職場で孤立する人の特徴や原因は?孤立した時の対処方法も紹介!

職場で孤立する人がいますよね。なんとなく周囲の人たちに嫌われて、職場に馴染めない人です。職場は毎日行って1日の大半を過ごす場所です。職場において人間関係がうまくいかず孤立すると、かなりつらいですね。仕事の意欲がなくなり、会社を辞めたくなる人もいます。

でも、孤立する原因がわかっていないと、転職した先でも再び孤立する可能性があります。

職場で孤立する人の特徴と原因、孤立しないための方法と孤立してしまった時の対策についてお伝えしますね。

職場で孤立する人の特徴と原因は?

lone-tree-1934897_960_720孤独

職場の中で嫌われたり敬遠されたりする人がいます。周囲の人たちと良好な人間関係を築くことができず、いつまで経っても職場に馴染めません。職場の上司・先輩に性格的な問題があって職場環境が悪い場合もありますが、たいていは孤立する人自身に原因があります。職場で孤立する人の言動には、共通点があります。人に嫌われるパターンがあるのです。

人間関係は自分自身を映す鏡のようなものです。自分の行動や態度や言葉に問題があると、周囲の人たちはそれに応じた接し方をします。職場で孤立する人は、意識しないで嫌われる言動のパターンをとっています。自分では孤立する原因がわかっていません。職場で孤立したために転職しても、新しい職場でまた孤立する可能性があります。

職場で孤立する人の特徴と原因は6つあります。

①周りの人たちに配慮しない・その場の空気が読めない

職場で孤立する人は、周りの人たちに対する配慮が足りません。周囲の人たち(上司・先輩・同僚・部下・後輩)に配慮しないので、その場の空気を読むことができません

無意識に周りの人たちをイライラさせる

職場ではお互いに協力して意識を集中させ、仕事を効率よく進めることが要求されます。会社では社員が協力して、職場の環境を仕事がしやすいように整えます。

でも、職場で孤立する人は周囲の人たちに対して気を遣いません。無意識に失礼な態度や行動をとったり大きな物音を立てたりして、周囲の人をイライラさせます。

無意識の鈍感さで、その場に相応しくない言動をする

職場で孤立する人には「無意識の鈍感さ」があります。「気を利かせる」ことができません。「会議」や「飲み会」など場面や状況に応じて、相応しい行動や態度や話し方をすることができません。場の空気感が読めず、TPOを全く考えません。

自己主張が強く、人のあら捜しばかりする

職場で孤立する人は、自己主張が強く他人の意見や考えを聞こうとしません。仕事をするには自己主張をすることは大事です。しかし、周りの人たちの立場や思いに配慮しないで、自分の意見や考えばかり主張すると人間関係に亀裂が生じます。

自分のキャリアアップしか考えない人は、会議・ミーティングで他の人の意見や提案のあら捜しばかりします。他人の意見や提案を否定して、自分の主張を押し通そうとします。こういう人は周りの人たちから敬遠されて、孤立します。

他人の仕事を手伝わない

職場で孤立する人は周囲の人たちに配慮しませんから、他の人が大量の仕事を抱えて困っていても手伝おうとしません。自分の仕事を終えてしまうと、他の人たちが忙しくしていても「自分には関係ない」という顔をします。上司や先輩まで残業していても、平然と帰ります。

②感情を顔や態度に露骨に表す

職場で孤立する人は、感情を剥き出しにする傾向があります。「嫌だ」「不快だ」という感情を顔に表したり、そっけない態度を取ったりします。不快な感情を剥き出しにされると、周囲の人たちは対応に困ります。職場の仲間たちは大きなストレスを受けます。余計なストレスを受けたくないので、感情を露骨に表す人を避けるようになります。

「他人から評価されたい・好かれたい」という心理が強く働く

感情を顔や態度に露骨に表す人は、「他人から評価されたい」「他人に認めてもらいたい」「他人から好かれたい」という心理が強く働いています。そのため、ミスを指摘されたり失敗を叱責されたり自分の意見が通らなかったりすると、子供がダダをこねるように感情を顔や態度に露骨に表します。

上司も先輩も感情を露骨に表す人の扱いに困って、ストレスが溜まります。自然に評価が下がり、嫌うようになります。

劣等感が強い

「他人から評価されたい」という欲求が強い人は、劣等感が強く自分に自信が持てないタイプです。無意識に自己否定しています。

劣等感が強く自信がないと、自分の弱みや欠点を他人に知られたり指摘されたりするのを嫌います。ミスや失敗を指摘されると自己防衛の心理が働いて攻撃的になり、感情を露骨に表す傾向があります。

相手によって態度を変える

「他人から評価されたい」「他人から好かれたい」という心理が強く働くと、自分と価値観や世界観やルールの違う人を毛嫌いして「排他的な態度」をとる可能性があります。自分を受け入れてもらえそうにない人に対しては、自己防衛の壁を高くして距離を置きます。

逆に、自分に利益をもらたす人・自分と同じ価値観や世界観やルールの人に対しては、親しみを示します。相手による利害関係を考えて態度を変えると、だれとも信頼関係を築けません。

③仕事ができない・マイペースすぎる

仕事が遅い・何度教えてもできない・指示通り作業できない・仕事のスキルが低すぎる人は、職場で孤立する可能性が大です。会社は、支払う給料に見合う仕事をすることを社員に要求します。社員は、仕事をやり遂げて会社の業績を上げることを望んでいます。仕事ができない人は業務に支障を生じさせます。職場の仲間に嫌われ、距離を置かれるようになります。

マイペースな人は周りをイライラさせる

仕事には必ず納期や期限があります。マイペースな人は納期や期限を重視しません。期限に間に合わせるように努力する様子も見せませんし、職場の人たちが納期までに仕事を仕上げるように頑張っていても自分のペースを崩しません。周りの人たちはイライラして、ストレスが溜まります。マイペースすぎる人を嫌うようになります。

仕事がだらしなく、がさつ

職場で孤立する人は、仕事がだらしなくてがさつなタイプが多いようです。仕事がだらしないだけでなく、身形など外見も態度も行動もだらしなくてがさつです。

ネチネチと細かいことにこだわる

職場で孤立する人には、細部にこだわるタイプもいます。どうでもよい細部にこだわる神経質な性格で、他人の迷惑や思惑など全く気にしません。

一緒に仕事をすると、細かいことにネチネチこだわって他人のあら捜しばかりします。仕事が進まず、仲間はイライラします。上司や先輩が仕事を教えても、細かい質問が多くて上司や先輩を閉口をさせます。

言い訳・言い逃ればかりで責任をとらない

人間にはミスや失敗はつきものです。職場で孤立する人は、自分のミスや失敗を認めようとしないで言い訳や言い逃ればかりします。

劣等感が強く自分に自信が持てないので、自分の非を認めることが怖いのです。自分の失敗の責任をとろうとせず、他人に責任を転嫁することもあります。職場の人たちに嫌われて当然です。

④ネガティブ思考・ネガティブ発言が多い

職場で孤立する人は、ネガティブ思考です。仕事をしている最中でも、グチや不平不満や悲観論などネガティブ発言が多くなります。ネガティブ思考・ネガティブ発言の人は、職場の人から嫌われます。

ネガティブな発言で職場の人たちのストレスを増やす

仕事が順調に進んでいる時でも、ストレスがかかるものです。困難な状況になれば、職場の人たちにかかるストレスは増大します。それでも皆で協力して頑張っている時にグチや不平不満などネガティブな発言をすれば、ストレスがさらに大きくなります。職場全体のモチベーションを低下させます。

仕事が順調で職場の人たちが張り切っている時に、ネガティブな発言をされると雰囲気がシラケます。やる気がなくなります。

⑤態度が大きく、人に感謝したり敬意を払ったりしない

職場で孤立する人は、心の底に劣等感を秘めています。自分の弱みや欠点を他人に知られないために、常に他人より優位に立とうとします。自分の価値観やルールに他人を従わせようとして、偉そうに振る舞います。態度が大きくなります。

人に感謝したり敬意を払ったりする心の余裕がない

他人より優位に立とうとすることに熱中すると、周りの人たちに敬意を払う心の余裕がなくなります。相手の立場になって物事を考えることができません。周りの人に仕事を教えてもらったり手伝ってもらったりしても、感謝する余裕もありません。「ありがとう」という言葉が言えないのです。

チームワークができない

職場の人間のだれよりも優位に立つことばかり考え、他人に敬意が払えず感謝できない人は、お互いに助け合って仕事することができません。業務に支障が生じ、チームワークができなくなります。

⑥人との付き合いが下手

職場で孤立する人は、人との付き合い方が下手です。社交性がなく、コミュニケーション力が低いタイプです。職場では、自分から積極的に話しかけようとしません。先輩や同僚の意見を笑ったり否定したりします。自分から人との距離感を縮めようとしません。

仕事の後の飲み会や歓送迎会・懇親会・新年会・忘年会など会社のイベントに参加しても、周囲の人たちと巧く会話できません。いわゆる「ノリの悪い」タイプです。

イベントの楽しい雰囲気を壊すのは組織人不適格

会社で孤立する人は、飲み会や懇親会や仕事の打ち上げで皆が盛り上がっていても仲間に入れず、むしろ楽しい雰囲気を壊してしまいます。現在の社会では、飲み会や懇親会・新年会・忘年会などの会社のイベントに参加して雰囲気に合わせることが、組織の人間として必要です。

イベントの参加を拒否して自分の殻に閉じこもる

社交性がなくコミュニケーションが下手な人は、新年会や忘年会などの会社のイベントに参加するのが苦手です。「会社が終わった後の付き合いなど、何の意味もない」と、参加を拒否して自分の殻に閉じこもるようになります。

始めは参加するように誘ってくれた職場の仲間も、だんだん誘わなくなります。職場における孤立への道をまっしぐらに進むことになります。

職場で孤立しないようにするには?

giraffes-627031_960_720ディスカッション

学校を卒業して会社や役所などに勤める社会人となっても、職場で孤立してしまうと毎日の生活がつらくなります。転職した先の職場で孤立すれば、転職した甲斐がありません。職場で孤立すると、孤独感や疎外感ばかり強くなり人生が灰色に見えてきます。

今はまだ周りの人との孤立感や距離感を感じていなくても、ちょっとしたことで孤立してしまう可能性があります。普段から職場で孤立しないように注意することをオススメします。

[職場で孤立すると困った状態になる]

職場で孤立すると困った状態になります。

①孤独感が強くなる

職場で孤立すると、一人ぼっちで孤独感が強くなります。女性は男性よりも群れるのが好きですから、職場で孤立する女性は目立ちます。群れに入れない女性は疎外感に悩みます。

②嫌がらせやイジメのターゲットになる

職場で孤立すると、嫌がらせ(ハラスメント)やイジメのターゲットになります。だれも助けてくれる人がいない弱い立場と見ると、攻撃を仕掛けてくる人間がどの組織にもいます。孤立した人は職場での悩みが大きくなり、退職や転職を考えるようになります。

③仕事がスムーズにできなくなる

職場で孤立すると、上司・先輩・同僚とのコミュニケーションに支障が生じます。コミュニケーション不足のために、仕事がスムーズにできなくなります。予定変更や想定外の事態に対して、迅速に臨機応変に対処することができなくなる可能性があります。

[職場で孤立しないための6つの方法]

職場で孤立しないようにする方法の基本は、ありのままの自分を受け入れるようにマインドセットし、他人に思いやりを持ち敬意を払うようにすることです。

①自己認識のスキルを高くする

自己認識とは「自分がこの世に存在する」ことの理解です。自己認識のスキルを高くすると、自分の短所も長所も含めてありのままの自分自身を受け入れることができます。ありのままの自分自身の存在価値を自分で認める、自己肯定ができます。

「自分を評価して愛するのは、自分自身」とマインドセットする

「ありのままの自分を評価して愛するのは、自分自身である」とマインドセットします。すると、他人から評価されたり好かれたりすることを気にしないようになります。自分の隠している劣等感を知られることが怖くなくなります。人と素直に接触することができます。

「マインドセット」とは、個人としては「教育・経験・先入観などから形成される思考様式・心理状態」の意味です。「思い込み・価値観・信念・暗黙の了解事項」が含まれます。

相手を思いやる心の余裕が生じる

自己認識のスキルを高めてマインドセットすると、相手や周りの人たちを思いやる心の余裕が生じます。相手の立場になって考えることができます。

②仕事をする能力を高める

仕事ができない人やスキルの低い人は職場の仲間達の足を引っ張りますから、どうしても嫌われたりバカにされたりします。職場で孤立しないためには、まず普通の人と同じように作業できる力やスキルを身につけることです。仕事の能力をステップアップします。

仕事ができる人は周囲から信頼される

仕事をする能力が高く実績を上げる人には、上司も同僚・後輩も一目置きます。予定外の事態になったり想定外の困難な状況になったりした時、臨機応変に対策を考える能力のある人は周りの人たちに頼りにされます。職場の人間と信頼関係が築けます。会社は「理論的に考えて行動できる」力のある人を求めています。

職場の人たちの仕事を手伝う

仕事の能力やスキルが高い人は、余分な力があります。職場の人たちの仕事を手伝うようにすると、次の仕事では他の人が自分の仕事を手伝ってくれます。職場の人たちと協力し合えるようになります。

できないことは、はっきり「できない」と言う

仕事の能力やスキルが高い人は、自分の能力の限界をよく知っています。無責任に仕事を引き受けないで、「できません」とはっきり断ることが責任ある態度です。

③コミュニケーション力を高める

職場ではできるだけ積極的に話しかけて、職場の人たちとコミュニケーションをとるようにします。コミュニケーション力を高めて、自分のことをできるだけわかってもらいます。

会社のイベントには必ず参加する

新年会・忘年会・歓送迎会など会社のイベントには、必ず笑顔で出席します。お酒が飲めない女性や男性はノン・アルコールの飲み物でOKです。その場の雰囲気を壊さないようにします。

聞き上手になる

職場の人たちとのランチや仕事の後の飲み会にも、3回に1回は付き合うようにします。付き合ったら、積極的に会話します。話しかけるのが苦手なら、相手の話に興味を持って聞くようにします。聞き上手はコミュニケーションの基本です。

④笑顔で挨拶し、ポジティブ発言をする

笑顔で挨拶されると、だれもが気分が良くなります。笑顔で挨拶する人に良い印象を持ちます。また、どんな困った状況でも不快な事態でも明るい顔でポジティブな考え方をする人には好感を持ちます。ポジティブな言葉が周りの人を元気づけ、やる気を起こさせます。

⑤職場の雰囲気を読み取る

自分の所属する職場の雰囲気を読み取るように心がけます。どんな性格の人がいるのか、どんなことをすると雰囲気が悪くなるのか、普段から気をつけて知っておくようにします。

その場の空気感を的確に読み取り、相応しい言動をとるようにします。

⑥感謝の気持ちと謙虚さを忘れない

人間は一人では生きられません。互いに助け合って生きています。職場においても、職場の人たちとはお互いに助けたり助けられたりして仕事をしています。「自分の業務が支障なく行えるのは仲間の協力があるからだ」と考え、常に職場の人たちに感謝するようにします。些細なことでも、笑顔で「ありがとう」と言います。

「自分独りでは、できることに限界がある」と考え、謙虚な気持ちで人に接するようにします。相手に敬意を払うようにします。敬語を正しく遣いビジネスマナーに従って行動すると、相手は良い印象を持ちます。良好な人間関係が築けます。

職場で孤立してしまったら、どうする?

bank-440594_960_720孤独

職場で孤立してしまい、どうにもならなくなることがあります。仕事は思うように進まず、ハラスメントやイジメの対象になり、悩みが深まり孤独感に耐えられなくなります。精神が疲れ果てて、人生が生き辛くなります。

職場で孤立してしまった状態の改善法・対処法は3つあります。

①「職場で孤立しないための6つの方法」を行う

まず、前述した「職場で孤立しないための6つの方法」を全部行います。ありのままの自分を受け入れて、自分の存在価値を認識できるようにマインドセットします。コミュニケーション力を高めて、笑顔で人と接します。周りの人たちに思いやりを持ち、常に感謝するようにします。職場の雰囲気をよく把握します。仕事の能力をステップアップします。飲み会やランチや会社のイベントに参加して、職場の人たちと付き合うようにします。

②孤立しても気にしない人間になる

社会には孤立しても気にしないで、自分の価値観・世界観・生き方を貫き通す人がいます。組織の中でも「孤高を保つ」人間がいます。孤立しても気にしない人間は、強い力があります。

本当に優秀な人間は周囲の人たちから頼りにされる

「職場で孤立しないための6つの方法」でも述べましたが、仕事の能力やスキルの高い優秀な人間になると、孤立していることが気にならなくなります。仕事のできる優秀な人間に嫉妬して悪口を言ったり仲間外れにしたりして孤立させようとする、心の狭い人はどの組織にもいます。しかし、本当に優秀な仕事のできる人間は、どんな場面でも実力を発揮します。

本当に優秀な人間は職場の中心人物になる

本当に優秀な仕事のできる人は周囲の人たちに左右されず、自分の意見を主張して信念を貫きます。その態度が、いつの間にか職場の人たちに信頼されます。困難な状況にも対処できるので、上司からも同僚・後輩からも頼りにされるようになります。孤立したままではなくなります。むしろ、職場の中心人物になる可能性があります。

本当に優秀な人間は能力をひけらかさない

本当に優秀な仕事のできる人は、自分自身に自信があります。自分を認めてもらおうと、周囲に能力をひけらかそうとしません。謙虚で、傲慢な態度をとりません。目立たないので孤立しているように見えますが、いざとなると実力を発揮してその場の中心人物になります。

他人の価値観に左右されない一匹オオカミ

職場で孤立しても気にしない人は、自分の価値観をしっかり持っています。自分の価値観や世界観に従って生きています。はっきりした人生の目標があります。他人の価値観やルールに左右されません。常に自分で正しい判断のできる一匹オオカミです。会社など組織の一員になるよりも、自分で起業する方が向いています。

人の悪口やうわさ話をしない毅然としている人と付き合う

一匹オオカミとして生きる人は別として、職場では全く孤立した状態では業務に支障が出ます。自分の能力やスキルを高めて実力を蓄えながら協力し合える仲間を見つけると、仕事がしやすくなります。

職場で人の悪口を言ったりうわさ話をしたりする人たちの仲間に入らず、毅然としている人がいます。仲間と群れないでも、スムーズに仕事ができる人です。こうした人たちと付き合い協力し合うようになると、世界が変わって見えます。

③転職する

職場で孤立してどうにもしようがなくなった状態を改善する方法の一つが転職です。思い切った改善法と言えます。Aの会社では人間関係がうまくいかないで孤立してしまっても、Bの会社では職場の人たちと信頼関係を築いて付き合える可能性があります。

まず孤立した原因を見極める

転職の準備をする前に、まず現在の職場で孤立してしまった原因を見極めるようにします。孤立した理由が「人並みに仕事ができない」「仕事に必要なスキルが低すぎる」「マイペースすぎる」などであれば、次の職場でも孤立する可能性が大です。「その場の空気が読めない」人や「コミュニケーション力が低くて社交性がない」人も、同様です。何よりも自分自身に劣等感を抱くなど心理的な問題がある人は、自分を改善しない限りどこの会社に就職しても良好な人間関係を築くことが難しくなります。

孤立した理由を改善しながら、転職先を考える

孤立した理由によっては、一朝一夕に改善できないこともあります。しかし、孤立した理由がはっきりすれば、転職先を見つけやすくなります。孤立した原因が自分にあるのなら改善すべき点を改善しながら、現状の自分に合う転職先を考えます。業種が自分の性格や能力に適さないこともありますから、現状の自分自身をよく見つめ直すことが必要です。

安易な転職は同じ間違いを繰り返す

職場で孤立した人が安易に転職すると、次の職場でも同じことになります。転職を繰り返すうちに、正規職員として雇用されなくなり契約社員やパートになる可能性もあります。転職する時は慎重に考えることをオススメします。

起業も対処法の一つ

自分自身を見つめ直すと、自分が組織には適さない人間だとわかる可能性もあります。一匹オオカミのタイプなら、自分で起業することも職場で孤立した時の対処法の一つです。

まとめ 職場で孤立する人は周囲に対して配慮しない

職場で孤立した人は孤独感や疎外感に悩み苦しみます。イジメや嫌がらせの対象にもなります。仕事もスムーズに進みません。職場で孤立する原因は、上司・先輩など職場の人たちにある場合もあります。でも、たいていは孤立した本人自身に原因があります。

職場で孤立する人は周囲の人たちに配慮しません。無意識に職場の環境を悪くして、職場の人たちが仕事に集中できないようにしています。仕事ができなかったりマイペースすぎたりして周囲の人たちに迷惑をかけていることに気づきません。その場の空気が読めず、場面に相応しい言動ができません。みんなが頑張っている時にネガティブな発言をして、やる気を失わせます。

職場で孤立する人は劣等感が強く、自分自身に自信が持てない人が多いようです。自分の弱みや欠点を周囲に知られるのを恐れ、他の人たちを思いやる心の余裕がありません。周りの人たちに感謝したり敬意を払ったりすることができません。

職場で孤立しないためには、職場の人たちに配慮することです。感謝の気持ちを忘れず、常に相手の立場になって考えるようにします。職場の人たちに配慮するようになれば、周囲に迷惑をかけない役に立つ人間になる方法がわかります。まず、笑顔で挨拶することをオススメします。

関連記事として、

人間関係がうまくいかない人の特徴と原因!家族・職場・学校での悩みを解決!

職場でいじめを受けている時の対処法を知ろう!どんな心構えが必要?

これらの記事も読んでみて下さい!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする