脂漏性皮膚炎の治療方法とは?原因を知って予防をしよう!

脂漏性皮膚炎って聞いたことありますか?その頭皮のかゆみ、おでこや鼻周りのかゆみ、赤みの原因はもしかしたら脂漏性皮膚炎かもしれませんよ!

今回は、脂漏性皮膚炎の原因と、なりやすい環境や治療法、予防方法を一挙にまとめました。暑くてジメジメした今の季節だからこそ、読んでおいて損はない情報です。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎って何??

脂漏性皮膚炎
出典:http://int.eucerin.com

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い場所である鼻まわりや、おでこ、頭皮などを中心に起こる皮膚の炎症です。

皮脂の分泌は、通常ならお肌の潤いを保つために必要なのですが、過剰に分泌してしまうと、ニキビができる原因になってしまいます。さらに、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化すると、加齢臭と呼ばれる強い臭いを発したり、お肌がくすんだりとちょっと厄介な症状を引き起こします。

脂漏性皮膚炎は、患部が赤くなり、かゆみをともない、さらに皮膚が荒れます。そしてカサついてきてお肌が剥がれ、フケが出ることもあります。

皮膚炎には、刺激性皮膚炎や、アレルギー性皮膚炎などもあり、それらとなかなか見分けがつかないというのが現状です。

どの症状かは素人目にはまず判断がつかないので、あまりにも長く皮膚のかゆみや赤みなどの炎症がある場合は、一度お医者さんでしっかり検査してもらうことがオススメです。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎の原因はカビ?!

マラセチア カビ
出典:https://en.wikipedia.org

では、なぜ脂漏性皮膚炎になるのかというと、原因は、”カビ”です。「私のお肌にはカビがいるの?!」という悲鳴も聞こえてきそうですが、誰もがカビを持っているものなのです。

人の皮膚の上には、常在菌と呼ばれる菌が200種類以上、量にして100万個生息していると言われています。それが普通の状態なんですね。ちなみにニキビの原因菌で有名なアクネ菌も、人の皮膚の上に常にいる常在菌なんです。

脂漏性皮膚炎の原因であるカビは”マラセチア”と言います。マラセチアは、皮脂や汗などをエサにして増殖します。通常はおとなしいマラセチアですが、皮脂分泌が増えてエサが豊富な状況になると、仲間を増やして悪さを始める、というわけなんですね。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎は抜け毛に繋がる?

抜け毛の女性
出典:http://maternalgoddess.org

抜け毛は、今や男性のものだけではありません。女性も社会進出し、いろいろなストレスに晒される昨今、そのストレスによって抜け毛が引き起こされています。

ストレスを感じると、まず交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、男性ホルモンの生成が促され、皮脂の過剰分泌が起こってしまいます。

過剰分泌した皮脂は、マラセチア菌のエサになり菌たちが増えるので、皮膚に炎症が起こりかゆみや肌荒れなどが起こります。頭皮の脂漏性皮膚炎の炎症はこのようなサイクルで起こるんですね。

脂漏性皮膚炎による脱毛は2種類

・1つめは、激しい炎症によっておこる脱毛(脂漏性脱毛)
・2つめは、毛穴に皮脂が詰まることで発生する脱毛(粃糠性脱毛)

頭皮が炎症を起こして、黄色の浸出液が出る場合は脂漏性脱毛です。大量のフケが出ているときは、毛穴詰まりが原因の粃糠性脱毛の可能性が高いでしょう。

一方でこれらの脂漏性脱毛は、脱毛原因が明確なので皮膚科で診てもらい、処方された薬を根気よく使うことで完治する可能性が高いのです。ずっとかゆみがある、頭皮が赤い、湿疹があるなどの状態が続いているなら、一度皮膚科で検査してもらうといいかもしれません。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎の治療方法

病院

脂漏性皮膚炎の治療には、医療機関では抗真菌薬の塗り薬が処方されます。抗真菌薬はマラセチアを抑える効果があります。

また症状がひどい場合には、荒れた皮膚を改善させるために尿素入りのローションや、ビタミンB、Cの処方をされる場合もあります。

塗り薬と内服薬を使っての治療期間は、1~2カ月が目安です。一旦は塗り薬で症状が収まったように見えても、継続して使わないと、症状は再発します。少し長い期間ですが、根気よく続け、医師の判断でもう大丈夫だと言われてから治療を終了しましょう。

また脂漏性皮膚炎が発症した場所が頭皮である場合は、普段使っているシャンプーを一度見直し、低刺激のシャンプーに変えたり、抗真菌剤の入っているシャンプーを使用することで効果が出る場合があります。

シャンプーは、合う合わないが人によってかなり違うので、使用する際には一旦医師に相談し、頭皮の状態を定期的に見てもらうことをおススメします。

また、症状が軽く、医療機関に行かずに、脂漏性皮膚炎を治したい。という場合もあると思います。単純に皮膚の炎症を抑えるだけなら、薬局で市販の軟膏を購入して、毎日塗ってしばらく様子を見ましょう。

それでも治らなければ、やはりお医者さんにかかることをオススメします。特に頭皮に炎症が出ている場合は、抜け毛薄毛に繋がるので早めの治療が必要です。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎の予防方法

脂漏性皮膚炎を予防するには、

①食生活の改善
②ストレスを減らすこと
③適度な運動を心掛けること
④清潔にすること

この4つが非常に有効です。

①食生活の改善

納豆を食べる
出典:http://www.macrobioticshop.co.uk

人の体は食べたもので出来上がっています。脂漏性皮膚炎を発症しやすい人は、脂っこいものを食べ過ぎていたり、当分の摂取が多かったりします。忙しい毎日の中で食事にまで気を使うのは大変ですが、何物にも代えられない自分の体のことなので、ちょっと気を付けてみましょう。

ビタミンB2を含む食材を食べることがオススメです。”毎晩夕食に納豆を食べる”というのはどうでしょう。納豆にはイソフラボンも大量に含まれていて栄養価が高いので、これだけならできそうですね!ちなみに避けた方がいい食べ物は、ジャンクフード、菓子パン類、洋菓子などです。

②ストレスを減らすこと

リラックス

人は自分で思っている以上にストレスを感じているものです。

家に帰ったら、自分にとって気持ちいいこと、安らぐことをたくさんしましょう。お風呂に入って全身をマッサージしたり、アロマオイルをたいて香りで安らいだり、パジャマはふかふか素材のものを選んだり、月に1回は全身マッサージに行ったり。考えると楽しくなることをしたいですね!

③適度な運動を心掛けること

走る外国人

運動は、意識して行っていないと体がどんどん怠けてしまいます。

週末に1時間ウォーキングをしたり、ヨガに行ったり、平日に家に帰ってからストレッチをするだけで体が快調になったりします。

④清潔にすること

シャワー
出典:http://www.huffingtonpost.com

汗をかきやすい今の時期は、特に脂漏性皮膚炎が悪化しやすいので注意しましょう。

普段からこまめに汗を拭いたり、仕事から帰ってきたらまずシャワーを浴びたり、化粧やヘアワックスを落とさないまま寝るなんてもってのほかです。体を綺麗にするように心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

●脂漏性皮膚炎って何?

皮脂の分泌が多い、鼻周りや頭皮、おでこにできる皮膚の炎症。
赤くなり、かゆみを伴い、皮膚が荒れる。他の皮膚炎と見分けがつきにくい。

●脂漏性皮膚炎の原因はカビ?!

原因はカビです。皮膚の常在菌であるマラセチアが原因です。

●脂漏性皮膚炎は抜け毛に繋がる?

ストレス→交感神経優位→男性ホルモン生成→皮脂の分泌が過剰になる→炎症が起き、抜け毛薄毛の原因になる
脂漏性皮膚炎は原因が明確なので、皮膚科で診てもらって治療することで、完治する可能性が高い。

●脂漏性皮膚炎の治療方法

医療機関では、抗真菌薬と外用薬で尿素入りローションやビタミンB、Cの処方をしてもらえる。
医療機関に頼らない場合は、薬局の市販の抗炎症作用のある軟膏を使う。それでも治らなければ医療機関へ。

●脂漏性皮膚炎の予防方法

①食生活の改善、②ストレスを減らすこと、③適度な運動を心掛けること、④清潔にすること

以上、今回は、脂漏性皮膚炎とその治療法についてまとめてみました。医療機関で治せるとは言え、なるべくかかりたくはないですね。食生活などの生活環境を整え、健康なお肌で生活しましょう!!

関連記事として、

頭皮が赤い原因とは?改善方法も合わせて紹介!

頭皮にできものが出来る5つの原因!痛い時の対処方法とは?

頭皮湿疹が現れる原因とは?髪の洗いすぎに要注意!

気になる頭皮の臭いと、かゆみを失くす簡単な方法!

髪の毛のフケの原因を8つ紹介!乾燥や菌が関係している?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする