禁煙のメリットとは?女性には嬉しい美肌や美容効果も!

タバコが身体に良くないことは昔から言われていますが、禁煙するにはいまひとつメリットが思いつかない。

なんていう人がいるのではないでしょうか?そんな禁煙のメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タバコが身体によくないわけ

たばこ

昔からタバコは百害あって一利なしといわれるほど身体によくないものの代表として有名ですが、どうしてそんなに良くないのでしょう?

煙の害

たばこの煙には、約4000種類以上の化学物質が含まれているといわれています。またそのうち発がん性物質になるものは約60種類ほどあるのです。

さらに煙の中に含まれる成分を見ても、アセトン、ブタン、砒素、カドミウム、一酸化炭素、トルエンなど、単体物質でも有害といわれているものが多数含まれていることがわかります。

このような物質が含まれている煙を吸うことは、毒を身体に入れていることと同じです。

ニコチンの害

さらにタバコの煙に含まれるニコチンという物質には、麻薬などと変わらない中毒性、依存性があります。タバコを一回吸うとやめられなくなるという人が多いのもそのためです。

受動喫煙の害

近年問題になっている、受動喫煙の害というのをご存知でしょうか?

タバコを吸う人が近くにいて、その煙を知らずに吸い込んでいるうちに、喫煙者と同等か、それ以上の健康被害にあってしまうというものです。

タバコを吸う夫よりタバコを吸わない妻のほうが肺がんになってしまった。などの報告が出ていて、そのリスクは約2倍といわれています。よく家庭内で空気清浄機を使用することがありますが、タバコのにおいは緩和されても、煙の害のすべてがなくなることは無いそうです。自分ひとりの健康のためでなく、大切な家族のためにも禁煙は必要です。

受動喫煙の害に関しては、以下のような可能性があるといわれています。

喫煙する夫に対し、受動喫煙による妻の疾患発症の可能性。

  • 肺がん
  • 呼吸器疾患
  • 動脈損傷や血栓
  • 心筋梗塞
  • 妊婦の場合、低体重、早産、小さい胎児

また、子供にも影響があります。

  • 中耳炎
  • 喘息などの呼吸器疾患
  • 肺炎や気管支炎などの呼吸器の感染症
  • 乳幼児突然死症候群

さらに、喫煙を続けることで、寿命は10年も縮まるといわれています。肌も皮膚の張りが失われ、目じりや口周りのしわが増え、老けて見えるようになります。このような表情をスモーカーフェイスというほど、喫煙者に顕著に現れるものだといえるでしょう。

スポンサーリンク

禁煙のメリット

stop smoking

では、禁煙によるメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

禁煙の効果が実感として現れるのは、人によってさまざまですが、おおよそ3日程度を過ぎる頃には少しずつ感じてくることが多いようです。

身体的メリット

・肌や身体

タバコの成分の中には、美肌に必要なビタミンを壊すものがあります。それが禁煙により、ビタミンが正常に働き、血行が良くなり、顔の血色がよくなります。人によっては顔色が明るくなった、透明感がでた。といわれるほどです。

血行がよくなることで肌荒れが減り、お化粧のノリが良くなる。肌のハリがでてきた。など肌に関しての改善が現れてきます。人目に付きやすい顔だからこそ、効果が実感できるのでしょう。

しかし、禁煙後すぐに。というわけではありません。なぜなら肌の状態は約28日程度の肌サイクルで皮膚の細胞が生まれ変わっているので、血色などはすぐに実感できたとしても、ハリや透明感などの効果を実感するのは約1ヶ月後と思っていると良いでしょう。

また、禁煙によって全身の血行が良くなると実感する人も多く、その中で重度の肩こりが改善されたなどの例があります。実はタバコに含まれる物質にニコチンと一酸化炭素は血管を収縮させたり、血液中のコレステロールの値を上昇させ、血小板の粘度を高くする特徴があります。

つまり、喫煙すると血液がドロドロになるのです。それが禁煙することによって、これらの症状が改善され、血液の循環がよくなり、肩の血行が良くなった結果、肩こりも解消されたようです。

・歯や口臭

タバコを吸う人に特有の口臭や歯についたヤニの色は、タバコを吸わない人にとってはとても不快なものになりかねません。吸っている本人にとっても、口腔内の健康状態は良くありません。歯や歯茎に何かしらの不調を起こすのは喫煙者が多いといわれています。

禁煙することによって、そのような口臭や歯の健康状態を改善します。さらに禁煙をすることで歯や口腔内の治療が早く進むといわれているのも事実です。

・食べ物

食事に関しても禁煙によってさまざまなメリットがあるといわれています。

  • ①嗅覚が鋭くなったり、味覚が敏感になるため、食べ物を美味しく感じる。
  • ②食事が美味しく、楽しくなった。お酒が美味しく感じる。

禁煙をすることでこのように感じる人が多いようです。

・体調

喫煙中、身体の不調を訴える人は意外と多くいるそうです。そのような人たちが禁煙をすることで、以下のような改善が見られるということです。

  • 消化機能の改善(胃の調子がよいなど)
  • 血圧が安定した
  • 体力がつき、肺の機能が上昇した(息切れせずに動けるようになるなど)
  • 倦怠感が解消した
  • のどのイガイガ感がなくなり、声が良くなった

精神的メリット

禁煙をすることで精神的にもこのようなメリットがでてきます。

・ストレスを感じても、すぐにイライラしなくなった

喫煙者の中には、タバコを吸う事でストレスを解消していると思っている人が多いのですが、実はタバコを吸う事でイライラを増殖させていることを知っていましたか?

タバコに含まれるニコチンは中毒性、依存性のある物質なので、それが体内から切れると、イライラしてしまうのです。タバコを吸うとスッキリするのは、中毒性のある同じような物質と同様で、一瞬です。

思い切って禁煙することで多くの無駄なイライラから開放されるでしょう。特に最近キャリアウーマンの喫煙率が上がっているそうです。年中イライラするより、忙しくても心身ともにキレイでいるために是非禁煙をオススメします。

金銭的メリット

禁煙によるメリットの中には、金銭的なものもあります。

よく言われるのは、タバコの代金と禁煙にかかる費用はどちらが高いのか?ということです。現在禁煙には健康保険などを利用した治療法が受けられるようになりました。そんな禁煙治療には自己負担金3割でおおよそ13000円から20000円といわれています。期間はおおよそ8週間から12週間程度です。

自分の喫煙の程度にもよりますが、多くの方がタバコの費用と禁煙治療の費用はそんなに変わらないと思います。そもそも、タバコが身体に与える害や健康のためを思ったら、今後延々とタバコの費用を払うよりも禁煙をしたほうが良いですよね。

さらに、加入する保険によっては、喫煙者の保険料が高い場合があります。禁煙することで保険料も安く済むのであればうれしいですよね。

人間関係のメリット

禁煙のメリットして大きく感じるものの中に、人間関係のメリットがあります。それも多くが家族関係です。

禁煙をした家庭の中には、・家の中の空気がきれいになった・部屋がきれいになったという実感をもつ家族がたくさんいます。実際にタバコを吸うと、その煙は上のほうに漂います。そして壁紙やさまざまな家具などに煙の成分がはりつきます。すぐにふき取ったりできるのであれば良いのですが、そのまま放置しておくと、黄ばんだ状態やべたべたした状態になり、すぐにとることができなくなります。

さらに匂いも付きますので、タバコを吸っていない状態でも部屋にタバコのにおいがするようになります。それが禁煙をすることで空気もきれいになり、部屋の状態もキレイに保つことが出来ます。

家族以外の周囲の人への配慮も改善できます。タバコを吸うことで口臭や体臭さらに洋服についた匂いも禁煙によって改善されますから、香りに敏感な方も快く接することができます。

スポンサーリンク

禁煙をはじめるとどうなるの?

no smoking

では具体的にどのような段階を経て禁煙のメリットを実感することになるのでしょうか?

禁煙1日目のメリット

実は禁煙の禁断症状が出るのは、最後のタバコをすってから3時間後程度だといわれています。裏を返せば、3時間以上過ごせているなら、もう第一段階を突破したといっても良い状態です。

このころから肺に溜まった煙がなくなり、肺がきれいになってきます。それと同時に血液中にあった毒素も段々となくなってきます。血圧が正常値に戻るのもこの頃といわれています。まずは一日をきちんと乗り切れることを考えましょう。

禁煙2日目のメリット

この頃から味覚や嗅覚などの感覚が正常に戻るといわれています。食事が美味しく感じたり、匂いに敏感になったりするのもこの頃からです。

さらに血行がよくなり、筋肉運動が楽に感じるそうです。

禁煙3日目のメリット

ニコチンが体内から抜け切るといわれている3日目です。この頃から体調の変化を感じる人が多く出てきます。喉の痛みやイガイガした状態が無くなって、気道を狭めていた感覚も無くなり、呼吸が楽になったと感じる人が多いときです。健康な身体への大分近づいた状態です。

禁煙1ヶ月のメリット

禁煙が1ヶ月も続くことで、身体はほとんど健康な元の状態にもどります。女性であれば、肌の状態が変わってきたことを実感できる時期でしょう。

またきちんとした睡眠がとれるという効果を感じる人もいるそうです。熟睡できて目覚めもよくなるということです。

このような状態になると、禁煙によるイライラ、禁断症状のようなものが軽くなってきていることを感じると思います。

禁煙一ヶ月以降

喫煙による疾患の確立はとても低くなったといわれるでしょう。心筋梗塞などの発症の確率はこの時期で半減するといわれています。

しかし、ここで安心してはいけません。禁煙の期間が長く続くほど、身体の機能は改善されていきます。しかし、身体機能的には元に戻っても、脳の機能はそうではありません。他の中毒性、依存性の高い薬物と同様に脳はそのニコチンによる快感を覚えています。気の緩みから元の状態に戻らないように自己管理が大切です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?禁煙することで得られるメリットはとても大きいことがわかりました。皆さんも是非禁煙しましょう。

関連記事として、

禁煙で太る理由は?原因を知って対策を練ろう!

禁煙による眠気の対策方法を紹介!原因を知って早期改善しよう!

肺がんの初期症状をチェック!咳や背中の痛みに要注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする