繋留流産とつわりの関係は?いつまで続くか分からないの?

お母さんになる人たちにとって、流産ほど辛い経験はありません。たとえ、すでにお子さんがいたとしても、悲しみが大きいことには間違いありません。

実は流産は、全妊娠の約15パーセントを占めています。思いのほか、多いのが事実です。流産のなかでも、胎児が子宮内に留まって死亡するケースを、繋留流産といいす。自覚症状がなく、つわりが続く場合もあるため、検診時まで気づかない人がほとんどです。

今回は、この繋留流産とつわりの関係についてご説明します。

スポンサーリンク

繋留流産とはなにか?

悲しみ1

繋留流産とはなにかを、ご説明します。 

繋留流産が起きやすいのは?

繋留流産は、妊娠6週から9週の間によく起こります。胎児が子宮内に留まったまま死亡しているケースです。このとき検診では、胎児が確認できない、心音が確認できない、心音が止まっていたなどと診断されます。

自覚症状が現れにくい

胎児が子宮内に留まった状態で死亡しているので、自覚症状がない人がほとんどです。次の検診時まで気づかなかったという人は、大勢います。

しかし、なかには少量の出血を伴っていたり、ひどかったつわりが急におさまった人などもいます。妊娠過程でこれらの症状が現れたら、次回の検診を待たずして、産婦人科を受診しましょう。

胎児側に原因があって起こるもの

流産をしてしまうと、お母さんは自分を責めてしまいがちです。予防ができたのではないか、無理をしたのがいけないのではないか、仕事をしていたのがいけないのではないかなどです。

しかし、流産のほとんどは胎児側に原因があるとされています。先天的な遺伝子異常があり、流産してしまうのです。だから防ぎようがなく、自分を責める必要はありません。

スポンサーリンク

流産と診断されたけどつわりが続いている

kana

ここでは、流産後のつわりについて説明します。

流産後もつわりがある

つわりは、早い人で4周目あたりから始まります。繋留流産は、子宮内に胎児や絨毛などが残ることから、体が妊娠を継続していると思ってしまうのです。ですから、流産をしてしまっているのに、つわりが続く人もいて、なかなか事実が受け入れられないこともあります。

ひどいつわりが急に治まる人もいる

逆に、それまではひどい吐き気に悩まされた人が、急に治ることもあります。この場合も、つわりの時期が終わったと思って、流産に気づかない人がほとんどです。
人によっては、ある日突然、いつもなら起きてもムカムカする体が、すっきり気持ち良く起きられというケースもあります。そういういつもと違う症状がある場合は、流産を疑って病院を受診してみてもよいでしょう。
スポンサーリンク

つわりは妊娠経過が順調な証拠?

kana2]

妊娠時のつわりについて説明します。

流産後もつわりが継続されるケースがある

よくつわりで苦しんでいると、赤ちゃんが順調に育っている証拠だなどと言われることがあります。たしかに、つわりを感じて初めて妊娠に気づくというパターンが一番多いでしょう。
だから、つわりが続いている間は、流産を疑う余地もないかもしれません。ですが繋留流産の場合は、先にも述べたとおり、胎児が子宮内に留まったままなので、つわりが継続される場合もあります。

そもそもつわりを感じない人もいる

妊娠経過が順調で、無事に出産した人の中には、つわりを全く感じなかった人もいます。逆に、出産までずっとつわりが続く人もいます。程度の違いや、本人の感じ方にもよるのかもしれないですが、そもそもつわりを感じないから、流産をどこで疑ったらいいかも分からないという人もいるでしょう。
つわりは、必ずしも常に、妊娠経過が順調であるというバロメーターにはならないということです。 
スポンサーリンク

流産後のつわりはいつまで続くの?

kana3

繋留流産後のつわりの継続期間を説明します。

すぐに治まる人もいる

昨日まではひどかったつわりが、次の日にはピッタリ治っているという人もいます。繋留流産の時期は、まだ胎動は感じられないので、つわりの突然の終了には気をつけましょう。産婦人科で受診をしてみてください。

流産手術をするまで続く人もいる

胎児が子宮内に留まっているのだから、つわりが続いても当然です。手術をして胎児がいなくなって初めて、つわりが治る人もいます。

この場合、つわりがなくなったことで、より流産を実感してしまい、悲しみも余計に増すお母さんも多いです。

スポンサーリンク

繋留流産後もつわりが続く場合がある

happa

ここでは、流産後もつわりがあるケースを説明します。

つわりが始まる人もいる

検診時に、流産の可能性を診断される人もいます。この場合は、心音が確認できてもいい時期に確認できないとか、胎児の成長が遅いなどです。ただし、はっきりと流産を診断されたわけではなく、あくまで可能性です。お母さんとしては、希望を持ちたいと思うのは、当たり前の心理でしょう。

さらに、そのような診断後につわりが始まる人もいます。なおさら、流産の可能性を受け入れ難いはずです。これは、おそらくつわりの感じ方の違いによるものでしょう。

早く感じる人もいれば、遅く感じる人もいます。子宮内に胎児がいるのですから、つわりが始まってもおかしくはありません。その後に流産に至ったというケースもあります。

つわりがひどくなる人もいる

流産の可能性を診断される、もしくは流産と診断されてから、つわりがひどくなる人もいます。これは、繋留流産の特徴によるものの可能性が高いと思われます。つわりのメカニズムは、未だはっきり分からないのが事実です。つわりの有無が、その後の出産に至るまでとは、関係ないことも多いのです。

だから、流産後にも胎内に胎児がいることで、つわりが進行する場合もあるのです。体は妊娠が継続していると判断するため、手術をするまではつわりが続く人もいます。これが、繋留流産の判断の難しさ、気持ちの切り替えの難しさではないかと思います。

スポンサーリンク

繋留流産をつわりで判断するのは難しい

繋留流産の判断の難しさを説明します。

muzu

つわりの判断の難しさは繋留流産の特徴にある

繋留流産は、胎児が留まっているという状態により、自覚症状が出にくく、判断はとても難しいと言えます。つわりの症状も、人によって様々です。元々つわりを感じない人、つわりが続く人、始まる人などがいて、気持ちが振り回されることが多いでしょう。赤ちゃんがお腹にいるのに、流産と思いたくない、そう感じるお母さんも多いはずです。

つわりだけで流産を判断するのはとても難しいですが、今まであったつわりが突然なくなった場合には、流産を疑ってみてもよいでしょう。胎児を胎内に留まらせたままにすると、今度は母体にも影響を及ぼしていきます。とても辛いことですが、病院で適切な対応をしてもらうことが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

kyuusoku

繋留流産に限らず、流産そのものはお母さんたちにとって、非常に辛い出来事です。その中でも繋留流産は、お腹に赤ちゃんがいるだけに、簡単に納得できるものではないでしょう。つわりが始まったり、続いていてはなおさらです。つわりの症状も人それぞれで、つわりがあるから妊娠は順調ともいえません。

また、つわりがないから異常ともいえなく、つわりだけの判断は難しいのが事実です。ただ、ひとつの目安にはなるときもあるので、妊娠中は自分の体を注意深く観察するのも大切です。

繋留流産は、お母さんに責任のあるものではありません。悲しい気持ちは簡単には癒えないと思いますが、少しずつ前向きになり、また赤ちゃんを迎えられるようになりましょう。気持ちをリラックスさせていくことが、流産を経験したお母さんには、一番必要なことです。

関連記事として、

妊娠初期の流産の原因とは?予防方法も合わせて紹介!

胎児の大きさの平均はどのくらい?小さ過ぎるのは危険なの?

高齢出産のリスクを紹介!出産する時の注意点とは?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする