妊娠中のカフェインの影響を紹介!摂取していい量は?

「妊婦さんはカフェインを控えましょう」と一般的に言われています。けれど、「なぜカフェインが妊婦さんによくないのか?」ということについて、あまり知らない人も多く、カフェイン摂取を我慢している妊婦さんも多くいます。

妊娠前からコーヒーが好きで我慢するのが辛い妊婦さんも多いはずです。いきなり飲めないとストレスが溜まってしまいます。今回は「妊婦さんはカフェインNG!」の理由をお伝えするとともに妊婦さんが一日に摂取しても良いカフェインの量などをお伝えします。

スポンサーリンク

カフェインを控えるべき理由

1

カフェインには中枢神経を興奮させる作用があります。カフェインを多く含む飲料を飲み過ぎた時に動悸や不整脈をおこしたりしたことはありませんか。カフェインには様々な効果があり、脈を早くしたり、不眠、血管収縮などが引き起こされます。

そのため大量に飲んでしまうと妊娠中は胎盤を通して、お腹の赤ちゃんにカフェインが移行しやすく悪影響を与えてしまいます。

さらには子宮の血管も収縮しやすくなり、胎児の発育を妨げる恐れもあります。流産や早産、低出生体重、発達障害などの原因になるのもカフェインの多量摂取であるという研究結果もでています。

カフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響や理由などははっきりはしていませんが、上記のことを踏まえ、なるべく摂取を避けた方がよいと言われています。

スポンサーリンク

どれだけの量なら飲んでいいの?

1

妊娠するまで大好きだったコーヒーを急に控えるのって中々難しいですよね。カフェインにはリラックス効果もあるので、あまり無理して我慢してしまってストレスを溜めてしまっては本末転倒です。妊婦さんにストレスはよくありません。ではどれくらいの量なら大丈夫なのでしょうか。

赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう量というのは、かなり大量に過剰摂取した場合です。アメリカでは1日200mg、イギリスでは1日300mg、であれば問題ないと言われています。日本では基準は決まってませんが、だいたい1日に150mg〜200mgぐらいなら大丈夫です。目安でいうと、1日にコーヒーを1〜2杯程度とされています。それ以上はなるべく避けるように心がけましょう。ですのであまりストイックになりすぎず、適度にカフェインを摂取すれば何の問題もありません。

コーヒーのカフェインの含有量

さまざまな飲み方によってカフェインの量も違います。

1

ドリップコーヒー・・・1杯140ml中カフェイン95mg

インスタントコーヒー・・・1杯140ml中カフェイン56mg

エスプレッソコーヒー・・・1ショット30ml中カフェイン52mg

ノンカフェインコーヒー・・・1杯140ml中カフェイン1mg

カプチーノ・・・1杯140ml中カフェイン47mg

カフェラテ・・・1杯140ml中カフェイン47mg

カフェイン量を知っておいて、飲む量を調整しましょう。

お茶などの飲料のカフェイン含有量

コーヒー以外でもお茶などに含まれているカフェインの量です。

1

紅茶・・・1杯140ml中カフェイン70mg

玉露・・・1杯140ml中カフェイン224mg

抹茶・・・1杯140ml中カフェイン45mg

煎茶・・・1杯140ml中カフェイン28mg

緑茶・・・1杯140ml中カフェイン28mg

ほうじ茶・・・1杯140ml中カフェイン28mg

ウーロン茶・・・1杯140ml中カフェイン28mg

番茶・・・1杯140ml中カフェイン14mg

玄米茶・・・1杯140ml中カフェイン14mg

麦茶・・・1杯140ml中カフェイン0mg

これらも参考にしましょう。

その他飲料、食品などのカフェイン含有量

コーヒー、お茶意外にもカフェインの含まれているものがあります。

1

ココア・・・140ml中カフェイン45mg

コーラ・・・1本350ml中カフェイン34mg

ダイエットコーラ・・・1本350ml中カフェイン45mg

チョコレート・・・50g中カフェイン20ml

こういったものにもカフェインが含まれているので、コーヒーやお茶だけを回避して、過剰にチョコを食べると危険です。

栄養ドリンクは多めです

妊娠中に疲れたと思って飲んでしまうことがあるかもしれませんが、栄養ドリンクは意外と多くのカフェインが含まれていますので注意してください。

1

オロナミンC・・・1本120ml中カフェイン18mg

デカビタC・・・1本210ml中カフェイン21mg

レッドブル・・・1本250ml中カフェイン80mg

モンスターエナジー・・・1本355ml中カフェイン142mg

リポビタンD・・・1本100ml中カフェイン50mg

眠眠打破・・・1本50ml中カフェイン120mg

・意外と知らない事実

なんとなくコーヒーの方が紅茶よりもカフェインが多く含まれている気がすると思いますが、実はコーヒーよりも紅茶の方がカフェインの量って多いんです。毎日紅茶を飲む習慣のある人も、コーヒーを飲む人も過剰に意識しなくてはいいですが、知っておいてくださいね。

スポンサーリンク

コーヒーや紅茶の摂取を控える工夫をしよう

1

今まで毎日コーヒーや紅茶を飲んでいた人が急にやめることってとても難しいと思います。我慢してやめてしまうと、ストレスになり、頭痛や倦怠感などを引き起こしてしまうと妊婦さんの身体にはかえってよくありません。

ですので、全く飲まなくするのではなく、いつもより少し量を減らして飲むようにしていきましょう。回数を減らせない人はマグカップをいつものより少し小さめにしてみたり、薄めにいれたりする、という工夫もおすすめです。

・タンポポコーヒー

タンポポコーヒーとは、タンポポの根からつくられたコーヒーに似た味の飲み物です。こちらはノンカフェインのため、安心して何杯でも飲む事が出来ます。本物のコーヒーと比べると、苦みや風味は少し劣りますが、何しろノンカフェインなのでとても優れものです。代用して飲んでいる妊婦さんや、授乳中のママさんも多いです。

・ハーブティー

ハーブティーも妊婦さんにはおすすめです。ただし、ジャスミンティーやローズマリー、セージ、マテなどのハーブティーは子宮収縮作用などがあったりするので妊婦さんは控えた方がよいと言われています。

逆におすすめなのは、ラズベリーリーフティーやローズヒップ、カモミール、などがあります。ラズベリーリーフティーは妊娠中に飲んでいると、産後の子宮の戻りが早いとも言われているので妊娠中から飲んでおきたいですね。ローズヒップもビタミンが豊富なので、悪阻などで栄養バランスが崩れやすい妊婦さんにおすすめです。

・ルイボスティー

紅茶派の人におすすめなのはルイボスティーです。最近は、ルイボスティーの効果も優秀であると世間に知れ渡ってきました。フレーバータイプのルイボスティーも多く販売されており、紅茶のように飲みやすいものが増えています。

ルイボスティーはカフェインがはいっていません。紅茶のような香りでリラックスした気持ちにもなれるでしょう。抗酸化作用が高かったり、肌荒れにも効果的なのでホルモンバランスを崩しやすい妊婦さんにもとてもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

1

妊娠中は色々と気になる事が多くなりますよね。飲み物や食べ物にも過敏になりがちですが、あまり過敏になりすぎて心配しすぎるとストレスになります。妊婦生活は楽しく過ごしたいですよね。1日2杯程度のコーヒーなら問題ありませんので、リラックスした気持ちで妊婦生活を満喫してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする