認定されるとすぐに失業手当受給ができます。

ただし、雇用保険の被保険者期間が12ヶ月以上ないと受給資格がありません。会社都合により解雇したり会社が倒産した場合は、被保険者期間6ヶ月で受給資格ができます。

[うつにならないために前向き思考]

転勤族の妻は「うつ」になりやすいと言います。転勤に伴う環境の変化は妻にとって大きなストレスとなります。新しい地域社会に順応するのは容易ではありません。

また、転勤に伴う引っ越しは大仕事です。住民票の移動など役所の手続き・近隣への挨拶・新居の準備などは妻の仕事です。子どもがいれば、幼稚園や学校の転入手続きもあります。転勤族の妻は「燃え尽き症候群」になる可能性があります。

転勤により自分の仕事を辞めてしまうと、生き甲斐を失いモチベーションが低下します。職場の仲間や近隣の友達と別れて孤独感が強くなります。

頑張り過ぎずに楽観的になる

転勤族の妻は頑張りすぎないことがことが大事です。役所関係や学校などの手続きは後廻しにできませんが、引っ越し荷物の片づけなどはゆっくりのんびりしても問題ありません。それよりも、地域の商店街や観光名所の探検をして楽しむようにします。

新しい土地で新しい友達をつくるのも楽しみです。日本や世界の各地にいろいろな友達が沢山できれば、思いがけない情報やチャンスを得る可能性もあります。

仕事がなかなか見つからなくても、焦ったり悲観したりすることはありません。自分の時間ができたら、趣味など好きなことに打ち込むようにします。趣味を通じて友達ができます。趣味を仕事にすることもできます。「何とかなるさ」とのんびり構えます。

新しい土地で新しい自分を発見する

何年かごとに新しい土地に移るのは大変ですが、新しい土地には未知の楽しみが待っています。新しい経験から、今まで気づかなかった興味や能力を発見する可能性があります。「新しい自分」が見つかる可能性があります。

まとめ 転勤族の妻にはいろいろな働き方がある

転勤族の妻は苦労が多いものですが、最近では一番の悩みは仕事のようです。転勤族の妻は夫の仕事の都合が優先します。妻は自分のキャリアを中断して夫の転勤先に同行します。

しかし、専業主婦になるのは物足らず、経済的な事情もあって転勤族の妻は働くことを強く望みます。転勤先で妻が再就職するのは容易ではありませんが、今までと働き方を変えれば仕事は見つかります。

契約社員・派遣社員なら夫の赴任期間に合わせて短期間で働くことができます。全国展開の派遣会社と契約すれば、どこに転勤しても派遣先を紹介してもらえます。登録制バイトや在宅ワークならば、自分の生活パターンに合わせてマイペースで働けます。在宅ワークは海外でもできます。自宅で趣味を活かして人に教えたり、自分の作品をネットで売ることもできます。

転勤族の妻は資格取得によって就職が容易になります。看護師・歯科衛生士・介護福祉士・保育士などは全国的に慢性な人手不足ですから、転勤先がどこでも仕事は見つかります。管理栄養士や行政書士など難関の国家資格を取得すると、どこに転勤しても就職は容易です。簿記や医療事務・調剤薬局事務など民間資格も役に立ちます。

資格を活かしたり、自分に合う働き方を見つけたりして、転勤ライフを楽しむことをオススメします。

関連記事として、

楽な仕事とバイト10種!楽に稼げる仕事定義とは!

仕事が遅い人の特徴は?対処方法や叱り方、改善方法を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする