目が小さいのは美人じゃない?その原因は蒙古ひだ?大きく見せるメイクや前髪を知っておこう!

「少しでも目を大きく見せたい」「パッチリした目になりたい」──自分の目が小さいことをコンプレックスに思っている人は、想像以上にたくさんいるようです。

アイラインや、マスカラ、まつエク、涙袋専用の美容液など、目を大きく見せるためのコスメグッズは、もはや女性たちの必需品とも言えるのではないでしょうか?

目が小さく見える原因には、一重、奥二重などいろいろなものがあげられますが、なかでも最近注目されているのが、「蒙古ひだ」と呼ばれる部分です。

この蒙古ひだが、目の印象を大きく左右すると言われており、パッチリとした大きな目を目指すには、どうも、この蒙古ひだにヒントがありそうです。

そこで、ここでは目が小さいとお悩みの方必見、蒙古ひだと目の大きさの関係性や、目を大きく見せる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

蒙古ひだとは?

eye-1245662_960_720

蒙古ひだとは、上まぶたの目頭の部分を覆う、ひだのことです。涙丘と呼ばれる、目頭にある赤みを帯びた粘膜の部分が隠れている人は、蒙古ひだがあるタイプだと言えるでしょう。

これは、モンゴロイド(モンゴル人種)と呼ばれる日本人や中国人、韓国人、モンゴル人などに多く見られるまぶたの形状で、日本人においては、なんと約80%もの人に、蒙古ひだがあると言われています。

なぜ蒙古ひだがあるの?

ではなぜ、蒙古ひだがあるのでしょうか?欧米、東南アジア、アフリカの人には、蒙古ひだが存在しないのには、理由があります。

蒙古ひだは、極寒の環境から目を保護するために発達したと考えられています。すなわち、私たちが生きる環境から、身体を守るために進化したということで、生物学的には非常に優れた機能であるということです。

蒙古ひだのメリットは?

蒙古ひだが目の大きさに関係していると言うと、デメリットの要素が強いと捉えがちですが、蒙古ひだがあることでのメリットもあります。

<シワになりにくい>

蒙古ひだがある人は、自分のまぶたを鏡の前でよく観察してみてください。目が大きい人に比べて、まぶたにハリがあるのがわかるのではないでしょうか。

蒙古ひだは目の周囲の皮膚を引っ張るようにしてできているため、まぶたにハリが出ます。これを、腫れぼったいと感じる人もいるかもしれませんが、年齢を重ねてシワになりにくいのは、断然蒙古ひだがある人なのです。

<クマができにくい>

寝不足や疲労が続くと、私たちの目の下に姿を現すクマは、血行不良で目の周囲が“うっ血状態”になることによって起こります。

目の周辺の皮膚は薄いため、このうっ血状態が表面から「クマ」として見えてしまうのです。ところが、蒙古ひだがある人は、蒙古ひだのない人に比べて、目の周りの肉に厚みがあるため、クマができにくいと言われています。

このように、アンチエイジングの視点から考えると、非常に良いことばかりです。欧米人が、かなり年上だと思ったら、実は同い年だったといった経験はありませんか?これには、蒙古ひだの有無も関係しているのです。

蒙古ひだのない欧米人は、目の周囲のシワやクマ、そしてたるみも起こりやすいため、比較的若い年代でも、ある年齢を過ぎると急に老けたように見えてしまいがちなのです。

蒙古ひだのデメリットは?

このように、優れた機能として発達した蒙古ひだですが、時代が変わり、大きな目が美の象徴のように言われている現在では、やはり美容面でのデメリットは色濃くあるようです。

<目が小さく見える>

なんと言っても、やはりこのデメリットは大きいと言えるでしょう。蒙古ひだのある人は、ためしに人差し指と親指で、軽く両方の目頭を中央に寄せるようにつまんでみてください。

すると、涙丘の部分が見え、2~3ミリほど目が大きく見えるのがわかるのではないでしょうか?幅で言うと、ごくわずかな幅が隠れているだけで、目が小さく見えてしまいます。

<目が離れて見える>

顔の中央にあたる目頭が隠れていることで、目が小さく見えるだけではなく、目が離れているように見えることもあります。目が小さくて、離れて見えると、のっぺりとした印象が強くなるため、それらを改善しようと、メイクなどで工夫している人も多々いるようです。

<末広型の二重になる>

現代の若い世代が憧れているのは、欧米人のような平行型の二重です。これは、目頭から目尻にかけて、まぶたと平行にラインが入った二重のことを示します。

しかし、蒙古ひだがある場合、せっかく二重になっていても、目頭側の二重の幅が狭く、目尻に向かって広がるようにラインができる、「末広型」と呼ばれる二重になりがちです。

スポンサーリンク

蒙古ひだを改善する方法は?

massage-therapy-1612308_960_720

目が小さいことで悩んでいる人は、「目頭切開」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。目頭切開とは、まさにこの蒙古ひだの部分を切開し、目を大きく見せる整形手術です。目を大きく見せたいと願う人の中には、こういった整形手術を受ける人もいるようです。

しかし、整形手術にはリスクも費用もつきもので、できるならば自然に改善したいものです。「生まれつきのものが、自然に直るの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、整形手術をしなくても、蒙古ひだを改善するためのマッサージがあります。

毎日コツコツとマッサージすることで、一重の人が二重になったという例もあるようです。

マッサージ その①

眉頭を指で触ると、すこし骨が凹んでいるところがあります。その部分に人差し指と親指をあてて、つまみながら軽く押します。

そのまま何度もつまみ直すようにしながら、徐々に蒙古ひだのあたりまで、軽く押すようにマッサージします。蒙古ひだのところは気持ち多めに、そして優しくマッサージしましょう。

そこからさらに下に移動し、ちょうどクマができるあたりも、同じように鼻筋の方へ軽くつまむようにマッサージします。

そこから③→②→①と戻るようにマッサージしていきます。この流れを数回繰り返します。

マッサージ その②

目の周りには骨があり、眼球に沿って凹んでいます。その骨と凹みの堺目にあたるところ(目頭側)に、親指を引っ掛けるようにして、上へ押し上げます。

つぎに、両手の中指の腹を使って、蒙古ひだを中央へ寄せるように、軽く押しながらマッサージします。ここまでの流れを数回繰り返します。

マッサージするときのポイント

マッサージはあくまで優しく、皮膚を傷つけないように行ってください。爪は短く切っておいた方が安心です。さらに、以下のような点に気をつけながらマッサージを行いましょう。

<手は清潔に>

まぶたの周りは皮膚が薄いだけではなく、涙丘やまぶたの裏側は、非常に敏感な粘膜に覆われています。雑菌がたくさんついた手で、目のマッサージをすると、ものもらいや炎症を起こす可能性があります。せっかく目を大きくしようと努力しても、目に雑菌が入って腫れぼったくなってしまっては台無しです。

マッサージをする際には、手のひら、指の間、爪もよく洗い、手を清潔にして行いましょう。

<お風呂上がりにマッサージする>

気がついたときにマッサージするだけでも、マッサージしないよりは効果がありますが、さらに効果的にマッサージを行いたい場合には、お風呂上がりがおすすめです。

お風呂にゆっくりと浸かって温めた身体は、血行も良くなり、皮膚も柔らかくなっています。

スキンケアをしながらマッサージすると、保湿効果もあるので一石二鳥です。さらに、マッサージの仕上げに、アイクリームなどで重ねて保湿すると、目元を明るい印象の肌へ導きます。

スポンサーリンク

蒙古ひだだけじゃない!目を大きく見せるいろいろな方法

woman-804068_960_720

ここでは蒙古ひだについて重点的にご紹介しましたが、メイクや髪型、ファッション小物でも目を大きく見せることが可能です。

マッサージをしながら、以下のようなことにもチャレンジしてみると、さらに目を大きく見せることができるかもしれません。

重ためバング

重ためバングとは、前髪をパツンと重ためにカットしたヘアスタイルで、少し前に流行したシースルーバング(前髪の量を少なめにとったヘアスタイル)の次に流行すると言われています。

目のラインに合わせて、ギリギリのところで前髪をカットすることで、目元を印象的にしてくれます。さらに、前髪を作ることで、見えている顔の面積が狭くなるため、小顔効果も期待できます。小顔効果もまた、目を大きくみせてくれる嬉しい効果の一つです。

ヘアスタイルによって、ガーリーやモードなど、いろいろな雰囲気を楽しめますので、イメチェンも兼ねて、重ためバングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ナチュラルメイク

メイクで目を大きく見せると言っても、アイラインを太くしたり、マスカラをこれでもかと塗っている厚化粧は避けたいものです。本来の目にも、「愛らしさ」があります。それを活かしながら、ナチュラルメイクでパッチリ目を目指しましょう。

  • 薄めのブラウンアイシャドウを上まぶたのラインにそって引き、アイホールにグラデーションになるようにぼかします。
  • まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを引きます。太く引くのではなく、「隠れアイライン」のようなイメージです。アイライナーはジェル状のものを使用すると、描きやすいでしょう。
  • 黒目の下あたりの涙袋に、細かなラメ(荒いものは目を腫れぼったく見せる可能性があるためNG)を、涙袋が少しぷっくり見える程度に塗ります。
  • まつ毛をしっかり上げて、マスカラを塗りましょう。

ここまでのアイメイクが完成したら、チークをいれて小顔効果を狙うのもおすすめです。。

メイクは、自分の顔のチャームポイントをどう活かすかがカギになります。唇がチャームポイントの人はリップメイクに力を入れるなど、自分の気に入っているパーツを活かし、「大きな目に見せるメイク」ではなく、「可愛らしく見えるメイク」を研究してみるのも良いかもしれません。

メガネ

今やおしゃれアイテムのひとつとなったメガネ。視力が悪くない人も、メガネでおしゃれを楽しむ人が増えています。フレームで目を囲うことで、より目元を強調することができます。

目が小さいと悩んでいる人は、おしゃれアイテムの一つとして、メガネをファッションに取り入れるのも良いでしょう。

その際は、自分の肌色に合うフレームの色、顔の形に合うレンズを探すと、より一層素敵に変身できます。お店で実際に試しながら、店員さんと相談して決めるのもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。蒙古ひだマッサージは、続けることが肝心です。スキンケアの一つとして取り入れれば、毎日欠かさず行うことができるので、ぜひ、試してみてください。

また、目が小さいことをコンプレックスにしてしまうのではなく、それをいかに可愛らしく見せるかが大切です。「目が小さくて嫌だな」と思っている顔には、素敵な表情は生まれません。

自分の好きな色や、好きなメイク道具、スキンケア用品などを探しながらケアすれば、徐々に、小さな目でも愛らしく思えるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする