二日酔いなんて怖くない!食べ物と飲み物で一発改善しよう!

花見や新年会などが多くなってくるこのシーズン!抑えておこうと思っていたのに、つい張り切り過ぎて飲みすぎてしまった・・・なんてことありますよね。起きてみたら案の定二日酔い!

何もやる気はでないし、気持ち悪くて動けなくて嫌になってしまいますよね。しかしそんな二日酔いを解消してくれる食べ物や飲み物がたくさんあるのです!

今回は二日酔いになったときに是非とも摂取いたい食べ物と飲み物を紹介します!これでもし飲み過ぎてもへっちゃらです!

スポンサーリンク

二日酔いに効く飲み物

二日酔いになった時って気持ち悪くて食欲があまりでてきませんよね。そんな時は最初に水分から摂取しした方が良いと思うので、飲み物からご紹介します!

①トマトジュース

トマトジュース
出典:http://healthylivinghub.net

トマトを直接食べるのでも良いのですが、摂取しやすいということでトマトジュースを紹介します。

トマトに多く含まれる「リコピン」という成分は、アセトアルデヒドという毒素を抑えてくれる効果があります。アセトアルデヒドは体内でアルコールを排除するときに発生する成分で、この成分が原因で吐き気や頭痛、気持ち悪さなどが発生してしまうのです。

さらにトマトには「クエン酸」も含まれています。クエン酸は、負担を受けた胃を回復させてくれる効果があります。自己治癒でも少しづつ回復するのですが、摂取することで手助けをし、回復を早めてくれます。

また「GABA」というアミノ酸の一種でもある成分が含まれております。こちらは飲みすぎで負担を受けた肝臓を回復させてくれる効果があります。肝臓が早く回復すると、アルコールを分解するスピードも早くなるので二日酔いも治りやすくなります。

このようにたくさんの効果が得られるためにトマトジュースは二日酔いに最適だといえます。症状を見て、少しづつ飲んでください。一気に大量に飲むと体に負担になるので注意してください。

②スポーツドリンク

スポーツドリンク
出典:https://www.insidetracker.com

スポーツドリンクは様々な種類がありますが、基本的には自分の味の好みや、家にあるものであればさほど問題はありません。

スポーツドリンクには糖分と少量の塩分が含まれおります。この絶妙なバランスが肝臓の回復を早めてくれるために、二日酔いの治りも早くなるといえます。肝臓を回復させるのが、二日酔いの解消には大事なのです

また他のジュースなどと比べて多く飲んでも問題ないので、量を飲んで尿として排出することで、体の毒素も一緒に排出できます。体にある毒はサッサと体外に出してしまいましょう。

③水

水
出典:http://www.naturalgrocers.com

すぐに用意できるし、効果も期待できる飲み物といえば水です。

体に浸透する早さは水が一番だといわれています。水を飲むことで体内の失われた成分を取り戻して、尿として毒素を体外に排出するのが良いでしょう。家に飲み物が無いときは、気持ち悪くてベッドから出られませんからね!

注意点としては、二日酔いの時は胃が弱っているので、冷たい水よりも常温に近い水を飲むことをオススメします。

またお酒を飲んでいるときに水を挟むことで、体内のアルコール濃度を薄めて二日酔いになるのを防ぐことができます。次の日に予定があるときなどは、水を挟みながらお酒を楽しみましょう!

④グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュース
出典:http://imgkid.com/

果実を食べるという選択肢もありますが、ドリンクの方が摂取しやすいと思いますので、飲み物として選ばせていただきました。

グレープフルーツには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCにはアセトアルデヒドを分解する作用があり、体内に残っている毒素を素早く無くしてくれるのです。

さらに、クエン酸も含まれており胃の回復の手助けもバッチリな上に、果物に含まれる糖分はアルコールを分解してくれます。

また、グレープフルーツの香りを嗅ぐと、胆汁という成分の分泌が促され、アルコール分解を早めてくれます。

スポンサーリンク

二日酔いに効く食べ物

飲み物を飲んで、少し二日酔いの症状が弱まったものの、動くと少し気持ち悪いときってありますよね。そんな時は、二日酔いに効果的なものを食べて、完全に解消しましょう!

①梅干し

梅干し
出典:https://dosankodebbie.wordpress.com

二日酔いには梅干しというくらい有名ですね!もちろん効果も期待できます!

梅干しに含まれている「ピクリン酸」という成分が肝臓の機能を活発にさせる効果があり、摂取することで新陳代謝もよくなります。

さらに疲労回復といえば梅干しがいいと言われているように、二日酔いで弱っている体を回復させるにも良いとされています。

二日酔いの時は、人間の体は酸性になっています。この時にアルカリ性食品である梅干しを摂取することで、体が弱アルカリ性になり回復しやすい状態にすることができるのです。

また梅干しは、お酒の前に食べておくことで二日酔いの予防もできます。梅干しを食べると胃腸の粘膜がパワーアップするので、アルコールが入ってきても過剰に吸収されるのを防ぐことができるからです。

梅干しは買っても長持ちするので、こういう時のために冷蔵庫に忍ばせておきましょう!

②しじみ汁

しじみ汁
出典:http://www.eataku.com

こちらも二日酔いになった時に飲む人は多いでしょう!コンビニなんかで手軽に買えるタイプもあるので、二日酔いになりそうな時は買って帰るのも良いでしょう!

なぜしじみ汁がいいかというと、しじみに含まれる「オルニチン」という成分です。オルニチンは「オルニチンサイクル」という肝臓の解毒をする仕組みを構成するのに必要な成分です。これでオルニチンサイクルが活発に行われ、アセトアルデヒドを分解するのが早くなり、二日酔いを解消することができるのです。

またしじみには、「タウリン」という成分が含まれています。タウリンは胆汁を多く分泌させる効果があり、二日酔いにはもってこいです。

少し気をつけなければいけないのが、汁だけ飲まずにしっかり貝の中身を食べることで、様々な栄養分を摂取できるので、きっちり食べることを意識しましょう!

③タマゴ

タマゴ
出典:http://mohrresults.com

あまりイメージはありませんが、タマゴに含まれる成分も二日酔いには良いとされています。

タマゴに含まれる「システイン」という成分は、アセトアルデヒドの毒素を薄めてくれる効果があり、ムカムカや気持ち悪さを抑えてくれます。さらに、アセトアルデヒドを素早く排出するように促してくれ、二日酔いに有効なのです。

また「メチオニン」という成分も含まれており、肝臓の機能を回復させてくれます。これによりアルコールの分解を早めてくれます。

スクランブルエッグなどにして食べるのもよいですが、雑炊などにして食べるのがオススメです。

④大根おろし

大根おろし
出典:http://www.punipunijapan.com

大根おろしも二日酔いにオススメです。

大根は体の消化機能を活性化させ、体内で発生したアセトアルデヒドを、体外に排出するスピードを早めてくれます。

ビタミンCも多く含まれるので、アセトアルデヒドを素早く分解する効果も期待できます。また消化が良いので胃に負担をかけずに摂取できるのも良いところです。

大根でも構わないのですが、おろしの方がこれらの成分を多く摂取できるので良いとされています!気分もさっぱりなるので二日酔いにいいですよ!

⑤肉うどん

うどん
出典:http://www.tarasmulticulturaltable.com

少し食欲が湧いてきて少し腹が空いたら、肉うどんをオススメします!

簡単な食事や水分補給でビタミンなどを摂取できたので、次はたんぱく質や炭水化物を摂取して徐々に体を回復させましょう!

肉を食べれば弱った体を改善できるのですが、少し気持ち悪い時に肉を食べるのはちょっと重たいですよね。それが肉うどんだと、汁物なので摂取しやすく胃への負担も軽減できるのです。

さらにうどんに含まれる塩分や、薬味で乗っているものなどが二日酔いにちょうど良く、二日酔いを解消し体を回復させてくれるのです!

⑥ゴマ

ごま
出典:http://www.debbieshomecooking.com

肝臓の機能を回復させてくれるものがゴマです!

ゴマに含まれている「セタミン」という成分が、アセトアルデヒドの分解を助けてくれます。また「ビタミンE」も多く含まれおり、こちらは抗酸化作用を高めてくれます。

この二つの成分が多く含まれているのがゴマなのです。摂取しやすい上に、二日酔いに有効な成分を多く含んでいるので二日酔いにはオススメです!


以上が、家にありそうで効果が見込めそうな飲食物です!他にも二日酔いに効果的と言われるものはたくさんありますが、比較的手に入れやすいものをピックアップしてみました!

スポンサーリンク

二日酔いにならないようにするために

二日酔いになった場合の改善方法として飲み物と食べ物を紹介しましたが、できれば二日酔いが起きないようにするのが一番ですよね。二日酔いを予防する方法を簡単に紹介したいと思います。

①空腹時の飲酒は避ける

空腹

飲み会の場などがあると分かっている時は、空腹時の状態を避けてからアルコールを摂取するようにしましょう。

空腹の状態でアルコールが胃に入ってくると、吸収するのが早くなってしまうので酔いが回るのが早くなってしまいます。自分が思っているよりも酔っ払ってしまうので、自分が思っている量よりも少ない量で二日酔いが起きてしまう場合があります。

できれば、炭水化物や脂肪分を含むものを先に食べておきましょう。これらの成分はアルコールの吸収率を遅くしてくれます。だからといって、飲み過ぎてしまうこともあるので自分の容量よりも多く飲むのは避けましょう。

②水を挟む

水

お酒を飲む際に、間に水を挟みながら飲むことで二日酔いが起きる可能性をグッと下げることができます。

お酒には、利尿作用があるので体が脱水症状を起こすことがあるのです。お酒を飲んでいるので、喉が乾くことはありませんが体内から水分が失われていくので、しっかり水をはさんで脱水状態になるのを防ぎましょう。

また、水をはさむことでお酒の飲み過ぎを防ぐことができます。二日酔いになりたくない方は、水をはさのを忘れないようにしましょう!飲んだ後に水を飲むだけでは遅いということを覚えておいてください!

③ウコンの力を飲む

ウコン
出典:http://www.house-wf.co.jp

二日酔い防止として有名なのが、ウコンの力です。ウコンの力はできることなら、アルコールを摂取する前に飲んでおいた方が効果的です。

ウコンの力を飲むことで、肝臓の働きを活発にするのでアルコールの分解する力を強くしてくれます。なので、体にアルコールが残りにくくなるので二日酔いが起きにくくなるのです。

スポンサーリンク

二日酔いになる原因とは

そもそもなぜ二日酔いになるのかという仕組みを理解しておきましょう!原因を知っておくことは予防するにも解消するにも、メカニズムがわかるので良いといえます。

アルコールを分解する時にアセトアルデヒドという毒素が発生します。

人間にはアルコールを分解できる量が決まっています。もちろんこれは、生まれ持ったものや慣れなどで個人差が出てしまうものです。なので、1、2杯飲んだだけでも二日酔いになるという人ももちろんいます。

この時に、自分の持っているアルコール分解力を超えた量のアルコールが体内に入ってくると、処理しきれずにアセトアルデヒドが体内に残ってしまうのです。

これが寝ている間に起こって、起きた時にこの毒素の効果がでることで、頭痛や吐き気、気持ち悪さを感じる状態が二日酔いなのです。

なので自分のアルコール分解力がどのくらいのものなのかを把握しておくことも重要だといえます。

スポンサーリンク

まとめ

二日酔いに効く飲み物
・トマトジュース
・スポーツドリンク
・水
・グレープフルーツジュース
二日酔いに効く食べ物
・梅干し
・しじみ汁
・タマゴ
・大根おろし
・肉うどん
・ゴマ

以上が今回の記事のまとめです。二日酔いになってしまうことはよくありますよね。抑えようとしても飲みすぎてしまうことなんて誰もがすることです。

そんな時は上記のようなものを摂取して、早く普通の状態に戻りましょう!二日酔いが怖いなんて言ってちゃあお酒は飲めませんよね。

関連記事として

お酒を飲んだ時の頭痛の4つの治し方!対処方法を紹介!

朝からつらい!寝起きに起きる頭痛の原因と対策方法

寝起きに吐き気を感じて気持ち悪いと思う原因とは!?

こちらの記事も合わせて読んでみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする