腸捻転の症状とは?原因や治療方法、手術の方法を紹介!

腸捻転(ちょうねんてん)という病名を聞いた事がありますか?2014年にポールマッカートニーが日本公演をキャンセルする原因となった病気でもあります。

腸がねじれる病気というイメージの為、症状などがどんな風にでるのか、なぜ腸捻転になるのか不安になる方も多いと思います。

腸は体の内部にありますし、自覚症状以外には確認することが出来ないので、知らぬ間に腸捻転が発生していて緊急に手術しなければいけない!というケースも少なくない症状になります。

そんな腸捻転の症状、治療、予防法についてまとめました。

腸捻転がどの様な症状を引き起こす病気なのか、原因は何なのかについて知って、更なるトラブルや症状を悪化引き起こさない様にしていきましょう。

腸捻転とは腸閉塞の一種

despair-513529_960_720

腸捻転とはとは何らかの理由により、腸が腸間膜(腸を吊り下げている腹膜の一部)を軸として捻れてしまうことをいいます。

また、腸捻転は腸閉塞(イレウス)の一種です。まずは腸閉塞の基本的な症状やメカニズムを知ってどのように腸捻転に繋がるのかを明らかにしていきましょう。

腸閉塞

そもそも腸の役割とは、口から摂取した飲食物を消化吸収し、便に変えて肛門から排泄されるよう促す器官です。

閉塞、という言葉から分かる様にこれらの飲食物や消化液が小腸や大腸で詰まってしまった状態腸閉塞(イレウス)と言います。腸閉塞にはその原因から大きく分けて機械的イレウス機能的イレウスに分けられます。

腸閉塞の主な症状は、便秘、吐糞(口から腸の物を吐く症状)、ガスが腸内に溜まる膨満感、腹痛が発生します。更に症状が悪化すれば、脱水症状や痙攣などが発生しショック症状に陥ってしまう事もあります。

腸閉塞の機械的な場合と機能的な場合のそれぞれの症状の違いについて見ていきましょう。

機械的イレウス

腸の動きに問題が無く、物理的に詰まってしまったイレウス機械的イレウスと呼びます。腸閉塞と診断された場合、この機械的イレウス患者がほとんどといいます。

機械的イレウスは、さらに2種類のイレウスに分類されます。

1.単純性イレウス(閉塞性イレウス)

単純性イレウスは腸に閉塞が認められ、血行障害が認められないイレウスをいいます。例えば腸に腫瘍が出来ていたり、症例は少ないものの胆石、寄生虫などの異物が腸を単純にふさいでしまっているイレウスです。

また、他の病気で開腹手術をした後に腸が癒着して折れ曲がったことから閉塞してしまうケースもこの単純性イレウスに入ります。

2.複雑性イレウス(絞扼性イレウス)

複雑性イレウスとは、腸が締め付けられて血行障害を起こすイレウスの事で腸が壊死する可能性を伴うため、緊急処置が必要なイレウスです。

腸捻転はこの複雑性イレウスに入ります。また腸重積といい、乳幼児に見られる腸に腸が入ってしまう病気なども挙げられます。

機能的イレウス

機能的イレウスとは、腸の動きに問題があることで内容物が腸の中に停滞してしまうイレウスです。

機能的イレウスも、さらに2つのイレウスに分類されます。

1.麻痺性イレウス

腸の運動が麻痺して起こるのが麻痺性イレウスです。

主に腹膜炎や開腹手術の後に起こりやすいイレウスですが、ショックや強いストレスなどで腸の動きが麻痺した結果、イレウスになるケースもあります。

鼻炎薬などの医薬品の副作用として起こることもあり、服用から吐き気やお腹の張りを感じるような事があればすぐに医師へ相談しましょう。

2.痙攣性イレウス

現代の日本ではほとんど症例が無いと言われるのが痙攣性イレウスです。

腸管には機械的な欠陥が無く、腸の一部が痙攣を起こす事について発症します。主な原因は鉛やニコチン中毒、虫垂炎などが挙げられます。

腸捻転の症状について

girl-517555_960_720

では、腸捻転になった場合どの様な症状がおこるのでしょうか。症状別にまとめました。

腸捻転の場合、症状が突然現れる事が多いので、突然以下の症状がみとめられた場合はすぐに受診しましょう。

腹痛

腸がねじれているので、当然腹痛があります。かなり激しい痛みを伴い、腸捻転の経験者は猛烈な腹痛と語っています。

急な腹痛が起こった場合、たいていの方はトイレに行くと思います。しかし、下痢などの症状を伴っていないのに痛みがどんどんひどくなる場合は腸捻転を疑いましょう。

腸捻転は腸の運動自体に問題が無いため、詰まっているにも関わらず腸が内容物を押し出そうと緊張をかけます。この緊張が激しい腹痛の原因です。

排便、おならが出ない

腸がねじれている状態なので、排便が出来ません。また、おならなどのガスも停滞してしまっているので出てきません。

腹痛があるにも関わらず、排便が全く出来ない。おならも出てこないという症状があれば腸捻転を疑いましょう。

便秘の症状を引き起こす腸の障害には、過敏性腸症候群の便秘型の症状があります。しかし、過敏栄腸症候群の場合にはそこまで酷い症状になる事は稀になります。

長期間便秘の症状が発生してしまうと、腸の閉塞の問題だけでなく腸内に溜まっている内容物が更に腸内を塞いでしまい、腸閉塞の症状が悪化してしまう原因になります。

1週間以上排便が行われない場合には、自力で便を排出することが困難ですので、消化器内科や消化器外科、胃腸科などの専門科を受診し、治療を受けるようにしましょう。

お腹が膨れる

腸捻転は腸の出口がねじれによってふさがれてしまう病気の為、排便や、おならがどんどん腸に溜まっていきます。

行き場をなくした便やおならはお腹に溜まり続けるためカエルの様にお腹が膨らんでいきます。

この膨満感により、食欲不振などの症状を引き起こすことにも繋がります。最終的に腸から先へ進めない腸の内容物は口の方向に上がってきて次に説明する症状に繋がっていきます。

吐き気・嘔吐・吐糞

お腹が詰まってしまうので、行き場をなくした食べ物が胃に溜まり胸やけ、吐き気の症状が出ます。そのうち逆流して吐いてしまうこともあります。

重症化すると大便の匂いがする吐しゃ物を吐いてしまう事があります。これが吐糞と呼ばれる症状です。

実際に完全な大便になった物を吐いてしまうわけではありませんが、臭いが完全に大便である物を嘔吐するのですぐに自覚できます。

また、嘔吐しなくてもガスだけが腸から上がってきておならのガスを排出することもあります。これはおならを極度に我慢している場合にも発生する症状になります。

背中や腰の痛み

背中や腰の痛みを伴うのも、腸捻転の症状のひとつです。腸のねじれによってなぜ背中が痛むのかわからないという方も多いでしょう。

これは関連痛と呼ばれ、簡単に言うと痛みの発生源を脳が勘違いすることで関係の無い器官が痛いと思ってしまうことをいいます。

神経は枝分かれ上になっているため、同じ枝でつながっている期間は関連して痛みを感じやすくなっています。

実際に腸捻転の症状で死亡例がある

1998年の事例で、21歳の会社員の女性が、極度の便秘の症状を抱えていて、事件の直前までも長期的な便秘の症状に悩まされており、市販の便秘解消薬で対処していました。

しかし、死亡する2日前から風邪に似た症状や腹痛などの体調不良を訴えて、家で休んでいました。この時に病院に行っていればまだ死亡することは無かったかもしれません。

しかし、彼女は病院へ行かず家で過ごし、トイレで死亡しているところを家族に発見されました。彼女のお腹は妊婦並みに膨れており、解剖の結果、彼女は腸閉塞を起こしている事が確認されました。

小腸と大腸にはコンクリートの様に硬くなった便とガスが溜まって、それが原因で妊婦の様にお腹が膨れていました。お腹だけでなく胸のすぐ下から下腹部にかけてかなり広範囲に渡って膨張していることが確認されます。

死因は腸閉塞から来る極度の便秘の症状によるショック死です。

便秘で死亡するなんて嘘でしょ?と思うかもしれませんが、実際にこの事件は起きてしまっています。ただの便秘ではなく、腸閉塞が原因である場合には市販薬では改善できません。

排便がない状態から3日目から便秘と診断され、1週間以上が危険ラインになります。病院に行くことをためらわずに、慢性的に便秘を抱えている人はしっかり行きつけの病院を見つけておき、専門家の医師に相談するようにしましょう。

腸捻転の検査

stethoscope-840125_1920

腸捻転と診断されるまでにはいくつか検査が必要となります。すでに症状が出ている場合、痛みの中での検査になりますので事前にどの様な検査をするのか確認しておきましょう。

血液検査

血液を採取し、炎症の有無や度合いを検査します。また、電解質のバランスなどを見て脱水症状を起こしていないかの確認を行います。

超音波検査

超音波検査とは、お腹にプロープと呼ばれる棒のような機械を当てて超音波を発生させ、反射した超音波の反射から開腹やCTを取らなくてもお腹の中の様子が分かる検査です。

妊娠後期の妊婦さんが受ける検査と言えばイメージが沸きやすいでしょうか。腸捻転の超音波検査では腸内の消化液の分泌状態、腸の拡張状態を調べます。

単純X線検査

レントゲンと言えば、会社の健康診断などで行う検査として有名ですね。X線照射装置とフィルムの間に体を置き、焼き付けて体の中を写真に写す検査です。

腸捻転の場合は、健康診断などで行われる胸部ではなく腹部の検査を行います。

X線検査はガス(空気など)が移りやすい為、立った状態で検査を行い腸がどの様にねじれているのか、ガスは溜まっているか、消化液はどの程度あるのかといった検査をする事が出来ます。

CT検査

CT検査はX線を使って身体の断面図を目視できるようにする検査です。検査時間は20分から30分でドーナツ型の機会に身体を通すだけです。MRI検査と比較されやすいのですが、MRIがうるさい音と暗闇に耐える必要があるのに比べ、CT検査は無音でさっと終われるのが特徴です。

単純X線検査と併せて腸の状態を確認するのに使われる検査です。

大腸内視鏡検査

内視鏡検査は治療にも行われますが、肛門から細いカメラの付いた管を入れて直接腸の状態を確認する検査です。

なかなか下準備が大変な検査で有名なので、ご存じの方も多いと思われます。

まず、腸を綺麗にしなければ腸壁の様子が確認できませんので前日夕方からは飲み物以外摂取してはいけません。(具なしスープ、味噌汁はOK)当日朝、大量の下剤を飲みます。この下剤がスポーツドリンクをまずくしたような味なのですが2リットル近く飲まなくてはいけないので検査後二度と飲みたくないと思われるでしょう。

下剤が聞いてくるとほとんど水の便が痛みもなく出ますので、病院で内視鏡を入れてもらいます。

手術は必要?

hospital-1338585_960_720

腸捻転と聞くと、手術のイメージが伴いますが、必ず手術をしなければいけない病気なのでしょうか?進行度によってまとめました。

軽度であれば手術を行わないケースも

症状が軽度の場合、治療法として点滴で脱水症状や栄養失調を予防しながら絶食を行います。絶食を行いながら鼻から細いチューブを入れ、溜まっている胃や腸の食べ物や分泌液、便などを吸引する処置を行います。

しかしこれは余程の軽度であり、一般的には腸捻転になるとねじれた部分が壊死する可能性が高いため、内視鏡または開腹後に手術を行う事が一般的です。

内視鏡手術

お腹に小さい穴を開け、そこから内視鏡を通しねじれた腸を戻します。

手術時間や術後の回復期間が短い事から患者さんに負担の少ない手術ではありますが、ねじれた部分が伸びたままの為再発が起きやすいといったデメリットもあります。

開腹手術

重度の腸捻転から軽度まで開腹手術が一番行われている治療法です。

1週間から10日程の入院が必要となりますが、重度の患者さんの場合は開腹手術以外の選択肢はないものと考えて下さい。

開腹手術の場合は、腸のねじれを戻すほか、伸びてしまっている部分を20~30cm切除します。根治治療とも言える手術になり、再発率は5パーセントと低い数字です。

腸捻転の原因、予防について

medical-563427_960_720

腸捻転になってしまう原因を明らかにして、トラブルに繋がらないようにこの問題を予防していきましょう。

有効とされる予防方法について紹介していきます。

 腸捻転の原因とは

腸捻転の主な原因として便秘が挙げられます。

そもそもS字になっている腸は、ぶらりと垂れ下がっているので便秘などで物理的に下へ引っ張られるとくるりとねじれやすい部分です。高齢者に腸捻転が見られるのも腸の動きが悪い高齢者は便秘をしやすく、ハンモックの様に釣り下がっているS字腸に負担がかかり、ねじれを起こしやすいといえます。

また、1950年代に一躍ブームとなったフラフープで遊び過ぎると腸捻転になるという噂がまことしやかに広がり、実際にフラフープで遊んでいた子供たちが胃潰瘍や腸捻転になったことから千葉でフラフープが禁止になり、フラフープブームに終止符を打ったことがあります。

結論から言えば、全く科学的根拠はないそうですがイメージとして、フラフープをたくさんすると腸がねじれてしまいそうですよね。しかし、ただの迷信です。

腸捻転を予防するために

腸捻転は主に便が腸に溜まってしまう事が原因と考えられます。

便秘解消には食物繊維を豊富に摂取することも大切ですが、ストレスを溜めない事も重要です。腸もみマッサージなどを駆使して、なるべく腸が下に引っ張られない様にすることが大切です。

腸捻転かな?と思ったら

お腹が悶絶する程痛い!腸捻転かな?と思ったら迷わず病院に行きましょう。専門となる科は胃腸科、消化器外科、消化器内科です。

死亡する例のように、腹部が異常に膨張していたりする場合で、自信1人で付き添いの人が存在しない場合には救急車を呼んでください。1人では病院に行っている途中に意識を失ってしまう危険性もあります。

腸捻転の重度であれば、放っておくと腸が壊死してしまい最悪命を落としてしまいます。

特に乳児の場合は深刻で、オダギリジョーさんの第二子も1歳で腸捻転により命を落としています。激痛が伴う他、命に関わる大病なのでもし少しでも兆候がある場合は受診が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?

腸捻転の原因や症状、治療方法について紹介しました。普段の生活から便が溜まらないように、食物繊維をしっかり摂取することは、とても大事です。

重症化すると手術を行わないといけないケースもあるので、注意しましょう!

自覚症状が腹痛や嘔吐などの一般的な症状であるがために、判断が遅れてしまいがちな症状でもあります。しっかりこの症状に対する危機感を持っておき、症状が発生している場合には適切な対処・判断が出来るようにしておきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

過敏性腸症候群の症状をチェック!治療方法は?過敏性腸症候群の症状をチェック!治療方法は?

左脇腹に痛みが発生する原因は?病気や便秘に注意!

便秘が一週間続くのは何故?原因や対処方法を紹介!長い便秘のリスクは?

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする