品がない人の特徴を知ろう!改善する方法はある?

品がない人を見ると、なんだかがっかりしますよね。顔もキレイでスタイルもいいのに、品がないと魅力も失せてしまいます。しかも、自分の品のなさを自覚していない人が多いのです。「品がない」ことを「育ちが悪い」ということもあります。

品のいい人・上品な人は、容貌容姿に関係なく素敵に見えます。品のいい人と一緒にいると、自分まで上品になれるような気がします。

品のない人の特徴と品のいい人の特徴、品のない人にならないようにする注意点について、お伝えしますね。

「品がない」とは?

angry-man-274175_960_720怒る男

「品がない」ことを「品格がない」ともいいます。嗜み(たしなみ)や教養や節操がなく、接する人たちに不快感を与える態度です。

[品がないの意味]

「品がない(無い)」とは、「嗜み・教養・節操に欠けたりセンスの悪さが目だったりして、接する人たちを不愉快にする様子・態度」です。「大雑把(おおざっぱ)で卑しい態度」です。

「品がない」の同義語

「品がない」の同義語は、「品が悪い」「下品」「品位に欠ける」「品格がない」です。「卑しい・下劣な・粗野な・猥雑な・育ちが悪い」も同義語になります。

品・品位・品格とは?

「品」とは「その人の外面に表れた優れた好ましい様子」です。

「品位」とは「身だしなみや言葉遣い、態度の立派さや動作・姿勢の美しさなどから総合的に判断される育ちの良さ」です。

「品格」とは「節操の堅さ・見識の高さ・姿勢や動作や言葉遣いの美しさなどから総合的に判断される優れた人間性」「品が良いこと」です。

[品がない人はお金持ちではない?]

「品がない」の反対語は「品がいい」「上品な」「気品がある」などです。「上品な」「品がいい」というと、ハイソサエティ(上流階級)やお金持ちと関係があるように思う人が少なくありません。

しかし、「品のない」「品がいい」ことは、経済的なこととは全く関係がありません。お金持ちでも下品な人間は沢山います。

「育ちが悪い」のは育つ環境のせい?

育ちが悪い」も「品がない」と同じ意味で使われる言葉です。「常識的な躾(しつけ)や教育を受けなかったり、一般的な教養を身につけなかったりしたまま大人になってしまった」という意味です。経済的な状態とは無関係です。大金持で贅沢し放題に暮らしているのに、品がない人や育ちの悪い人がいくらでもいます。

ただ、育つ環境が「品の良さ」に関係します。「名家・名門」と呼ばれる昔から続いている家では、古くから伝わる躾(しつけ)の仕方や礼儀作法があります。子供の頃から親に厳しく礼儀作法の躾を受けるので、品が良くなる可能性が大です。

普通の家でも、躾や礼儀作法に厳しい親は珍しくありません。一般庶民の中にも育ちの良さを感じられる人が大勢います。

品がない人の特徴

red-2772849_960_720品のない女

一見ステキな人でも品がないと、ガッカリ・ウンザリしてしまいます。品がない人はどんなに美男美女でも、モテにくくなります。

①食べ方が汚い

品のなさ・品の悪さは、食事の仕方にに現れます。食事の仕方には、その人の育ちや躾や性格がよく現れます。食事のマナーが悪いと「品がない・品が悪い」という印象を与えます。

ガツガツ食べる

品のない人はガツガツ食べます。食べた後も散らかっていて、汚く見えます。

「食べる時は口を利かない」という躾をする家庭もありますが、正式なテーブルマナーでは、無言でガツガツ食べるのは無作法になります。談笑しながら、ゆっくりと食べます。

クチャクチャ音を立てて食べる

本人は音を立てて食べている「クチャラー」であることに気づいていません。クチャクチャ音を食べる相手には、「百年の恋も一瞬で冷める」といいます。

スープをズルズル音立ててすすったり、コーヒー・紅茶をズズズとすすったりするのもマナー違反です。品が悪い動作です。

蕎麦や抹茶は音を立てるのが作法

日本蕎麦(そば)はスルスルッと音を立てて食べるのが「粋(いき)」です。お茶席でお抹茶を頂く時も、最後の一口は音立ててすすり込むのが作法です。

口の中に食べ物を入れたまましゃべる

口の中に食べ物を入れたまま喋ると、何かの拍子に噛み砕いた食べ物が見えてしまいます。品のない行動です。一緒に食事をしている相手は、とても不愉快な思いをします。

談笑しながら食べるのがマナーですが、話す時は注意が必要です。

箸の持ち方が悪い・魚の食べ方が汚い

箸の持ち方が悪い人や魚の食べ方が下手な人は、品がないと思われます。最近の企業では「魚をきれいに食べられる」ことを採用基準にするところもあります。

②言葉遣いが汚い

言葉遣いにも品の無さや品の悪さが表れます。言葉使いで育ちや躾がよくわかります。品のない人は、乱暴な言葉や流行語・略語の使い過ぎが目立ちます。必要な時に適正な敬語が遣えない人も、品がないと思われます。

女性の言葉遣いの悪さは男性よりも目立つ

女性の言葉遣いの悪さは、男性よりも目立ちます。女性には女らしい言葉使いがあります。男と同じように「喰う」「俺」「デカい」「ヤバい」など連発する女性は、品がありません。

ブランド物で身を固めた母娘が「昼めし、何喰う?」「寿司、喰いてェ。他は要らねェ」と会話しているのを聞いて、驚いたことがあります。オシャレな母娘が急に薄汚く見えました。

美化語は適正に遣わないと、品がない

「お」「御(ご・み・おん)」などの接頭語を美化語といいます。「お花」「お茶」「ごはん」など、女性が美化語を上手に遣うと上品になります

「お忙しい」「御多忙」「お足元」などは、男子が使っても品良く聞こえます。

でも、「おコーヒー」「おフランス」など不必要な美化語は、品が悪く聞こえます。外来語には「お」「ご」「み」をつけないのが本当です。

文章や字に品がない

言葉使いが悪いと、文章や文字にも品がなくなります。上手下手とは関係ありません。乱暴で粗雑な字は品がありません。わかりやすく簡潔な文章には品格が感じられます。何が言いたいのかわからないダラダラした文章には、品がありません。

③大きな音を立てる

品のない人は大きな音を立てる傾向があります。

ところかまわず大声で話す

男性でも女性でも、周囲のことを考えないで大声で話す人がいます。品がない人です。場所と時(TPO)を考えずに大声を出すのは、マナー違反にもなります。

ところかまわず大声で話す人間は、話し方にも品がありません。

早口で自分の言いたいことばかりまくし立てる

品がない人は、周囲の人や相手の気持ちを思いやりません。大声で早口に自分自身のことばかりしゃべりまくります。相手の話を聞こうとしません。

自分の感情を抑えられない

品がない人は自分自身を抑えることができません。怒りや悲しみや喜びなどの感情を剥き出しにして大声を出します。特に怒りにまかせて大声を出すのは、とても品が悪く見えます。

大きな音を立てて鼻をすする・鼻をかむ

花粉症や蓄膿症や風邪などで鼻が詰まったり鼻水が大量に出たりすると、どうしても鼻をすすったりかんだりしたくなります。でも、周囲に聞こえるほど大きな音を立てて鼻をすすったり鼻をかんだりするのは、品がありません。

大きなクシャミや咳も品がない

大きなクシャミや咳も「品がない」と言われます。でも、ガマンできるものではありません。クシャミや咳が出そうになったら手やハンカチで鼻や口を押え、出た後に「失礼」「ごめんなさい」と言えば「品がない」とは思われません。

生活音が大きい

品がない人は、日常の行動で大きい音を立てます。生活する音が大きいのです。イスを大きな音を立てて引く・バッグをドシンと置く・ドアをパタンと閉めるなどは、品がない動作です。

生活音の大きい女子はガサツな感じで、モテません。男子も無神経な感じがします。

④話題に品がない

品のない人は、話し方だけでなく話題に品がありません。下品な話・卑しい話題を好んで取り上げます。そのような話題を人が喜ぶと思っています。

下の話や身体の話

「下の話」や「身体の話」は品がない話題です。お酒の席でも、女性は避ける方が賢明です。男でも「下の話」「身体の話」を好んですると、品がなく思われます。まして、女性が男性と一緒に「下の話」などをすると、「さばけた気取らない女性」と思われず「品がない女」というレッテルを貼られます。

同性同士でも「身体の話」は避ける方が無難です。自分の身体にコンプレックスを持っている人は少なくありません。相手のコンプレックスを突くのは、品がないことです。

視線にも品がない

性的な話題を好む品がない人は、視線もぶしつけです。相手の身体の性的な部分を無遠慮に眺め廻します。

お金の話

品がない人はお金の話やお得情報が好きです。他人の年収や給与を知りたがったり、自分の収入を自慢したりグチったりします。「損をしたくない」という態度がはっきりしています。「先着○○名様にプレゼント」「限定○○名様」などのお得なキャンペーンに飛びつきます。

品がない人は割り前を払うのを渋る

会社など職場で「お祝い」や「お見舞い」などをお金を集める時、品のない人は不機嫌な顔をします。タクシー代や飲食代の割り前を払うのを渋ります。できるだけ払わないで済まそうとします。

一攫千金が好き

品がない人はお金に卑しくなります。楽して大金を儲ける一攫千金の話が好きです。ギャンブルやパチンコにのめりこむ傾向があります。

⑤他人の噂話や悪口が好き

品がない人は、他の人の噂話や悪口が大好きです。噂話や悪口も「品がない話題」と言えます。

品がない人は、他人の年収・学歴・家柄・結婚相手・家庭内トラブルなどについて根掘り葉掘り知りたがります。自分が知っていることを、しゃべり散らします。特に、他人の悪口を言ったり非難したりする時は、活き活きとしています。

相手をジロジロ見て品定めをする

品がない人は視線に遠慮がありません。初対面でも、相手を頭のテッペンから足の爪先までジロジロ見て、品定めをします。自分と比べて評価します。相手が優れていると思えば、弱点や欠点をほじくり出して、悪口を言います。

品がない人は自分の評価を気にする

品がない人は豪放磊落に見えることがあっても、本当は自分に自信がありません。コンプレックスを持っている可能性もあります。そのため、他人の評価や世間体をとても気にします。「他の人を貶(おとし)めたい」「自分が這い上がりたい」という強い感情があります。

⑥品がない人はズルや楽をしたがる

品がない人はズルをしたり楽をしたりすることが好きで、卑しい傾向があります。自分の力で物事を処理したり問題を解決したりしようとしません。常に他人を当てにして、楽をしようとします。

人におごってもらうのが好き

品がない人は、他人におごってもらうことが大好きです。おごってくれそうな人の傍を離れません。おごってくれるように、遠慮しないでせがみます。逆に人におごることは大嫌いです。

食べることに卑しい

品がない人は、食べることに卑しくなります。食べ放題やバイキングでは、食べきれないほど皿に盛り上げます。お腹がパンパンになるまで詰め込みます。容器に料理を詰めて持ち帰るなどという行為も平気でします。

会社など仕事の仲間と食べる時も、大きなオニギリやピザの大きな切片を選び取ります。割り勘の時は、他の人よりも多く食べたり飲んだりします。

⑦下品な笑い方をする

品がない人の笑い方は下品です。笑い方にはその人の性格が出ます。清潔感のあるさわやかな性格の人は、笑い方もさわやかで品があります。逆に陰険な性格の人は、漫画のようなイヒヒ・ウシシという品がない笑い方になります。

大口を開けてギャハハと笑うのは品がない

アハハと明るく笑うのはさわやかです。でも、大きく口を開けてギャハハと大声を出し、手を打って笑うのは品がありません。歯茎を剥き出したり喉の奥まで見せたりして笑うのは、品がない印象を与えます。

口を手で隠して笑う必要はない

「上品に笑う」というと、口を手で隠して「オホホ」と笑う女性を思い浮かべます。確かに品のいい笑い方ですが、口元を手で隠すことは外国人には奇異な印象を与えるそうです。白い歯を見せてニッコリ笑うのが、世界共通の品のある笑い方です。もちろん、口は閉じていてもかまいません。

⑧非常識で礼儀知らず

品がない人は、非常識で礼儀知らずです。マナー違反を平気でします。前述したことにも礼儀知らず・マナー違反が多く含まれています。

きちんと挨拶しない

品がない人は挨拶をきちんとしません。「おはようございます」「お先に失礼します」「ありがとうございます」などの挨拶をしなかったり、口の中でモゴモゴ言ったりするだけです。

自分より弱い立場の人には横柄になる

品がない人は、店員など自分より弱い立場の人には横柄です。品がない人は、店員さんに「ありがとう」「お願いします」「ごちそうさま」などの挨拶をしません。

他人の迷惑など考えない

品がない人は他人の迷惑など全く気にしません。他人の気持ちを思いやろうとしません。心が貧しいと言えます。

場所を選ばずタバコを吸いたがり、受動喫煙の害など考えもしません。タバコをポイ捨てしたり、唾や痰をどこにでも吐いたりします。

汚れを気にしない

品がない人は汚れを気にしません。何日もお風呂に入らなかったり部屋を掃除しなかったりします。服が汚れていてもだらしなくても平気です。歯を磨くのを面倒くさがります。体臭や口臭が臭くても気にしません。品がない人には清潔感がありません。

違法行為の抵抗が少ない

品がない人は、飲酒運転・無免許運転・スピード違反・駐車違反・万引などの違法行為に抵抗がありません。たいした犯罪ではないと考えるのです。

行儀が悪い

品がない人は礼儀知らずでマナー違反です。行儀が悪いのです。子どもの頃に親から躾されなかったり、甘やかされたりすると、礼儀作法が身につきません。前述した以外に、品のない人の礼儀知らずな態度は次の通りです。

  • 電車やバスなど公共乗物の中でメイクをする
  • 脱いだ靴をそろえない
  • 目を見て話さない
  • 電車など公共乗物の中や歩きながら飲食する(旅行中や祭などは別)
  • 公共乗物の中で大股広げて座ったり、足を投げ出したりする
  • 会話している時に貧乏ゆすりをする

この他にも行儀の悪い動作は、どれも品が悪く見えます。

品がない人にならないためには?

girl-1403458_960_720アンチエイジング

社会人になってから「品がない」という印象を与えると、人生で損をすることが多くなります。仕事にも恋愛にも支障を生じます。

仕事では、営業職の男女は「品がない」と思われたら大失敗です。「あいつは卑しい」「あの女子は下卑ている」というイメージが定着して、交渉もはかどりません。

恋愛でも「品がない」男女はモテにくくなります。特に女性は「品がない」という印象を与えると、どんなに魅力的に振る舞っても「色気を振りまいている」としか思われません。

仕事でも恋愛でも人間関係を良くするためには、「品がない」と思われないことです。

[品がいい人とは?]

「品がいい」「上品」な人は男性でも女性でも、人間的に優れている人です。心の豊かな人間です。子どもの頃から親に厳しく躾られて育ちましたが委縮せず、のびのびと振る舞ってもマナーや礼儀作法に外れることはありません。

立ち居振る舞いが美しい

品がいいとは、立ち居振る舞いが美しいことです。「姿が美しい」つまり「姿勢」が正しく、動作やしぐさがしなやかでなめらかです。ギクシャクしたところも大げさなところもありません。立ち居振る舞いが美しいだけで、女性は雰囲気美人になれます。

言葉が美しい

品がいい人は、常に美しい日本語を正しく使います。必要に応じて適正な敬語を遣うことができます。日本語は使い方で美しくも卑しくもなります。言葉が美しいと、話し方も美しく上品になります。

男でも女でも、本当に仕事のできる人は正しく美しい日本語を話します。営業職は、言葉が美しくなければ仕事で成功できません。

言葉が美しい女性は、女性自身が美しく見えます。「教養が高く洗練された女性」という印象を周囲の人たちに与えます。

礼儀正しい

品がいい人は礼儀作法にかなった行動をします。食事や会話の席など日常の生活において礼儀正しく振る舞います。礼儀正しく振る舞うので、立ち居振る舞いが美しく見えるのです。

幼い頃から親に厳しく躾けられると、礼儀作法が自然と身につきます。大人になって自然に振る舞っても、マナー違反・無作法にはなりません。

思いやりがある

品がいい人は周りの人たちに思いやりがあります。相手が不快な思いをしないように、常に気を配ります。相手や周りの人たちの気持ちを大事にして、傷つけないように気を遣います。

周囲の人たちの気持ちを思いやれば、自分自身の行動や振る舞いに自然と気をつけるようになります。言葉にも注意します。

思いやりがあるので、他人のプライバシーを尊重します。他人の噂話や悪口を言い触らすようなことはしません。プライバシーポリシーを大事にします。

相手の話をよく聴く

品のいい人は、自分のことばかり話そうとしません。相手のことを思いやり、むしろ相手の話をよく聴こうと努めます。話す時は、ゆっくりとわかりやすく話します。

[品のない人にならない方法]

「自分の親も品がなかった」「躾らしいことは何もしない親だった」「子供の頃から礼儀作法など教えられたことはない」などという理由で、「どうせ自分は品がない」「上品にはなれない」と諦めている人がいます。

でも、立ち居振る舞いや言葉遣いを美しくすることは、大人になってからでもできます。品がいい人間になると、人生も豊かになります。

品がない人にならないようにするポイントは5つです。

①品のない人を反面教師にする

「あんな行動や言葉は品がなくて嫌だ」「あのしぐさや態度は品が悪くて不快だ」と思う人をよく観察します。その人の言動や日常生活の習慣が「品のない人の特徴」に当てはまるなら、その人を反面教師にします。その人と逆のことをすればいいのです。「品がない」と思うようなことを、自分自身がしないように気をつけます。

②品のいい人の真似をする

自分の周囲の人たちの中から、「品が良くてステキだ」と思う人を見つけます。その人の言葉使いや立ち居振る舞いを真似します。

③行儀作法にやかましい習い事をする

日本の伝統芸能はどれも行儀作法や言葉遣いにやかましいものです。どれか一つを選んで習うと、楽しみながら礼儀作法が身につきます。茶道や日本舞踊などは立ち居振る舞いが美しくなります。琴などの邦楽も礼儀正しい振る舞いが習慣になります。女性にはオススメです。

男性なら剣道や弓道など武道がオススメです。武道は「礼に始まり、礼に終わる」と言います。運動が苦手なら、茶道や謡曲を習うと良いでしょう。

④常に他人の気持ちを思いやる

品がない人にならないために一番大事なことは、常に他人の気持ちを思いやることです。「こんなことを言ったら、相手を傷つけないか?」「こんな振る舞いは、周りの人たちを不快にしないか?」「友達や周囲の人々に迷惑をかけていないか?」、何か言ったりしたりする前にちょっと考えるだけでいいのです。

他人の気持ちを思いやれば、卑しい振る舞いをしなくなります。

⑤常に自分自身を磨く

語学でも仕事に必要なスキルでも何でもOKです。常に新しい知識を身につけるようにして、教養を高めるようにします。教養の高い人は自分に自信を持ち、堂々と美しく振る舞います。

[品の良し悪しは6秒間で決まる]

「あの人は品がない」とい印象は、たった6秒間で決まります。

初対面・会話の席・初めてのデートなど何の場面でも、第一印象が大事です。常に姿勢や立ち居振る舞いに気をつけて、品の良さを習慣にしていれば、相手に「上品な人」というイメージを与えることができます。

まとめ 品がない人は周囲の人たちの迷惑を考えない

「品がない」とは「嗜み・教養・節操がなく、周囲の人たちを不快にさせる態度や様子」です。ガサツで大雑把で卑しい態度・様子です。「品が悪い」「下品」「育ちが悪い」などとも言います。

「品がない」ことには、その人が育った環境が関係しています。幼い頃から親に厳しく礼儀作法や言葉遣いを躾られると、立ち居振る舞いや言葉の美しい「品のいい」大人になることが多いようです。

しかし、品の良し悪しの一番の決め手は「思いやりがあるか?ないか?」です。品のない人は他人の気持ちを思いやりません。周りの人たちの迷惑を全く考えません。だから、周囲の人たちを不快にさせても平気です。音を立てて食べたり大声で話したり、大きな音を立てたりします。自分が面白ければ、他人の噂話や悪口を言い触らします。損をしたくないので、お金に卑しくなります。

他人の気持ちを思いやったり周囲の人たちの迷惑を考えたりすると、自然に自分自身の言葉や立ち居振る舞いに気をつけるようになります。礼儀作法もマナーも「相手を不快にさせない」ことが基本です。周りの人たちに迷惑をかけないように言動に注意すれば、だれでも「品がいい」人になることができます。

関連記事として、

あさましいってどういう意味?特徴や言動、改善方法を紹介!

民度が低い人とは?特徴や民度を上げる方法を紹介!国民性でも変わる?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする