うざいやつを黙らせる方法を知ろう!実際に行う際の注意点も紹介!

人間には様々なタイプがいます。そんな数多くのタイプの中でも、人が大勢集まると必ず存在するのが「うざいやつ(うざい奴)」です。うざいやつは、相手の気持ちを考えることなく意地悪な言葉をぶつけたり、罵倒したりします。その結果として、うざいやつは周囲の人を不愉快にさせたり、イライラ感を生じさせるのです。

周りの人間としては、このような「うざいやつ」を調子に乗せて言いたい放題にさせていると、精神的なストレスが溜まるばかりです。そのため、周りの人間の誰もが思うのは、効果的な「うざいやつを黙らせる方法」はないのか?ということですよね。

そこで今回は、うざいやつを黙らせる方法を紹介するとともに、その方法を実行する際の注意点についても紹介したいと思います。あなたの近くにいる「うざいやつ」対策として、ぜひ本記事を参考にしていただければ幸いです。

うざいやつを黙らせる方法

secret-2681508_960_720

人が沢山集まる社会、例えば職場や学校には、口うるさい上司や何かと絡んでくる友達など、必ず1人や2人は「うざいやつ」が存在しますよね。

たしかに人間関係には、そのようなムカつく関係やうざい関係もつきものかもしれません。とはいえ、うざい人たちに好き勝手をさせていると、自分ばかりがストレスを感じて擦り減るばかりです。そこで、まずは「うざいやつを黙らせる方法」として、いくつか具体的な対処法を紹介したいと思います。

おだてる・褒め殺し(ほめごろし)

一口に「うざいやつ」と言っても、その程度は多岐にわたります。自慢話をしたり、自分のすごさを強調して絡んでくるようなタイプの「うざいやつ」は、相手や周囲に対して大きな迷惑をかけているわけではありませんから、うざさの程度としては軽い部類に入るでしょう。

そんな程度の軽い「うざいやつ」に対しては、おだてたり、褒め殺しをすることによって、自尊心を満たしてあげると案外おとなしく黙ってしまいます。

というのも、このような自慢話をするようなタイプは、心理学的には自分自身に自信が持てず自尊感情が低い傾向があるからです。自分に自信がないからこそ、自慢話をすることで自分の存在を大きく見せようとする心理が働いているわけです。

ですから、自慢話をして絡んでくるようなタイプの「うざいやつ」には、ややオーバーなくらい褒めておだてることによって自尊心をくすぐり、うざいやつの対抗意欲や攻撃意欲を低下させる対話術が効果的でしょう。

戦略的に沈黙する

「うざいやつ」の中には、会話の相手を馬鹿にして挑発することによって怒らせて、その姿を見て溜飲を下げたり楽しむことを目的とするタイプもいます。

このようなタイプの「うざいやつ」に対しては、意図的かつ戦略的に沈黙することが相手を黙らせる有効なテクニックとなります。

というのも、このような相手を挑発して楽しむタイプに対して、その挑発に乗って反応してしまうことは、相手の思惑通りの行動となるからです。つまり、挑発に反応してしまうことは、うざいやつにしてみれば思う壺なのです。

そこで、うざいやつの思惑に反して、意図的かつ戦略的に沈黙することは、逆にうざいやつに対して無言の圧力をかけることができます。すなわち、うざいやつの思惑とは違って無言でいることにより、うざいやつが勝手にこちらの考えを推測し勝手に不安心理や恐怖心理に陥ることで黙らざるを得なくなるのです。

加えて、うざいやつに対して強いプレッシャーを与えるには、目線を一瞬だけ向けて一瞥した上で、わざと聞こえるように深いため息をついてみると良いでしょう。その後、無表情で沈黙を守っていれば、うざいやつが感じる不安や恐怖は倍増します。なぜなら、挑発には気付いているのに、無表情で沈黙をしていることによって、こちらの考えが全く読めないからです。

ですから、相手を挑発して楽しむタイプの「うざいやつ」に対しては、意図的かつ戦略的に沈黙することが有効な返し技と言えるでしょう。

逆質問をする

「うざいやつ」の中には、議論や会話をしていても前向きで建設的な姿勢ではなく、常に文句ばかり言ったり難癖をつけてくるタイプの人もいます。このタイプの人は、自分では意見や提案をしないにもかかわらず、他人の意見や提案には重箱の隅をつつくような文句や難癖をつけるなど、職場で仕事のペースを乱す「うざいやつ」の典型例として多くの人が目にしたことがあるでしょう。

このようなタイプの「うざいやつ」に対しては、うざいやつを黙らせる効果のある会話術として、逆質問をすることがポイントになります。

このタイプの「うざいやつ」は、自分は安全でリスクを負わない立場にいながら、他人に文句や難癖をつける傾向があります。そこで、逆質問をすることによって強制的に当事者として巻き込むのです。すると、突然当事者にされた「うざいやつ」は、脳が思考停止して言葉に詰まってしまい黙らざるを得ません。

これは、質問をされた人が無意識的に答えを回答しなければならないと感じる心理を利用した会話技術です。逆質問をすることにより、急な質問で答えを用意できない相手を牽制し、自分が会話の主導権を取り戻すことができるのです。

ですから、文句や難癖をつける「うざいやつ」に対しては、「あなたは、どう思うの?」などと一言簡単に逆質問をしてみることが、相手を黙らせることにつながります。

冷静に現在の状況を理解させる

「うざいやつ」の中には、いわゆるパワハラのような威圧的態度で迫ってくる人や、クレーマーのように怒鳴る人など、興奮しがちなタイプもいます。

このようなタイプの「うざいやつ」に対しては、あくまでも自分は冷静さを保ちつつ、うざいやつの態度や行動が法律などの社会的ルールに反する現在の状況を理解させることが有効な方法と言えるでしょう。

今の世の中はコンプライアンス(法令順守)が叫ばれていますからパワハラは許されませんし、ましてやクレーマーが何かを要求すると強要罪・脅迫罪・恐喝罪などの犯罪になりかねません。そのため、うざいやつに対して、その発言や行動がルールに反していることを冷静に指摘することが大切です。あるいは、スマホやICレコーダーを見せて、実際に録音するかは別にして、発言内容を録音していることを暗に示すような素振りを見せても良いかもしれません。

このように「うざいやつ」が威圧的に迫ってくる場合には、あくまでも冷静に毅然とした態度で状況を理解させることが、うざいやつを黙らせることにつながるでしょう。

うざいやつを黙らせる方法を実行する時の注意点

road-sign-663368_960_720

前述のように「うざいやつを黙らせる方法」は複数あり、ご紹介した方法以外にも心理カウンセラーといった専門家などに相談してみれば、まだまだ黙らせる方法はあるでしょう。

しかしながら、実は「うざいやつを黙らせる方法」を知るよりも、もっと知っておくべき重要なことがあるのです。それは、「うざいやつを黙らせる方法」を実行するにあたっての注意点です。そこで、うざいやつを黙らせる方法を実行する時の注意点について、ご紹介したいと思います。

うざいと思う感情が先走ると危険

たしかに、世の中には男性女性問わず「うざいやつ」が存在します。しかしながら、その「うざいやつ」に対して、うざい・ムカつくといった感情が生じるからといって、その感情のままに反撃しようとするのは危険です。

その理由は、うざいやつを黙らせようとすれば、当然ですが「うざいやつ」の感情を害したり、プライドを傷つける可能性があるからです。そうすると、「うざいやつ」が腹を立てて、さらなる反撃や攻撃をしてくる可能性を否定することはできないでしょう。うざいやつを黙らせるつもりが、さらに刺激してしまって人間関係が悪化して泥仕合の様相を呈する可能性もある点には注意が必要です。

実行するのは最後の手段

このように「うざいやつを黙らせる方法」を実行するにあたっては、それなりの覚悟が必要になってくることを、あらかじめ理解しておかねばなりません。また、「うざいやつを黙らせる方法」を実行するには、それなりのリスクも負わなければなりません。

ですから、「うざいやつを黙らせる方法」は、あくまでも自分の身を守る最後の手段であり護身術だと考えるべきでしょう。

割り切って気持ちに余裕を持つ

「うざいやつを黙らせる方法」を実行しなくてすむ解決法として、「うざいやつ」は自分とは異なるタイプの人間だと割り切ると良いかもしれません。

自分とは異なるタイプの人間だと割り切ることができれば、相手のうざい言動を受け流すことができ、精神的にイライラさせられることも少なくなります。このように割り切って心に余裕を持つことの方が、「うざいやつを黙らせる方法」の実行よりも優先順位は高くあるべきでしょう。

それでもなお「うざいやつ」が執拗に絡んでくるのであれば、そこではじめて「うざいやつを黙らせる方法」の実行を考えても遅くはありません。

まとめ

いかがでしたか?うざいやつを黙らせる方法を紹介するとともに、その方法を実行する際の注意点についても説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、人間には様々なタイプがいて、中には相手の気持ちを考えずに意地悪な言動をすることにより、人を不愉快にさせる「うざいやつ」が存在します。しかしながら、周りの人間としては、このような「うざいやつ」を調子に乗せて言いたい放題にさせていると、精神的なストレスが溜まるばかりです。それゆえ、本記事で紹介したような「うざいやつを黙らせる方法」を知っておくことも必要かもしれません。

ただし、「うざいやつを黙らせる方法」の実行にあたっては、それなりの覚悟とリスクを負うことは予め知っておく必要があります。そして、負わなければならないリスクと得られるメリットを勘案して上で、メリットのほうが大きいと判断できるのであれば、実行しても良いでしょう。

とにかく、「うざいやつを黙らせる方法」を実行する前には、一度冷静になるように心掛けて下さいね。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする