電子タバコに害はある?種類や危険な点を知っておこう!

タバコを吸う理由は人それぞれです。仕事後の一服、安らぎなどを感じる人。または吸っている自分がかっこいい、なんてことを思っている人もいるかもしれませんよね。

一方でタバコの害を理解しつつ、禁煙ができない。また副流煙で周囲の人の迷惑になっていないだろうか。そんなことを考えてる人もいるでしょう。

電子タバコはそういった人たちの悩みを解決する1つの方法です。煙が出ず、タバコ中毒の原因であるニコチンのみを摂取する。とても便利なように思えます。

しかし、タバコと同様、電子タバコにはいくつかの害があります。では、その害とはなんなのか。電子タバコとは?ということから始め、詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

電子タバコってなに?

電子タバコ

電子タバコは副流煙や有害物質を軽減するために開発されたタバコです。通常のタバコが火で着火し、煙を吸うのに対し、電子タバコは電気を使用し、リキッドを気化させ、その香りを楽しみます。

電子タバコは通常のタバコと比べて、以下の点が異なります。

副流煙が出ない

先に述べたように周囲に害を及ぼす副流煙の発生がありません。電子タバコの種類にもよりますが、基本的には無煙、もしくは水蒸気の発生のみです。

家族への副流煙が心配。部屋に臭いがついたり、壁紙が黄ばんだりする。そういった心配がなく吸えるのが電子タバコの特徴といえるでしょう。

有害物質が減っている

タバコは原料である様々な植物を燃焼させています。この過程で発生する有害物質はフィルターで軽減されるものの、やはり量は多いです。

一方、電子タバコは中毒の原因となるニコチンのみを抽出し、吸引するので身体に有害物質がそれほど入らず、タバコを楽しむことができます。

様々な香りを楽しむことができる

リキッドによっては単調なタバコの味ではなく、ミントやフルーツのフレーバーがあり、様々な味を気軽に楽しむことができます。

スポンサーリンク

電子タバコの種類

種類

電子タバコには大きく2つの種類があり、次のとおりです。

リキッド型

アトマイザーと呼ばれるリキッドを入れる部分があります。そして、リキッドをバッテリーで気化させ、それを吸うことでタバコを楽しみます。現在売られている電子タバコはこのタイプが多いです。

リキッド型電子タバコのメリットはリキッド種類が多いということ。自分の気分や嗜好に合わせて変えられるので、楽しむことができます。

一方、デメリットはリキッドを充填する手間があるということ。万年筆にインクを充填するように、リキッドを充填する必要があります。

2:カートリッジ型

着火するバッテリーにリキッドを装着するだけの簡単な仕様の電子タバコがカートリッジ型です。この簡単に交換できる点はリキッド型にはないメリットといえるでしょう。

一方でデメリットはリキッドの種類が少ないということ。電子タバコを買ったものの、自分の好きな香りがなく、結局やめてしまうということもあります。

スポンサーリンク

では、電子タバコの害は?

害

普通のタバコと比べて、メリットがあるようにみえる電子タバコ。ですが、電子タバコにもいくつかの害があります。それは以下のことがあげられるでしょう。

発がん性物質を含むことがある

海外ではニコチン入りの電子タバコが販売されていますが、日本で発売されている電子タバコには基本的にニコチンを含まれていません。

ただ、注意することがあります。日本で発売されているものとしても、それが海外からの輸入品であれば十分ニコチン等の有害物質を含んでいることがあるでしょう。

ニコチンだけではなくタール、ホルムアルデヒドといった物質が含まれていることもあり、これらは将来に重篤な健康被害を引き起こす可能性があるでしょう。

歴史の浅い電子タバコですが、その種類は豊富にあります。これを始めたいという人は十分に調べ、買う必要があるでしょう。

やけど

電子タバコでは高温の水蒸気を発生させることがあります。それゆえ、水蒸気に触れることで火傷をしてしまう、なんてことがあります。電子タバコといえ、加熱するため、触っても大丈夫というわけでもないのです。

副流煙にも有害物質

副流煙を気にして電子タバコにしてみた。そういう人も多いと思います。しかし、これも種類によっては有害物質が発生していることがあります。

発生しているのが水蒸気ですから、吸ってみるとそれほど重い感じはしません。しかし、そこには体を害する物質が含まれている可能性があります。十分な注意が必要でしょう。

結局元のタバコへ

電子タバコは基本的に水蒸気となったリキットを吸います。タバコとは違ってとても軽いので、吸った感じがしない印象をうけるかもしれません。いままでの吸っている感じを味わいたいということで、元のタバコに戻る人もいるようです。

電子タバコが爆発する?

極まれですが、電子タバコが爆発するという事故が起きています。バッテリーがなんらかの原因で爆発していまうのですね。

バッテリーを含む家電製品なんかは高温状態になると爆発の危険性が高まります。これは電子タバコも例外ではありません。仕様の際には注意が必要でしょう。

電子タバコも種類によっては危険?

危険冒頭で述べたように電子タバコには一見して害がないように思えます。しかし、それは種類をきちんと吟味したものだけになります。

「電子タバコは害が少ない」。そういったイメージを持ったまま適当に商品を選んでしまうと、今までのタバコと変わらない害を受けてしまうことがあるでしょう。

スポンサーリンク

今後起こりうる病気や症状

タバコによる病気

電子タバコには有害物質が含まれていることがあります。これらが今後体に起こす病気として以下のことがあげられます。

呼吸器疾患

煙を吸っているので最も影響を受けるのが肺です。その先にあるのは肺の病気です。呼吸が苦しくなるなど、目に見えて重篤な症状を引き起こし、命の危険もあります。

血管障害

発生する有害物質は血管を収縮させることがわかっています。動脈硬化を始めとする血管障害はやがて心臓病や脳血管障害のリスクを高めます。

スポンサーリンク

リスクの少ない電子たばこを選ぶ

安全

病気のリスクを減らすためには有害物質を含む電子たばこを吸わないことが最大の対策だと思います。そのためにできることは、きちんとした理解と知識を身につけることが大切です。

使っている人のレビューを見てみたり、成分を調べてみたり。小さなことですが、確実に病気のリスクを下げることができるでしょう。

電子タバコの安全性は大丈夫なの?

有害物質が少ない分、通常のタバコより健康被害が少ない。そう考えている人も多いと思います。しかし、安全性の面はどうなのか?と聞かれるとグレーゾーンなのが電子タバコといえます。

電子タバコにはニコチンを始めとする、有害・中毒物質が入っています。もちろん、タバコにも含まれていますし、喫煙者は重々承知していることと思います。

一方でタバコに入っていない成分が発生していることもわかっています。そして、その成分が具体的に体にどのような反応を示すのか。この辺りの研究結果が成されていないのが現状です。

つまり、タバコに含まれる有害物質は少ないけれど、それ以外の物質がどう影響するか、ということが今現在わからないというのです。これは安全性において若干の不安が生まれます。

タバコもそうですが、長期的な喫煙によってその影響が初めてわかります。電子タバコも十分なデータをとらなければわからないでしょう。今後進むとは思いますが、慎重な付き合い方をする必要があります。

スポンサーリンク

電子タバコで禁煙は可能?

禁煙

タバコを吸ってしまう依存症の人は、含まれるニコチンに対して依存してしまっています。ニコチンは快楽をあたえてくれる効果がありますが、同時に強い毒性があります。また他にもタールや一酸化炭素といった様々な有害物質があり、将来深刻な病気を招くリスクを高めます。

そんな毒性のある物質を少しでも減らしたいという思いから電子タバコを試してみるという人がいるでしょう。そして、あわよくば禁煙をしたい。そう思っているかもしれません。

禁煙には2つのパターンがある

喫煙をしている人を禁煙にするために、まずその原因を理解する必要があります。具体的には以下の2つがあげられます。

ニコチン依存症

タバコに含まれるニコチンに強い依存を示している人。この場合、禁煙するのにはかなりの労力を払います。電子タバコは一助になりますが、完全禁煙には時間がかかるでしょう。

この人たちの共通点は長い期間の喫煙があるということ。大学時代にタバコデビューして、それからずっと吸っているというケースです。またストレスの多い仕事についていることも原因としてあげられるでしょう。

お口が寂しい

仕事の疲れ、喫煙室の談話。そういった理由で喫煙をしているケースもあります。それほどタバコの数も多くなく、比較的ライトユーザーです。このような人であれば、電子タバコで代用することができます。それほど苦なく移行することができるでしょう。

スポンサーリンク

電子タバコの害と付き合い方

電子タバコの写真

電子タバコに興味を持つ、ということは現在普通のタバコを吸っている人が多いのではないでしょうか。最近でiQOSといった電子タバコも発売され、非常に注目を浴びている商品です。

一方でその安全性については一抹の不安があるのが事実です。またヘビースモーカーの人が電子タバコに変えると「吸った感じがしない」なんてことはよく聞く話です。

電子タバコの害については現状研究が進んでいる段階というのが正直なところでしょう。それは種類が多かったり、長期的なデータがあまりないことに起因します。

スポンサーリンク

まとめ

たばこ

体の健康に気をつけるために電子タバコにしたい。家族や周囲の人に副流煙を吸わせたくない。そういう思いが根本にあるのであれば、電子タバコを経由せず、禁煙したほうがいいかもしれませんね。

タバコも電子タバコも程度はあるものの「百害あって一利なし」といえるでしょう。将来の健康を考えるのであれば、いますぐやめることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする