妊娠による肌荒れの対処方法を紹介!乾燥やシミの対策について!

妊娠して嬉しい気持ちもつかの間、妊娠するまでは何もなかったのに、急に肌のトラブルに悩まされる妊婦さんが多く見られます。マイナートラブルはストレスのもと。楽しいマタニティライフを送りたいですよね♪

今回は妊娠中におきてしまう肌荒れの原因と症状、対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠初期の肌荒れの原因とは

1

一番の原因はホルモンバランスの変化によって起こります。妊娠することでプロゲステロンという黄体ホルモンが増加することで、肌荒れを起こしてしまいます。

生理前に肌荒れする人も多いと思いますが、生理前と似たような状態が妊娠初期はずっと続くので、ホルモンバランスが乱れお肌が水分不足となるため、とても敏感になります。

そのホルモンは赤ちゃんがお腹の中で成長する為に必要なホルモンなのであり、出産まで分泌されるのでホルモンバランスの乱れは妊娠中は仕方ありません。

妊娠中は、赤ちゃんにどんどん栄養や水分が送られます。そうなるとママの体内は、栄養が不足したり水分が不足したりするので、肌にトラブルが頻繁に起きやすくなります。つわりがひどい人は(特に食べづわり)食べれる物が偏ったりして、スイーツやジャンクフードの食べ過ぎが原因で、肌荒れを起こしてしまう事もあります。

スポンサーリンク

どんな症状がでるの?

1

妊娠初期で多い肌悩みは「乾燥」「吹出物」「シミ」「痒み」です。特にお顔のトラブルが多いですが、顔以外にも腕や足など、全身にかゆみや湿疹などの症状が出る人もいます。

今まで使っていた化粧品が急に合わなくなって、つけるとヒリヒリしたり、急にシミが濃くなってきたりする人もいます。一人目の時はなかったのに二人目を妊娠してからマイナートラブルが多くなったと言う人もいて、その症状は個人差もあり様々です。

スポンサーリンク

肌荒れの対処法とは

1

楽しいマタニティライフを送る為に、少しでもマイナートラブルは減らしたいですよね。ホルモンバランスの変化とどのようにつき合っていくかの対処法をお伝えします。

ニキビ・吹出物

・保湿をしっかりと

ホルモンバランスの乱れによるニキビや吹出物は保湿をしっかりと心がけましょう。

ホルモンバランスが崩れると水分が不足してしまい、

お肌が乾燥→ごわつき→毛穴のつまり→吹出物

になってしまいます。

お肌をしっかりと潤いで満たしてあげることで、肌が柔らかくなり、毛穴のつまりが解消されニキビや吹出物も出来にくくなります。間違っても皮脂を抑えるような、さっぱりなお手いれは避けましょう。

・クレンジング・洗顔は丁寧に

お肌に汚れや皮脂が残っていると肌荒れしやすくなります。

汚れしっかりと落として清潔にすることで、お肌の生まれ変わりがスムーズになり肌トラブルも起こりにくくなります。オイルタイプなどのクレンジングは汚れをしっかり落とす分、お肌に必要な潤いも洗い流してしまうので、敏感になっている人はクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。

・バランスの取れた食事を

妊娠中はつわりによって食事が偏ってしまい、お肌に良いビタミンなどの栄養が摂れない人も多いと思います。食べれるときにお野菜などをしっかり食べてくださいね。

つわりが激しくて栄養がとれない人はサプリメントなどで軽く補っても良いでしょう。

・たっぷりと寝てストレスフリーの生活を

ストレスがあったり、睡眠不足はお肌がダメージを受ける一番の大敵です。

つわりが酷くストレスも増えやすい妊娠初期ですが、体調の良い時は気分転換にお散歩をしたり、買い物にでかけたりしてコントロールしてみてください。夜も早めに寝るなどして、なるべく規則正しい生活を送ってください。

妊娠中のシミ

・UVケアで紫外線対策

シミの一番の原因は紫外線です。妊娠中に濃くなってしまうシミの多くはホルモンバランスからくるものなので、出産後に薄くなったり消えたりする人もいますが、外出時は必ずUV効果のある下地を使ったりしてください。

妊娠中はお肌が敏感にもなっているので、紫外線の影響もとても受けやすいです。

・ホワイトニング効果のある化粧品を使う

美白効果のある化粧品はメラニンを生成するのを防いでくれる効果があります。

最近の化粧品はホルモンバランスによってできてしまうシミを抑制する効果を持つ化粧品も多数でていますので、そのようなアイテムを選ぶのがおすすめです。

・食生活にも気をつける

ビタミンCは美白効果が高いので、ビタミンCが多く含まれる緑黄色野菜を摂取するのがおすすめです。

またビタミンCはビタミンA、ビタミンEと一緒に摂取すると相乗効果の働きで吸収がさらに高くなりますので食べ合わせも気をつけると更に効果的です。

乾燥

妊娠すると全身カサカサする人がとても多いです。普段から化粧品での保湿はもちろんですが、それでも乾燥する人はクリームを濃厚なものに変えたり、美容オイルを足したりしてケアするのもおすすめです。

いつでも保湿ケアができるように身近な場所にハンドクリームやボディクリームを置いておくのもいいでしょう。

ビタミンやミネラルを摂取することで水分不足が解消されます。野菜をたっぷりとったり、水分補給を心がけるのも大切です。

かゆみ・湿疹

腕や足が急にかゆくなって湿疹ができてしまった、という人もいます。湿疹などは急激に全身に広がってしまったりするので、その場合は皮膚科を受診して適切な塗り薬を処方してもらうのがおすすめです。妊娠中でも使えるお薬はたくさんあるので医師の診察のもと使ってくださいね。

身体のかゆみは締め付けなどもよくありません。肌にふれるものはなるべく綿100%のものを選んでゆったりとしたマタニティウエアを着用してください。

スポンサーリンク

まとめ

1

せっかくの妊婦生活、楽しく過ごしたいですよね。マイナートラブルは妊娠中は切っても切れないものなのでストレスをためないよううまい具合につき合っていってください。あれ?これってマイナートラブルかも?って思ったら、早めに対処することで悪化せず、比較的軽い症状で抑えることができます。

妊娠中期になると落ち着いてくる人がほとんどです。妊娠初期はしんどいこともありますがママになれる準備期間と思って、十月十日の貴重なマタニティライフを楽しく送りましょうね。

関連記事として、

妊娠初期の流産の原因とは?予防方法も合わせて紹介!

妊娠初期の旅行は危険?注意点や条件などを紹介!

妊娠初期は仕事を休むべきなの?続ける場合の注意点とは?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする