父親が嫌いな人の心理や特徴は?嫌いになる理由や対処方法も紹介!

生まれた時から一緒に住んでいる人も、途中から離れて過ごすようになった人も、父親がどうしても嫌いだと言う心理の人は案外多いのではないでしょうか。

もちろん父親と言っても、1人の人間なので、どうしても合わないということや、人間的にあまりにもひどくて受け入れることができないと言うことはたくさんあります。

しかし、結婚をする際などには恋人が家族を大切にしているかなどを重視する人は多いですよね。その場で隠していても、やっぱり恋人は家族を大切に出来ない人だと後から知りたくないのではないでしょうか。

この記事では、そんな父親が嫌いだと思っている人の特徴、そしてその理由について見ていきたいと思います。

父親が嫌いだと思っている人の特徴って一体どういったものがあるの?

根に持つ

父親が嫌いかどうかの話なんて、よっぽどの事がないと話す機会はありませんよね。また、自分から父親が嫌いだなんていう人もあまりいないのではないでしょうか。そうはいっても友人や、恋人になるのに家族関係が良いほうが良いイメージは強いのではないでしょうか。

そういった父親が嫌いかどうかを判断するのには、実はその人を見ていくことである程度できると言われています。気になっている人に対して、ぜひチェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

それでは早速、父親が嫌いだと思っている人は一体どういった特徴があるのか見ていきましょう。

他人に対して見下す態度や言葉を発しやすい

父親が嫌いだという人は、父親自信が人間的にあまり尊敬できる人間ではない場合があります。特に、会社や近所の人にはへこへこと礼儀正しくしているのに、家の中では母親や子供に対して偉そうにしている姿は尊敬できないですよね。

しかし、そういった態度というのは、女は家にいるべきだと考えている年配の人などに多いと言えます。また、そういった姿を見てきた子供は、自然とそういった姿勢が身についてしまいます。

そのため、他人に対してどこか見下してくる態度や、偉そうな発言をしてしまいます。これは自分が無意識の内に、他の人よりも優位な位置にたちたいなどと思ってしまっているからだと言えます。

暴力的だったり激しい性格

父親が暴力的な人間で、DVを受けていたり、家庭内でも暴力を見やすい環境だと、どうしてもそういった性格を受け継いでしまいます。もちろん本人はそれが嫌だと思っていて制御できる場合もありますが、父親という権力に打ち勝つために暴力的になる場合もあります。

一度でも父親に暴力で勝ってしまったりすると、暴力だけが人を屈服させることができるのだと勘違いしてしまいます。そのため、他の人と接する時にも、つい暴力的に接してしまったり、激しい性格を表に出してしまいます。

元々そういった性格ではなくても、育っていく中の環境で学んだ処世術でもあるので、どうしても暴力的になってしまうこともあります。

ギャンブルやお酒がとても嫌い

父親が嫌いな理由として、ギャンブルだったり、お酒のせいで家族を困らせているということもあります。もちろん父親が嫌いではなくても、ギャンブルやお酒を嫌っている人はたくさんいます。

しかし、父親が嫌いな人は、それらを嗜んでいる人を嫌ったり、異常にそれらに対して拒否反応を起こします。人によっては少しでもそれらに近づくことを嫌がるような人もいます。

もちろん過去に嫌な思い出があるなどの理由がある場合もありますが、極端にギャンブルやお酒を嫌っている場合は、父親が嫌いな可能性も高いということができます。

結婚に対して希望が薄かったりなかったりする

父親が嫌いになってしまうと、だんだんどうしてこんな人間と母は結婚したのかと思うようになってしまいます。そこから発展して、結婚に対しては希望がなくなってしまいます。

自分自身で幸せをつかむことは大切だと思っていますが、それに対して、男性に幸せにしてもらおうとは思わない場合が多いです。これは特に女の子に多いのですが、いちばん身近な異性であった父親に絶望している娘は、男性恐怖症になる場合もあります。

そのため、結婚や子育てに対して、希望が薄かったり、結婚願望がなく、仕事を頑張ろうと考えている人が多いようです。

父親が嫌いになる理由ってどういったものがあるの?

失敗

父親が嫌いな人とは一体どういった特徴があるのかを見ていきましたが、自分と親しい人が父親が嫌いなら、どうにかしてそれを理解してあげたいと思いますよね。しかし、なかなかどういった理由なのかを想像しづらいのではないでしょうか。

もちろん、嫌われている父親の中にも、理由もなくという場合もありますし、他の人から見るとそうでもないような理由の場合もあります。しかし、多くの場合は明確に理由があり、人間的にそれは嫌いにならざるを得ないということもあります。

それでは早速、父親を嫌いになる理由とは一体どういったものがあるのか見ていきましょう。

自分が好きな母親に対してひどい態度を取っているから

生まれたばかりの時は、たいてい母親がずっと側にいて世話をしてくれます。そのため、どうしても父親よりも母親のほうが好きになります。子供の時は世界が狭いですから、家の中においては、母親が絶対的に好きな存在です。

しかし、そんな時に自分が好きな母親に対してぞんざいな扱いをしてくる父親ですと、どうしても嫌悪感を抱くようになります。これは、敵対意識でもあり、自分が好きな存在を害する悪い存在として憎むようになります。

小さな時にそういった事が頭にインプットされてしまうと、どうしても成長していくにあたってずっと父親が嫌いだという印象のまま育ってしまいます。

何気ない一言で深く傷ついてしまったから

父親と言っても人なので、どうしても子供の全てを理解することはできていません。しかし、そんな時に、さらっといった一言に深く傷ついてしまうことがあります。もちろん言った本人はなにか悪いことを言ったという罪の意識はありません。

そのため、その後も普通に接してきますが、その態度に対して余計、自分は傷ついたのに謝ってくれないのだと不信感を強めていってしまいます。子供からしたら親はなんでも理解してくれていると思うので、その期待が逆に裏切られたと失望してしまいます。

何気ない一言が原因で、それまでは嫌いではなくても何年も残るような深い溝になってしまうこともあります。

父親らしいことをしてもらったことがないから

小さい時は、お父さん参観など、少し恥ずかしいけど嬉しいものですよね。また、家族でお出かけなども思い出に残るのではないでしょうか。

しかし、父親が仕事で忙しかったり、その他のことでずっと家にいなかったりすると、自分の父親は子供をないがしろにしていると思ってしまいます。もちろん色々な事情がある場合もありますが、それを知らずに、発展して、自分の事が嫌いなんだと思うようになってしまいます。

一度そう思ってしまうと、どうしてもよい印象を持てなくなってしまい、父親に対してマイナスイメージを持つようになってしまいます。

あまりにも干渉をしてくるから

干渉されないと嫌いになってしまうことを見ていきましたが、逆に干渉されすぎても父親を嫌いになってしまいます。これは、鬱陶しかったり、その干渉が的はずれだったりするとおこります。

特に一人っ子の場合などは、自分だけなので、子供を大切にしてあらゆることをしてくれます。ある程度の年齢になっても送り迎えをしてくれたりしますが、子供からしてみれば反抗期になるともう関わりたくないと距離をおいたりします。

もちろんその時に適度な距離感でいければいいのですが、そこでもしつこくすると、最終的に子供から嫌われるようになってしまいます。

嫌われないために父親がするべきこととは?

地頭がいい

父親からしてみると、子供からは嫌われたくないですよね。自分は良いと思って頑張っているのに、知らないうちに嫌われているのはショックなのではないでしょうか。

しかし、もちろん子供も人間なので、どうしても合わない部分だったり、相容れない所はあります。そういったところをいかにお互いですり合わせられるかは重要です。

また、それ以外にも、注意するところをしっかりと抑え、自分自身を磨くことによって尊敬される存在になることができますよ。ぜひ頑張ってみてくださいね。

子供だからと言ってあれこれと口を出したりしない

自分の初めての子供だったり、一人っ子だったりすると、特に期待を持って色々と口をだしてしまいますよね。特に、自分よりも苦労をさせたくないと、いい学校に行くことが大切などと、つい行ってしまうのではないでしょうか。

しかし、子供からすると、それらはあまり大切なことではないかもしれないし、実は考えていることがあるかもしれません。子供からすると的はずれなことを言われても迷惑なだけです。

色々な助言をしたいのであれば、まずはお互いがよく話をすることができる環境を作り、何を考えているのかよく聞いてあげるようにしましょう。そこから助言をしてあげると、平和に解決することができます。

家族関係を放置するのではなく大切にする

家族だから放って置いても仲良く出来ると考えているのならば間違いです。結婚するまで色々奥さんにしてあげたように、子供にも、色々愛情を注がない限りそこに信頼関係は生まれません。

忙しいからと言って家族を放置し、お金を稼いでいるのならば十分だと言うのならば、あなたでなくても誰でも出来ることです。しかし、家族の中において、あなたがいなくてはならないという関係こそが父親としている意味ではないでしょうか。

出来る限り一緒に出かけたり、早く帰ったり、旅行の機会を作ったりと、家族を大切にしてあげてくださいね。

コミュニケーションをよくとるようにする

人間関係の初歩的な所は何よりもコミュニケーションをとることです。心で思っていたり、態度で表していても最終的に言葉で表現しなければ何も伝わっていないことはよくあります。

もちろん最初からよく喋ることは難しいかもしれませんし、忙しいとなかなか伝える機会もありませんよね。しかし、忙しいときこそ一言ありがとうと伝えられると頑張れるのではないでしょうか。

普段は恥ずかしくて言えないと思っているかもしれませんが、それが普通になるように出来るだけ話すようにしてみてくださいね。

約束や言ったことに対してはきちんと責任をとる

どこかに意向と約束をしていたり、何かすると宣言したら、それらを守るようにしましょう。もちろんどうしても難しいということはたくさんあるでしょう。しかし、それらの約束をいつも破っていたらただの嘘つきです。

まずは、自分が叶えられないような事は言わないようにして、確実にかなえられることはきちんと前から伝えてあげるようにしましょう。また、できるだけ責任をもってそれらを実現できるように動くようにしましょう。

一度裏切られてしまうとその後の約束が信用できなくなってしまいますよね。ぜひ気をつけてくださいね。

父親が嫌いだと思ってしまう人は一体どうすればいいの?

執着心

父親を嫌いになりたくない、関係を元に戻したいと思っていても、どうしても戻すことが難しいということもあるかもしれません。もちろん人間関係において、片方が頑張っていても、どちらかが頑張らなければ何も改善しないですよね。

しかし、そういってどちらも頑張らなければ何も変わらないままです。また、どんな父親であっても必ず学ぶことはあると言えます。

それでは父親が嫌いだと思ってしまう人は一体どうすればいいのでしょうか。

離れて暮らすなど一度距離を取ってみる

近すぎるとどうしても色々なマイナス面が見えてしまいますよね。そういった方は、大学などで一度離れて生活するのもいいかもしれません。離れてみることによって、友達とは違う父親の自分が見えていなかった視点から見ることができます。

もちろんそれは、マイナスの感情で受け入れるのかもしれません。しかし、離れることによって自分自身の精神が安定したり、相手の足りないところを受け入れることができる余裕が生まれるようになります。ぜひ一度、距離をとるというのも選択肢に入れてみてくださいね。

相手を変えようとするのではなくあるがままを受け入れてあげる

相手をどうにかして自分の理想に変えようと思う方もいるかもしれません。しかし、自分からそう思わないと変わることはありません。まずはどんなに尊敬できない父であっても、受け入れてあげるようにしましょう。

もちろんそれからすぐに好きになれということではありません。あるがままを受け入れることによって、少し心の余裕を持つことをするのをおすすめしているのです。

少しは受け入れることができるようになることで、だんだん見えてくるものや、自分がフォローしてあげようという気持ちの変化なども起こる可能性があります。ぜひ、冷静に相手を見る機会を作ってみてくださいね。

自分が家族関係をよくしようと努力する

家族関係が良くないと、どうしても父親も嫌いになってしまうままです。しかし、家族と言っても人間関係なので、誰かが働きかけなければ何も進展しないままです。まずは兄弟から、仲良くなる努力をしてみましょう。

母親とも話している内に、父親が本当に思っていることを聞く機会が訪れるかもしれません。また、家庭環境が良くなることで、だんだん食卓に皆集まって食べる機会が増えたり、どこかに出かけようという動きになります。

もちろん最初は少しぎこちないかもしれませんが、何年もそういった関係を積み重ねていくことによって、お互いが心を許すことができる大切な存在に成ることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

自分自身はああならないように反面教師にする

どうしても人間的に受け入れることができないということもあるかと思います。もちろん犯罪を犯していたり、家族から見てもどうしても無理な人はいるのではないでしょうか。

しかし、そういった人からでも夫婦関係や子供の教育などの反面教師にすることができます。人間は皆未完成な存在なので、どうしても欠点があります。しかし、その欠点を明確に見つけることは難しいですよね。

近くにそういった存在がいるからこそ、アダルトチルドレンなどにならずに自分は頑張ろうという気持ちを持つようにしましょう。

まとめ

happiness-2411764_1280

父親に対して、様々な感情を持つことは仕方のないことです。しかし、単純に嫌いになってしまうことで、本来得られたものを失うのは勿体無いですよね。

父親になる可能性がある人は、ぜひ、自分が嫌いになってしまった理由は何なのか見つめ直し、学ぶようにしましょう。また、身近な人が父親を嫌いな場合は、それらを少しでも改善することが出来るように力になってあげるのもいいかもしれませんね。

信頼を持つのは難しいかもしれませんが、ぜひ根気よく頑張ってくださいね。

関連記事として、

母親が嫌いな原因とは?対処法や付き合い方を知ろう!

機能不全家族とは?原因や問題点を紹介!チェックする方法を知っておこう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする