カラーバス効果はどういうもの?その使い方や法則を知ろう!

あなたは「カラーバス効果」という言葉をご存知ですか?これは心理学用語なのですが、自己啓発セミナーなどで説明されることの多い用語です。一言で言うと、「自分が見たい物だけを、選んでみている」という心理効果になります。

潜在意識に働きかけることができるものなのですが、このカラーバス効果を上手に活用することで、情報化社会でで自分が欲しい情報のみを手に入れることができるでしょう。

今回はカラーバス効果が起こる理由や、カラーバス効果を引き出す方法などについてご紹介していきます。

カラーバス効果とは

0I9A5591ISUMI_TP_V

先ほど言ったようにカラーバス効果とは「自分が見たいものだけを選んでみている」という効果です。カラーバス効果を体感するにはどうしたらいのでしょうか。

カラーバス効果を体感する方法

カラーバス効果を体感する方法はいたって簡単です。実際にやってみると、説明や想像よりもはるかにわかりやすくなります。

  1. 周りをぐるっと見渡してみてみる。
  2. 目を閉じて、あなたの見たものに赤いもの(何色でも良い)はあったかを思い出す。
  3. 目を開けて、周囲に赤いものがあるか探してみる。

実際にやってみると、目を閉じて自分が思いだしてみると、目を開けたときにその色ばかりが目立って見えます。

もし、室内など色が少ない場所にいるときは窓の外を見ると良いでしょう。また、写真などを用いてもいいでしょう。

これがカラーバス効果なのです。このカラーバス効果を体感することは、初心者向け自己啓発セミナーで多く行われます。最近では小学校の先生がカラーバス効果の体感を生徒にさせることがあるようです。

カラーバス効果は脳の情報処理能力によっておこるもの

カラーバス効果は脳の情報処理能力によっておこるものです。さっきカラーバス効果の体感で分かったように、脳というものは、目で見たもの全てを認知しません。

例えば、カラーバス効果の体感をしたときに、目を閉じているときは目印となる大きな看板などを想像することがほとんどですが、実際にはそれ以外にたくさんの場所で色が使われています。

これを認知科学者の苫米地英人氏は「人は見たい物を自分の見たいように見ている」と言っています。

例えば、スカイツリーを見たときに、迫力に感動し、写真を撮ってみるとします。しかし、実際に写真を撮ってみると、スカイツリーが小さいと感じるでしょう。遠くからその景色を見た場合、実際に目で見たときは大きく見えて、写真で見ると、小さく感じられるのです。

このように人の目というものは自分の見たい物を優先してみるところがあるのです。

カラーバス効果は「アンテナを張って色をキャッチすること」

カラーバス効果は、その色や物を意識することですぐに目に飛び込んでくるという効果なのですが、広く言うと、「アンテナを張って色をキャッチする行為」と言う事だと言えます。

新聞の折り込みチラシを例にすると、「そろそろ掃除機買い換えたいな」という人が家電量販店のチラシを見たときに、掲載されたたくさんの商品の中から掃除機をすぐに見つけられることができますし、左上に載っていたというように、場所まで記憶することができます。しかし、特に掃除機など買い換える予定がない人は同じチラシを見ても掃除機をすぐに見つけることができませんし、どこに載っていたのかまでいちいち覚えていません。

このようにひとつのことにフォーカスをあてることで、人間の中にある潜在意識がそのものをすぐに見つけ出すように神経を研ぎ澄ましているのです。

カラーバス効果の使い方

SEP_355215221321_TP_V

カラーバス効果はうまく使えばより効率的に物事を見つけることができますし、苦労することなく、欲しい情報を得ることができます。ここではカラーバス効果の使い方についてご紹介します。

①自分が欲しい物事を引き寄せる

カラーバス効果を活用することで、自分が欲しい物事を引き寄せることができます。どういうことかと言うと、頭の中で具体的にイメージしていることが現実になるということです。これは「引き寄せの法則」と呼ばれているものなのですが、この法則はイメージすることは本当に起こることなのですが、その方法は神次第というところなのです。

つまり、「お金が欲しい」というものは具体的でないので実現しませんが、「そのお金を使ってしたいこと」は実現するということです。

例えば、「フランス留学がしたいからお金が欲しい」なった時に、この願望をかなえるためにも色々な方法があると言う事です。

  • 住んでいる市区町村が費用を負担して交換留学生を募集
  • 親戚がフランスに転勤することになったから、親戚の家に居候できることになった
  • ピアノを学ぶために無料でフランス留学が実現する

など、そのフランス留学を実現するためにいろいろな方法があるのです。中には自分では思いもつかない方法で実現できる場合があります。「フランス留学」をするためには多額のお金が必要と思われがちですが、この考えを捨てることで、引き寄せの法則が働き始めるのです。

そのため、お金そのものをイメージするのではなく、自分がなりたいものをイメージするのです。イメージすることでカラーバス効果が発揮され、引き寄せの法則が起こり、願望を叶える方法を見つけ出すことができるのです。

②自分に足りないものはないということを実感できる

カラーバス効果を使うことで、自分に足りないものはないと実感することができます。どういうことかと言うと普段考えている物事について視点を変えてみるのです。

例えば、「自分のことをわかってくれる人はいない」と考えている人は、「この人は自分のどの部分をわかってくれるのだろうか」と考えを変えてみるのです。そのように意識してみると、相手の行動や言葉遣いが「自分のことがわかっているからこそできることなのだ」ということがわかります。

例えば、あなたがタバコ嫌いなのに、旦那さんが愛煙家だとします。この時普通なら「私がタバコ嫌いなのを知っているはずなのに全然わかってくれない」と思うでしょう。しかし、少し視点を変えてみると、「いつも吸っている場所はベランダだ」ということが分かり、「私がタバコの煙が嫌いだからベランダで吸っているんだ」ということが分かるのです。

このように毎日目にしていることで、理解されていないと思っていたことが、カラーバス効果によって理解してくれていることに気づくことができるのです。これと同様に「自分は誰からも愛されていない」と悲観するのではなく、どのように愛されているかということを意識することで、愛情に気づくことができます。

もし、自分に足りないものを感じることがあったら、どこにあるのかを考えながら探してみましょう。

③物事の良い部分を見つけることができる

カラーバス効果を効果的に使うことで人や物事の良い部分を見つけることができるようになります。人というものは悪いところはよく見えるものですが、良いところはなかなかみつけられなかったりします。例えば、「あの人のこういうところが嫌い」「この仕事のこういうところが嫌だ」などと悪いことばかり考えるのは脳内で悪いところばかり見ようと意識しているのです。

しかも、こういった考えは先述した「引き寄せの法則」で現実になってしまいます。引きよせて現実にするならやはり良いことを現実にしたいです。そのためには良い部分を意識しながら探したほうが良いと言えます。カラーバス効果はその色を意識しようとすることで脳がその色を探すことで実感することができるのですが、特に興味のない事柄に関しては効果はとても短くなり、すぐに切れてしまいます。

もしなりたい物事、したいことがあれば、1日の中でその事柄に関することを見つけてみましょう。例えば、「幸せになりたい」と思ったら幸せに感じることを意識してみるのです。こうして意識してみることで、人や物事の良い部分を見つけられて気持ちも幸せになれるでしょう。

カラーバス効果をうまく使った「片付けの法則」

BIS151026193472_TP_V

以前「こんまり」こと近藤麻理恵さんによる著書「人生がときめく片付けの魔法」が大ヒットしました。ここで書かれている片付けの法則が、「それを持った時に自分がときめくかどうか」というものなのです。

片付けの基準は「ときめくかどうか」

片付けの基準としてよくあるのが「2年使わなかった物は処分する」などや「クローゼットに入るだけにする」などです。

こんまりさんの基準は「ときめくかどうか」なので、体型が変わって入らなくなった服でも「ときめく」場合は残すことができます。その代りときめかないものはすべて処分します。つまり、必需品においては使いやすさやデザインで「ときめく」ものを選んでいく必要があります。こんまりさんのこの片付けの方法は日本だけでなく世界中で受け入れられ、世界的に大ヒットしました。

この片付けの基準の「ときめくかどうか」の部分がカラーバス効果となっています。すぐに目に飛び込んでくるというわけではありませんが、意識してみることで自分にとって必要なものとそうでないものがわかるのです。

また、めんどうな片付けをしていくときに片付いた部屋で何がしたいのかということを想像するのです。これは自分へのご褒美を用意することと同じことなのですが、引き寄せの法則で想像していることを現実にすることができるのです。

「ときめくものを持っていい」と自分を許すこと

こんまりさんの「ときめきで選ぶ」方法はときめきを意識することで、「自分がときめくものを持っていい」と許していると言っていいでしょう。人というものは物を持つことで豊かになることを許可しないところがあります。

例えば、

  • 「1万円の化粧水が本当は欲しかったのに、1000円の化粧水で我慢した。」
  • 一目ぼれしたバッグが高くて諦めた
  • 一番欲しかった高性能なゲーミングパソコンではなく、普通のパソコンにした

などとある程度妥協するところがあります。しかし、買ってから「やっぱり向こうを買えばよかったなぁ」と後悔するのですよね。よくヲタクが「買った後悔は3日で忘れるけど、買わなかった後悔は10年続く」と言いますが、言い得て妙だと感じます。

このように我慢してしまうところがあれば、こんまりさんの本を読んでみると良いですね。

カラーバス効果は良いことばかりではない

CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V

カラーバス効果で脳が必要おうな情報を収集してくれたり、良いことがみえるようになるということが分かったと思いますが、カラーバス効果には注意点があります。

①ネガティブ思考を持った場合もカラーバス効果が働く

先述したようにネガティブなものに意識が向かうと、どんどんと悪いものごとを引き寄せてしまうという点です。

例えば、

  • 好きな先生よりも嫌いな先生のほうが存在感がある
  • 失敗したくないと思えば思うほど失敗する

ということはありませんか?脳が嫌いな先生や失敗したくないと意識してしまうと、行動や認識にも影響があるのです。

特に、ネガティブ思考を持つ人は注意しましょう。人というものは危険から身を守るために、日常生活で不自由な状態になると、幸せを感じなくても守りに入ってしまうのです。守りに入り、ネガティブ思考になることで、どんどんとネガティブなことが起こってしまいます。なるべくポジティブ思考で生活をしていくことも大切なのです。

②情報収集で偏らないように注意

情報収集する上で、思い込んだり、仮説にこだわりすぎると、視野が狭くなり正しい情報を集めることができなくなります。例えば、「テロは撲滅しないといけない」と思いながら情報収集をすると、テロを撲滅する理由だけでなく、たくさんの情報を目にすることになります。

例えば、

  • テロを起こすのは〇〇教徒だから、〇〇教徒を抹殺すべきだ
  • 犯罪予備軍は世にのさばらせるのは危険だから殺したほうがいい
  • 正しくて素晴らしい国は自分の国しかない

というような意見です。このような偏った意見はネット中に数えきれないほどあります。あまり主観的に物事を見てしまうと、情報収集をするときに、自分の考えが正しいとする意見ばかり集めてしまい、否定する意見には目もくれなくなってしまうのです。

そのため、情報収集する際や判断するときは公平な気持ちで行う必要があると言えるのです。

カラーバス効果を最大限に引き出す方法

CON_uehon15084810_TP_V

カラーバス効果を効果的に引き出すには意識する必要があるのですが、それには少しテクニックがいります。そこでここではカラーバス効果を最大限引き出す方法をご紹介します。

①紙に書き出してみる

情報化社会に生きる私たちは日頃たくさんの情報に触れています。そのため、意識が他の所へ行ってしまうこともあります。しかし、意識したいことを紙に書き出しておくことで、意識をその物事に戻すことができます。

例えば、「彼氏へのクリスマスプレゼントを選ぶ」と意識することで、自然にプレゼントによさそうなものに目がいくようになります。しかし、テレビを見たり、仕事をしたり、家事をしているとついその物事を忘れてしまいがちになります。そのため、忘れてしまわないように紙に書き出して、財布に忍ばせておくといいでしょう。

このようにすることで、意識が別のところにいって忘れてしまっても、メモを見れば、またそのことに意識を戻すことができます。

②口に出して言う

口に出して言うことで、その意識に関する情報を引き寄せる力がより強くなります。

例えば、「発売したばかりのコスメが買いたいのにどこも売り切れで売っていない」となって、友人に行ったり、SNSで愚痴を言ったりします。そうすると、「〇〇なら売っていたよ!」「近所に売ってるから代わりに買ってこようか?」などという有益な情報を引き寄せることができます。

言うだけならお金もかかりませんし、有益な情報が来るのですが、逆に言わないと、情報を集める力はより強くなりませんし、1人で探すことになってしまうのです。たった一言で、人生を左右する場合があるのであれば、口に出しておいた方が良いと言えます。

友人に言う場合はある程度人間関係が良好でないと、「そうなんだ」で終わってしまいますが、人間関係が良好で、人脈があればあるほど有益な情報を掴むことができるでしょう。

まとめ

MFDSC_6017_TP_V

いかがでしたか?カラーバス効果は意識次第で良いものも悪いものも引き寄せてしまう効果ですが、より効率的な使い方をすることで、より有益な情報を集めたり、アイデアを思いつくことができるでしょう。意識して物事を見ることで、見え方も変わってきますし、今後成功するための課題や発想を浮かばせることができるでしょう。

もしなかなか想像がつかないという人はまず「赤色のものを見つけよう」と意識して周囲の景色からその色を見つけるなどして、カラーバス効果を発揮できるような想像力や眼力を身につけましょう。

関連記事として、

自己暗示の方法を知ろう!簡単にできる?効果やメリットも紹介!

バーナム効果とは?恋愛面やビジネス面での活用法、効果を高める条件を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする