おちょぼ口の女性がモテる理由は?悩みや似合うメイクを紹介!

どんなに口を大きく開けても、なかなかものが入らなかったり、小さな時から口が小さいと言われてきた、そんな経験はないでしょうか。小さな時は気にしていなくても、大人になるに連れて口が小さいのは自覚していきますよね。

その中でも、口が小さいとよくおちょぼ口と呼ばれた方も多いのではないでしょうか。あまり最近では聞く機会もありませんが、おじいちゃん世代の方からおちょぼ口だねとほめられた方もいるかと思います。

この記事では、そんなおちょぼ口とは一体どういった特徴があるのか、そして、おちょぼ口を活かすためにはどうすればいいのかご紹介していきたいと思います。

おちょぼ口の人って一体どういった特徴があるの?

顎クイ

おちょぼ口と言われたことはあるけれども、自分がそのおちょぼ口なのかよく分からないと言う方もいるかと思います。もちろん定まったおちょぼ口の定義はありませんが、口元がすっきりとしているイメージが強いですよね。

また、芸能人の中にもおちょぼ口が多く、すっきりとした印象を持つことが出来るのではないでしょうか。派手ではないけれども、整った顔立ちということですね。そんなおちょぼ口とは一体どういった特徴を持っているのか、早速見ていきたいと思います。

気が小さく神経質であることが多い

まずは、気が小さく神経質な人が多いと言われています。なぜ、口が小さいこととそうういった事が関係あるのかと思うかもしれません。しかし、顔相といって、顔立ちから占いをすることが出来ます。

それによると、口などのパーツが小さいと言うことは、必然的に体と心はつながっているので、心も気弱な所があると考えられています。また、小さな所によく気がつくので、ややもすると神経質で細かいところまで気にしてしまうと言う傾向があります。

これは、実は大きな口を持っている人の場合には気が小さくなく、気楽である人が多いと言われています。確かに、はっきりとした美人などは態度が大きいことが多いですよね。案外当てはまるのではないでしょうか。

物事に対して積極的ではない

次に見ていきたいのが、あまり物事に対して積極的ではないということです。これは、気が弱いところが原因です。そこまで自己主張が強いタイプではないので、前に前にとどんどん突き進んでいくのは得意ではありません。

また、自分から進んで主張することがそこまで得意ではないので、積極的に何かをしようとすることはありません。長いものに巻かれる精神でいることが多いということですね。もちろんこれは悪いことだけではなく、いい所もあると言えます。

しかし、がつがつと積極的に行動するタイプの人からしてみれば、非常に消極的で、自己主張もなく、何だか物足りないと思われてしまうこともあるかもしれません。

リーダーシップはないけれど補佐をすることは得意

何だか悪いことばかり見えてしまいましたが、そういった前に出るようなリーダーシップは持っていないものの、誰かの補佐をすることが得意です。リーダーシップというのは、皆をまとめて前へ進ませていきます。

しかし、突っ走ってはいけませんし、誰かが支えてあげなければ崩れてしまいます。そういった時に、自分が前に出ようとしない存在は非常に貴重です。また、細やかな所があるので、きちんとポイントをおさえてサポートすることができます。

その為、前に出ることは苦手でも、実は大きなことに携わると案外力を発揮することもあるようです。

何か困難があるとすぐに諦めてしまいがち

最後に見ていきたいのが、困難に対してやる気を出すことはあまりありません。むしろ、すぐに諦めてしまう所があります。もちろん全てにおいて中途半端が良いことだと思っているわけではありません。

しかし、何かやり遂げないといけない大きなプレッシャーや、それに対しての困難が起こった時に、立ち向かおうと思うよりも、すぐに逃げて楽になろうと言う気持ちのほうが強いと言えます。

その為、何か合った時に耐えるよりも、すぐに逃げてしまったり、諦めて、すぐに止めてしまう傾向が強いと言われています。

おちょぼ口の女の子が可愛いとモテる理由ってどうしてなの?

許せない

芸能人の中でも、おちょぼ口の存在は多いですよね。おちょぼ口に似合うリップメイクなどもよく紹介されており、美人といえばおちょぼ口というイメージは強い人が多いのではないでしょうか。

先程おちょぼ口の性格や特徴があまりよくないと落ち込んでしまった方もいるかもしれませんが、実は、おちょぼ口の女性は非常にモテやすいと言われています。これは、女の子らしい雰囲気だけではなく、おちょぼ口ならではの仕草などが男性の心をつかみやすいからです。

それでは早速、おちょぼ口の女性は一体どういった特徴があるのか見ていきたいと思います。

口が小さいので女性らしさや、可愛らしさを感じさせるから

まずは、口が小さいことにより、そこまで主張が強い印象を持たれません。やはり顔立ちがはっきりしていると強いイメージを持ちやすいように、口が小さいことで薄い印象をもたれやすいといえます。

しかし、決して顔立ちが薄いからと言って何か印象も薄いと言うわけではなく、逆に主張が少ないその感じが、女性らしさであったり、奥ゆかしさを感じるという人が多いようです。

これは皆意図しているわけではないのですが、無意識の内に、おちょぼ口の女性を見ると女性らしいと感じたり、上品な人間だというイメージを持ちやすいと言われています。

大きな口をあけて食べられないのが愛らしいから

次に、食事のときです。初めてのデートなどでは緊張してなかなか食べられませんが、だんだん仲良くなってくるとあまり気にせず大きな口をあけてバクバクと食べてしまう方も多いですよね。

しかし、おちょぼ口の女性というのは、大きな口をあけて食べることが出来ません。その為、ハンバーガーなどは横からこぼしてしまうわけですが、そういった少し不器用な部分もきゅんとしてしまいます。

また、特に自分がうまく出来るのに、上手く食べることが出来ない姿って何だか愛らしいですよね。ただ、口が小さいだけなのに、食事の度にキュンキュンさせることが出来てしまいます。

口が小さいので派手さや下品さを感じることが少ないから

口が小さいと言うことは、自己主張がそこまでないイメージですが、これは意外と重要です。外見というのは、その人の判断をしやすいので、おちょぼ口の女の子というのはおしとやかなイメージがあります。

そのため、もし付き合った時には、友達に紹介しても派手さであったり、下品さを感じさせず、非常に感じが良い女の子らしい子と付き合っているという印象をもたせることが出来ます。

もちろんそんな打算的に考えている人は少ないですが、やはり結婚などを考えた時に、パット見たい印象が良いのは非常に重要ですよね。

他の箇所も小さいことが多いので守ってあげたくなるから

最後に見ていきたいのが口が小さい子の場合は、小柄であったり、顔が小さいという、他のパーツも小さいことが多いです。子供を見ると守りたくなるように、自分より小さい存在というのは、無条件で守りたくなってしまいますよね。

そのように、他のパーツも小さいということで、この子は守ってあげなければという思いになります。もちろん背が高かったとしても、小顔であれば顔のパーツはある程度小さいので、身長は同じくらいでもそういった思いになりやすいと言えます。

何か意識しているわけではなくても、日頃の印象として、守ってあげたい気持ちになるので、モテやすいと言えます。

おちょぼ口の子の悩みって一体どういったものがあるの?

カロリミット

おちょぼ口の子がモテやすいと言うことは分かりました。確かに、口が小さいと言うことは動物系のイメージもあり、愛らしいですよね。小さな口で頑張って喋ったり食べているのは、非常に可愛らしいと言えます。

しかし、おちょぼ口の子からしてみれば、日頃から思いの外大変だというお悩みもあるのではないでしょうか。普通の人であれば悩むようなことではなくても、口が小さいだけで思ってもない不便に出会ってしまいます。

それでは一体どういった事がおちょぼ口の人にとって不便なのか見ていきましょう。

口をあけても注意されるので歯医者が苦手

まずは、歯医者が苦手というおちょぼ口の子は多いです。これは、口が小さいので、無理やりあけられたり、虫歯などの処置であれば、小さい口であるがゆえにずれたりしやすいからです。

また、骨格が小さい分、変なふうに歯が生えてしまうなど、その分歯医者にかかりやすいといえます。それにもかかわらず、器具などは大人の大きい口用のものなので、えずいてしまったり、痛みを感じやすいと言えます。

また、そういった思いを小さな時から味わっているので、歯医者がかなり苦手だという子も多いようです。

大きな口を開けられないので食事の時が大変

次に、食事に非常に不便を感じているという方も多いようです。小さな口で頑張って食べているのは傍から見たら非常に可愛いのですが、本人からしてみれば戦いのような状況です。

一口大に食べやすくきってあるはずのものが、自分にとっては何口分かの大きな状態だったり、食べてもたべても全然減らなかったり、ファストフードなどは非常に食べづらかったりと、非常に不便です。

また、早く食べてしまいたいと思っていても、そもそも口にそこまで入らないので、早食いが苦手な人が多いです。

滑舌が悪かったり声量が小さい

口が小さいと言うことは、その分中にある舌に対して小さいということです。あまり発達していないので、その分滑舌が悪くなってしまう傾向があります。これは、舌は通常サイズでも、口の大きさが小さいので、思い通りに動かすことが出来ないからです。

また、声量も小さいことが多いです。滑舌が悪いとなかなか大声を出したくありませんし、更に、大きな声を出す箇所でも、あまり出す機会がないので、必然的に小さな声になってしまいます。

また、そのままで育ってきたので、改善しようと頑張らない限り、そのままの人が多いようです。

自分が理想とするメイクや服装が似合わない

最後に見ていきたいのが、おちょぼ口であるために、自分の理想のメイクや服装が似合わない場合があります。これは人によるのですが、かっこいい雰囲気屋、美人な雰囲気になりたいと思っている人は多いですよね。また、アジア人ならではのアジアンビューティーにあこがれている人もいるのではないでしょうか。

しかし、唇が薄いのはまだしも、口の大きさが小さいため、何だかあまり似合わないというようになってしまいます。特にセクシーな服装などは、リップメイクが重要ですが、唇が小さいと何だか映えないですよね。

自分は可愛い感じではないのに憧れているのに、顔の雰囲気からそういった可愛いものしか似合わないと悩んでいる方もいると言えます。

おちょぼ口の女性に似合うリップメイクって一体どういったものなの?

歯が抜ける夢

さて、おちょぼ口の生態について見ていきましたが、あまりよい印象がなくても、おちょぼ口は男性に人気ですし、口元のコンプレックスの中でも比較的解決しやすいものだと言えます。特に、女性の場合にはリップメイクでかなり変わります。

髪型などでも雰囲気は変えることができますが、その仕上げとして、いつもは似合わないと諦めている色などに挑戦するのはどうでしょうか。色の中でも自分に似合うものをチョイスすれば、きっとおちょぼ口を個性に変えることができますよ。

ぜひ、リップメイクの説明をみて、挑戦してみてくださいね。それでは早速、おちょぼ口の方におすすめなリップメイクについて見ていきましょう。

グロスを使うことで色っぽいぽってりした唇に仕上げる

まずは、あまりグロスを使わないと言う方は勿体無いです。口が大きいと、グロスをつけるとテカテカと派手な印象であったり、下手すれば油ものを食べた後だと言われてしまいます。しかし、おちょぼ口の場合は面積が小さいので、塗りすぎてもそこまで目立ちません。

心配な方や、そこまで塗りたくないという方は、唇の膨らみの部分にだけ塗ってみましょう。おちょぼ口の方は立体感があまりない平たく薄い唇であることが多いですが、グロスをぬることで立体感がでてきます。

また、ぽってりとした印象をもたせることできるので、ぷるんとした、ハリのある唇である印象をもたせることができます。

冒険的な赤リップも範囲が狭いので派手すぎない

赤リップと言えば唇の形がはっきりとしている、セクシーの象徴ですよね。しかし、おちょぼ口の人も赤リップに挑戦してみてください。赤いリップを全てに塗るのではなく、グラデーションで、内側を濃く、外側は薄くいれてみましょう。

赤リップであればかなり口元の印象がかわり、これまではそこまで注目していなかった唇に目を向けてしまいます。また、口が小さいので、ある程度オーバーして唇の形を整えても目立つことはありません。

綺麗にリップライナーなどで縁取りをして、書くことによって唇の形に自信がなくても理想の唇になることができますよ。

誰にでも似合うピンクはナチュラルに仕上げる

次に見ていきたいのが、王道ピンクです。しかし、青みがかったピンクはあまりおすすめしません。血色が悪く、より小さく見えてしまうからです。この時にどういったものが良いのかというと、温かみのあるピンクがおすすめです。

また、できればポイントにグロスをいれることによって、ピンクで素の唇を演出し、その上からぷるんとした印象をもたせることが出来ます。それによって、リップメイクに力をいれていないのに、素のまま美しい唇であるような印象をもたせること出来ます。

その分アイメイクなどに力を入れるとちょうどいいので、他の部分を強調したい時にはリップメイクはピンクにしてみましょう。

ベージュを使うことで唇以外の場所を目立たせる

最後におすすめしたいのはベージュです。ベージュなんて使ってしまったら、唇が全く存在感がなくなってしまうと思うかもしれません。しかし、案外ベージュは肌なじみが良く、調和します。

それによって、他の部分が際立つので、唇がコンプレックスな場合はベージュがおすすめです。まだ挑戦したことがない方は、一度挑戦してみるのがおすすめです。おちょぼ口であるならば、奇抜すぎず似合いますよ。

まとめ

PAK86_bardeno14181907_TP_V

おちょぼ口について見ていきましたが、案外自分に当たっていたと言う方も多いのではないでしょうか。おちょぼ口に対して悩んでいる方も多いかもしれませんが、おちょぼ口であることで、メリットはたくさんあります。

また、メイクによってある程度印象は変えることが出来るので、諦める必要はありません。その日の気分や、どういう人になりたいのかを考えた上で、自分に一番似合うようなメイクを目指していってくださいね。

関連記事として、

唇の色素沈着の原因は?リップケア方法と病院での治療法を紹介!

実年齢よりも若く見える人の8つの特徴!見た目が5歳若返る秘訣を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする