余裕のある人とない人の違いは?性格や特徴を理解しよう!

同じことをしているのに、余裕のある人とあくせくしている人がいますよね。「余裕がある人」とは「心にゆとりのある人」です。

余裕のある人は、自分に自信を持っています。いつも堂々として落ち着いた態度なので、周囲の人たちから信頼されます。「余裕がある」ことは、社会的地位や高収入とは無関係です。その人の心の持ち方や生き方の問題です。

余裕のある人の特徴とあくせく焦る人の違い、余裕があるひとになる方法についてお伝えしますね。

余裕のある人とはどんな人?

woman-3083379_960_720フレンドリーな女性

「余裕のある人」とは「心にゆとりのある人」です。「お金に余裕がある」お金持ちや「力に余裕のある」社会的地位の高い人ではありません。お金持ちでも社会的地位の高い人でも、余裕が少しもなく、常にあくせくしている人が少なくありません。

「余裕のある・ない」は、その人の生き方・心の持ち方で決まります。余裕のある人は魅力的です。周囲の人たちから信頼されます。余裕のある人には共通の特徴があります。

①自分に自信がある・自己肯定感が高い

心に余裕のある人は自己肯定感が高く、自分自身に自信を持っています。「自己肯定感」とは「自分はかけがえのない存在だ」「自分は生きる価値のある存在だ」と感じている心の状態です。自分の長所も短所もありのままに受け入れることができます。

他人と比較しない

余裕のある人は、自分と他人を比較しません。比べるのは「過去の自分自身」です。過去の自分と比べて「どれほど成長できたか?」「どれだけ自分の才能や長所を伸ばせたか?」を考えます。「自分は自分。他人は他人」という考え方ができます。

他人をライバル視しないので、だれとでも親しくなれる

「○○より出世が遅い」「△△より知識やスキルが劣っている」などと考えると、他人に劣等感を持つようになります。余裕のある人は他人と比較しないので、他人をライバル視しません。だれとでも親しくなり、良好な人間関係を築けます。

他人の目を気にしないで、自分から行動する

余裕のある人は自己肯定感が高いので、他人の評価を気にしません。自分自身の中にしっかりした評価基準を持ち、自分自身を評価して認めることができます。次のモチベーションを高めて、自分から積極的に行動します。

自己肯定感が低いと、他人の評価をとても気にします。他人が自分をどう見ているか、いつも気にします。他人の評価基準に合わせようとするので、心の余裕を失います。

常に堂々としている

自己肯定感が低く自分に自信がないと、焦りや不安を強く感じます。焦りや不安に押しつぶされて、仕事のミスや失敗が多くなります。ますます自信をなくしてあくせくします。

自己肯定感が高く自分に自信があると、心に余裕が生じます。余裕のある人は他人の目や他者との比較を気にしないので、常に堂々としています。いつでもどのような場面でも、相手に自分の考えや気持ちをしっかり伝えることができます。

②常にポジティブ思考である

余裕のある人は、常にポジティブ思考です。どんな時でも、物事の明るい面や良い点を見ようとします。ネガティブ思考に陥る前に、悪い状態を改善する方法を考えます。

ミスや失敗を素直に認める

余裕のある人も、ミスや失敗をします。ミスや失敗を素直に認めて、反省します。でも、自分を責めて落ち込むのではなく、ミスや失敗の原因を突き止めて二度とくり返さない方法を考えます。

自分を取り繕わない

余裕のある人は、ミスや失敗や弱点を素直に認めます。自分を良く見せようとして、小細工をしません。自分を取り繕わないので、いつも堂々としています。

トラブルも明るく考える

余裕のある人は、トラブルも明るく考えます。会社など職場の同僚やサークルの仲間に意地悪をされたら、「意地悪するのは、私に興味があるからだ」と考えます。大事なプレゼン当日に発熱してしまったら、「このところ無理を続けたから、神様が休めと言っているのだ」と考えます。

③視野が広い

余裕のある人は、視野を広げて考えることができます。物事をいろいろな角度から見ることができます。仕事を命じられたり任されたりしても、言われたことだけするのではありません。視野を広げて仕事の全体像を捉えます。周囲から信頼され、高く評価されます。

他人の話を冷静に聴く

視野が広いと、他人の話を冷静に聴くことができます。自分の意見と異なる意見をしっかり聴いて判断し、自分の考えや計画を修正します。

意見を出し合って議論する場でも、余裕のある人は冷静さ・平常心を保てます。トラブルを回避して、冷静に話し合うようにします。

④人に優しい

余裕のある人は、人に優しく接します。余裕のない人は自分のことで頭がいっぱいになり、他人を思いやったり気を遣ったりすることができません。

人や物事に寛容

余裕のある人は、人や物事に寛容です。会社の同僚や後輩がミスや失敗をしても、広い心で受け止めます。ミスや失敗を責めるよりも、対処方法を一緒に考えます。

価値観・世界観・倫理観が異なる人とも話し合い、頭から相手を否定したり拒絶したりしません。だれとでも親しくなることができます。

周囲に気を配る

余裕のある人は、周囲の人たちに細かく気を配ることができます。手助けや協力を求められたら、時間や能力に余裕がある限り快く手を貸します。

柔らかい雰囲気で話す

余裕のある人は、常に穏やかな笑顔を絶やしません。柔らかな親しみやすい雰囲気で話します。だれでも、話しかけやすくなります。どんなに忙しい時でも早口にならないで、相手が聞きやすい速度で話します。

相手が話しやすいように気を配る

余裕のある人は、相手が話しやすいように相槌を打ったりうなずいたりします。相手が「もっと話したい」「もっと聞いてもらいたい」という気になるように、気を配ります。

相手を頭から否定しない

相手がトラブルや悩みを打ち明けた時、余裕のある人は頭から否定しません。「あなたが間違っている」「そんなことをしてはダメだ」などと、決して言いません。

また、「あなたが正しい」「それで良い」などと肯定することもしません。相手に話したいだけ話させて、頭の中が整理できるようにします。そして、相手の人自身に判断させ、結論を出せるようにします。

余裕のある人とない人の違いは?

tablet-843798_960_720余裕のある女性

余裕のある人と余裕のない人の違いは、行動によく表れます。特に仕事や何かの活動をする場面で、違いがハッキリします。余裕のある人は、自分のしたいこと・やるべきことをよく知っています。余裕のない人は、あれもこれも抱え込んで身動きがとれなくなります。

①余裕のある人は優先順位をつけられる

人間は、時間にも能力にも体力にも限りがあります。何もかも全部することはできません。余裕のある人は、物事の優先順位をきちんとつけられます。

自分のしたいこと・するべきことが明確である

余裕のある人は、自分のしたいこと・するべきことが明確にわかっています。特に仕事では、「するべきこと・する必要のあること」と「どうでもいいこと」をきちんと区別します。

余裕のない人は、「するべきこと」と「できればする方がいいこと・するのが理想的なこと」の区別がつきません。「できればする方がいいこと」まで「するべきこと」の中に入れてしまうので、時間的にも能力的にも余裕がなくなります。

「できればする方がいいこと・するのが理想的なこと」は、「どうでもいいこと」の中に入れて、時間的・能力的に余裕があればするようにします。

するべきことにも優先順位がある

「するべきこと・しなければならないこと」にも優先順位があります。余裕のある人は、「重要性・緊急性がある」「重要だが急ぐ必要はない」「時間がある時にする」などと、するべきことに優先順位をつけます。何から始めれば良いか、しっかり把握しています。

余裕のない人は、目の前の物事・仕事を手当たりしだいに始めます。優先順位をつけないで作業するので、途中で急ぎの作業と入れ替えたりします。気ばかり焦りますが、仕事はなかなか進みません。

一貫した考えや計画に基づいて行動する

余裕のある人はするべきことを見極め、するべきことに優先順位をつけます。一貫した考えや計画に基づいて行動するので、ムダがありません。

余裕のない人は、その場しのぎで行動します。非効率的でムダが多くなります。忙しくなるばかりで、ますます心のゆとりがなくなります。

②余裕のある人は時間の使い方が上手

余裕のある人は時間の使い方が上手です。1日の時間を上手に調整して、心にも身体にもゆとりができるようにします。

するべきことにかかる時間を正確に把握する

余裕のある人は、するべきことにかかる時間を正確に把握しています。かかる時間から逆算して、仕事の計画を立て段取りを整えます。

万一に備えて調整時間を組み入れる

余裕のある人は、スケジュールを組む時に「万一の事態」を考えます。突発的なトラブルや想定外の出来事で、スケジュール通りに進まない可能性があります。遅れを調整できる時間の余裕をスケジュールに組み入れます。予想以上に時間がかかっても、調整時間を組み入れておけば、慌てることはありません。

余裕のない人は、万一の時の調整時間を考えません。スケジュール通りに物事が進まないと、時間に追われてあたふた慌てることになります。

スケジュール管理ができている

余裕のある人は、自分のスケジュール管理がしっかりできています。上司や同僚から急な仕事を頼まれても、的確に判断して応えることができます。状況によっては「No」と言うこともあります。

スケジュール管理が甘いと、周囲の信頼を失う

余裕のない人はスケジュール管理が甘いので、上司や同僚から急な仕事を頼まれると「なんとかなるだろう」と考えて引き受けてしまいます。しかし、スケジュール調整ができず、引き受けた急用をする時間が取れなかったり本来の仕事が遅れたりすることが多々あります。上司や同僚など周囲の人に多大な迷惑をかけることになり、信頼を失います。

余裕のある人は実行不可能なスケジュールは組まない

余裕のある人は、自分の能力と使える時間を正確に把握しています。緊急な場合や想定外の場合を考えて、余裕のあるスケジュールを組みます。いつも早めに終われるように、予定を立てます。予定を詰め込み過ぎて実行不可能になるような、過密スケジュールは組みません。

身の周り・頭の中が整理整頓できているので、ムダな時間をとらない

余裕のある人は、デスクやPC画面など身の周りがきちんと整理整頓できています。身の周りを整理整頓すると、頭の中もスッキリ整理できます。

身の周り・頭の中が整理されていると、何か頼まれてもすぐにとりかかることができます。必要な物や書類を探してムダな時間をとることがありません。

余裕のない人は、身の周りも頭の中もゴチャゴチャに散らかっています。ボールペン1本探すのに、ムダな時間を使います。

③余裕のある人は頭の切り替えが早い

余裕のある人は、集中する時とリフレッシュする時の頭の切り替えが早くて上手です。今、職場の仲間達と笑っておしゃべりしていたのに、次の瞬間にはデスクに向かって仕事に没頭できます。

するべきことを集中してできる

余裕のある人は、するべきことに集中できます。他の人の目や思惑など気にせず、目の前のするべきことに意識を集中させます。するべきことに集中して取り組むので、ミスも少なく時間もかかりません。

余裕のある人は頭の切り替えが早いので、どんな場面にも迅速に対応できます。仕事に集中して取り組む姿勢は、周囲の人たちから信頼され高く評価されます。

リフレッシュ効果を知っている

余裕のある人は、休憩の必要性やリフレッシュ効果をよく知っています。スケジュールに、休憩や休暇をきちんと組み入れています。休憩や休暇を適宜にとると、頭脳や身体が疲労回復して仕事の効率がアップします。

余裕のある人は、休憩時間や休暇中は仕事のことを考えません。リフレッシュ休暇を目いっぱい楽しみます。でも、休憩や休暇が終わるとすぐに頭を仕事に切り替えて集中できます。

余裕のない人は、忙しい時に休憩したり休暇をとったりすることを悪いと思います。頭脳や身体の疲労回復をしないで仕事を続けるので、効率が低下しミスが多くなります。

④余裕のある人は自分にできることを見極める

余裕のある人は、ありのままの自分を受け入れています。自分の能力をよく知っています。自分にできることとできないことを的確に判断し、無理はしません。

自分にできないことは断る

余裕のある人は自分にできること・できないことを的確に判断して、できないことは「できません」とハッキリ断ります。上司や先輩に頼まれると断りにくいものですが、自分の能力以上のことや時間的余裕がない時は、ハッキリ断る方が迷惑をかけません。

余裕のない人は断り切れずについ引き受けて、ミスやトラブルを生じます。上司だけでなく会社に多大な迷惑をかける可能性もあります。かえって上司や周囲の人たちの信頼を失います。

独りでできない時は助けを求める

自分の能力・知識・スキルでは間に合わない仕事を頼まれたり、時間調整が無理な時に急な仕事を頼まれたりすることがあります。余裕のある人は何でも独りで抱え込もうとしないで、周囲の人たちに助けや協力を求めます。

余裕のある人は、自分の手が空いている時や時間のある時は周囲の人たちに進んで協力しています。普段から良好な人間関係を築いているため、周りの人たちも快く助けてくれます。

余裕のない人は独りで仕事を抱え込む

余裕のない人は自分独りで何もかも抱え込もうとします。自分の能力以上の仕事でも時間がない時でも、周囲の人に助けてもらおうとしません。ミスや失敗をすることが多くなり、時間内に仕事を終わらせることもできません。ますます余裕がなくなります。

⑤余裕のある人は自分から行動できる

余裕のある人は、自分自身に自信を持っています。人から指図されたり頼まれたりしないでも、自分で考えて行動することができます。

自分から行動するので、さらに余裕ができる

余裕のある人は、仕事を頼まれたら自分で計画を立て段取りを整えます。頼まれた仕事を早く終えた時は、自分から上司や先輩のところへ行き次にする仕事の内容を聞きます。「次には、この仕事を頼まれるだろう」と先読みして、できることを準備します。

自分から行動するので仕事の内容を早く把握し、段取りも良いので短時間で終わらせることができます。さらに余裕ができます。

余裕のない人は指示されないと動かない

余裕のない人は、上司や先輩から指示されないと動きません。指図されたことだけします。指示されてから行動するので、仕事の内容を把握するにも作業を進めるにも時間がかかります。時間に追われて、さらに余裕がなくなります。

余裕のある人になろう!

woman-1820868_960_720ゆとりのある女性

余裕のある人になると、会社など職場でも地域社会やサークルでも家庭内でも良好な人間関係を築くことができます。心にゆとりがあるので、だれにでも優しく親切にできます。時間を有効に遣い、自分自身の人生を楽しむこともできます。常に堂々として魅力的です。

余裕のある人になる方法は難しくありません。心の持ち方や考え方をちょっと変えるだけで、余裕のある魅力的な人間になれます。

①自分自身を大事にする

余裕のある人になるためには、まず自分自身を大事にします。自分を「かけがえのない存在」で「生きる価値のある人間」と考えます。ありのままの自分を受け入れると、短所・欠点・弱点だけでなく長所・強みも見えてきます。

自分の行動・発言・考え方に自信を持つ

自分の行動・発言・考え方について、他人が「どう思うか?」と気にすることをやめます。自分が一生懸命に考えて行動したり発言したりしたのであれば、独自の価値があります。自分の行動・発言・考え方に自信を持ち、落ち着いて堂々と振る舞います。

自分をいたわる

忙しくても頑張ってる自分を、自分で褒めます。時には、好きなことをしたりおいしい御馳走を食べたりして、自分に御褒美をあげます。

睡眠不足・栄養バランスの崩れ・過労など自分の健康に気を配ります。健康を損ねていると、心のゆとりを失います。ゆっくり休んで、頭と身体の疲労を回復させます。

身体を動かして気分転換をする

心に余裕を持つためには、気分転換が必要です。休暇を取って旅行に行くなど日常と異なることをするのも良いのですが、手軽にできる気分転換は、身体を動かすことです。朝のジョギングや散歩・仕事帰りにジムに行くなど、身体を動かして汗をかくとストレス解消にもなります。ヨガ・ジャズダンスは気分転換に最適です。女性なら、衣装を着けて踊る社交ダンス・フラダンス・フラメンコ・日本舞踊などもオススメです。

深呼吸をする

深呼吸すると、副交感神経を刺激してリラックスできます。忙しい時は深呼吸して、心を落ち着けるようにします。

②物事に優先順位をつける

自分が何をおいてもしたいこと・自分が本当にしなければならないことを見極めます。自分が今するべきことを明確にします。するべきことにかかる前に、物事に優先順位をつけます。

するべきことの中の「重要で急ぐこと」から手をつけます。するべきことに優先順位がついていれば、大事なことを忘れたり抜かしたりすることはありません。

新しいことを途中で頼まれた場合も、優先順位を考える

自分が仕事を進めている途中で新しい仕事・他の仕事を頼まれることが、よくあります。つい、新しく頼まれたことを先にしてしまいますが、この時も今自分が抱えている「するべきこと」との優先順位を考えます。より重要でより緊急性の高いことを優先させます。

③時間を大事にする

時間を大事にして上手に使うと、時間的な余裕ができます。時間に追われずゆったりできると、心にもゆとりが生じます。

無理のないスケジュールをしっかり立てる

自分のスケジュールをしっかり管理します。スケジュールを立てる時は無理に予定を詰め込まず、多少の予定のズレをカバーできるように時間を調整します。スケジュールが管理できると、次にするべきことがわかります。休憩時間や休日を削ることがなくなります。

1日の時間配分を決めて、その通りに行動する

1日の時間を上手に配分して、その通りに行動します。時間配分は、用事が多少前後してもいいように10分程度余裕を持たせます。

会社の同僚や友人から「もう少し長引いてもいいよね?」「10分程度で済むから、これをして」などと頼まれた時は、「次の予定があるので、もう5分だけなら」などと応じます。

ムダな時間をなくす

時間配分通りに行動するためには、身の周りや頭の中を整理整頓して、必要なモノを探してムダな時間を使わないようにします。

あえて人のために時間を使う

1日の時間配分をする時、あえて人のために使う時間を設けます。会社など職場で同僚や後輩を手伝う時間を作るようにします。自分のことだけで手いっぱいになっているよりも、人のために何かする方が心の余裕を感じることができます。

④無理をしない勇気を持つ

余裕のある人になるためには、ありのままの自分の能力や持ち時間を正確に見極めます。自分の能力・体力・持ち時間で、できることとできないことを見極めます。

「できません」と断る勇気

上司や先輩から「○○をしてくれ」「この仕事を頼む」と言われた時、断ることはなかなかできません。でも、今自分が抱えている仕事の量・進行状態・重要性・緊急性と自分の能力・体力・持ち時間を考えると、引き受けられない場合が多々あります。

様々な要素をよく考えて「引き受けるのは無理」と判断した時は、「申し訳ありませんが今は手いっぱいで、その仕事を引き受けることはできません」と言う勇気を持ちます。

他人に頼る勇気

上司や先輩から重要で緊急な仕事を頼まれた時に「できません」と断ると、会社に迷惑をかけてしまう可能性が大です。無理をしても、やるしかありません。しかし、自分の能力・体力・持ち時間を考えると、「やり遂げることはできない」とわかります。

その時は、同僚や先輩など他人に手助けや協力を頼みます。他人に頼る勇気を持ちます。

普段から他人を助けるようにする

他人に助けてもらうには、普段から他人を助けるように心がけます。自分の仕事が終わっても、同僚や後輩が忙しくしているのを見たら、自分から手伝いを申し出ます。上司や先輩の仕事を積極的に手伝うようにします。普段から周囲の人たちのために働いていれば、困っている時に快く助けてもらえます。

普段から能力を高める努力をする

「できないことは、できません」「自分にはできないので、手伝ってください」と言っているだけでは、自分の能力・知識・スキルを伸ばすことはできません。上司・先輩・同僚から「やる気がない」と思われ、信頼されなくなります。それどころか、自分も仕事に対するやる気や意欲を失います。

能力の高い人間だからこそ「できません」「手伝ってください」と言える

「できません」「手伝ってください」と言うためには、普段から自分の能力・知識・スキルを高める努力を怠らないようにします。任された仕事をミスなくやり遂げて、常に結果を出すようにします。自分の能力以上の仕事にも、挑戦する意欲と勇気を持ちます。

「デキる人間」だからこそ、「できません」「手伝ってください」と言うことができます。

⑤自分から行動する

余裕のある人になるためには、常に自分から行動するようにします。指示を待たなくても行動できるように、自分の能力を高めておきます。指示や命令を待ってから行動するよりも、時間的な余裕ができます。自分で考えて行うので、ミスや失敗も少なく結果を出せます。自分に自信が持てて、心に余裕が生じます。

まとめ 余裕のある人は時間の使い方が上手

余裕のある人とは「心にゆとりのある人」です。自己肯定感が高く、自分自身に自信を持っています。他人の評価を気にせず、自分と他者を比較しません。視野が広く寛大なので、だれとでも良好な人間関係を築くことができます。

余裕のある人は、時間を上手に使います。自分の本当にするべきことを明確に知っています。「してもしなくても、どうでもいいこと」に時間を使いません。するべきことにも優先順位をつけ、重要で緊急性の高いことから手をつけるようにします。するべきことにかかる時間を正確に予測して、スケジュールを組みます。不測の事態に備えて時間調整が可能なスケジュールを組むので、どんな事態になっても慌てることがありません。身の周りや頭の中を整理整頓して、ムダな時間を使いません。

余裕のある人はきちんと休憩や休暇を取り、頭と身体の疲労回復をします。頭の切り替えが早く、どんな状況にも迅速に対応できます。するべきことに意識集中して取り組みます。仕事の効率が上がり、仕事のミスや失敗も少なくなります。仕事が早く仕上がるので、時間にも心にも余裕ができます。

時間に余裕ができると、心にもゆとりが生じます。他人に優しく接することができます。自分から進んで他人を助けるようになります。周囲の人たちから信頼され、魅力的な人間になれます。

関連記事として

余裕がない人の特徴って?その原因と、心に余裕をもつ方法を知って対処しよう!

相手の立場に立って考える方法は?ビジネスにも活かすことができる?

これらの記事も読んでみてください!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする