人間関係がうまくいかない人の特徴と原因!家族・職場・学校での悩みを解決!

人の悩みのほとんどは人間関係の悩みだったりします。職場・家族・学校での友人関係との人間関係に悩んでいる人が多いようです。

ほとんどの人は人に好かれたい、みんなと仲良くしたいと考えているに違いありません。相手に気を使い、思いやり、好かれるように努力をする。なのにどうしてうまくいかずに人間関係の悩みを抱えてしまうのでしょうか?

その原因や問題となっている性格の特徴について見ていきましょう。

問題を解消する対策方法についても紹介しますので参考にして見てください。

人間関係がうまくいかない人の特徴

面倒くさい女

どこにいってもつまずいてしまい、なかなか人と仲良くなることができない。原因不明に相手に嫌われてしまったり、自分が話に参加するとなぜか盛り上がらなかったり、ぐさっと刺さる悪口を言われてしまったり。

そんな問題を引き寄せてしまう引力は実は自分の性格のある特徴が関係している可能性があります。その特徴について見ていきましょう。

自分に自信がない

自分自身に自信がないために素の自分を出せずに、中途半端な関係性になるので相手と話していてもあまり楽しめないという問題が発生しやすいです。

自分自身の意見や思考も相手に主導権を委ねてしまいただのイエスマンになってしまいます。

そのうち相手もあなたの自信がない姿に気づいて興味を示さなくなってしまいます。人は誰しも高め合える存在や安心できる存在をそばに置いておきたいものです。

しかし自信を持っていない相手で常に傷つくことを恐れリスクを取らない人間とは、付き合っていて面白くありませんし、疲れてしまいます。

相手が傷つかないように言葉を選ぶことも楽ではありません。自信がない姿を相手に見せて気を使わせないようにする必要があるでしょう。

人の目を気にしすぎている

周囲の目を気にして自分の好きなことができない。発言をするときに人の目を気にしてセーブしてしまう。人に気を使いすぎてしまう。こんな人もコミュニケーションを楽しむことができずに悩んでしまう人の特徴です。

人の目を気にしすぎることで自分の本当にやりたいことができずに、行動を勝手に抑制して遠慮してしまいます。

実際に誰も気にしていないのに勝手に否定された気になって落ち込んでしまう、そんなことも少なくありません。

八方美人で誰とでも仲良くしようとする

著名人の嫌われる勇気という本があります。嫌われることもときには重要で、誰にでも好かれようとする考え方が自分の個性を殺し、型に嵌ることを自分から行ってしまっている。

これは教育の問題や、昔からの日本の国民性でもあるのですが、それが原因で世界を股にかけるような大きな会社が日本から排出されない原因にもなっています。

つまり八方美人で誰にでも好かれようとすることを意識すると面白みのない性格になってしまうということです。面白くないのは相手だけでなく自分でも同じようにつまらないと感じているので、自分でも自分のことを好きになる個性を持つことができずに悩んでしまうのです。

空気が読めない

これから話が盛り上がるというときにトイレに行ったり、男女二人でいい雰囲気の所に急に割り込んで行ったり、みんな疲れていてこれから帰ろうとしているのにカラオケにいこー!などと誘ったり、空気が読めないと相手の中にどんどん不満がたまり相手にされないようになります。

そして相手にされなくなって初めて気づくのです。「自分はハブられている」と。

どこで空気を読み間違えたのか、そのシーンを思い出して次から注意しましょう。一度失った信頼はなかなか取り戻せません。

このタイプの人は自分に熱中しすぎな人なので、ちょっと周囲の意見や目線もしっかり確認して発言ができるようになりましょう。

自分と合わない人と仲良くしようとしている

社会人になると人を選ばず誰とでも会話ができる人が最適となるのですが、学校や友達関係の間柄だと特定の友達と極端に仲良くなってコミュニティーを形成する傾向があります。

この輪に入れないとスクールカーストの問題からいじめの対象になることも少なくありません。

しかしもっとも問題なのが、友達になる相手を間違えることです。自分と価値観や趣味の違いすぎる友達を無理に作ってしまうと、それこそいじめに繋がってしまったり全然楽しめない学生生活を送ることになります。

学校では特になかなか世界が開けないので、一度友達作りに失敗してしまうと1年〜3年を棒に振ってしまうことも少なくありません。

弱気な所を見せてしまうと一番良くないので、あまり下手に回らないように対等な関係を築けるように自分に自信を持ちましょう。

人間関係がうまくいかない本当の原因

無口な人

人間関係がうまくいかない問題には原因があります。

それぞれの性格もありますし、それぞれの事情や環境の影響もありますので自分で性格な原因を突き止める必要はありますが、主な原因となっている事柄について紹介していきたいと思います。

相手に対して心が開けていないから

うわべで相手に合わせていませんか?本当に相手に対して心が開けていますか?いきなり心を開けと言われてもできない人がほとんどでしょう。

しかし家族や長い間親しくしている友達にも心が開けていない場合、それはあなた自身が相手に対して心の壁を作っていることが原因かもしれません。

自分自身が傷つきたくないために、心に壁を作って逃げているのです。

高いところからジャンプするのが怖い感覚と同じで、本当の自分をさらけ出すのが怖いのでついつい周囲が好きな人間を演じてしまっています。それが原因でストレスがたまり楽しめない問題が発生しているでしょう。

相手の意見を聞けていない

「相手と話が合わないな」「相手の話がつまらない」と感じているのはあなたが興味を持って相手の話を聞けていないことが原因かもしれません。

誰しも興味のない話を聞いている時はつまらないものです。しかしそのつまらないと思っている感情を表情や態度に表してしまうと相手も気分を害してしまい対立の関係になってしまいます。

人間関係を構築する上では常に聞き手の存在が重要となります。つまらない話でもつまらないという態度で聞かれるよりも、はっきりと「つまらない」「わからない」「こういう風に話して」と言われる方がいもちがいいですし、い互いに楽しい会話ができる対策にもなります。

空返事で相手に適当に返事だけして話の内容を聞いていないということがもっとも関係を悪化させるので相手の話はしっかり聞いて”会話”として楽しむようにしましょう。

お互いに本音で話せていない

相手に対して本音でぶつかることができずに、うわべで付き合っていませんか?本音で話さずにいつまでも相手の嫌なところや、問題点に目をつむっているとそのうち大きなズレや問題になって自分たちにのしかかります。

その時にあの時自分が言わなかったことが原因でもあるのに、相手に責任を全てなすりつけて自分は被害者だ!という意識が強くなりトラブルに発展します。

これは逆もしかりです。コミュにケーションに置いてどちらか一方が悪いという問題は存在しません。必ずどちらとも悪いのです。

自分の本音を相手に伝えるには覚悟と勇気が必要です。しかしその覚悟と勇気が相手の心をノックする大きな一歩になるのです。

人間関係の悩みを解消する対策法

asia-1822460_960_720看護師

いま現在人間関係に悩んでいる人は、それをどう解決するかの解決法を持ち合わせてはいないでしょう。

具体的にどのような対策をとったらいいのかについて紹介していきます。

嫌な人はどこにでもいる!いい人を味方にしよう!

あなたを傷つける人と仲良くしてはいけないというシンプルな答えです。

嫌な人も全ての人に対して嫌な人として接しているわけではありません。何かしらの原因やその人なりの理由があってあなたに悪意をぶつけている可能性が高いですが、その理由は聞いてもわかるものでもありませんし、理不尽な場合がほとんどです。

自分に対して人間関係を悪化させるような人とはできるだけ関わらないようにすることが最適です。自分にとって有意義な関係を築ける人とのみ関係を持ってまずは土台を固めましょう。

自分にとっての心の拠り所を見つけよう

多くの人が相談ができる相手を見つけることができずにネットの中に答えを探そうとしている人が多いです。

しかし本当にあなたの問題を解決してくれるのは、面と向かって相談に乗ってくれる誰かです。理解者として自分の話を聞いてくれて、共感しあえる存在です。

その心の拠り所を見つけてください。

どんなに職場や家庭や学校での人間関係に問題があってもどこかに自分が自分らしくいられる場所をもっていれば人は踏ん張ることができます。

自分にとって嫌なことしかないそのコミュニティーは世界の一部の環境のみであることを認識しましょう。

絶対に相手の意見に同意しない

特に悪口や噂話などに同調しないこと。うまくはぐらかすことができるのであれば、単なる愚痴に付き合ってあげるつもりで軽く相槌を打ってあげてもいいでしょう。

しかし絶対に一緒になって否定したり悪口を言ってはいけません。

そして相手からの否定や嫌がらせには一部意見として認識しながらも表面的には絶対に受け入れることをしてはいけません。自分で自分のことを卑下したり、相手に同調してしまうとどんどん相手の行為はエスカレートします。

途中で話を切ったり、時には無視をするなどして断固拒否する姿勢を崩さないようにしましょう。

あまり自分を否定しない

自分に厳しくストイックにすることはいいことです。

しかし自信を失ってしまうほど「自分はダメな人間だ」と卑下したり否定することはやめましょう。何もいいことはありません。

活動意欲を失うだけですし、他者からのマイナス意見と合間ってさらに精神が病んでいく原因になります。

自分では絶対に自分のことを卑下しないようにして、決して「自分は人間関係を構築するのが下手な人間だ」と落ち込まないようにしましょう。

どんどん表情が暗くなり、いい人も寄ってこなくなりますよ!自分が楽しめていた時期の思考回路に失敗の経験や、嫌な人への対策方法などを付け足して、以前よりも楽しく器用に人間関係を構築できるようになれるはずですので諦めないようにしましょう。

まとめ

人間関係に悩みマイナス思考になってしまう人は多くいます。常に40%近い人が人間関係に何かしらの悩みを抱えていて、それは社会人になってもなくなることはありません。

人間関係を原因に転職をしたり発達障害などを疑う人も少なくありません。

たまたま同じ場所に居合わせた同年代や会社の上司との価値観の違いやズレに戸惑うこともあるでしょうが、たくさんの経験をして苦手意識を無くしてコミュニケーション能力を高め、誰とでも楽しく会話ができるようになりましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

面白い人に共通する特徴ってなに?実は賢い人が多い?

愛想がいい人が実践している5つのこと!好かれやすい人になって得をしよう!

いじられキャラがモテるって本当?性格や特徴、脱出する方法も紹介!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする