ニコチンの害とは?作用や体への影響を紹介!

タバコをやめたいのに、やめられない原因は、ニコチンにあります。なんと、青酸に匹敵するほどの有害毒物であるニコチンは、精神的・肉体的にも依存を引き起こす物質です。

また、何となく身体に悪いとはわかっているけれど、具体的にどのような害があるのかというのは、タールの害に比べると、あまり知られていないのが現状です。

禁煙を考えている人はもちろん、今のところ禁煙するつもりがないという喫煙者も、ニコチンの害について理解しておく必要があるのではないでしょうか?そこで、ここでは、タバコに含まれるニコチンとは何なのか、どのような害があるのかをご紹介します。

具体的に見ていくと、目を疑うような毒性に、驚くかもしれません。

スポンサーリンク

タバコに含まれる三大有害物質

cigarettes-83571_960_720

タバコには「三大有害物質」という、なんともおどろおどろしい名前のついた物質が含まれています。3つの物質それぞれが異なる性質を持ち、それらが一緒になることで、人体への悪影響をさらに増大させています。

なかでも、ニコチンが他の2つに加わることで、タバコをやめられなくさせているのです。さて、その3つがどのような物質なのか、早速見ていきましょう。

ニコチン

ニコチンは、タバコの煙に含まれており、かつてゴキブリ駆除やねずみを駆除するための薬として使われていました。その毒性は、青酸に匹敵するほど強力です。禁煙補助パッチを付けたままタバコを吸うと、気持ち悪くなるのは、ニコチン濃度が高くなって引き起こされる急性中毒症状によるものです。

また、ニコチンによる害で最も深刻なのが、脳に影響しているということです。タバコを吸うと、ニコチンは数秒で全身にまわり、脳内にある快楽を感じる場所へ作用します。これが何度も繰り返されると、本来ニコチンが無くても、普通に過ごせるはずなのに、ニコチン専用の脳になるのです。

そして、血中のニコチン濃度が減ると、激しい離脱症状が起こり(=肉体的依存)、脳が私たちをイライラさせ、ニコチンを摂るように命令を出します。このようにしてニコチンに、作り替えられてしまった脳は、ニコチンが切れて集中できなくなっても、タバコを吸えば活性化する脳になっているのです。

タール

植物(木)を燃やすとパチパチと音を立てて、嫌な臭いのする煙が出てくるのを見たことがないでしょうか?あれが、植物樹脂(ヤニ)で、タールなのです。

タールは、タバコの煙とともに出てきて、そのまま肺や喉、皮膚にこびりつきます。閉め切った喫煙室を見ると、壁がまっ黄色くなって、ベタベタするところが見られることもあるのですが、タールはちょっとやそっとでは取れません。

このような物質を体内に取り込んでいるわけです。すると、タールに含まれる何十種類もの発がん性物質が肺胞や喉に細胞レベルで食い込み、肺がんや咽頭がんを引き起こすのです。

ちなみに、タバコの煙には、発がん性物質だけで約60種類以上、有害物質全体にすると、約200種類以上の有害物質が含まれています。

では、タールとニコチンはどちらが有害かという疑問を抱く人もいるかもしれません。完結に言うと、「どちら」ではなく、この2つが一緒になることが何よりも有害なのです。タールがニコチンの煙を吸い込んだ粘膜の刺激を緩和し、タバコを吸いやすくするので、ニコチンの依存性を増幅させてしまうのです。

一酸化炭素

一酸化炭素は、無色、無臭、無刺激のため、その存在に気が付きませんが、タバコの葉が不完全燃焼を起こすことで生じます。一酸化炭素が体内に取り込まれると、なんと酸素の200倍以上と言われる力でヘモグロビンと結合します。

結果、通常ならば、酸素を全身に運ぶヘモグロビンが一酸化炭素と結合してしまうので、全身が酸欠状態になるのです。実際にタバコを吸う人はよくわかると思いますが、運動能力が低下し、持続的な運動ができなくなるのは、このためです。

タバコを吸いすぎると気持ち悪くなったり、吐き気がするのは、一酸化炭素濃度が高まることが原因の一つと言われています。

スポンサーリンク

ニコチンは具体的にどんな害があるのか?

cigarette-599485_960_720

私たちの脳さえ操ってしまうニコチン。自分の意思で吸っていると思っていたら、自分の無意識のうちに、脳が指令を出していたと考えると、自分自身をコントロールできていないようにも感じ、怖くなります。

しかし、恐ろしいのはここからです。とくに厄介な「依存性」については上で述べましたので、その他に、身体にどのような害があるのか、具体的に見ていきましょう。

心臓や血管への悪影響

喫煙者には、冷え性の人が多いような気がしませんか?それはあながち間違ってはいないようです。ニコチンは血管を収縮させ、血行を阻害します。さらに、末梢血管の血流の減少により、血圧が高くなり、心臓や血管にもダメージを与えていまします。

これらを総合した結果、体温が下がり、全身の新陳代謝までもが阻害されてしまうのです。

生理不順・肌荒れ

どちらも女性には、辛すぎる症状です。ニコチンは、女性ホルモンの分泌を低下させます。ご存知のとおり、これは生理と深く関係するホルモンですので、分泌量が低下すると、生理不順、あるいは月経前症候群(PMS)、さらには不妊の原因にもなるのです。

また、ニコチンによって、血行が阻害され、新陳代謝が低下することで、栄養や酸素が送られなくなると、肌のターンオーバーにも異常が起こります。

それに重なるように、一酸化炭素が、血中のヘモグロビンと重なっていることで酸欠状態になるので、荒れた肌を修復する機能をも衰えさせてしまうのです。

妊娠、出産、赤ちゃんへの悪影響

これはもう、「言わずもがな」といったところかもしれませんが、より詳しく説明しましょう。ニコチンは、水溶性のため、血液を通して、赤ちゃんにも届くのです。これまで見てきたニコチンの毒性や害を見ただけでも、赤ちゃんにニコチンが良くないということは、容易にわかると思います。

さらに、ニコチンではありませんが、タバコの煙に含まれるヒドラジンやベンゾピレンなどには、染色体を切断したり、染色体分離を損なう性質があるのです。この染色体異常は、自然流産の主な原因とも言われています。妊娠時の喫煙は、「絶対に」避けましょう。

また、出産後は、ニコチンを体内に取り込むと、母乳にもニコチンが含まれることになります。体内にニコチンを多く含んでいる女性から生まれた赤ちゃんは、成長が遅いと言われています。

動脈硬化を引き起こす

ニコチンは、血液中のコレステロールを酸化させ、善玉コレステロールを悪玉コレステロールに変えてしまいます。さらに、副腎を刺激し、カイコールアミンというホルモンの分泌を促すため、血液凝固を起こしやすくさせるのです。

その結果、動脈の血管壁が厚くなり、血液が通りにくく(あるいは、全く通らなく)なることで、酸素や栄養素が細胞に行き届かなくなり、まわりの組織が壊死して、動脈硬化を引き起こします。

また、ある研究では、喫煙者が動脈硬化に陥る危険性は、非喫煙者の約5倍以上とも言われています。

腎臓病を引き起こす

ニコチンは、毒です。毒が体内に取り込まれると、身体は、一刻もそれを無害化し、体外へ排出しようと努めます。そのときに負担がかかるのが、体内の解毒を担当する腎臓です。

しかし、ニコチンの毒は瞬時に全身にまわります。そのため、腎臓も、ニコチンをより毒性の低い「コチニン」に変えようと瞬時に働き始めます。しかし、腎臓がどれだけ全力で頑張っても、ニコチンをコチニンに変えられるのは、約8割程度と言われています。

すなわち、2割以上が身体にたまり続けるということです。禁煙しようと頑張っても、ニコチンが体内から抜けるのに数週間かかるのは、このためです。

このようにニコチンが体内に入ることによって、凄まじい負担がかかるため、腎臓病を引き起こす原因となるのです。腎臓病を悪化させると、腎不全にもつながります。

自分以外の人へも害を及ぼす副流煙

これは、最大の課題とも言えるのではないでしょうか。自分でタバコを吸い始め、自分に害が及ぶだけなら、百歩譲って、まだマシかもしれませんが、タバコを吸うことによって、タバコを吸わない自分の周りの人へも悪影響を及ぼしてしまうのは、考えものです。

そして、副流煙には、自分が吸い込む煙よりもずっと多くの有害物質が含まれているのです。ニコチンでは2.8倍、タールでは3.4倍、一酸化炭素では4.7倍も多いと言われています。

さらに、イギリスの学者であるリチャード・ドル博士は、「非喫煙者が喫煙者と同室で1日1時間過ごすことは、アスベストを含有する建物で20年暮らすより、肺がんを発症する確率が100倍近く高い」とも述べています。

他にも、夫が1日20本以上タバコを吸う家庭では、その妻が肺がんになるリスクが2倍増えるということが判明したと、国立がんセンター長の平山雄氏が発表しているほか、空気清浄機でさえも、タバコの有害物質は3.3%しかフィルターに引っかからないと言われているのです。

これらの数々の発表を、どう捉えるでしょうか。大切な人を、苦しい目に合わせてしまう可能性を大いに含んでいるということになるのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。ニコチンは、依存性だけでなく、実際に身体に様々な悪影響を及ぼします。これらの害から実を守るためには、やはり、禁煙しか方法はないでしょう。

実は、私も禁煙に挑戦しているところですが、このような事実をご紹介しているにも関わらず、吸いたい気持ちになってしまうのです。それだけ、ニコチンが脳を「ニコチン専用」に作り替えてしまっているのでしょう。

しかし、禁煙し、ニコチンを体内から抜けば、また、「自分の脳」に戻ります。ニコチンに操られることなく、自分で選択し、全てを自分の意思で決められるのです。タバコを吸うことに費やしてきた時間もなくなるので、もっと時間の使い方が上手になるかもしれません。

今、タバコに火をつけようとしている人、その前に、ひと呼吸置いて、もう一度この記事を読み返してみませんか?健康は、自分で守るしかないのです。

関連記事として、

禁煙のメリットとは?女性には嬉しい美肌や美容効果も!

タバコにより吐き気がする原因は?吸い過ぎの人は要注意!

風邪の時にタバコを吸うとどうなる?症状について

タバコが引き起こす頭痛について!匂いにも要注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする