仕事辞めたい病になる原因と克服方法を紹介!

社会人になって会社などで働いていると、「仕事を辞めたい」という思いや悩みが頭から離れなくなることがあります。このような状態や症状のことを、いわゆる「仕事辞めたい病」と呼びます。そして、症状の程度やレベルの差はあれど、社会人の多くが1度や2度は「仕事辞めたい病」にかかってしまうのです。

この「仕事辞めたい病」にとりつかれてしまうと、まず良いことはありません。転職をするにしても満足できる転職先がすぐに見つかるわけではないにもかかわらず、現職に対するモチベーションが低下して仕事が上手く回らなくなるからです。

そこで今回は、「仕事辞めたい病」が生じる原因や理由を明らかにした上で、「仕事辞めたい病」の克服方法・解決方法について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

「仕事辞めたい病」が生じる原因や理由

woman-1733891_960_720

そもそも「仕事辞めたい病」は、どうして社会人の多くの人たちに生じるのでしょうか?「仕事辞めたい病」の克服法や解決策を見い出すにあたっては、その原因を把握しておく必要があります。

そこで、まずは「仕事辞めたい病」が生じる主な原因について、ご紹介したいと思います。

職場の人間関係

「仕事辞めたい病」が生じる最大の原因としては、職場の人間関係を挙げることができるでしょう。

そもそも人間がストレスを感じる一番の原因は、人間関係だとされています。人間は社会性の動物であり社会を作り社会に属して生きることにより、他の動物にはない繁栄を築いてきましたが、その人間にストレスをもたらす最大の原因が人間であるのは何とも皮肉ですよね。

仕事に限らず日常生活において人間関係によってストレスが生じるのならば、人の集まりである会社や企業において人間関係によるストレスが発生するのは当然でしょう。

例えば、会社などに人が多く集まれば、考え方や価値観の似たような人ばかりではありません。そして、考え方や価値観が異なる人の発言や行動は、自分の思い通りにはなりません。とすると、自分が目標達成に向けて頑張っていても、理不尽な上司や責任感のない同僚がいれば足を引っ張られ、結果として自分のモチベーションを保つのも難しくなって仕事を辞めたくなるのですね。

職場の労働環境や労働条件

「仕事辞めたい病」が生じる理由の一つに、職場の労働環境や労働条件が劣悪であることも挙げられます。

例えば、近年話題になっているブラック企業のように仕事量が多すぎて毎日残業続きだったり、残業や長時間勤務にもかかわらず会社側から適切な時間外労働の割増賃金や労働時間に見合う給料が支払われない、といったケースです。

このようなケースでは、心身ともに疲れ果ててしまい、身体に様々な不調が生じかねません。心身に不調が生じれば身の危険を感じますので、仕事を辞めたいと考えるのも当然でしょう。中には仕事を辞めたいと思いつつも、真面目な性格であるが故に仕事を投げ出せず、うつ病などの精神疾患に至る場合もあるようです。

仕事内容や評価に対する不満

「仕事辞めたい病」が生じる原因の一つとして、担当している仕事内容に不満があったり、仕事の成果に対する評価に不満があったり、ということも挙げられるかもしれません。

多くの人が理想や希望を持って就職するでしょう。例えば、食品の開発業務がしたくて、食品メーカーへの就職を選択するケースです。しかし、誰もが最初から希望する業務に就けるわけではなく、営業や生産工場などへ配属されることもあるわけです。そうなると、希望の仕事に就けない不満が生じる人もいるでしょう。また、営業や生産工場などで成果を出したにもかかわらず、希望の仕事へ異動できなければ、会社の人事評価制度への不満も生じるでしょう。このような不満が積み重なると、自分自身の現状の仕事に対してやりがいや意味を見い出せなくなって、仕事を辞めたくなってしまうのですね。

家庭事情と仕事の両立が困難

「仕事辞めたい病」が生じる理由として根強く存在するのが、育児や介護といった家庭の事情と仕事の両立が困難なケースです。

育児での子供の世話や介護での親の世話は、ほとんどの人が当初想定していた大変さを超えて心身への負担がかかります。例えば、共働きで子育てをしている場合、どうしても女性の負担が大きくなりがちですから、心の余裕を失って夫婦間や家庭内の空気が殺伐としてしまうことは良くあるケースです。また、近年は介護離職という言葉も注目を集めており、それだけ介護には心身の負担がかかるという証拠です。

ですから、近くに家族や親類が近くにいれば助けを借りられますが、そうでない人にとっては心身の負担から気持ちが落ち込み、生活状況を立て直すためにも仕事を辞めたいと考えてしまうのです。

「仕事辞めたい病」の克服方法・解決方法

looking-for-a-job-1257233_960_720

このように「仕事辞めたい病」が生じる主な原因を挙げてみましたが、人によって様々な事情があるわけですね。それでは、このような「仕事辞めたい病」が生じる原因や理由を踏まえた上で、どのようにして「仕事辞めたい病」に対処すれば良いのでしょうか?そこで、「仕事辞めたい病」の克服方法・解決方法について、ご紹介したいと思います。

まずは仕事を辞めたい原因を把握する

「仕事辞めたい病」への対処法の第一歩は、自分がどうして仕事を辞めたいと思っているのか、その原因や理由を把握することです。

前述のように仕事を辞めたくなる理由は、人それぞれ様々でしょう。そして、自分が努力をすることで原因となる状況を打ち破ることができる場合もあれば、自分の力ではどうにもならない場合もあります。

自分で状況を変えられる可能性があれば、そのように動くことで心のモヤモヤも晴れるかもしれません。一方で、自分の力ではどうにもならない場合は、転職・退職といったことを検討せざるを得ないでしょう。

このように「仕事辞めたい病」の解決方法は、その原因や理由によって幾通りもあります。ですから、まずは自分が仕事を辞めたいと考える理由を把握しなければならないのです。

気分転換を図る

「仕事辞めたい病」の原因が職場の人間関係にある場合、まずは気分転換を図ってみると良いかもしれません。

職場の人間関係が原因の場合は、得てして感情的になって思考がネガティブになっているものです。それゆえ、仲の良い友人や信頼できる同僚などとお酒を飲む機会を作って愚痴を吐き出したり、休みの日に旅行に出てみるなど気分転換をしてみると、案外気持ちが落ち着いて考え方も正常に戻ります。

感情的な勢いで仕事を辞めることは、基本的に避けたほうが良いでしょう。転職したからといって、転職先の人間関係が良好であるとは限らないからです。ですから、まずは気分転換を図って冷静な思考力と判断力を取り戻して、改めて自分の行く末を考えるべきなのです。

職場環境の改善を試みる

「仕事辞めたい病」の克服法・解決策の一つとして、職場環境の改善を試みても良いかもしれません。

「仕事辞めたい病」の原因が職場の人間関係にせよ、職場の労働環境にせよ、仕事内容や評価に対する不満があるにせよ、どうせ仕事を辞めるのならば環境改善を試みてからでも遅くはありません。

例えば、労働環境や労働条件が悪い場合は、会社の労働組合や外部の弁護士に相談することで、環境改善を図れるかもしれません。あるいは、成果を出しているにもかかわらず希望業務に関われない場合は、思い切って人事担当者に異動の希望を直接伝えても良いかもしれません。さらには、育児や介護についても、会社や行政などに相談してみましょう。

会社などの組織で働いていると、どうしても忘れがちになってしまいますが、労働者には労働条件の改善を訴える様々な権利が法律で認められていますし、育児や介護についても様々なサポートが用意されています。ですから、仕事を辞めたいと思っているならば、ダメもとで環境の改善を試みてからでも遅くはないのではないでしょうか。

転職活動をはじめる

「仕事辞めたい病」における最終的な解決策は、やはり転職活動をはじめて転職先を見つけることだと言えるでしょう。

「仕事辞めたい病」の原因が自分の力ではどうにもならない場合は、転職・退職といったことを検討せざるを得ないでしょう。また、前述のような克服法や解決策を試してみても、仕事を辞めたいという気持ちが揺らがないのでしたら、やはり転職・退職を検討せざるを得ません。

仕事を辞めると決断したならば、転職サイトに登録したり、転職エージェントを利用するなどして転職先を探します。自分のスキル・経験・特徴などをアピールして、希望の職業・職務を見つけましょう。

ただし、転職先を決めずに仕事を辞めてしまうのは、避けたほうが良いでしょう。転職業界が賑わいを見せているとはいえ、まだまだ職歴・キャリアにブランクのある転職者には厳しいのが現実です。いくら仕事を止めたいとはいえ、生活していくには先立つものが必要ですから、無駄にリスクを負うことはないのです。

まとめ

いかがでしたか?「仕事辞めたい病」が生じる原因や理由を明らかにした上で、「仕事辞めたい病」の克服方法・解決方法について説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、社会人になって仕事をしていると、「仕事を辞めたい」という思いや悩みが頭から離れなくなる時があります。誰にだった気持ちの落ち込みはありますから、このように思うこと自体は珍しいことではありません。

しかし、「仕事辞めたい病」にとりつかれて、一時の感情のままに仕事を辞めてしまうことだけは避けたほうが良いでしょう。「仕事辞めたい病」は、社会人のほとんどが通る道と言っても過言ではありません。しっかりと仕事を辞めたい理由を把握た上で、本記事でも紹介したような克服法・解決策を通じて、なるべく冷静かつ客観的に判断することが大切です。本記事が、少しでも参考となれば幸いです。

関連記事として

仕事から逃げ出したいと思う理由と対処方法を紹介!

仕事が評価されない人の特徴って?評価されるようになる方法を知ろう!

仕事がつまらないのは〇〇が原因だった!仕事を楽しくする秘訣!

これらの記事も読んでみてください!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする